野球選手

プロ野球選手年俸ランキング!2020最新と歴代最高を比較してみた!

プロ野球選手といえば、一流の選手にもなると、年俸もすさまじいことになり、お金の面でも夢のある職業と言えますよね。

そんなプロ野球選手の中でも、年俸1億円プレーヤーはまたワンランク上の存在…。

本当に限られた選手しか、年俸1億円を超えることはできないのです。

ここで気になるのが、2020年のプロ野球選手の最高年俸は、一体誰なのでしょうか?

また、歴代最高年俸も気になります。

当記事では、プロ野球選手の年俸について、2020年の最新ランキングと、歴代最高年俸を調べてみました!

スポンサーリンク

プロ野球選手の最新年俸ランキング2020!

お金

プロ野球選手の年俸となると、非常に夢がありますよね。

一流の選手になると、億という大金をもらえたりもします。

しかし、そんな選手はほんの一握り。

2軍暮らしの選手なんて、年俸300万円程度です。

1軍出場ができていても、レギュラー定着ができなければ、多くても2~3000万円程度。

仮にレギュラーで活躍していても、1億円を超えるのはなかなか難しいもの。

キャリアを積んで、毎年レギュラーとしてチームに貢献していないと億超えは達成できません。

さらに、何らかのタイトルを獲るとか、タイトル争いをするような目立った成績が残せないと難しいです。

また、チームによって査定が異なるのも、ややこしいポイントですね。

 

では、2020年にプロ野球で一番年俸をもらっている人は誰なのでしょうか?

2019年の段階では巨人の菅野智之投手が6億5000万円でトップでしたが、順位の変動はあったのか!?

プロ野球の年俸ランキング2020、そのトップ10を紹介しましょう!

プロ野球年俸ランキング2020!

1位:菅野智之(6億5000万円)

2位:柳田悠岐(5億7000万円)

3位:坂本勇人、浅村栄斗、山田哲人、ウラディミール・バレンティン(5億円)

7位:森唯斗(4億6000万円)

8位:丸佳浩、松田宣浩(4億5000万円)

10位:糸井嘉男(4億円)

見事にトップ10が出そろいました。

2019年には大量にいた年俸4億円のプレーヤーが、2020年にはわずか1人にまで減少…

 

2020年の年俸ランキング1位は、前年同様巨人の菅野智之投手です。

その年俸額は6億5000万円!

この年俸に到達したのは2019年のことなのですが、実は…

佐々木主浩さんに並ぶ、歴代日本人最高年俸

なんですよ!

歴代日本人最高となる年俸に、菅野智之投手は29歳という若さで到達したのです!

今の巨人にとって、菅野智之投手がいなければ投手陣は壊滅しているようなものです。

まさに救世主のような存在です。

替えの利かない絶対的エースですし、さらに何でもかんでもお金で解決するチームである巨人ですから、思い切った年俸を出すのも頷けます。

 

2位も2019年と同じく、ソフトバンクの柳田悠岐選手です。

安定した打撃が魅力で、なんと2019年オフの契約更改では7年契約を結んだ柳田選手。

このままソフトバンク一筋を貫くのかもしれませんね。

個人的には、メジャーリーグに行って欲しかったですが…。

 

3位は、巨人の坂本勇人選手、楽天の浅村栄斗選手、ソフトバンクのバレンティン選手、ヤクルトの山田哲人選手の4人が5億円でランクイン!

坂本勇人選手は2018年から今の年俸5億円になりました。

正直なところ、自己最多の40本塁打超えを達成した2019年の成績を見れば、

6億円に行ってもおかしくなかったのでは?

と思うところですが、実は複数年契約中なので現状維持のままでした。

複数年契約中でも年俸アップした柳田選手の所属するソフトバンクとは違い、巨人はそのようなシステムはないのかもしれませんね。

 

浅村栄斗選手は、楽天移籍後も大活躍でチームのCS進出に貢献。

年俸が2億9000万円もアップし、5億円に到達しました。

もともと、5年総額20億円の契約を結んでいたので、その影響だと思われます。

 

バレンティン選手はソフトバンクに移籍。

やはりヤクルトとソフトバンクでは資金の差なのか、5億円での契約となりました。

 

そのバレンティン選手が去ったヤクルトで、球団最高額の5億円に到達したのが山田哲人選手です。

もはやヤクルトには必要不可欠なスター選手であり、ヤクルトも大判振る舞いをしたのでしょう。

しかし、契約は単年契約。

2020年オフにはFAとなるため、その動向が注目されます。

 

7位は、ソフトバンクの守護神・森唯斗投手です。

サファテ投手の怪我によって、2018年からクローザーを務めることになった森唯斗投手。

急な配置転換にもかかわらず、見事活躍してセーブ王のタイトルを獲得!

