野球

プロ野球ペナントレース2019!パリーグの順位や優勝予想と戦力を考察

2018年のパ・リーグは、久しぶりに西武がリーグ優勝を果たしましたが、クライマックスシリーズでソフトバンクに敗れ、そのソフトバンクが日本一になるという下克上なシーズンでした。

2019年のシーズンはどうなるのでしょうか?

連覇を狙う西武、完全制覇を目指すソフトバンク、この2チームを追い抜き優勝を狙う4チーム…

当記事では、パ・リーグの戦力を分析し、ペナントレース2019の順位予想をしてみようと思います。

スポンサーリンク

プロ野球ペナントレース2019!パ・リーグの順位予想!

2018年のパ・リーグのペナントレースは、終わってみれば、筆者の予想は1チームも当たらないという、いつも以上にショッキングな光景が待っていました。

圧倒的優勝と予想したソフトバンクは、サファテ投手など主力の離脱もあって2位。

下位予想の日本ハムは若手の台頭で3位となるなど、意外な結果でした。

毎年1チームの順位くらいは当たるわけなんですが、2018年のパ・リーグに関して言えば、かすりすらしなかったのはちょっと空しくなりましたね。

一応、優勝予想をしたソフトバンクについては、主軸の長期離脱で2位以下になることもありえると予想していたため、わずかに的中でいいのかもしれませんが…

 

2018年は西武が"山賊打線"と言われる12球団最強の破壊力を持った打線で圧倒しました。

先発も

  • 16勝5敗で勝ち頭の3年目・多和田真三郎投手
  • 14勝を挙げて活躍したエース・菊池雄星投手
  • 交換トレードで移籍後覚醒し、11勝を挙げた榎田大樹投手

の3本柱が活躍し、何とか投手の手薄さをカバーしていた印象があります。

では西武が2019年のペナントレースも制するのか?と言われると、それは微妙です。

なぜなら、2019年のパ・リーグは、その西武の戦力が大きく動いたため、再び予想がしにくくなったからです。

 

パ・リーグの2019年ペナントレースを制するのはどのチームなのか?

筆者の予想は、以下のようになりました!

パ・リーグのペナントレース2019順位予想!

1位:北海道日本ハムファイターズ

2位:福岡ソフトバンクホークス

3位:埼玉西武ライオンズ

4位:東北楽天ゴールデンイーグルス

5位:千葉ロッテマリーンズ

6位:オリックス・バファローズ

筆者の予想はこうなりました。

1位と予想したのは日本ハムです。

日本ハムは2018年、あれだけの主戦力の移籍がありながらも、若手の台頭によって見事に戦力不足をカバー。

さらにオフには強力な助っ人と、トレードや移籍で経験豊富なベテランやかつて活躍していた選手を多く獲得しました。

育成力、再生力に定評のある日本ハムがこれだけの補強をしたとなると、戦力は2018年の比にならない強力さだと思い、1位予想としました。

安直な予想にはなってしまいますが、エースと打線の大黒柱を欠いた西武は3位、戦力の大量移籍で浮上の兆しが全く見えないオリックスを最下位としました。

ロッテと楽天は甲乙つけがたく、どちらが上でもいいかなと思ったのですが、現状では新加入の助っ人外国人次第という部分が不安定なロッテを5位にすることで落ち着きました。

 

それでは、次に各チームの戦力分析と、何位から何位くらいまでありえるのか?

カギになるポイントなども紹介したいと思います。

 

プロ野球ペナントレース2019!パ・リーグ各チームの戦力分析

それでは続いて、2019年のパ・リーグの各チームの戦力分析をしていこうと思います。

新戦力などから、どんなシーズンになるのかを予想してみましょう。

2019年のパ・リーグ戦力分析 北海道日本ハムファイターズ

筆者が1位と予想したのは、北海道日本ハムファイターズです。

2018年は大幅に主戦力が抜けたにも関わらず、下馬評とは異なり若手の台頭で3位という結果を残しました。

逆に言えば、全体的に若手が多く、それゆえに後半は息切れしてしまい、夏以降は失速。

ソフトバンクの猛追を振り切れなかった印象がありますが、2019年はちょっと違いそうです。

 

