ワンピース

ワンピース最新刊(96巻)の発売日と収録されるストーリーを紹介!

ルフィ達は、ついに討ち入り当日を迎えます。

しかし、約束の港である常影港には、錦えもん達以外に誰もいませんでした。

それでもあきらめずに、討ち入りのため出向しようとする錦えもん達。

それは、今は亡き『光月おでん』の侍でいるため……

そして光月おでんの過去が明らかになっていきます。

 

96巻では、

光月おでんの過去の続き

現在に戻り、オロチ・カイドウ討ち入りの様子

が描かれていきます。

本記事では、ワンピース最新刊(96巻)の発売日と、収録されるストーリーを紹介していきます!

スポンサーリンク

ワンピース最新刊(96巻)の発売日

ずばり

2020年4月3日

がワンピース最新刊(96巻)の発売予定です!

参考までに直近10巻の発売日をまとめてみました。

95巻2019年12月28日
94巻2019年10月4日
93巻2019年7月4日
92巻2019年3月4日
91巻2018年12月4日
90巻2018年9月4日
89巻2018年6月4日
88巻2018年3月2日
87巻2017年11月2日
86巻2017年8月4日

少年ジャンプの公式サイトを確認すると、

2020年4月3日発売予定

と記載があるので、確定情報です。

 

ワンピース最新刊(96巻)の収録本数・サブタイトル

95巻では、光月おでんの過去についてのストーリーが始まりました。

若かりし頃の白ひげや、ロジャーも登場します。

最新刊(96巻)では、どのような展開が待ち受けているのでしょうか。

ここでは、ワンピース最新刊(96巻)の収録本数と、サブタイトルを紹介していきます。

ワンピース95巻の収録ストーリー

まずは、前巻である95巻の収録ストーリーをおさらいします。

第954話龍に翼を得たる如し
第955話閻魔
第956話ビッグニュース
第957話ULTIMATE
第958話約束の港
第959話
第960話光月おでん登場
第961話山の神事件
第962話大名と家臣
第963話侍になる
第964話おでんの冒険

96巻ではストーリーの構成上11話収録されていました。

ワンピース最新刊96巻の収録ストーリー

それでは、本題の最新刊(96巻)のストーリーを紹介します。

第965話黒炭家の陰謀
第966話ロジャーと白ひげ
第967話ロジャーの冒険
第968話おでんの帰還
第969話バカ殿
第970話おでんvsカイドウ
第971話釜茹での刑
第972話煮えてなんぼのおでんに候
第973話光月の一族
第974話いざ、鬼が島!!

