テレビ

未来のミライのネタバレ解説「つまらない」評価と声優がひどい評判の真相

更新日:

  • サマーウォーズ
  • 時をかける少女
  • バケモノの子

など、長編大ヒット作品を生み出したアニメ映画監督・細田守監督。

彼が、2018年に手がけたアットホームなアニメ映画作品が『未来のミライ』ですよね。

4歳の男の子『くんちゃん』が、摩訶不思議な体験を通じて、子供として成長していく冒険物語が描かれたアットホームなアニメ作品。

 

そんなアニメ『未来のミライ』ですが、一部では

声優がひどい

という評価もされているんだとか…

では、実際のところ、『未来のミライ』が、どのような評価を受けているのか。

また、声優がひどいと言われる理由は、どこになるのでしょうか?

本記事で、その真相や本作のあらすじネタバレを紹介していきます。

スポンサードリンク

『未来のミライ』のあらすじネタバレ・結末は?

まずは『未来のミライ』の簡単なあらすじと、結末のネタバレを振り返ってみましょう。

『未来のミライ』のあらすじ

とある町の、ごく普通の家庭で暮らす4歳児の甘えん坊の男の子くんちゃん(演・上白石萌歌)。

彼の住む家は、小さな庭と小さな木がある一軒家。

父は建築家、母は、現在ミライちゃんを出産するために産休中という、ごくありきたりな普通の両親…

そんな両親の子供として生まれ育ったくんちゃんの下に、無事出産を終え、妹のミライちゃんを連れてきた母の姿が…

母や、育児に追われ、くんちゃんが呼ぶ声にも、生返事を繰り返すことが増え、そのことに不満顔のくんちゃん。

それで妹のミライちゃんに、八つ当たりするように…

ミライちゃんの顔に、動物のクッキーを押しつけたり、時折顔をつねって引っ張ったりして、ミライちゃんの顔をいじって遊ぶようになってしまいます。

そんなくんちゃんを母は叱り、さらに疎外感を覚えたくんちゃん。

庭に逃げてしまうのですが、そこにナゾの男が現れ、不思議な世界へと誘います。

くんちゃんの家の庭で起こった不思議な現象

ある日、庭に逃げ込んでいたくんちゃんは、動物のクッキーを見つけ拾い上げ、その前にはミライからやってきたミライちゃん(演・黒木華)が…

何やら、

「自分の顔をいじって遊ぶな」

「ひな人形を早くしまうように父にいってほしい」

と、くんちゃんにお願いするためにやってきたようです。

そこから、過去の人たちまでも、くんちゃんに接する機会が増え、まさに摩訶不思議な現象を体験していくことになります。

くんちゃんにとっての冒険旅行が始まるのです。

 

と、以上が『未来のミライ』のストーリーあらすじとなっています。

くんちゃんが抱いた感情は、誰もが経験した嫉妬心

誰もが、かまってもらえないと寂しさを感じ、嫉妬心を抱いてしまうことは経験しているはず…

それも4歳児というなら、なおのこと嫉妬心は大きいものだったことでしょう。

甘えん坊のくんちゃんは、母や父の愛情を受けたがる子供で、急にその愛情が受けられなくなり、嫉妬に駆られて、だだをこねまくってしまうのです。

 

それにしても、くんちゃんの目の前に、なぜ未来のミライちゃんの登場をはじめ、不思議な現象が巻き起こったのでしょうか?

実は、それには、

ある本当の理由

が存在していたようです。

結末ネタバレ

さて、妹の育児に追われている両親に相手にされなくなり、疎外感を覚えているくんちゃんの前に、摩訶不思議な現象が次々起こっていく…

そんなストーリー展開のアニメ映画『未来のミライ』。

タイムスリップして過去や未来の人たちが、現在の人たちに触れることは本来起こりえない話ですが、そこが細田作品らしさかもしれません。

 

それにしても、なぜ、過去と未来の人たちが4歳児のくんちゃんの前に次々現れるのでしょうか?