さて、2019年はどうなるかですが、まずは抜けた戦力、加わった戦力を確認してみましょう。

※主な戦力なので、近年は2軍暮らしが多かった選手などを省いています。

日本ハムの加わった・抜けた戦力

抜けた主な戦力

  • 高梨裕稔
  • 矢野謙次
  • ブランドン・レアード
  • オズワルド・アルシア
  • マイケル・トンキン

主な新戦力

  • 秋吉亮
  • 谷内亮太
  • 金子弌大
  • 王柏融
  • ジャスティン・ハンコック
  • ジョニー・バーベイト

ドラフト加入選手も多いですが、高卒が多く、即戦力ではなさそうだと感じたので省きました。

レアード選手が抜けましたが、空いたサードを争いは熾烈になり、競争による成長が期待できます。

横尾俊建選手、渡邉諒選手、浅間大基選手、石井一成選手ら期待の若手、さらにルーキー・野村佑希選手など…

本来はサードだった大田泰示選手もいるので、仮に若手がコケたとしても何とかカバーできそうです。

 

新戦力は例年に比べ、かなり豪華ですね。

まず、トレードでヤクルトの元クローザー・秋吉亮投手と谷内亮太選手を獲得しました。

秋吉投手の加入は大きいと思います。

2018年は不調者が多く、宮西・公文の2投手に頼りきりになっていた中継ぎ陣に実績のある投手が増えて層が厚くなります。

何より、経験豊富な投手の加入は、ブルペンの精神的支柱としての役割もありますからね。

同じ理由で、先発はかつての沢村賞投手・金子弌大投手の加入も大きいです。

 

そんな多くの新加入戦力の中で、筆者がキーマンとして挙げるのが…

『大王』こと、王柏融選手です。

台湾史上最強打者とも言われる王柏融選手、その成績はというとすさまじく…

2015年 29試合 .324 9本 29打点 0盗塁 OPS1.017

2016年 116試合 .414 29本 105打点 24盗塁 OPS1.163

2017年 115試合 .407 31本 101打点 16盗塁 OPS1.176

2018年 98試合 .353 13本 72打点 7盗塁 OPS0.982

2年連続4割を記録するなど、日本では考えられない数字がずらりと並んでいます。

しかし、所詮は台湾リーグの成績なので、正直なところ韓国リーグの成績よりもアテになりません。

試合数が多くなる日本で、バテずにやっていけるかなど未知数な要素が非常に多いです。

なので、この王柏融選手がどれほどの打撃成績を残すか次第で、日本ハムの得点力が大きく変わってくるでしょう。

2018年の日本ハムは、打率3割超えが近藤健介選手しかおらず、2位の西川遥輝選手の打率が.278と、実は打率を残している打者が少ないのも気がかりなポイントでした。

そういうこともあり、『北の大王』となった王柏融選手がどこまでやれるかが、日本ハムの得点力に大きく関わってくるのです。

ちなみに、筆者が個人的に飛躍に期待したいのは、"おにぎり君"こと横尾俊建選手です。

2019年のパ・リーグ戦力分析 福岡ソフトバンクホークス

2位予想に挙げた福岡ソフトバンクホークスは、2018年は2位からの下克上で日本一となりました。

しかし、ペナントレースは主戦力の不在などが相次ぎ、苦しいシーズンだったとともに、1つの弱点が見えてきました。

それが、主戦力の高齢化です。

とくに、2019年のペナントレースで望まれるのが、

ポスト松田・内川候補の出現

ですね。

松田選手は2018年も32本塁打を放つなど、まだパワー自体は残っているものの、近年、打率が.240~.260付近にまで落ちていて確実に衰えてきています。

内川選手は怪我での離脱が増え、2018年は打率.242にまで急落するなど、こちらも確実に限界が近づいてきています。

世代交代をはかるためか、ソフトバンクのシーズンオフは、大量の首切りをおこないました。

ソフトバンクの加わった・抜けた戦力

抜けた主な戦力

  • 本多雄一
  • 五十嵐亮太
  • 攝津正
  • 吉村裕基
  • 寺原隼人
  • 城所龍磨

加わった主な戦力

なし(ドラフト指名ルーキーのみ)

