著名人

宝槻泰伸のwiki風・経歴プロフィールと三鷹の塾の評判をチェック!

更新日:

今の時代、厳しい受験戦争や生活のためだけの仕事に追われ、自分のやりたいことを見失ってしまい、ただ多忙な日々を過ごす人は多い…

気がつけば、時間だけが過ぎてしまい、

「一体何のために生きているのか…」

そんなことさえ感じてしまう人も少なくないでしょう。

そんな中、勉強よりも熱中できる何かを見つけ、それを仕事につなげるためのメソッドを教え、支持を得ている塾講師がいるそうです。

その人が、宝槻泰伸さん。

一体どんな人物なのでしょうか?

また、塾の評判も気になりますので、本記事で、宝槻泰伸さんの経歴・プロフィールをwiki風にまとめ、調査していきます。

スポンサードリンク

塾講師・宝槻泰伸とは?

東進ハイスクールの林修先生が、

「今でしょ!」

という流行語で一躍有名になり、予備校講師の傍ら、タレント業でも活躍されていますよね。

塾や予備校講師が、いくら有名だったとしても、簡単に芸能人ばりに、テレビの世界で活躍するなんてことは、普通はありません。

大学講師として有名になっていたら、情報番組のコメンテーターになることはあるでしょう。

塾レベルの講師では、なかなかテレビで取り上げられないのが現状…

しかし、そんな中、ある塾講師が情熱大陸で取り上げられるというのです。

その塾講師の名は宝槻泰伸さん。

なんでも、普通の塾が行うような、ただ勉強を教えるのではなく、

子供たちが熱中するための仕掛け

を与えているようです。

それも、魚博士としても活躍している『さかなくん』のように、熱中する対象を作り、それを仕事に活かすメソッドとして指導してくれるというのです。

何やら面白そうな授業みたいですね。

この一風変わった魔法の授業を行う塾講師として、現在テレビでも注目されています。

詳しい塾の教えについては、後ほどお話していきます。

まずは、宝槻泰伸さんのwiki風に経歴プロフィールを見ていきましょう。

宝槻泰伸のwiki風・プロフィール&経歴

宝槻泰伸さんは、1981年、東京生まれの37歳

教育熱心でありながらも、

無理やり学校にいかなくても良いし、漫画を読もうがどうしようが自由

という、ユニークな教育方針を持つ父…

そんな父親に、好奇心をくすぐるような教育を受け、

高校中退しながらも、大検を受けて京都大学に合格する

という異色の経歴を手にした宝槻泰伸さん。

実は、このユニークな教育法が、現在話題の塾の指導法の基盤となっています。

 