『未来のミライ』の最後は、

『くんちゃんの両親が、キャンプに出かけるための準備をしているところで終わる』

ので、何かが明確になったわけではありません。

 

ただ、過去や未来の人たちが、くんちゃんの前に現れた理由や意味を感じさせるシーンは描かれています。

例えば、くんちゃんの母親の少女時代と遭遇し、自分と同じような境遇になっていたことや、若き頃のひいじいさんが現れ、

「もっと先を見ろ」

と助言してくれたり…

とにかく、いろんな摩訶不思議なシーンを通じて、家族の暖かさをくんちゃんは経験していきます。

そのことが、何よりも描きたかったことではないかと思えるのです。

くんちゃんが経験した過去・未来とのシンクロの意味・理由

あくまで考察にすぎませんが、おそらく、

「いまは妹(ミライちゃん)の育児にかかりきりだけど、同じようにくんちゃんのことも大切なんだよ」

と4歳児のくんちゃんに教え諭すために、過去と未来の家族たちが、くんちゃんの前に現れているのではないでしょうか。

結末に向けてのストーリーは、過去・未来の一場面に瞬間移動し、くんちゃんが不思議な体験をしていく以外は、ごく普通の日常が描かれています。

  • 父と自転車の練習をしている風景
  • キャンプに行くのに、お気に入りのズボンが洗濯したばかりで乾いておらず、くんちゃんがだだをこねているシーン

など…

思わず、

「子供の頃、こういうことあったなぁ」

と、どこか懐かしくなるような日常ばかり…

それは、最後の最後まで変わりなく、現実世界に戻ってきたくんちゃんが、少したくましくなったところで終わりを迎えます。

最後には少し成長したくんちゃんの姿が…

先ほどもお話ししたとおり、キャンプの準備のために、車に荷物を入れようとする両親の姿が見られたところまでが描かれています。

そして、だだをこねずにズボンを着替えることなく外に出たくんちゃんの姿が描かれ、幕を閉じていくのですが、やはりどこかたくましさも感じられます。

映画『未来のミライ』では、摩訶不思議な冒険を通じて、

少しお兄ちゃんになったくんちゃんの成長

を注目してください。

 

ひどいと噂の『未来のミライ』の声優とアニメの評価

アニメ映画『未来のミライ』には、以下のキャストが声優として出演しています。

上白石萌歌:くんちゃん役

黒木華:ミライちゃん(青年期)役

本渡楓:ミライちゃん(幼少期)役

星野源:お父さん役

麻生久美子:お母さん役

吉原光夫:ゆっこ(ダックスフント(ペット))、ナゾの男役

宮崎美子:ばあば(くんちゃんの祖母)役

役所広司:じいじ(くんちゃんの祖父)役

福山雅治:青年(くんちゃんが時空の旅先でであった青年・くんちゃんの曾祖父の青年時代)役

雑賀サクラ:少女(くんちゃんが時空の旅先で会った少女・くんちゃんの母の少女時代)役

神田松之丞(くんちゃんが時空の旅先で見かけた東京駅のロボット)役

以上が、主なキャストで、基本的に、このアニメ作品にプロの声優は一人も出ていません。

後ほど、

声がひどい(評価がひどい)

といわれる理由について、掘り下げてお話ししていきますが、声優不在ということも影響しているのかも…

そんな風にも感じられるキャスティングですね。

『未来のミライ』に対する世間の評価

アニメ作品としての全体的な世間の評価としては、前評判通り、

『上々の出来』

と賞賛する声が多く聞かれます。

ただし、

「キャラクターの声にどうしても違和感を覚える」

という声が多く、特にくんちゃんに至っては、

『10代~20代の女性の声』

と批判が続出…

さすがに、俳優・女優と、声を専門に扱うプロ声優とでは、声の使い方も全く異なり、このような批判もうけやすくなるのでしょう。

 

『未来のミライ』の声優がひどいって本当?