補強はゼロというかなり極端なストーブリーグを過ごしました。

今の主戦力を使いながら、これまで使っていたベテランの枠を若手に割いて、競争をさせようという意図だと思います。

そんなソフトバンクのキーマンとして筆者が挙げるのは…

武田翔太投手

です。

まだ25歳で8年目の武田翔太投手。

2015年に13勝、16年には14勝と、エースとなれる力を持っていながらも怪我で離脱したり、好不調の波が激しかったりと安定感を欠いています。

2018年に至っては、勝った3勝は全て完封、負け試合は失点が多いという両極端な成績でしたね。

同じソフトバンクで言えば東浜投手のような安定感を身につけることができれば、エースとしてこの先何年もソフトバンクの支柱となって活躍することができるはずです。

また、今名前を挙げた東浜投手も、2018年は怪我から復帰した後の安定感は素晴らしいものがありました。

怪我なく1年を過ごしてほしいですね。

2019年のパ・リーグ戦力分析 埼玉西武ライオンズ

3位予想としたのが、2018年のリーグ覇者・埼玉西武ライオンズです。

西武は"山賊打線"と呼ばれる12球団最強打線の破壊力を軸に、打ち勝つ野球で勝利をもぎとってきましたが…

投手陣に不安があり、先発3本柱は頑張ったと思いますが…

それ以降の先発が続かず、中継ぎも不足しているので一部投手を酷使しがちと、不安要素が多いです。

では、なぜ12球団最強打線を誇る西武が3位になる予想をしたのかというと、抜けた戦力があまりにも大きすぎたからです。

西武の加わった・抜けた戦力

抜けた主な戦力

  • 菊池雄星
  • 浅村栄斗
  • 炭谷銀仁朗
  • ブライアン・ウルフ

加わった主な戦力

  • 内海哲也
  • 廖任磊
  • ザック・ニール

抜けた戦力でとくに大打撃なのが、エース・菊池雄星投手、そして打点王に輝いた主軸・浅村栄斗選手です。

先発投手に不安がある西武にとって、替えの利かないエースが抜けた穴はあまりにも大きすぎます。

そして、打点王としてチームの得点源になった浅村栄斗選手の離脱も、いくら1人が抜けてもまだまだ強力な山賊打線とはいえ、戦力低下は免れません。

しかも、同リーグの楽天へ移籍してしまったというのもマイナスポイントです。

戦力低下が確実な中、連覇をするには投手陣…とくに先発で大きな飛躍をしてくれる投手が必要になります。

その先発投手で、筆者がキーマンとして考えるのは…

今井達也投手

ですね。

ルーキーイヤーは1軍登板なしでしたが、2年目の2018年に5勝5敗、防御率4.81とまずまずな結果を残しました。

高卒2年目としては上出来ですし、今後のさらなる飛躍が期待できる次世代のエース候補です。

今井達也投手が飛躍し、2ケタ勝利を挙げられるようなことがあれば、西武の連覇も夢ではないでしょう。

また、勝利数だけでなく、できるだけ長いイニングを投げてくれることに期待したいですね。

これは今井達也投手に限った話ではありませんが、菊池雄星投手が抜けたことによって、イニングイーターが減り、ただでさえ酷使気味だった一部の中継ぎ投手がさらに大変になってしまいます。

中継ぎの負担を減らすため、先発が長いイニングを投げられるようになるのも、ペナントレースという長い期間を勝ち抜くために大切なことだと考えています。

2018年のパ・リーグの戦力分析 東北楽天ゴールデンイーグルス

2018年の予想では、Aクラス入り予想も割と多かった楽天。

その2018年はどうだったかというと…

助っ人外国人3人衆の不調によって貧打に陥り、投手陣も則本昂大投手がやや苦しんだこと。

先発が則本・岸に続く3人目が不在だったこともあってまさかの最下位という結果に。

勝利数は3位が5勝の松井裕樹投手・宋家豪投手とまさかのリリーフ陣になるなど、先発があまりにも不甲斐なさすぎました。

これらの結果もあって、楽天は石井一久GMによる新体制が発足、かなり戦力にテコ入れをおこないました。

楽天の加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • ジャフェット・アマダー
  • カルロス・ペゲーロ
  • 聖沢諒
  • 小山雄輝
  • 枡田慎太郎

主な加わった戦力

  • 辰巳涼介(ドラフト1位ルーキー)
  • 浅村栄斗
  • 福井優也
  • 橋本到
  • アラン・ブセニッツ
  • ジャバリ・ブラッシュ

アマダー、ペゲーロと、助っ人3人衆のうちの2人を一気に解雇など、思い切った首切りを実行。

そしてFAで2018年の打点王・浅村栄斗選手を、トレードで広島から福井優也投手、巨人から橋本到選手を獲得。

新外国人も、抑え候補のブセニッツ投手、選球眼のいい4番候補のジャバリ・ブラッシュ選手を獲得しています。

打点王の浅村栄斗選手を獲得したのは大きいですよね。

 

