サッカー選手

松井大輔の年俸推移を紹介!横浜FCの所属選手の年俸もチェック

更新日:

2002年、京都パープルサンガ(現在の京都サンガ)所属時代、天皇杯優勝メンバーとして、大きな活躍を果たした松井大輔選手。

2004年に、当時フランス2部のル・マンFCへレンタル移籍。

そこでもチームを一部へ昇格させるなど、功績を挙げていますよね。

その後、計9チーム(ル・マン・京都サンガを除き…)を渡り歩いた松井大輔選手は、

『移籍魔』

と呼ばれるほど、国内外問わず、様々なチームを渡り歩いています。

では、その間に、彼自身の年俸は、どのように推移しているのでしょうか。

また、現所属である横浜FCの他の所属選手との年俸の差も気になりますので、本記事で調査し、まとめてみました。

スポンサードリンク

松井大輔のクラブ移籍遍歴

冒頭でもお話したとおり、サッカー元日本代表で、現在、横浜FCに所属する松井大輔選手は、

『移籍魔』

と世間で呼ばれるほど、数多くのサッカーチームを渡り歩いていますよね。

それも、国内外問わず、日本でキャリアをスタートさせ、

  • フランス
  • ロシア
  • ブルガリア
  • ポーランド

に移り、京都パープルサンガ(現在の京都サンガ)を含め、計11チームで活躍してきています。

筆者の中では、2004年~2008年まで所属していた、ル・マン(移籍当初はフランス2部)での印象が強いですね。

実際に松井大輔選手の活躍もあり、チームは1部昇格。

2006年には、1部残留にも大きく貢献しています。

では改めて、松井大輔選手の移籍遍歴を、一覧でおさらいしておきましょう。

松井大輔の歴代移籍先

  • 京都サンガ(日本、2000年~2004年):126試合出場、16得点
  • ル・マン(フランス、2004年~2008年):120試合出場、17得点
  • サンテティエンヌ(フランス、2008年~2009年):22試合出場、1得点
  • グルノーブル(フランス、2009年~2011年):45試合出場、5得点
  • トム・トムクス(ロシア(レンタル移籍)、2010年):7試合出場、得点無し
  • ディジョン(フランス、2011年~2012年):3試合出場、得点無し
  • スラヴィア・ソフィア(ブルガリア、2012年~2013):11試合出場、得点無し
  • レヒア・グダニスク(ポーランド、2013年):16試合出場、4得点
  • ジュビロ磐田(日本、2014年~2017年):85試合出場、9得点
  • オードラ・オポーレ(ポーランド、2017年):4試合出場、無得点
  • 横浜FC(日本、2018年~)9試合出場、無得点

以上が、松井大輔選手の主な移籍先一覧です。

どこも一度は聞いたことあるクラブチームばかり…

それくらい有名なチームを渡り歩き、松井大輔選手は、サッカー選手として、今も現役で活躍し続けているわけです。

松井大輔にはフランスで現役を終えたいという話も…

話によると、最終的には、

「フランスで現役を終えたい」

という話もしていたようです。

では、横浜FCから、またフランスへの移籍となるのでしょうか?

いくら、日本代表経験がある選手で、いくつものチームで活躍してきた松井大輔選手だとしても、今からフランスに移籍できるものなのか…

年齢のことを言い始めたらきりがありませんが、現在、松井大輔選手は37歳。

すでに、ピークも過ぎているように思います。

フランス1部で、彼に獲得オファーを出すチームが現れるのか?

そのような思いが、正直あります。

だからこそ、横浜FCで、まだまだサッカー選手としてやれるところを見せてほしいものですね。

 

松井大輔のプレースタイルや年俸推移

松井大輔選手といえば、サイドハーフからドリブルで切り込んでいく、

テクニシャンタイプのサッカー選手

という印象が強いですよね。

今でこそ、芸術的センスを持つテクニシャンタイプのドリブラーは、

  • 家長昭博(川崎フロンターレ)
  • 乾貴士(デポルティーボ・アラベス)

など、細かいタイプの違いはあるものの、この手のタイプの選手が増えてきています。

ただ当時を考えると、あれほどの芸術的センスを持ったドリブラーは、松井大輔選手を始め、数えるほどの選手のみ…

何よりも、一部では、あの中村俊輔選手が、

『松井大輔のテクニックに嫉妬した…』

と語った話もあるほど…

実際に、中村俊輔選手が嫉妬したかどうかは別として、確かにこの映像を見てもらえば分かる通り、松井大輔選手のテクニックは凄いです。

ちなみに、こちらはJリーグのものですが、カーブのかけ方が凄いですね。

このように、松井大輔選手は、巧みなテクニックと身のこなしで、名ドリブラーとして、多くのサッカーシーンで大活躍しているわけです。

 

さて、話を本題に戻しますが、それほど活躍しているのであれば、当然、結構な金額の年俸は手にしてきたのではないでしょうか?