『自ら探究心を持って勉強を楽しむ』

という勉強法で育っていくことで、学校教育をつまらないと感じ始め、塾講師として子供たちと向き合うことを決意。

2011年、大学卒業後間もなく、東京都三鷹市に、

『探究学舎』

という学習塾を開校。

当初から、成績を向上させることは全く謳わず、

『探究心と自発性を養うこと』

を信条として、子供たちに授業を施してきました。

そのことが世間に浸透され始めると、はじめは中高生の生徒が中心だったのに、気がつけば、小学生の生徒が一気に増えていったんだとか…

そして、いつしか

「やっさん」

と呼ばれるようになり、ファンが続出するようになったみたい…

ユニークな指導法で、子供たちが勉強に関心を持つように育てていくわけですから、他との差別化も図れ、人気となるのも頷けます。

宝槻泰伸さんは、そんなユニークな塾の講師として、今も子どもたちと向き合い続けているわけです。

宝槻泰伸はプライベートでも5人の子供のお父さん

一方、プライベートでは、共に探求学舎で運営に携わっている圭美(たまみ)さんと結婚。

5人のお子さんにも恵まれています。

今後も、多くの子供と接しながら、未来の新たな学びのスタイルを確立していくと思います。

今後の宝槻泰伸さんの活躍に期待していきたいものですね。

子供が熱狂する宝槻泰伸の魔法の授業

子供って、無邪気で親の言うことを聞きませんよね。

興味があることには熱心だけど、一度関心から外れてしまうと集中力を失くし、違うことに夢中になってしまう…

ある意味、気まぐれの猫を見ているかのような印象すら受けてしまいます。

もちろん、子供にだって個性は存在します。

しかし、幼い頃から常に親の言う通りに素直に育つ子供は意外と少ないように感じます。

それだけに、幼い頃から塾に通わせ、授業を受けさせるのは難しいことのような気がしてならないです。

子供に勉強を教える難しさ…

幼児から小学生・中学生へと成長していくに従って、分別が付くようになっていくとしても、今度は、学校の授業がつまらなく、やる気が失くなっていく…

きっと誰もが一度は通る道だと思います。

よほど勉強が好きな人以外、集中力を持続させることは、非常に困難です。

結局、塾に通っても何も身につかず、費用だけ無駄に出費してしまうことも…

そんな中、宝槻泰伸さんが開校する塾(探究学舎)では、他所の塾とは少し違う教育指導で、子供たちにやる気スイッチを入れています。

しかも、多くの子供達(生徒)が、宝槻泰伸さんのファンになる熱狂ぶり…

一体、この塾は、子供たちにどんな魔法をかけて、授業に集中させているのでしょうか?

