女性アイドル

おのののかの今現在とは?テレビから消えた(干された?)理由を考察

更新日:

グラビアアイドルやタレントとして活動しているおのののかさん。

最初はなかなか芽が出ず、ビールの売り子をしながらグラビアアイドルをしていたことから話題となり、一時期はバラエティ番組で引っ張りだこになっていましたね。

しかし、ここ最近、おのののかさんの姿を見かけなくなったような…。

現在のおのののかさんは、何をしているのでしょうか?

当記事では、おのののかさんの現在や、テレビから消えた理由を考察してみたいと思います。

スポンサードリンク

おのののかの今現在は何をしてる?

『美人過ぎるビール売り子』

と言われ、以降そのキャッチフレーズで人気が爆発!

そこからバラエティ番組に多数出演するようになったおのののかさん。

時々、『の』の数があっているか不安になる名前ですよね。

しかし最近は、テレビでおのののかさんを全く見かけません。

一説には、

「おのののかは干された」

と囁かれているみたいですが…

今現在のおのののかさんは何をしているのでしょうか?

 

調べてみると、今現在はテレビ出演自体が減っているものの、レギュラーとしてBSの番組『BS12水曜バスケ!』に出演しています。

また、地上波でも、毎週放送されている番組で、ゲストとして登場することはあるみたいですね。

出演情報を調べてみると、2019年2月17日放送の『サンバリュ「街ブラ de ビンゴ」』に出演していたのを確認できました。

映画でも、2019年1月に公開した『がっこうぐらし!』の実写映画に出演していましたね。

さらに2019年3月15日公開予定の映画『Bの戦場』にも出演することがわかっています。

このように、決しておのののかさんは消えたわけではなく、テレビや映画での仕事もちゃんとあるんですね。

 

しかし、一時期テレビに引っ張りだこの時期からすると、出演数が激減したのも事実。

とくに地上波では、多くのバラエティ番組を見る人でさえ、1か月に1回、おのののかさんを見るか見ないくらいではないでしょうか。

突然テレビからの出演が激減したとなると、「おのののかが消えた!」と言われても仕方ないかもしれません。

では、なぜおのののかさんはテレビから消えてしまったのでしょうか?

 

おのののかは干された?テレビから消えた理由

おのののかさんの出演数が激減し、それが消えたと言われてしまっていますが…

なぜ、消えたと言われるようになってしまったのか?

その理由を考察してみると…

おのののかさんはかなり性格が悪く、好感度が下がったために起用されなくなった

それと同時に、旬も過ぎていたのでテレビ業界も呼ぶ必要がなくなった

この2つがおのののかさんが消えた、干されたといわれる原因なのではないかと推測することができました。

 

実は、おのののかさん、発言や行動でたびたび炎上していて、2016年は

『女に嫌われるオンナ』上半期6位、年間13位

となっていました。

まぁ、性格が悪いというのか、礼儀がなっていないというべきなのかは、どちらかわかりません。

とにかく、たびたび炎上していて、

「おのののか嫌い」

「性格悪いよね」

と批判され、男女問わず、一定の人数から悪いイメージを受けているようです。

 

では、具体的におのののかさんの炎上案件とは何なのか?

彼女の『性格が悪い』と言われたエピソードを紹介します。

おのののかの炎上エピソード1 『逃走中』での男性陣利用

おのののかさんが炎上した出来事で一番有名なのは、やはり『逃走中』における、

岡村隆史さんを盾にして逃げ切った一件

でしょう。

まず、おのののかさんは網鉄砲を手に入れたよゐこ濱口さんに対し、

「私、濱口さんについていく」

といって、よゐこ濱口さんの後ろに隠れて行動していました。

しかし、よゐこ濱口さんが網鉄砲を使用してしまうと、そそくさと逃げ出します。

次は、同じく網鉄砲を手にした岡村隆史さんについていくことに。

途中でハンターに追いかけられて、はぐれた時は、

「岡村さん、どっか行っちゃったじゃないですか、私捕まりそうになりましたよ」

と、なぜか岡村隆史さんにクレーム。

それでも岡村隆史さんは、おのののかさんを守るために網鉄砲を使用してくれます。

最後は岡村隆史さんだけが捕まり、おのののかさんが逃げ切って賞金を手にしたのです。

 

この女の武器を使って男性陣を利用したということもあり、視聴者からは大批判!