では、2019年のペナントレースを戦ううえで、キーマンとなるのは誰かというと…

先発全員

というアバウトなことを言うしかできませんでした。

中継ぎは、期待の若手が多く出てきているので大丈夫でしょう。

それよりも深刻なのは先発陣です。

岸投手はさすがの安定感なので、文句はありませんが…エースである則本投手には復調してほしいですね。

則本投手が貯金を作れるようになるだけでも大きく変わりますから…

また、先発2人に頼りきりで、その他の投手が中継ぎ以下の有象無象になっていては、ペナントレースは戦い抜けません。

美馬投手の復調や、藤平投手や辛島投手の成長にも期待がかかります。

2019年のパ・リーグの戦力分析 千葉ロッテマリーンズ

5位予想のロッテは、正直なところ、現状ではどれだけ頑張っても3位くらいが限界なのではないかと感じさせられます。

いい若手をここ数年で大量に獲得できているので、数年後の期待値は高いのですが…

現状だと、戦力が不足しすぎていて、2019年は我慢の育成シーズンになりそうな予感がしますね。

ロッテの加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • 岡田幸文
  • 根元俊一

主な加わった戦力

  • 藤原恭大(ドラフト1位ルーキー)
  • 細川亨
  • ブランドン・レアード
  • ブランドン・マン
  • ジョシュ・レイビン
  • ケニス・バルガス

ロッテは、活躍が無理そうな助っ人や若手をクビにはしましたが、岡田選手や根本選手などは現役引退なので、大して戦力が低下していないのが特徴です。

一方、補強はさすがに12球団一やる気がないフロントと名高いロッテのフロント陣も、弱点を克服しようと動きました。

大砲不足で、本塁打数がワーストという穴を埋めるため、前日本ハムのレアード選手を獲得。

その他にも元横浜のブランドン・マン投手、新外国人としてジョシュ・レイビン投手、ケニス・バルガス選手を獲得しています。

キーマンとなるのは、やはり助っ人外国人でしょう。

逆に言えばそれだけ未知数な要素が多いため、4位にも最下位にもなる可能性があるチームだと言えます。

2018年のパ・リーグの戦力分析 オリックス・バファローズ

こういうのはとても心苦しいのですが、もう既にオリックスは、ストーブリーグの時点で優勝を放棄していたと思います。

FAで浅村選手を狙っていたのに、その交渉期間中に彼が最も尊敬する中島宏之選手へのあの待遇、そして金子投手との交渉の縺れなど…

それでいて、Bクラスのチームなのにロクな補強をしませんでしたからね。

確かに、本来活躍するべき人が活躍すれば破壊力のある打線、投手陣はすぐ酷使するので崩壊しやすい中継ぎという部分抜きに考えると、適切な采配ができればいい人材は揃っています。

しかし、やはり主力の流出は致命的なので、こうして最下位という予想になってしまいました。

オリックスの加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • 西勇輝
  • 金子千尋(現・金子弌大)
  • 中島宏之
  • 小谷野栄一
  • 佐藤達也

主な加わった戦力

  • 竹安大知
  • ジョーイ・メネセス

正直なところ、まともな戦力は加わっていません。

メネセス選手は2018年に3Aに上がったばかりの選手で、どちらかというと将来性を見込んでの獲得だと思います。

戦力的に優勝はほぼ難しそうな中、オリックス飛躍のキーマンを挙げるとするならば…

T-岡田選手

でしょうね。

2017年に久しぶりの30本塁打を記録し、ついに復活かと思われた中、2018年は怪我に泣かされわずか97試合の出場にとどまりました。

T-岡田選手がフルで出場して結果を残すか残さないかで、オリックスの打撃事情は大きく変わってくるはずです。

そのため、まずT-岡田選手が完璧な状態で2019年のシーズンを迎えることが、オリックスのペナントレースのカギとなるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年のパ・リーグの戦力分析と、順位予想をしてみました。

戦力が拮抗しているとはいえ、筆者個人としては、上4チーム、下2チームで争うことになるのではないかと思っています。

混戦になりそうな中、最後に1位になると思っているのは日本ハムで、2019年の日本ハムは若手とベテランがうまく噛み合った素晴らしいチームになると感じています。

若手だけのチームだと、落ち目の時にずるずるいってしまいがちです。

若手ばかりだった投手陣に、メンタル面の支えにもなるベテランが加わったことがプラス要素として働くことでしょう。

2018年は全チームの予想を外しているので、2019年のペナントレースは、半分くらい当たってほしいところです…。

関連記事

-野球

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.