芸能人

大食いフードファイターの歴代最強は誰?実績や評判で独自ランキング

更新日:

現在では、

『大食いフードファイター』

として活躍している人は、昔よりだいぶ増えました。

個人的には、

大食い=我慢していっぱい食べ物を押し込んでいる

と勝手にイメージしていたんですよね。

でも、よく調べてみると、大食いフードファイターは、たくさん食べることが可能な『特別な身体』なんです。

 

では、今たくさんいる大食いフードファイターの中で

歴代最強』

は、一体誰なのでしょうか?

今回は、大食いの実績やネットの評判から独自で大食いフードファイターをランキングしてみます!

予想しながら、読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

大食いフードファイターの歴代最強ランキングTOP5

まず、『歴代最強』と呼ばれるレベルの大食いフードファイターをネットで調査してみました。

すると、とくに名前が多く挙がっていたのが、

  • 赤坂尊子
  • 菅原初代
  • ギャル曽根
  • ジャイアント白田
  • 小林尊

この5人です。

なので、ここから大食いフードファイターからTOP5を発表していきます。

 

ただ、アイドルとして活動する傍らで、大食いタレントとして活躍し、数々の番組に出演している

もえのあずきさん

が、この中に入っていなかったのは意外でした。

彼女は、苦しい顔をしながら大食いしている姿は、あまり浮かびません。

楽しく美味しくニコニコと、ただ食事をしているように見えて、タレント感の方が強いのかもしれませんね。

 

そして、もえのあずきさんには

食べたものを吐いている

という妙な噂もあります。

そういった噂もあって、歴代最強に推す名前が挙がっていないのかもしれません。

 

では、大食いフードファイター歴代最強の独自ランキングを紹介していきます。

大食いフードファイター歴代第5位

大食いフードファイター歴代第5位はギャル曽根さん!

彼女の実績を紹介すると、

  • 2006年にテレビ東京『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』優勝。
  • 2007年『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王限界死闘編』連覇。

となっています。

料理上手で料理本も出していて、テレビ番組でもアイディア溢れる手料理を披露しています。

ギャル曽根さんも、もえのあずきさんと同じく、最近のテレビ番組では楽しく美味しく大食いする感じなので、現在は大食いフードファイターといったイメージはないかもしれません。

ただ大食いの実力は確かです。

大食い企画の番組でも、”目的もの”を大食いすることはもちろんのこと、次の目的地に移動するときの間食の量がものすごいです。

最近でも飲食店の大食いチャレンジに挑戦し、制限時間内に、とんでもない量の料理をきれいに食べきっていましたよ。

大食いフードファイター歴代第4位

菅原初代

菅原初代

大食いフードファイター歴代第4位は菅原初代さん!

菅原初代さんは、

45分間で、わんこそばを480杯も食べた

という記録があります。

わんこそばは、15杯で一般的なかけそば1杯分に相当。

なので、

45分間に、かけそば32杯も食べた

という計算になりますね。

彼女のこれまでの実績を見てみると、

  • 2007年『第22回全日本わんこそば選手権』15分で340杯を食べて優勝
  • 2008年『第23回全日本わんこそば選手権』10分で383杯を食べて2連覇
  • 2009年『第24回全日本わんこそば選手権』10分で399杯を食べて当時史上初の3連覇
  • 2008年3月『元祖!大食い王決定戦 打倒ギャル曽根!爆食戦国絵巻〜ハワイ編』ではギャル曽根さんを破って優勝
  • 2010年3月『元祖!大食い王決定戦 爆食女神 終わりなき聖戦〜ハワイ編』女王戦3連覇。

菅原初代さんは

女性相手では敵なし

という強さで『元祖!大食い王決定戦』初の殿堂入りとなりました。

それに彼女は、まだまだ記録を持っていますよ。

  • 2014年『第43回出石そば喰い大会』個人戦総合優勝。
  • 2019年5月1日『大食い女王決定戦2019』で平成四天王の1人として令和の女王となった小野あこさんと対決し勝利。

菅原初代さんは、

魔女菅原』

と呼ばれていました。

なんでも息子も大食いなのだそうですよ。

『大食い』の血も遺伝するのかも…。

菅原初代さんは、現在パン屋さんを経営しながら、最近も大食い決定戦に出場しており、いまだ現役のフードファイターです!

そんな『魔女』と呼ばれた菅原初代さんでも、歴代1位とはならないのです。

大食いフードファイター歴代第3位

赤阪尊子

赤阪尊子

大食いフードファイター歴代第3位は赤坂尊子さん!

2016年5月3日に放送された『マツコの知らない世界』では、マツコ・デラックスさんとカレーの大食い対決をし、豪快な食べっぷりは健在でした。

ただ結果は敗北…。

しかし現役時代の食べっぷりはすごいものでしたね。

彼女の実績を見てみると、

  • 1994年『TVチャンピオン 第4回全国大食い選手権』優勝
  • 1996年『TVチャンピオン 食い初め・全国大食い選手権』優勝
  • 1997年『TVチャンピオン 第3回全国甘味大食い女王選手権』優勝
  • 2001年『TVチャンピオン 打倒!!赤坂 甘味大食い女王選手権』優勝
  • 2002年『TVチャンピオン 大食いスーパースター史上最大のチャレンジマッチ 甘味大食い女王お正月スペシャル決戦』優勝

数々の大食い番組に出場し、戦績は優勝5回、準優勝4回。

『女王赤阪』

『飢えるジャンヌダルク』

などと呼ばれていました。

男女混合でも優勝するほどの実力の持ち主です!

大食いフードファイター歴代第2位

小林尊

小林尊

大食いフードファイター2位は...

小林尊さん!

