仕事

CAになる方法や条件・年収を調査!就職倍率低下で就活チャンス到来?

客室乗務員こと、キャビンアテンダント…

いわゆるCAは、昔から女性の憧れの職業の1つとして、常に人気を誇っていました。

今でも、CAになりたいと思っている女性は多いものです。

 

ただ、CAになるには、ハードルが高く、狭き門と言われてきました。

そのCAが今、なんと売り手市場になっていて、就職倍率は低くなったのです。

ある出来事によって、CAが人手不足になり、それをきっかけに狭き門が解放されたから…という事情があります。

 

では、CAになるためには、どのような条件が必要なのでしょうか?

この記事では、女性の憧れの職業の1つ、CA(キャビンアテンダント)について、

年収やなるための条件や資格、なぜ今なりやすいのか?

といった事情を解説していきます。

スポンサーリンク

CAになる方法とは?必要な条件や資格は?

就職するには、ハードルが高く、女性の花形職とも言われたCA。

CAは、キャビンアテンダントの略で、客室乗務員のことを指します。

この『CA』という呼び方は、日本の呼び方になるそうです。

 

世界的に女性の客室乗務員が多かった時代は、『スチュワーデス』と呼ばれていましたね。

しかし、海外で男性の客室乗務員も増えてきたため、

スチュワーデスという呼び名は廃止。

『フライトアテンダント』

と呼ばれるようになりました。

日本では、ドラマなどの影響が根強く残っているので、キャビンアテンダント…つまり、CAと呼ばれるのが一般的です。

 

かつてのCAは、

倍率が100倍を超える

ような、超人気職業でした。

様々な条件がありながら、100倍を超える倍率だったわけですから、とてつもない人気なのです。

このCAになるためには、もちろん必要な条件や資格があります。

学歴

CAになるための学歴は、航空会社によって異なります。

ANAやJALのような国内大手企業となると、

専門学校・短大・大学卒・大学院卒

いずれかの学歴以上が必要です。

 

ちなみに、ANAの2021年度新卒採用の募集要項では、

ANA客室乗務員の応募資格

2020年4月から2021年3月までの間に専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院の文系学部・理系学部(全学部)を卒業または修了見込みの方。

卒業・修了とは、

  1. 専門士号(Diploma相当)
  2. 短期大学士号(Associate degree相当)
  3. 準学士号(Associate相当)
  4. 学士号(Bachelor’s degree相当)
  5. 修士号(Master’s degree相当)
  6. 博士号(Doctor’s degree相当)

の取得を指します。

となっています。

資格・語学力

必要な資格については、

実は必ず持っていないといけない資格はありません。

しかし、多くの航空会社では、英語レベルについて、募集要項に明記されています。

 

実際、JALやANAなどの大手航空会社だと、

TOEIC600点程度以上の英語力を有すること

と、応募資格にあります。

そのため、

TOEICの受験は必須ではないものの、TOEIC600点と同等以上の英語力を示せる証明

の提出が必要と覚えておきましょう。

 

また、多くの日系航空会社では、英語力を問われる試験や、英語面接があります。

英語面接では、ネイティブのような英会話である必要はありません。

しかし、

スムーズな会話の往復が高評価

であることは、言うまでもありません。

 

さらに、外資系航空会社では、英語力はもちろん、近年のアジア系言語の需要に合わせて、

第二外国語のスキル

も見られています。

とくに、

  • 中国語
  • 韓国語
  • ドイツ語
  • フランス語

などの言語は、面接時の強いアピールになります。

 

その他、CAになる就職で有利になる資格としては、

  • TOEICのスコアなど、英語力の高さを計れるもの
  • 秘書検定(マナーなどが備わっているため)
  • 救急法救急員資格(入社後に講習を受けて取得がどの道必要になるので、持っておくと有利)
  • 第2外国語の検定資格
  • 手話技能検定

があります。

身長・視力など

CAさんには、スラリとした人が多いので、

低身長だとCAになれない

なんて言われることもあります。

 

JALやANAでは、

航空機乗務に際し、必要な体力を有し、呼吸器・循環器・耳鼻咽喉・眼球・腰椎等に支障がないこと

が、応募条件となっていて、

具体的に身長の条件は記載されていません。

 

しかし、実際の業務では、頭上にある手荷物棚の開閉や、安全確認のために高いところに手を伸ばす作業があります。

あくまでも、CAとしての業務に支障をきたすことがない身長が必要です。

目安として、

155cm~160cm前後の身長は必要

になってくるでしょう。

 

さらに、JALやANAでの応募資格の視力としては、

裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上であること

が記載されています。

 

CAの就職倍率が低下でチャンス到来!?

意外にも、現在はCAは売り手市場です。

積極的に、航空会社側がアプローチをかけなければいけないほどの人手不足に陥っています。

就職倍率は低くなり、CAは今や高根の花から、なろうと思えば、短大卒でも就活をすることでCAになれる…。

そんな時代が到来しています。

 

では、なぜCAの就職倍率が低下したのか?

