スポーツ フィギュアスケート選手

羽生結弦の2019-2020年フィギュアスケート試合日程をチェック

更新日:

史上初のオリンピック2連覇を成し遂げた、日本の誇る男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手。

怪我明けで出場した、世界フィギュアスケート選手権2019でも、2位という好成績を残し、改めて実力の高さを見せてくれましたね。

「怪我で万全でないのにここまでやれるのか…」

と、多くのファンは凄さに釘付け…

さて、見事な復活を見せた羽生結弦選手ですが、怪我の影響で世界国別対抗戦は出場辞退し、治療に専念するそうです。

おそらく、2018-2019シーズンの試合出場は終了でしょう。

そこで本記事では、少し先回りして、2019-2020年の羽生結弦選手が出場予定の試合日程を調査していきます。

スポンサードリンク

怪我明けでも圧巻だった羽生結弦

2018年の平昌オリンピック男子フィギュアスケートで、怪我を押して出場したにもかかわらず、圧巻の金メダルをもたらした羽生結弦選手。

今でも多くのファンの脳裏に、演技が焼き付き、史上初のオリンピック2連覇に、世界が震撼していますよね。

そんな、日本が誇る男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手は、怪我をしながらも、必ずと言っていいほど大会で好成績。

2019世界フィギュアスケート選手権でも、怪我明けで2位という結果をもたらしています。

もちろん、圧巻の優勝とはいかず、羽生結弦選手自身、悔しさをにじませながら、

「負けたら死と同じ」

と厳しく試合を振り返っていました。

しかし、その厳しさが、彼のこれまでの栄光を築き上げてきたようにも思います。

 

グランプリシリーズ・ロシア杯以降、約4ヶ月ほどの休養明けとなる世界選手権で、見事な復活を果たした羽生結弦選手。

しかし、その代償は計り知れません。

怪我をおして大会に出ていたのか、大会後、

『2~3ヶ月の治療が必要』

とドクターストップがかかってしまいました。

2019年4月11日から開催される、世界フィギュアスケート国別対抗戦主権には出場辞退と発表。

おそらく、本大会に出場せず、2~3ヶ月の治療に専念することは、2018-2019シーズンの終了を意味していると言っていいでしょう。

せっかく復活できたと思ったのに、怪我で苦しむ2018-19シーズンとなってしまい、悔しいところ。

ただ、2019-2020シーズンに向けてしっかり治療し、またスケートリンクに戻ってきてくれるはずです。

まずは、ゆっくり休んで治療に専念してもらいたいものです。

そして、2019-2020シーズンで、また華麗な演技とともに、羽生結弦選手の復活劇が見られることを期待しています。

 

羽生結弦の怪我の状況

見事な復活劇を見せたかと思えば、またしても怪我で治療に専念することになってしまった羽生結弦選手。

それだけの代償を払ってでも、フィギュアにかけた情熱は称賛に値します。

でも、やはり怪我の状況が気になりますよね。

羽生結弦の怪我の状況は深刻…

発表されている情報によると、

  • 右足関節外側靱帯(じんたい)損傷
  • 三角靱帯損傷
  • 右腓骨筋腱部損傷

と、3つの損傷と炎症を起こしているようです。

2~3ヶ月の加療(治療)が必要らしく、

『まずは安静しなければいけない』

とのこと…

そもそも2018年11月のグランプリシリーズ・ロシア杯の公開練習中に、右足首の靭帯を損傷し、休養を要していた状況だった羽生結弦選手。

怪我の悪化は無理をした結果?

今回の世界フィギュアスケート選手権も、

『痛み止めを飲んでの出場』

ということで、これまでに無理に無理を重ねてきたツケが、一気にやってきた感じです。

もちろん、ロシア杯以降、休養していたわけで、決して無茶ばかりしていたわけではありません。

ただ、フィギュアスケートというスポーツは、

少しブランクが空いただけでも、取り戻すのに相当時間を要する

と言われる厳しいスポーツです。

羽生結弦選手としても、多少は無茶をしなければいけないと危機感を募らせていたことでしょう。

実際に2018年11月の怪我が、いまなお痛み止めを飲まなければいけないほど深刻だというのですから、これ以上は、さすがに危険です。

まずは、しっかり怪我を完治させ、2019-2020シーズンに向けて準備してほしいところですね。

 

羽生結弦の2019-2020シーズンの試合出場と日程

先程お話したとおり、羽生結弦選手は、世界フィギュアスケート国別対抗戦を出場辞退しと発表しています。

しかも、2~3ヶ月間の治療に専念するということなので、事実上、羽生結弦選手の2018-2019年シーズンは、終了と見ていいでしょう。

羽生結弦の2018年以降の輝かしい栄光

まぁ、2017-18シーズン後半(2018年以降)も含めて考えれば、

  • 平昌オリンピック優勝
  • ISUチャレンジャーシリーズ・オータムクラシック優勝
  • グランプリシリーズフィンランド杯優勝
  • グランプリシリーズロシア杯優勝
  • 世界フィギュアスケート選手権準優勝

という輝かしい成績を残しています。

これだけの結果を残せば十分ですし、残りは治療に専念し、2019-2020シーズンに備えてほしいというのが率直なところ…

2019-2020シーズンに出場する大会は?