日本のテレビ番組『TVチャンピオン』や『フードバトルクラブ』などで活躍しています。

イケメンで紳士な印象の小林尊さんの愛称は『プリンス』。

ほかには、『底知れぬ貴公子』『地上最強の胃袋』なども。

『3分間に食べる最多のハンバーガー』

がギネスに認定されるほど、食べるスピードが速いことで有名です。

小林尊さんのギネス記録はハンバーガーの他にも、

  • ホットドッグ
  • ピザ
  • パスタ
  • トゥインキー(お菓子)
  • ミートボール

があります!

確かな大食いの実力で、こんなにもギネス記録を保持しているのです。

彼の実績は、

2000年『TVチャンピオン』初出場で、当時の3強(新井・赤阪・岸)を破り優勝。

2001年『フードバトルクラブ』初代覇者となると同時に

早大食いなるジャンルを確立。

2001年『TVチャンピオン ~早食い世界一決定戦』では、

わんこそば(通常一杯あたりより10g多い)を12分で387杯

食べて優勝。

ほかにも…

  • 2001~2006年『ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権』優勝(USA)
  • 2004~2006年、2009年『クリスタルスクエアオフ・ハンバーガーイーティングチャンピオンシップ』優勝(USA)、『グリンゴ・バンディト・タコス・チャレンジ』優勝(USA)
  • 2010~2015年『カナダ最大のピザ早食い選手権』優勝(カナダ)
  • 2011~2015年『GLUTTON BOWL』優勝(USA)『ザ・ジョンソンビル・ブラット・イーティング・チャンピオンシップ』優勝(USA)
  • 2000年11月『TVチャンピオン 全国大食い選手権〜スーパースター北海道かぶりつき激闘編』優勝
  • 2001年4月『フードバトルクラブ The 1st』優勝
  • 2001年4月『紳助の人間マンダラ 〜第4回大食い王選手権 全国名産お茶漬け対決』 優勝
  • 2001年6月『紳助の人間マンダラ 〜大食い王決定戦 グランドチャンピオン大会』 優勝
  • 2001年6月『日本大食い協会 〜第一回全日本大食い競技選手権』優勝
  • 2001年7月『TVチャンピオン ~早食い世界一決定戦』優勝
  • 2001年9月『フードバトルクラブ The 2nd』2位
  • 2002年1月『フードバトルクラブ The King Of Masters』2位
  • 2002年4月『フードバトルクラブ The Speed』2位
  • 2016年5月『マツコの知らない世界 〜寿司対決〜』優勝

このような素晴らしい実績を残しています。

 

小林尊さんは、アメリカ合衆国ニューヨーク市在住で、未だに現役フードファイターです。

現役最長記録・日本人として最も世界記録を保持

しているフードファイターです。

 

そんな小林尊さんをさらに上回る人がいます…

それは、小林尊さん自らが

最大のライバル

だったという人物なのです!

大食いフードファイター歴代第1位

ジャイアント白田

『歴代最強大食いフードファイター』栄えある1位は…。

ジャイアント白田さんです!

身長195cmと、とても背が高いジャイアント白田さん。

大きな身体で食べ物を、どんどん吸い込むように食べていきます。

そんなジャイアント白田さんはフードバトルクラブで、

大食い大魔人』

という異名を取っています。

ネットでは、ジャイアント白田さんが圧倒的に『歴代最強』だと評判です!

「ジャイアント白田に勝る人は現れない」

とまで言われているのです。

彼のこれまでの実績を見てみると、

  • 2001年4月『TVチャンピオン 全国大食い選手権〜恐るべし!九州縦断ニューフェイス決戦』2位
  • 2001年9月『TVチャンピオン 全国大食い選手権〜スーパースター頂上決戦〜』優勝
  • 2001年10月『フードバトルクラブ The 2nd』優勝
  • 2002年1月『フードバトルクラブ The King Of Masters』優勝
  • 2002年4月『フードバトルクラブ The Speed』優勝
  • 2004年『ネイサンズ 国際ホットドッグ早食い選手権』2位
  • 2006年『元祖!大食い王決定戦 北海秋味 爆食決戦〜北海道編』優勝
  • 2007年『元祖!大食い王決定戦 爆食頂上決戦〜バリ島編』優勝

というもの。

ネットの評判も、ジャイアント白田さんが最も凄いと言われ、世界で活躍するフードファイター・小林尊さんからも

ポテンシャルは絶対に白田最強!!

と言われているのです。

 

2019年現在までに、彼を超えるフードファイターは現れていないようですね!

現在のジャイアント白田さんは、大阪難波で串カツ屋を経営しています。

お店に、ジャイアント白田さんが出てくることもあるそうで、さらに美味しいと評判ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大食いフードファイターの歴代最強は一体誰なのか?

それを独自ランキング形式で発表していきました。

ランキングに入っていた人たちは、『大食い』企画を大いに盛り上げ、大活躍してきた人ばかり。

誰が1位になってもおかしくないほどでしたが、実績やネットの評判、さらに同じフードファイターの小林尊さんからの評価もあり

圧倒的にジャイアント白田さんが1位

というランキングになりました。

大食い=ジャイアント白田

となっているくらいに、彼は記録にも記憶にも残る最強のフードファイターです。

はたして今後ジャイアント白田さんを超える大食いフードファイターは現れるのでしょうか!

楽しみにしたいものですね!

もえのあずき
もえのあずきが太らないのはなぜ?トイレの秘密と凄い朝食の真相

可愛いアイドルなのに『大食いタレント』としても大活躍中のもえのあずきさん。 大食いタレントはたくさんいますが、なぜかみんな”細身”なんですよね。 食べた分だけ、お腹はぽっこりと出ているのに、全く太って ...

関連記事

-芸能人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.