「おのののかって最低だな」

「岡村を利用しただけじゃん、こういう女嫌い」

「露骨にボディタッチ多いしこういう女はゲスだわー」

など、とくに女性からの批判がかなり多く、炎上状態となったのです。

こういう女性は嫌われるのは当然でしょう。

女性の中には、

「誘惑すれば男を利用できるだろう」

などという、浅はかな考えの人がいます。

とくに、おのののかさんのようなタイプはその典型。

これは女性のみならず、男性からも好感度が下がって当然の一件だったといえるでしょう。

おのののかの炎上エピソード2 元カレ暴露で性格の悪さが露呈

おのののかさんは、2016年の『超踊る!さんま御殿!! 恋のから騒ぎ大復活! 新春4時間初笑いSP』でも炎上しています。

番組中、おのののかさんが元カレについて暴露。

そこで、

恋人の携帯を見てしまうタイプ

だと告白。

当時の彼氏からは、『ドラえもん見たら泣けてきちゃった』と涙を流す写メが送られてきたと語っていましたね。

そこまではよかったのですが…。

その後、

後日、携帯を見た。

そしたら、いろんな女の子に送っていて、すごい気持ち悪かった

と暴露したのです。

これには、

「気持ち悪いのはお前」

「独占欲強すぎて引くわ」

「他人の携帯のぞき見しといて悪口まで言うとか、性格悪すぎ」

と批判が殺到。

確かに、人の携帯の中を見たうえに、さらにその人の悪口まで言っているわけです。

おのののかさんは、行動的に性格が悪い印象です。

しかも、おのののかさんは恋愛話ばかりで、元カレとのエピソードを赤裸々に語る姿は、女性視聴者から下品だと思われることも多いのです。

その結果といえるのが、2016年の『女が嫌いなオンナ』ランキングに反映されたのでしょう。

おのののかの炎上エピソード3 性格の悪さを裏付ける侮辱発言の数々

おのののかさんの性格が悪いといわれる理由には、度重なる失礼な言動もあります。

たとえば、『水曜日のダウンタウン』で、『美女と野獣カップルはいるが、その逆はいない説』についてのコメントをした時、

「(野獣女性を男性が)外に連れ出していないのかも」

と発言。

さらには、

「私の友達も顔のレベルは高くないんですけど、家でのデートが多い」

と、なんと自身の友人を下げる発言をしたこと、ブスは外に出るなと暗に言っていると捉えられ、これも批判炎上したのです。

『ブスは外に出るな』

は被害妄想が過ぎるような気もしますが、自分の友達をレベルが低いと言うなんて、失礼で最低ですね。

こればかりはちょっと理解ができません。

赤の他人ならば、別にどう言おうと勝手ですが、仮にも自分の友達をダシにして蔑むとは…。

 

また、失礼な発言というと、『新チューボーですよ!』に出演した際に、堺正章さんに対して

「私もネットでツイッターとか…ツイッターってわかります?」

と質問。

さすがに堺正章さんも怒り、

「知ってるよ!そういう発言が炎上させるんだよ!年寄りをバカにした!」

と反論し、おのののかさんの無礼な態度が明らかになりました。

 

また、メルカリの番組で、

ガールズトークといいながら、男性の悪口をずっと言い続けていた

のも、性格の悪さを裏付けるものとなっています。

 

ぶりっこまでいかなくとも、何かと気を引きたい性格が災いしたのかと最初は思っていました。

でも、こういったエピソードを見ると、性格的に残念な部分があるのかなと思わされますね。

 

それに加え、旬が過ぎたらテレビから声がかかることはなくなります。

とくにグラビアアイドルなどは、一発屋芸人と同じです。

一過性のブレイクが過ぎると、ばったり呼ばれなくなりますよね。

まだトークなどが面白ければいいのですが、前述する性格の悪いエピソードが多く、視聴者からは評判があまりにも悪い…

そんな人を呼び続けていると、番組自体の評判も落ちるので、自然とおのののかさんへのオファーは減ります。

そういう背景があって、おのののかさんはテレビから消えたのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

最近、テレビから消えたといわれているおのののかさんは

  • あざとい
  • 性格が悪い
  • 礼儀を知らない

と、あまりにも視聴者から反感を買う部分が多かったので、多くの視聴者から嫌われてしまいました。

おそらくは、この評判を察知したテレビ業界が、

『起用し続けていると視聴率に影響が出るかもしれない』

として、彼女を起用をしなくなったのではないでしょうか。

また、そうでなくとも、恋愛話しかできず、何かするたびに反感を買うようになったタレントでは、

既に旬を過ぎた

と言ってもいいと思います。

これが、おのののかさんはテレビから消えた、干されたと言われるくらい、出演数が激減してしまった理由だと考えます。

とはいえ、まだ深夜番組やローカル番組などではたまに見かけます。

グラビアアイドルとして雑誌に出ていることもありますし、今後もひっそりとテレビ出演をしながら芸能活動をしていくのではないでしょうか。

関連記事

-女性アイドル

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.