 

その理由も調べました。

CAの就職倍率は低下しましたが、今でもまだ、CAが人気の職業であることには変わりありません。

しかし、他の職種を希望する人が増えたことも事実。

それに加えて、ある1つの存在の増加が、CA希望者を減らすだけでなく、航空会社の人材確保に悪戦苦闘させる背景があるのです。

そのため、

容姿的条件はなくなり、学歴も問わず、英語力は入社後の教習で補う

という航空会社も増えてきました。

 

そして、CAの人手不足による就活ハードルを下げた存在といのが…

LCC(ローコストキャリア)

でした。

つまり、格安航空会社の増加が、CAの就職倍率低下の理由だったのです。

 

LCCの就航が増えたことで、それに伴って必要になるCAの数も増加します。

さらには、ビジネス・観光問わず訪日客が増え、国際線の発着数も増えています。

これによりCAの負担を減らすため、新たな人材が必要になりますよね。

 

例えば、ANAは2015年には新卒と中途をあわせて1000人以上のCAを採用しました。

当時は、大手でも毎年300人程度を採用するくらいが通常だったので、これがいかに異常な多さであるのか。

さらに、2017年の採用人数は700人…。

JALに比べると倍の人数です。

 

加えて、CA希望者の減少が響いてきます。

女性の社会進出も増え、また性別による採用が、男女共同参画社会の推進で減ったことにより、女性でもなれる職業が増加しました。

CA以外を目指す女性が増えたのです。

 

さらに、希望者の低下という意味でも、LCCの存在は航空会社に大きな影響を与えています。

それが、労働環境の過酷さです。

 

LCCのCAは、過酷な激務をこなしています。

激務でありながら、勤務時間や休日は不規則、国際線を担当するならば、時差もあります。

体力がないと、CAを務めることはできません。

CAはガテン系だ

とすら言われるレベルの過酷な環境なのです。

それでいて年収をみても、今や高収入ではなくなりました。

すでにCAに対する華やかなイメージはなくなってしまったと言ってもいいでしょう。

 

一応、ANAやJALなどが労働環境の改善のため、正社員雇用を増やしました。

JALについては、さらに出産前後の労働環境も整え、妊娠が判明したら産休に入ることが可能になりました。

また、出産前まで地上勤務に配置を変えてくれたり、産後は3年間の育休が取れるようにも改善。

2016年には、不妊治療休職制度も導入しています。

 

ただ実は今、女性の人気職は、

転勤がない大企業の一般職

に移っています。

つまり、働きやすい環境が求められているわけですね。

一時期は、憧れと花形職業というだけで希望者がどんどん増えていたCAも、LCCによってその激務と華やかさが低下。

人材不足で採用基準を落とす航空会社が出てきたことで、さらに特別感はなくなりました。

夢描く華やかさは、失われつつあるCAです。

しかし、それでもCAを目指したい人は、今がチャンスと言えます。

 

CAの年収はいくら?

お金

 

最後に、CAの年収についても触れてみましょう。

 

CAといえば、ブランドバッグなどを持って海外旅行するなど、高給取りで華やかなイメージを持っている人が多いです。

一時期は、30歳で年収1000万なんて言われたこともありましたね。

しかし、今ではどうでしょう。

2001年の頃は、平均年収が679万円だったCAは、2015年には

525万円

と、10年ちょっとで約100万円も平均年収はダウンしているのです。

2020年現在、厚生労働省発表の『賃金構造基本統計調査(職種別)』の過去5年間統計から計算されたものが、

平均550万円前後

となっています。

 

ちなみに、航空会社の規模別平均年収だと、

  • 国内大手:約450万円~約540万円
  • 外資系:約500万円前後
  • LCC:約200万円台~
  • 地域航空会社:約370万円

となっています。

航空会社によって、バラつきがあります。

 

この平均年収の低下には、やはりというべきか、LCCの増加が関わっていると見ていいでしょう。

逆に言えば、待遇が改善されてきたJALやANAといった国内大手の航空会社なら、長いキャリアを積めば年収600万円台に乗っていくことは可能です。

多少は年収が下がったとはいえ、大手航空会社の場合は、高給取りであることには違いありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、CAになる方法や、今なぜCAになりやすいのか、その背景を紹介しました。

 

CAになるためには、

専門学校・短大・大学卒・大学院卒

以上の学歴が必要となります。

さらに、英語力や身長・視力などの条件もあります。

 

具体的な必要資格はありません。

しかし、

  • TOEICのスコアなど、英語力の高さを計れるもの
  • 秘書検定(マナーなどが備わっているため)
  • 救急法救急員資格(入社後に講習を受けて取得がどの道必要になるので、持っておくと有利)
  • 第2外国語の検定資格
  • 手話技能検定

などの資格は、面接時のアピールポイントとなるでしょう。

 

CAの就職倍率低下と言われる背景としては、LCCの増加があげられます。

LCCの増加により、CAの現実を見せつけられて、希望者を減らすことに繋がったり、CA全体で見ると、給与の低下に繋がっていたり…。

CA業界には、良い影響を与えていないことは、驚くべきことです。

それでいて、もともとが勤務時間が不規則で、体力がないと続けられません。

カツカツの人手でやっていたのも頷けますね。

 

今は、CAの需要が高まっていますから、多少の質を落としても人材を確保したいのが、業界の方向性ではないでしょうか。

そう考えると、昔のような特別感が失われたCAになって、果たして良いものなのかどうなのか…。

考えさせられますね。

関連記事

-仕事

Copyright © スピカ紀行 , All Rights Reserved.