では改めて、これまでの松井大輔選手の年俸推移を振り返ってみましょう。

松井大輔の年俸推移

松井大輔選手は、大々的に年俸を公開しているわけではありません。

そのため一部で、推定されている金額ですが、主な年俸推移は以下の通り。

京都パープルサンガ(現、京都サンガ)時代(2000年~2003年)

2000年:400万円

2001年:700万円

2002年:1,500万円

2003年:3,000万円

ル・マン時代(2004年~2007年)

2004年:1億円

2005年:1億円

2006年:1億円

2007年:1億円

サンテティエンヌ時代(2008年)

2008年:1億5,000万円

グルノーブル時代(2009年)

2009年:1億円

トム・トムスク 時代(2010年)

2010年:1億円

ディジョン時代(2011年)

2011年:5,000万円

スラヴィア・ソフィア(2012年~2013年)

2012年:4,000万円

レヒア・グダニスク時代(2013年)

2013年:4,000万円

ジュビロ磐田時代(2014年~2017年)

2014年:4,000万円

2015年:4,000万円

2016年:4,000万円

オードラ・オポーレ時代(2017年)

2017年:2,000万円

横浜FC時代(2018年~)

2018年:1,000万円

2019年:不明(複数年契約なら1,000万円の可能性も…)

以上が、松井大輔選手の年俸推移です。

2019年に関しては、どこにも情報が無く、また選手名鑑にも、J2の選手ということで公開されていないため、全く不明です。

ただ、複数年契約している場合、現状維持の1,000万円ということになるでしょう。

ピーク時との格差

まぁ年俸1,000万円でも、一般庶民と比較したら、結構な金額です。

さすがに最高額(1億5,000万円)と比較したら、あまりの格差…

やはり世間の目としても、ピークは過ぎ、J2ということで、チーム事情も影響し、年俸1,000万円が妥当という判断なのかもしれませんね。

ただ、横浜FCがJ1昇格を決めた場合、年俸も上がっていくと思います。

どこまでチームに貢献していくのか、松井大輔選手の今後に注目ですね。

 

横浜FCの他の選手の年俸は?

何かと

『J1・J2の格差が大きい』

という話も耳にする昨今ですが、それは、松井大輔選手も例外なく影響しているということでしょうか。

他の選手の年俸と比較し、J1・J2の格差を調べてみようとしたのですが、残念ながら、J1しか選手名鑑に年俸が記載されていません。

そのため、イバ選手(情報サイトに記載あり)と、2018年にJ1のチームに所属していた、一部の選手の年俸だけしかわかりませんでした。

ちなみに、その選手たちの年俸がこちら。

  • イバ:約1億3,000万円
  • 松浦拓弥:2,700万円
  • 乾大知:1,400万円

イバ選手はともかく、松浦選手(年俸額は磐田所属時代)と乾選手(年俸額はV長崎所属時代)においては、さらに低い可能性も否めません。

横浜FCが、選手に対してどれぐらいの年俸を払っているのか、具体的な額はわかりませんが、J2の平均額は、ある情報サイトによると440万円ほど…

そのことを考えると、間違いなく松井大輔選手は、平均年俸以上貰っていることになります。

それだけ期待されていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

元サッカー日本代表で、現在は横浜FCに所属する松井大輔選手。

ル・マンやサンテティエンヌなど、国内外の11チームを渡り歩き、『移籍魔』と呼ばれることも…

ただ、それぞれのチームで中心的存在として活躍し続けています。

さすがに、現在37歳となりピークも過ぎ、J2横浜FCに所属していることもあって、年俸も1,000万円まで下がっています。

とはいえ、それも今後の活躍次第では、まだ上がっていくはず…

それだけに、まずは横浜FCをJ1へ昇格させ、将来J1でタイトルを争うくらいの活躍を、今後の松井大輔選手に期待しましょう。

関連記事
加藤ローサ
加藤ローサと旦那・松井大輔の現在!移籍と離婚危機説をチェック!

高校一年生の時に受けたオーディションに合格したことがきっかけとなり、ファッションモデルとしてデビューを果たした加藤ローサさん。 2004年に結婚情報誌『ゼクシィ』のCMに出演し、 「かわいい!」 と評 ...

関連記事

-サッカー選手

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.