学校の授業と宝槻泰伸(探究学舎)の授業の違い

学校で教えている授業って、ある種の法則的なものが多いです。

一番わかりやすい例を言えば、歴史なんてまさにそう…

例えば、織田信長の歴史の一つとして、1571年に起こった『比叡山焼き討ち』を例に挙げてみましょう。

学校の授業では、前後の背景に触れつつも、年号と事象を暗記させるかのように教えます。

ところが、探究学舎では、

『1571年に織田信長が、比叡山焼き討ちを実施したのは何故?』

という問いかけからスタート。

子供同士でディスカッションさせながら、その答えを見つけさせるのです。

世の中の『なぜ?』を考える授業

これは、筆者の持論でもあるのですが、歴史はまさにドラマの連続で、『なぜ?』の部分が重要と考えています。

戦争だって産業革命だって、国民を働かせ、古墳(ピラミッド)を作らせたのも、全て何かしらの理由があって始まった話です。

その『なぜ?』の部分に触れて初めて面白さを体感できる。

ところが、学校の授業では、その『なぜ?』の部分の多くがスルーされているのです。

ただ知識として情報を教えるか、『なぜ?』の部分を子供たちに考えさせ、答えを見つけていく中に、楽しみを体感させる…

学校の授業と探究学舎の授業とでは、この部分で決定的な差が生れているわけです。

学校の授業で『なぜ?』をスルーしてしまう理由

正直なところ、将来役に立つかどうかも分からない勉強を、淡々とやらされているだけでは、面白くありませんよね。

考え方・価値観は人それぞれですが、やはり教えの中で重要なのは、

『なぜ?』

の部分に触れながら、子供たちに答えを見つけさせることにあるでしょう。

ところが、先程もお話したと降り、学校の授業では、『なぜ?』の部分をスルーしているのが実情なのです。

当然、学校の先生たちも、そのことはわかっているとは思うのですが、どうにもならない時間の問題もあり、スルーしてしまっているのが現状…

といのも、学校では、

与えられたコマ数(時間)で、目的の範囲を教えていかなければいけない

という、教育方針が定められています。

教科書に盛り込まれる教える項目は、最終的に文科省の裁量に委ねられています。

教科書一つ一つは民間業者によって制作されていますが、文科省の認可が得られなければ使用することはまかりなりません。

つまり、小学校・中学校・高校で、それぞれ教えなければいけない項目が、ざっくり定められているというわけ。

もちろん、これが全てではありません。

小学校・中学校・高校・大学と一貫している私立の学校の場合は、カリキュラムを大幅に変更する場合もあります。

ただ一般的に、公立校で極端にカリキュラムを変えることは出来ず、少ないコマ数でも、定められた内容を教えなければいけないのです。

そのため、とりあえず知識として内容を教えることしかできず、肝心の『なぜ?』の部分がスルーされています。

残念ながらこれが現状なのです。

宝槻泰伸の塾は自由な指導が可能な学習塾

一方、学習塾では、どこからどこまで教えなければいけないという

縛りが無い

ため、教育・指導法は自由です。

それは、宝槻泰伸さんが営む塾『探究学舎』でも同じこと…

なので、同じ歴史の授業でも、

『戦国英雄編』

というような、独自の内容で、時間を大きく割いて教えることが可能です。

宝槻泰伸の魔法の授業の正体

『なぜ?』の部分にスポットを当てさせ、子どもたちに、自ら学ぶ楽しさを教えることが出来ます。

この、一般的な公立学校では出来ない、オリジナリティ溢れる

『知識を探求する授業』

を、宝槻泰伸さんは、魔法の授業として、子供たちにしているのです。

過程や答えが一つでないからこその重要な教え

人生において答えは決して、ひとつとは限りません。

もっと言えば、答えにたどり着く方法(過程)なんて、無数にあるわけです。

そのことを教えてもらうだけで、非常に価値のある塾だと思いますよ。

筆者も

「子供の頃に、こういう塾に出会えていたら、人生変わっていたのではないか?」

と思い、ふと、この塾に通う子供たちが羨ましく思えた次第です。

宝槻泰伸の塾の評判

一風変わった指導方針で、

『子供たちが目を輝かせて学ぶ』

という話も聞かれる宝槻泰伸さんが開校している塾『探究学舎』。

では、実際のところ、この『探究学舎』は、受講者(または受講者の両親)たちから、どんな評判を受けているのでしょうか。

塾の評判は賛否両論

実際に塾の評判を調べてみると、

決して絶賛の声ばかりが聞かれるわけではありませんでした。

というのも、塾全体となると、

  • 週1回で月額2万円という料金設定
  • 時折講師が変わってしまう

という難点があるため、不満の声もあがっているのです。

まぁ宝槻泰伸さんが、どんなに評判高かったとしても、一人で多数の生徒を指導することは困難です。

他の講師の力を借りざるを得ませんよね。

また、週1といっても、それに見合ったメソッドを教えているわけです。

需要と供給という意味でも、費用が高いのも仕方ありません。

実際に、子供たちにやる気スイッチが入り、目を輝かせながら宝槻泰伸さんの指導を受けているのですから、それだけでも2万円の価値はあるでしょう。

子供に夢中にさせる授業そのものは評価高い!

本来、子供は集中力が散漫になりやすく、授業そっちのけで遊んでしまうこともよくあります。

そんな子供たちに熱中できる何かを持たせ、その何かを将来の仕事につなげるような指導をしているわけです。

ただですら、今の大人達の多くが、熱中できる何かを見失い、ただ生活のためだけに生かされている時代、この教えは凄く価値があります!

世間からも、高く評価され『情熱大陸』でも取り上げられるくらいです。

間違いなく塾としての評判は良いと言えるでしょう。

課題の無いものなど存在しない…

ただ、どうしても一長一短な部分が出てくるのはやむを得ません。

どんなに優れたサービスであっても、何かしらの問題点(将来に対する課題)はあって当然と筆者は考えています。

課題がないサービスなんて、それ以上の進化が見込まれないわけですし、将来に対して期待は持てませんよね。

なので、多少不満の声があったとしても、それほど気にする必要はないでしょう。

将来の宝槻泰伸(探究学舎)に対する期待

料金の高さや、講師が入れ替わってしまう課題は、きっと必要に応じて、将来改善してくれることでしょう。

今後に期待したいですね。

長所(熱中できるものを見つける指導法)を伸ばしていくのか、それとも、料金面や講師に対する不満な部分を改善していくのか…

今後の動向にも注目していきたいと思う次第です。

スポンサーリンク

まとめ

塾講師という立場で、子供たちから絶大な支持を受けている宝槻泰伸さん。

幼少の頃から、教育熱心な父の指導を受け、異色の経歴を持ちながらも、学びに対する独特の思想を持ち、塾に大きく反映させています。

もちろん、料金の高さや講師が入れ替わってしまう課題もありますが、彼の指導方法に対しては評判も高いです。

自身も5人の子供を抱え、学校では教えてくれない

『なぜ?』

に焦点を当てつつ、積極的に学ぶ姿勢を教える魔法の授業。

今後も支持され続けていくのではないでしょうか。

未来に向けて、楽しんで勉強していく子供たちを育てていってほしいと、塾講師としての手腕に期待しています。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.