野球

プロ野球12球団ユニフォーム2020!変更点とメーカーを一覧紹介!

プロ野球といえば、ユニフォームは最も有名なグッズです。

最近では、サードユニフォームだったり、

『○○デーと呼ばれる日に着用する』

という特別なユニフォームも出てきましたね。

また、ユニフォームもずっと同じデザインではありません。

毎年、どこかの球団がユニフォームのデザインを変更したり、サプライヤー…いわゆるメーカー変更をおこなっています。

2020年のプロ野球12球団で、ユニフォームが変更となった球団はどこなのでしょうか?

当記事では、プロ野球のユニフォームについて、2019年から変更した球団、また、プロ野球のユニフォームのメーカーは何社あるのか紹介していきます。

スポンサーリンク

プロ野球のユニフォーム2020!変更点のある球団は?

プロ野球は、ユニフォームも華の1つですよね。

基本的には、何年か同じデザインのユニフォームを使用することが多いのですが、数年でデザインが変わったり、メーカーが変わったりします。

それが12球団あるわけですから、ほぼ毎年、どこかの球団で何らかのユニフォーム変更がおこなわれているわけですね。

例えば、2018年は、阪神、楽天、中日がユニフォームを刷新し、2019年はオリックスと中日がユニフォームを変更していますね。

 

では、2020年ユニフォームが変更されるのはどの球団なのでしょうか?

2020年にユニフォームの変更があったのは、

ロッテ、楽天、阪神、横浜

の4球団です。

また、オリックスはソックスのみが変更されるという発表もありました。

プロ野球2020ユニフォームの変更点 千葉ロッテマリーンズ

ロッテは、2020年からユニフォームだけでなく、ユニフォームのサプライヤー(メーカー)も変更となります。

これまでは、マジェスティック・アスレチック社制のユニフォームでしたが、

2020年からはミズノと契約!

これに伴い、ユニフォームのデザインも変更となります。

その新ユニフォームがこちらです。

ホームユニフォームのデザインはあまり変更がなく、背番号と名前の縁取りがなくなったこと、字のフォントが変わったくらいですね。

ビジターユニフォームの方はかなり変わりました。

ホームだけでなく、ビジターのユニフォームにもロッテ伝統のピンストライプが採用。

縁やラインで使われていた赤色がなくなり、黒と白のシンプルなデザインになりました。

ゼロ年代のロッテを思い起こさせるなぁ…と筆者は感じましたね。

遠目で見ると、特徴の1つである縦縞がほとんど目立たないなと感じてしまいますが…

プロ野球2020ユニフォームの変更点 東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天も、ロッテと同じくユニフォームのサプライヤーが変更になりました。

新たにユニフォームの契約をした企業はロッテと同じく、

マジェスティック・アスレチック社から、ミズノに変更

となります。

新ユニフォームのデザインがこちら。

みたところ、2019年までのデザインとほとんど変わっていないように見えますが…

変更されたのは、ホーム・ビジター共通のポイントだと首元にあった2本のラインがなくなり、生地が薄くなったくらいですね。

ビジターユニフォームは、2019年のユニフォームだとRakutenの文字の下に選手の背番号が書かれていましたが、2020年からはそれがなくなっています。

変更点の中でも生地の薄さはかなり顕著に表れているようで、実際にユニフォームを購入した人からは、

「めちゃくちゃ薄くなってる!」

という反応が多く見られたほどです。

選手にとっては、生地が薄くなることで重量が減って動きやすくなりますし、それがプレーのしやすさに繋がって、よい変更なのかもしれません。

プロ野球2020ユニフォームの変更点 阪神タイガース

阪神の2020年のユニフォームは、ビジターユニフォームのみ新デザインとなりました。

2020年からの新ビジターユニフォームがこちら。

ユニフォームにグラデーションって、かなり個性的ですよね。

グラデーションパターンなユニフォームというと、2008年のロッテビジターユニフォームが思い出されます。

阪神曰く、

伝統のグレーを基調としたデザインに杢柄のアクセントを施した斬新さに加え、上部から下部に流れるようなグラデーションパターンによるスタイリッシュな仕様

とのことですが…

なんだか色落ちしているようにしか見えず、正直なところ微妙なデザインにも感じてしまいます。

ロッテの頃にも同じように、色落ちしているように見えると感じた人は多かったため、阪神ファンからも同じような感想を持たれそうです。

実際、阪神ファンからも賛否両論が巻き起こっているようですよ。

プロ野球2020ユニフォームの変更点 横浜DeNAベイスターズ

横浜も、2020年はビジターユニフォームが新しくなります。

コンセプトは『より青く、より強く。』だそうで、ユニフォームの全てが青色という構成に!

縦のラインがかなり強調されていますね。

しかも、青色にもこだわっており、

港町・横浜の海をイメージした4種類の青色

を使っているとのこと。

これでもかというほど盛り込み、まさに青尽くしのユニフォームとなっています。

 

プロ野球2020!各球団のユニフォームのメーカー一覧

ユニフォームには当然ながら、サプライヤー…要するにメーカーが存在します。

2020年のプロ野球のユニフォームのメーカーはどうなっているのでしょうか?

一覧にしてみました。

プロ野球のユニフォームメーカー一覧!

ミズノ:6球団(中日、日本ハム、阪神、広島のホーム、ロッテ、楽天)

マジェスティック・アスレチック社:3球団(西武、ヤクルト、ソフトバンク)

デサント:3球団(横浜、オリックス、広島のビジター)

アンダーアーマー:1球団(巨人)

このようになりました。

広島がホームとビジターで違う会社と契約しているため、全部で13になりましたが…

2020年に最多のメーカーとなったのは、ミズノでした。

一時期はマジェスティック・アスレチック社が怒涛の勢いで契約数を伸ばしていましたが、2020年になってミズノがシェアを奪う形になり復権。

一方のマジェスティック・アスレチック社はプロ野球でもシェアを減らしただけでなく、

メジャーリーグの公式サプライヤーがナイキに変更

となったため、メジャーリーグのユニフォームからも消えることに…。

もしかすると、プロ野球のユニフォームメーカーも、マジェスティック・アスレチック社のシェアが減っていき、かつてミズノが独占していた時期に戻っていくかもしれませんね。

まぁ、巨人が継続してアンダーアーマーとの契約を更新したため、まだしばらくの間はミズノのみになることはありませんが…

スポンサーリンク

まとめ

プロ野球で、2020年からユニフォームが変更となる球団と、12球団と契約しているメーカーを紹介しました。

ユニフォームは近年、特別ユニフォームとして、数日間だけ着るデザインが増えてきていて、非常にややこしいですよね。

2020年に変更されるユニフォームで気になるのは、やはりその強烈なデザインが目を惹く、阪神のビジターユニフォームでしょうか。

グラデーションパターンは、過去に2008年のロッテがビジターユニフォームで採用しましたが、この時はロッテファンの中でも賛否両論になったほど…

そんな経緯があるだけに、阪神ファンの中でも賛否両論が巻き起こっているようです。

海外では、

ヤンキースのファンがナイキのロゴ入りユニフォームを拒絶している…

といったニュースもありました。

それだけに、12球団で最も強烈なファンである阪神ファンにも、そのような動きが起きないか心配ですね。

関連記事

-野球

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.