お笑い芸人

にしおかすみこの現在と消えた理由を調査!27時間テレビとネプリーグの失態が原因か?

更新日:

ボンテージ姿で登場し、世間を賑わせブレイクした女性芸人の一人・にしおかすみこさん。

しかし、いつの間にか、一発屋芸人のごとく、テレビの世界から干されてしまい、消えた印象が拭えなくなってしまいました。

それにしても、なぜ彼女はテレビの世界から消えてしまったのでしょうか?

話によると、27時間テレビとネプリーグが関係しているみたいですが、それは一体どういうことなのか…

本記事では、にしおかすみこさんが消えた理由が、27時間テレビとネプリーグにある話の真相と、彼女の現在を調査しまとめていきます。

スポンサードリンク

にしおかすみこが消えた理由は27時間テレビ?

にしおかすみこさんが消えた根本の理由として挙げられているのが、

『2008年7月27日に放送された27時間テレビでの失態』

と言われています。

この日は、

『復活!有名人の集まる店。貴子ママと若手芸人スペシャル!』

という企画が放送。

若手芸人50組が集結し、その中でネタを披露。

にしおかすみこさんは、この50組の1つに入っていたのですが、ネタに自信がなかったのか、

「ネタに自信が無いから先に謝っておきます」

と予防線を引いてしまったのです。

案の定、ネタは滑ってしまう、にしおかすみこさん…

ネタ見せから逃げ、パニック…

挙げ句に、ネタ途中で逃げて、笑いを誘おうとするも玉砕…

見かねた、MCの明石家さんまさんに

「もう一回やれ」

と促されるも、パニックになったにしおかすみこさん。

逃げてしまったところからではなく、最初からネタを始めようとし、完全に場が凍りついてしまいます。

さらに、彼女が泣いてしまい、場が完全に白けてしまったのです。

共演者のフォローも振り払うにしおかすみこ

まぁ、これだけならば『時にあるミス』と優しく捉えてあげることもできるかもしれません。

しかし、にしおかすみこさんは、共演者のフォローまでも振り払ってしまいます。

そのことが、ネット上で批判を買うこととなり、印象が悪くなってしまいました。

まぁ、最初から予防線を張っている時点で、批判を受けるのは仕方なかったと言えるのかもしれませんね。

とはいえ、誰しもミスはありますし、まだ挽回のチャンスがあってもおかしくはありません。

事実、挽回のチャンスは訪れましたし、あくまで27時間テレビの放送事故は、にしおかすみこさんが消えるきっかけに過ぎなかったのです。

ネプリーグの失態でトドメ?

27時間テレビで大失態をしでかしてしまったにしおかすみこさんに、名誉挽回のチャンスが訪れました。

それは、ネプリーグに明石家さんまさんたちと共演したときのこと…

にしおかすみこさんは、27時間テレビで終始MCとして出演していたさんまさんに対して

「休みすぎ」

と発言してしまい、場を凍りつかせてしまいます。

さらには、山田邦子さんに対しても

「リュークみたい」

と言って、大スベリしてしまったり、とにかく暴走モード全開!

さらには、クイズにも答えられず、さんまさんから

「今日は調子悪いだけや」

とフォロー入れてもらうも、

「今日は調子いいんです」

と全否定…

このように共演者を巻き込みながら、一人で空回りしていたため、

『扱いづらい』

と判断され、芸能界から消えたというわけ。

にしおかすみこが招いた流れの悪さ

まぁ芸能界は、人と接する仕事でもあるわけです。

『扱いづらい』

なんて判断されてしまうと、なかなか次の仕事はやってこないですよね。

ただ、こういうことって、誰にでも起こりうる話です。

否定・肯定の意見は、人それぞれ千差万別であり、今回のケースは

負のスパイラルが突き進んだ結果

なのでしょう。

 

こういうことをいうと、『甘い』と言われるかもしれません。

お笑い芸人として致命的なミスをしたのかもしれませんが、にしおかすみこさんが人として、何か大きな罪を犯したわけではありません。

世の中には、様々な罪を犯しながら、それでも、その罪を他人に押し付け、意気揚々と生きている人はいます。

一方で、一つの罪に苦しみ、全て自分の責任と苦しみ、命を絶つ人もいます。

そのことを考えたら、にしおかすみこさんは、まだ立ち上がり、やり直せるチャンスがある状況でしょう。

 

にしおかすみこの現在

お笑い芸人としてのチャンスを棒に振る形となり、消えたにしおかすみこさんですが、現在はどうしているのか気になります。

では、にしおかすみこさんの現在を見ていきましょう。

にしおかすみこさんは、27時間テレビとネプリーグをきっかけに消えた後、

春風亭小朝さんに弟子入り

して、落語家として活動をはじめました。

それは、

話術を鍛えるため

のものであり、彼女自身、少しでもお笑い芸人として、やりなおそうと努力していたようです。

ただ、テレビでの露出は激減したままで、いつしか落語家としての活動もなくなったらしく、今度は

マラソンランナー

として活動するように…

にしおかすみこ

にしおかすみこ

もともと走ることが趣味だったこともあり、

「アスリート系タレントを目指すのではないか?」

という話もあります。

紆余曲折している印象は拭えない…

正直、かなり右往左往している感は否めませんが、それで良いのではないかと思います。

現在、にしおかすみこさんは、プライドをかなぐり捨てて、自分が輝ける道を探しているように思います。

そして、それがマラソンランナーであっただけに過ぎません。

もちろん、昔と比較したら、キャラが変わっているかもしれません。

ただ、無理してキャラを貫き通すより、自分にあった世界で輝いた方が、にしおかすみこさん自身、最も幸せな生き方です。

何が向いているのか向いていないのかは、誰にもわからないもの…

だからこそ、今は、もがいて、本当の意味での自分らしさを見つけてほしいものです。

スポンサーリンク

 

まとめ

27時間テレビやネプリーグでの失態によって、芸能界から消えたにしおかすみこさん。

その後も紆余曲折あったみたいですが、現在は、

マラソンランナーとして、自分らしさを見つけ輝きを取り戻そう

としているようです。

今の世の中、自分のあり方さえ見失い、命を絶つことを考えている人がたくさんいます。

そんな中、にしおかすみこさんが、もがいて輝きを取り戻そうとする姿は、一つの勇気を与えるきっかけにも繋がります。

「人生はいつでもやり直しができる!」

そのことを多くのファンのためにも、マラソンによって証明し、彼女自身が幸せを取り戻してほしいものです。

関連記事

-お笑い芸人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.