細田守監督のアニメーション映画『未来のミライ』は、決して評判も悪くなく、公開当初から何かと評判でしたよね。

ただ、やはり今なお、

「『未来のミライ』は声優がひどい」

という批判の声が、ネット上で囁かれているようです。

それにしても、全体的に観た印象では、そこまでひどいようには思えないのですが、一体何をもって声優がひどいと不評を買っているのでしょうか?

 

実は、声の演技がひどすぎるというよりは、

キャストミス

という意見が多く感じられました。

では、より具体的に、声優がひどいという話を掘り下げていきましょう。

『未来のミライ』の声優がひどい理由・真相

映画『未来のミライ』が、ほかのアニメ映画と決定的に違うところは、声の専門家(声優)をキャストに加えていないところにあります。

あくまで声優として本作で出演しているのは、女優・俳優さんたちばかり(一人講談師もいますが…)。

もちろん、彼らも演技のプロです。

オーディションを行った上でキャストを決めているので、いい加減なキャストではありません。

ただ、本格的に声を操る声優がいない点で、どうしても不満の声が出てしまったのでしょう。

そして、その極めつけとして、やり玉に挙げられているのが、

くんちゃんの声を演じた上白石萌歌さんの声

でした。

4歳児の声にしては変?

そもそも、この『くんちゃん』というキャラクターは、4歳の男の子です。

どことなく子供っぽく、甲高い声でなければ、おかしいですよね。

もちろん、声質も個人差があるわけですし、多少大人っぽい低い声の男の子もいるでしょう。

また、クレヨンしんちゃんのキャラクター『野原しんのすけ』のように、明らかに声が低い、子供離れしたキャラクターもいます。

なので、

まるで10~20代の女性の声に聞こえる男の子キャラ

が、いても、そこまでおかしくはないと思うのですが、一般的には違和感を覚えてしまうようです。

上白石萌歌は別のキャラでオーディションを受けていた?

そもそも、上白石萌歌さんは、声優ではなく女優です。

声のプロフェショナルというわけではありません。

それに、彼女が受けたオーディションは、未来からやってきたミライちゃん役です。

青年期のミライちゃんの声であれば、上白石萌歌さんの声がおかしいことにはならないはずです。

くんちゃん役は細田守監督の意向…

ただ、オーディションでは、未来からやってきたミライちゃん役は黒木華さんが起用され、細田守監督の希望で、上白石萌歌さんはくんちゃんの声を演じることに…

もし、声がひどいと批判するのであれば、上白石萌歌さんを責めるより、細田守監督の人選ミスを挙げるべき話ですよね。

多少の違和感も含めすべてが個性

まぁ違和感が全くないかと言われれば嘘になります。

ただ先ほどお話ししたとおり、クレヨンしんちゃんの例もあり、これはこれでいいのでは?と筆者は思います。

女子高生っぽい声質の4歳児の男の子がいたとしても、それもアニメならではの一つの世界観です。

人の価値観は千差万別なので、ひどいと批判することを否定はしませんが、筆者個人としては、味わいあって味わい合って面白いと感じている次第です。

スポンサーリンク

まとめ

未来の妹(ミライちゃん)だけでなく、過去の家族たちとも触れあう摩訶不思議な現象を経験し、家族の温かみを感じた4歳児の男の子くんちゃん。

そんな小さな子供の冒険旅行を通じ、家族のふれあいが描かれたアニメ映画『未来のミライ』。

全体的な評価は高かったものの、プロ声優を使わずに描かれただけに、くんちゃんをはじめとする

「キャラの声が合っていない」

と批判の声も多く聞かれます。

ただ、クレヨンしんちゃんの野原しんのすけの声を考えると、まぁ個性的で、これもありなのかなぁとは思います。

キャストも含め、他にない個性的なアニメ作品なので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

関連記事

-テレビ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.