では、2019-2020シーズンの羽生結弦選手は、どの大会に出場していくのか…

きっと、そのことが気になっているファンも多いと思います。

そこで、羽生結弦選手が出場できる2019-2020シーズンの大会や日程を、予想してみましょう。

ISUチャレンジャーシリーズ

  • オータムクラシック(カナダ、2019年9月12日~14日)
  • ロンバルディアトロフィー(イタリア、2019年9月13日~15日)
  • USインターナショナルクラシック(アメリカ、2019年9月17日~22日)
  • オンドレイネペラトロフィー(ソロバキア、2019年9月19日~21日)
  • ネーベルホルン杯(ドイツ、2019年25日~28日)
  • フィンランディアトロフィー(フィンランド、2019年10月11日~13日)
  • アイススター(ベラルーシ、2019年10月18日~20日)
  • アジアフィギュア杯(タイ、2019年10月30日~11月3日)
  • ワルシャワ杯(ポーランド、2019年11月14日~17日)
  • ゴールデンスピン(クロアチア、2019年12月4日~7日)

ISUチャレンジャーシリーズとして2019年に開催される大会を、まずはリストアップしてみました。

おそらく、2019年10月以降は、グランプリシリーズや全日本選手権などの、大きな大会に出場する可能性が高いので、まず出場はしないでしょう。

怪我の状況にもよりますが、2018-2019シーズンも羽生結弦選手は、

オータムクラシックのみ

に出場しているので、おそらくそこに標準を合わせるはず。

まぁ多少調整が狂ったとしても、拠点となるアメリカで開催される、USインターナショナルクラシックに出場するでしょう。

グランプリシリーズ

やはり、羽生結弦選手が本格復帰するのは、グランプリシリーズからになると思われます。

では、その大会スケジュールを見ていきましょう

  • 第1戦・アメリカ:2019年10月18日~20日
  • 第2戦・カナダ:2019年10月25日~27日
  • 第3戦・フランス:2019年11月1日~3日
  • 第4戦・中国:2019年11月8日~10日
  • 第5戦・ロシア:2019年11月15日~17日
  • 第6戦・日本:2019年11月22日~24日
  • グランプリファイナル・イタリア(トリノ):2019年12月5日~8日

以上が、2019-2020年のグランプリシリーズの主な日程です。

やはり、羽生結弦選手は、拠点に近いアメリカ・カナダの大会のいずれかにエントリーしてくるのではないかと考えています。

中国は、以前大怪我した縁起の悪い大会でもあるので、避けてくるのでは?と思いますし、あとはロシアに出るかどうか…

そんな感じでしょうか。

その他の主要大会

グランプリシリーズ以降も、当然主要大会は多数控えています。

では、2019-2020シーズンの、その他の主要大会もみていきましょう。

  • 全日本フィギュアスケート選手権:開催地・開催日未定
  • 四大陸フィギュアスケート選手権2020(韓国):2020年2月3日~9日
  • 世界フィギュアスケート選手権2020(カナダ):2020年3月16日~22日
  • 世界フィギュアスケート国別対抗戦2020:開催地・開催日未定

以上が、その他に開催されれる主要大会です。

全日本選手権並びに世界国別対抗戦(2020)に関しては、開催地・開催日時がまだ未定。

おそらく、

  • 全日本選手権:2019年12月下旬
  • 世界国別対抗戦:2020年4月中旬

に開催されると思われます。

詳しい日程は、随時発表されるでしょう。

 

さて、羽生結弦選手が、これらの大会にどれだけ出場するかは、怪我の状況にもよりけりです。

ただ、特に問題なければ、全てに出場するはずです。

全日本選手権以降は、かなり重要な大会ばかりなので、スケジュール的に出場しないことは、まずありません。

怪我で出場できない限り、すべて出場してくると思われますので、ぜひとも試合での活躍に期待したいですね。

 

以上が、羽生結弦選手が出場する可能性のある大会と、その開催日程です。

羽生結弦の2019-2020シーズン開幕は9月以降?

チャレンジャーシリーズから、すべての大会に出場するわけではありませんし、羽生結弦選手なりのスケジュールで、どの試合に出るか決めるはずです。

ただ、どんな大会に出るとしても、羽生結弦選手の2019-2020シーズンの幕開けは、

2019年9月以降となる

と思われます。

なので、まずは、しっかり怪我を直して、万全の状態で、2019-2020シーズンを迎えてほしいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

羽生結弦選手の怪我の状態は、かなり深刻です。

無理をして大会に出場したツケがやってきている印象が拭えません。

本来ならば、まだ治療に専念すべきで、世界選手権に出場すべきではなかったかもしれません。

ただ、ブランクが空くほど、フィギュアスケートの世界では、もとに戻るのが大変。

そのことも危惧しての出場なのでしょう。

とりあえず、今は怪我の治療に専念し、2019-2020年の開幕に向けて準備を整えてほしいですね。

そして、

『2019-2020のグランプリシリーズ前後に本格復帰を果たしてくれる』

と思いますので、また華麗な演技をファンに見せてほしいものです。

関連記事

-スポーツ, フィギュアスケート選手

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.