2019年も35セーブを記録して、不動のクローザーとしての地位を確立しました。

その活躍が認められ、1億8000万円アップの年俸4億6000万円となったのです!

 

8位は、2019年に広島から巨人へFA移籍した丸佳浩選手の4億5000万円です。

2019年オフの契約更改は現状維持だったため、年俸の変動はありません。

 

同じく同率8位になったのが、ソフトバンクの松田宣浩選手です。

松田宣浩選手は契約更改が2019年内に決着せず、2020年までもつれ込みましたが、1月23日に契約が完了。

年俸は5000万円アップの4億5000万円、2年契約の総額9億円でサインしました。

 

10位に滑り込んだのは、阪神の糸井嘉男選手です。

糸井嘉男選手も年俸自体は変動がなく、現状維持で契約しました。

それにしても、2019年には8人もいた4億円の選手が、2020年にはわずか1人になってしまうとは驚きました。

メジャーリーグに行った人、退団した人、減額となった人、増額になった人…

それぞれが違う形で4億円から離れていったのも、これまた面白いですよね。

 

日本プロ野球の歴代最高年俸は誰?

さて、2020年のプロ野球選手最高年俸は、巨人の菅野智之投手であることがわかりました。

6億5000万円という数字は、ここ10年で目にしたことのない高額年俸、それも歴代日本人最高ときました。

…が、歴代日本人最高ということは、プロ野球史上最高額というわけではなく、助っ人外国人に6億5000万円を超える年俸を貰った人がいるということも意味するわけで…

 

プロ野球歴代最高年俸だった人は一体誰で、何億円なのでしょうか?

15、6年くらい前のプロ野球をよく見ていた人だと、当時話題になりましたし、知っている人も多いかもしれませんね。

プロ野球の歴代最高年俸だったのは…

ロベルト・ペタジーニさんの7億2000万円

です!

今のところ、

プロ野球選手唯一の7億円プレーヤー

のペタジーニさんは、ヤクルト、巨人、ソフトバンクに在籍した助っ人外国人。

主にゼロ年代前半に活躍しました。

2010年にソフトバンクに在籍していたこともありましたが、その時はもう完全にピークを過ぎ、衰えていたので見る影もなく、ちょっと寂しく感じたのを覚えています。

なので、最近の野球ファンからすると、ソフトバンクにいたショボい助っ人…

みたいなイメージがあるかもしれませんね。

しかし、ヤクルトに加入した時のペタジーニさんの成績は恐ろしいものでした。

「ヤバい外国人が来た!」

と当時の筆者は思いましたよ。

ヤクルトに入団後から巨人1年目まで、

5年連続3割30本

という爆発的な打撃力。

その次の年は惜しくも.290、29本で6年連続とはなりませんでしたが、恐ろしい数字ですよね。

 

当時28歳とバリバリだった1年目は44本塁打を量産し、松井秀喜選手とのホームランキング争いに勝利をしました。

2001年には本塁打王、打点王の2冠を獲得しているという、強烈な助っ人外国人選手だったのです。

そして巨人移籍1年目で、プロ野球歴代最高年俸である7億2000万円を手にしたのです。

次に高いのが、先ほども触れた6億5000万円の菅野智之投手、大魔神こと佐々木主浩さん、4位に6億1000万円の松井秀喜さんが続きます。

ちなみに年俸6億円となると歴代には結構いて、元広島の黒田博樹さんもそうですし、2019年に引退した阿部慎之助さんもそうですね。

助っ人だと、タイロン・ウッズさんやアレックス・カブレラさん、李承燁さんなど…

こうして最高年俸を調べてみると、外国人助っ人はマネーゲームになりやすいなと考えさせられます。

スポンサーリンク

まとめ

プロ野球の2020年の最高年俸選手は、巨人の菅野智之投手でした。

その額はなんと6億5000万円で、佐々木主浩さんに並ぶ歴代日本人最高年俸です。

しかし、これだけ年俸をもらっていると、もし何かしらのアクシデントで年俸が大幅下落した場合、税金が大変そうですね。

実際、杉内俊哉さんは9割ほどの大減俸で、税金問題が話題になったこともありましたし…。

また、このような億超えの年俸には夢もありますが、大半のプロ野球選手は年俸数百万円で終わってしまうのもまた現実。

1億、ましてや5億などという数字は、日本プロ野球界を代表するような選手にならないと、まず無理ですね。

関連記事

-野球選手

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved