テレビ

ドクターX続編(6期)のドラマ放送日と米倉涼子の凄いギャラを紹介

更新日:

「私失敗しないので…」

という、米倉涼子さん演じる大門未知子の名台詞が、流行語として話題となった、大人気ドラマシリーズ『ドクターX』。

見事に手術を受け、復活したとはいえ、前作(第5期)では、大門未知子が後腹膜肉腫によって、余命三ヶ月の通告を受けていましたよね。

そこまで重いストーリーを描いただけに、これで『ドクターX』シリーズは最後という噂もチラホラ囁かれていました。

しかし2019年の秋、再び『ドクターX』が続編(6期)として放送することが明らかになりました。

なんでも、その大きな決め手となったのが、

米倉涼子さんへの破格のギャラ

とも噂されていました。

はたして、それは本当のことなのでしょうか

また、『ドクターX』の続編(6期)の放送時間なども気になりますので、本記事で調査し、まとめていきます。

スポンサードリンク

ドラマ『ドクターX』続編(第6期シーズン)の放送

冒頭でも触れた通り、人気ドラマ『ドクターX』の続編(6期)が

2019年10月期

に帰ってくることが明らかとなりました。

また放送は

毎週木曜日・21時から

に決定!

続編に期待を寄せていたファンにとって、待ちに待った朗報になりましたね。

https://www.instagram.com/p/ByjQ7iUhjRg/

主演の米倉涼子さんは、続編について

「この2年間、1ヶ月に20回くらい色々な方からやらないの?」

と聞かれていたようです。

そして続編が決定した今、

そろそろドクターXのメンバーと会いたいなって思っていたので嬉しいです。

撮影以外にもみんなと会うとチーム感があって『みんながみんなのためにいられる空間だな』と感じていました。

お芝居を始めて20年ですが、こんなありがたい絆はなかなか得られるものでないと思っています。

と意気込みを語っていました。

ドクターXは、米倉涼子さんにとってもファンにとっても、かけがえのない作品になっているようですね。

ドラマ『ドクターX』続編(6期)気になるキャストは?

『ドクターX』続編(6期)の決定とともに、キャストも発表されました。

内田有紀さん・岸部一徳さんをはじめ、遠藤憲一さん・勝村政信さん・鈴木浩介さん・西田敏行さんら

常連メンバーが再集結

することになりました。

やはり、大門未知子の脇を固めるメンバーは、お馴染みのキャスト以外に考えられません。

『ドクターX』続編(6期)のストーリーあらすじ

前作(5期)シリーズでは、大門未知子が後腹膜肉腫で余命3ヵ月と診断されました。

しかし奇跡の生還を遂げ、スピンオフドラマでは

キューバで元気に暮らしている

ことが判り、視聴者はホッとしましたよね。

続編(6期)では、未知子がキューバから帰国。

未知子が就任した先、日本最高峰の『東帝大学病院』を舞台に物語がスタートします。

経営難に陥った病院を再建するため『ビジネス最優先』の組織と、

『医療は誰のためにあるのか?』

を優先する、未知子の孤独な戦いが幕を開けることに…。

失敗しない女・大門未知子のカムバックに、日本中から期待が集まりそうですね。

『ドクターX』続編(6期)が決定した理由

2017年10月期のドラマとして放送された、人気ドラマシリーズ『ドクターX』の第5期シーズン。

その平均視聴率は、なんと20.87%。

同時期に放送された池井戸潤原作のドラマ『陸王』をも超える20%超えと大人気でした。

ただ、その後、ドクターXで演じたキャラクター(大門未知子)の

『イメージが強すぎる』

と、主演の米倉涼子さんが続編(6期)に難色を示したのは有名な話…

そして、ドクターXシリーズに変わる新たなドラマとして、『リーガルV』という弁護士資格を持たない元女性弁護士を主人公にしたドラマを放送…

それでも平均視聴率15.7%と、その時期のドラマ枠の中で、最高視聴率を獲得する出来だったという…

いかにドクターXシリーズの人気が高かったのか。

また、その影響もあってリーガルVの視聴率が高かったのか、よくわかりますね。

どうしてもドクターXの続編(6期)を放送したがるテレビ朝日の熱意

ただ、テレビ朝日サイドとしては、

『より視聴率が高いドクターXシリーズの続編(6期)を希望していた』

とのことで、米倉涼子さんと交渉…

当初、米倉涼子さんは、

『女優として大門未知子のイメージが払拭できなくなる』

という理由から、テレビ朝日の熱烈ラブコールにも、首を縦に振ることなく、断り続けていたそうです。

ところが、テレビ朝日も粘り強く交渉し、その熱意を示したことで、遂に米倉涼子さんも承諾!

ドクターXの続編(6期)放送決定となったと言われています。

 

とはいえ、極秘裏に進んでいた計画とのことで、ネット上では

「ドクターX続編(6期)が本当に放送されるのか?」

という疑問の声も挙がっていましたね。

ドラマ『ドクターX』続編(6期)は、米倉涼子の気持ちで決まった!

前々から、ドクターX続編については、

『米倉涼子さんの返答次第』

と言われ続けていましたよね。

そもそもドクターXは、第3期シーズンで終了だったはずなのです。

それが気がつけば第5期シーズンまで続き、今に至っているわけで、その頃も、

「これで最後」

と言いながらも、結局、米倉涼子さんが続編へのオファーを受ける形で、放送が決まっています。

結局、

座長である米倉涼子さんの気持ちで、続編放送が決まった

といっても過言ではないでしょう。

米倉涼子がドクターX続編(6期)のオファーを受けた理由

米倉涼子

米倉涼子

先程もお話したとおり、本来ならば、ドクターXは第3期シーズンで幕を閉じるはずでした。

これは、米倉涼子さん自身が、番宣イベントでも、

「これで最後」

と名言されていたことでもあり、一通りのことは、やり尽くした感があったのでしょう。

ただ、ファンはドクターXの続編を待望し、またテレビ朝日サイドも、続編で視聴率が獲れるため熱望…

結果として、テレビ朝日の熱烈ラブコールを受け、米倉涼子さんはドクターXシリーズのオファーを受け続けていたというわけ。

それも6期シーズンまでオファーを受け続けたわけですから、すごい事態に発展しているとも言えますよね。

米倉涼子は熱意に弱い?

それにしても、ドクターX続編(6期)が決まったことに、ただただ驚かされるばかりです。

そもそも、第5期シーズンを迎え、遂には余命3ヶ月というストーリーまで盛り込んでいますよね。

最終的には手術を受けて無事生還していますが、このストーリーを盛り込んだのも、米倉涼子さんの、強い意思の表れだったと思われます。

主人公に余命3ヶ月という設定を与えるなんて、続編ありきの作品では考えられないタブーです。

完結ありきだからこそ、大団円として感動できる設定を盛り込めるわけで、続編ありきでこの設定を盛り込んだとは到底思えません。

そんな中、テレビ朝日の熱烈ラブコールを受けて、米倉涼子さんが続編(6期)のオファーを承諾したというのですから、ただただビックリ…

もしかして、米倉涼子さんは律儀なタイプで、情に流されやすいタイプなのかもしれませんね。

人情に熱いからこそ誰からも愛される…

そういった『心』を大切にする人だからこそ、男性ファンだけでなく、女性人気も高く、彼女が座長を務めるドクターXも支持され続けるのでしょう。

もちろん、勧善懲悪や

「私失敗しないので」

のキメ台詞の格好良さが、人気の大きな秘訣となっていることに違いはありません。

ただ、米倉涼子さんの人柄も加味された結果なのだと、改めてわかったような気がした次第です。

ドクターXのギャラが良かったという話も…

さて、話をもとに戻しますが、米倉涼子さんが今回のドクターXのオファーを受けたのは、ひとえに、

『テレビ朝日の熱烈なラブコールを受けたこと』

が理由でした。

その後、ドクターXシリーズを皮切りに、テレビ朝日には何かとお世話になっていますよね。

その恩義があるために、なかなかテレビ朝日からの要望には断りきれない事情を抱えていると言われています。

だからこそ、米倉涼子さんは、

『どうしてもと言われるなら…』

と、テレビ朝日の熱烈ラブコールを受けて、ドクターXの出演オファーを快諾したのでしょう。

ただ一部では、ドクターXのギャラや待遇が破格に良かったという話もありました。

ドクターXのギャラは、破格の1億円?

あくまで一部報道による情報に過ぎませんが、なんとテレビ朝日は、米倉涼子さんを説得するために、

総額1億円のギャラ

を提示したというのです。

前回、『ドクターX』5期のギャラが、

1本『500万円』

と言われていました。

続編(6期)のギャラは、それを上回る金額というわけですね。

具体的には、

1本『800万円』

になるようなんです。

これには、テレビ朝日の本気度がうかがえますね。

 

一般人の感覚とは、かけ離れているものの、

『視聴率女王』

と呼ばれる米倉涼子さんのこれまでの貢献を考えると、妥当な金額と言えるのではないでしょうか。

ドクターX続編(6期)に寄せられる期待

さて、ドクターX続編(6期シーズン)の放送予定ですが、冒頭からお話しているように、

2019年の10月期

に放送開始と発表されました。

以前は、

「2020年ごろではないか?」

と言われていたことを考えれば、かなり早くの続編放送と言えますよね。

やはり、2019年で開局60周年を迎えるテレビ朝日としては、どうしても2019年内に放送したいと考えているのでしょう。

ドクターXシリーズは、

  • 相棒シリーズ
  • 科捜研の女シリーズ
  • 特捜9シリーズ(警視庁捜査一課9係シリーズ時代から含めて…)

と共に、長年愛され続けてきた大ヒットドラマシリーズ。

もはや、テレビ朝日が手がける代表的ドラマシリーズの一つとさえ言えるだけに、

「その看板だけはどうしても掲げたい!」

という気持ちもわかります。

なので、多少の無理を承知で、米倉涼子さんにラブコールを送ったのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

視聴者たちからの続編待望論や、テレビ朝日が主演の米倉涼子さんへ熱烈ラブコールしたことで、

2019年10月期・毎週木曜日・21時から

『ドクターX』続編(6期)の放送が決定しました。

一部では、破格のギャラ1億円という話もありますが、米倉涼子さんにとっては、テレビ朝日には恩義があるため、断りきれなかったことが大きな理由とも囁かれています。

ただ続編が決まったことは、何よりの朗報!

失敗しない女・大門未知子とお馴染みメンバーの活躍に

早くも注目が集まることは、間違いないですね。

関連記事

-テレビ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.