ワンピース最新刊(96巻)では、

10話のストーリー

が収録されるでしょう。

スポンサーリンク

ワンピース最新刊(96巻)の収録ストーリーのネタバレ

第965話『黒炭家の陰謀』のストーリーのネタバレ

現在から28年前の白ひげ海賊団

おでんとトキの間には『モモの助』が誕生します。

イゾウは、モモの助の身の安全を考え、『ワノ国』への帰還を促しました。

一方、白ひげ海賊団では、人数が増えたため5隊に分け『隊長』を作ることにします。

そこで、おでんは白ひげに2番隊を任せられました。

ワノ国で将軍代理が決まる

その頃、ワノ国では将軍スキヤキが危篤になったと騒がれています。

城では、病床のスキヤキを囲み、次期『将軍』についての話し合いが行われていました。

そこで、おでんが帰るまでの代理としてスキヤキから指名されたのは『黒炭オロチ』でした。

黒炭家の過去が明らかになる

場面は、オロチの過去へ。

占い師のような老婆が、オロチに

「お前は将軍になるよ!!!」

と予言します。

そして老婆は、オロチの祖父の話を語り出しました。

オロチの祖父の切腹までの背景

先代の光月家将軍には、世継ぎが生まれなかった。

光月に仕えた5つの大名家は、次期将軍の座を狙う。

オロチの祖父は、敵対する大名達を『内乱』を装い『毒殺』していく。

家臣達が消えていくことに気を病んだ将軍は、病床に臥すことに。

黒炭家が天下を手にする直前、世継ぎ『光月スキヤキ』が誕生。

黒炭家は、天下を取り損ねただけでなく、計画がバレ、すべてを失う。

老婆は、オロチの今の環境は『光月スキヤキ』が生まれたせいだと言います。

そして老婆は、自分の『マネマネの実』の能力をオロチに見せ、将軍になる力と引き換えに、言う事を聞くようオロチに持ち掛けたのでした。

老婆は、マネマネの実の能力で『おでん』に化け、オロチを城に置くようスキヤキに推薦します。

次に老婆は、『スキヤキ』に化け、床に臥せ……

しばらくしてからスキヤキの訃報が国中に轟きました。

ついに登場するロジャー

おでんが出航してから4年目。

ある島を中心に、すべての生き物が逃げまどっていました。

そこにいたのは、ロジャー海賊団です。

白ひげの船を発見し、

「お前と会うのも最後かもしれねぇからな『白ひげ』!!」

とロジャーは言いました。

第966話『ロジャーと白ひげ』のストーリーのネタバレ

ロジャー海賊団と白ひげ海賊団

白ひげ海賊団は、ロジャー海賊団と鉢合わせします。

白ひげとロジャーの激突は、互いの覇王色の覇気の衝突により、島中が震える程でした。

2つの大海賊団の戦いは3日3晩続きますが、4日後には互いに打ち解け、宴会が開かれています。

ロジャーと白ひげとおでんの3人は、『歴史の本文』について話をしていました。

13年前(今から39年前)、ロジャーは『記録指針』の最終地点『水先星島』に到着します。

しかし、そこが最後の島ではありませんでした。

ロジャーは、4つの赤い『歴史の本文』が、本当の最後の島に導くものだということに気付きます。

そして、ロジャーは『最後の島』にたどり着くために、『歴史の本文』が読めるおでんを貸してほしいと頭を下げました。

白ひげは、もちろん断りますが、おでんが

「行ってみたい」

と白ひげに進言します。

おでんはロジャーに同行することに

白ひげはイヤそうな顔をしますが、おでんは家族でロジャーの船に乗ることになりました。

さらには、密航していたイヌアラシとネコマムシも一緒です。

最初はおでんが同行することをよく思ってなかったロジャー海賊団のメンバーですが、いつの間にか宴会をするほどに仲良しになりました。

そして、空島に着いたロジャー一行。

『黄金の大鐘楼』を見つけたロジャーは、

「我ここに至りこの文を最果てへと導く」

と古代文字でおでんに彫らせました。

第967話『ロジャーの冒険』のストーリーのネタバレ

ロード歴史の本文を探すロジャー海賊団

空島から帰還したロジャー海賊団は、造船の町ウォーターセブンに向かいます。

その道中にロジャーは、『ロード歴史の本文』がワノ国とゾウにあることを知りました。

ロジャーは、すでにビッグ・マムから奪った1枚を持っており、もう一つも心当たりがあるようです。

廃船島に着いたロジャーは、船を作ったトムと再会。

ロジャーは海列車の進捗をトムに尋ねますが、まだ設計中でした。

その後もロジャー海賊団は旅を続け、魚人島で大騎士ネプチューンと再会します。

魚人島では、次々に的中するシャーリーの『予言』に振り回されていました。

『海の森』に移動したロジャー一行とネプチューン。

ロジャーは、空島の石にポセイドンが魚人島にあると書かれていたため、その『歴史の本文』を確認にきたのです。

シャーリーの予言によると、人魚姫は10年後に生まれてきます。

ネプチューンは、ロジャーが『兵器』に興味を持ったと勘違いしますが、レイリーは

「おれ達が欲しいのは、それを『兵器』と名付けた奴らがこの世に残した莫大な『お宝』だ!」

と反論しました。

その後ロジャー海賊団は、各地を巡り、ワノ国近海に辿りつきます。

その時、トキが旅の疲れで倒れてしまいました。

トキを休養させるため、おでん達はワノ国に帰ります。

しかし、おでんはトキと子供達を置いて『歴史の本文』を写し取り、また出航してしまいました。

そしてロジャー海賊団は、ゾウで最後の『ロード歴史の本文』を見つけます。

ついに最後の島へ

いくつかの『真の歴史の本文』と4つの『ロード歴史の本文』が揃い、ついに『最後の島』への航海が始まりました。

そして、ロジャー海賊団とおでんは、ついに『世界一周』を果たすのです。

その日、ロジャー達は世界の全てを知りました。

そして、本当にあった『莫大な宝』を目にした一同は、涙が出る程笑います。

ロジャーは

「800年誰も行きつけなかった『最後の島』にこんな名前をつけないか?」

『ラフテル(Laugh Tale)』と」

と笑いながら言いました。

第968話『おでんの帰還』のストーリーのネタバレ

ラフテルに辿りついたロジャー海賊団は……

シャンクスは、ラフテルから戻って来たロジャーに何かを質問し、泣いています。

世間では、『海賊王』の誕生に騒めき、ロジャーが手に入れた全ての物を『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』と呼びました。

ラフテルに辿りつくという目標を達成したロジャー海賊団は、ロジャーの命令により解散することに……。

ロジャーは、魚人島に向かうとき、海王類達が話していたことを思い出していました。

海王類達の会話の内容

ぼく達の王が生まれる

遠い海でも生まれる

2人の王がまた出会う日を喜んでいる

生まれてくるのにいち十コ、大きくなるのに十5コ

ロジャーは、この会話を真実と受け取り、誰かが生まれ自分達を超えていくと考えています。

そして、船から一番に降りていくロジャー。

おでんはワノ国へ帰還する

次は、おでんがワノ国へ送られました。

おでんの帰還を喜ぶ、九里の人々。

九里の人々が喜んでいる理由

トキと子供達の日頃からおでんをホメ続けたから

将軍代理のオロチに悪政を敷かれていたところに、正当な後継者が帰って来たから

錦えもん達は、半年前にシビレを切らし、花の都へ乗り込みました。

しかし、同時刻にカイドウの部下達が、モモの助の命を狙って九里に攻め込んできます。

城の警備をしていた河松とイヌアラシが敵を退けましたが、最初の一手は防ぐことができずトキが身を挺してモモの助を守ったのでした。

報告を聞いたおでんは、怒りに任せ単身で花の都に押し入ります。

おでんは城の護衛を全滅させ、オロチに斬りかかろうとしました。

第969話『バカ殿』のストーリーのネタバレ

オロチに斬りかかるおでん

おでんはオロチに斬りかかりますが、バリバリの実の能力者『黒炭せみ丸』に邪魔されてしまいます。

バリアに守られているオロチには、手が出せません。

花の都では、おでんが城に乗り込み、カイドウとオロチを追い出してくれると期待しています。

おでんは

「『将軍』の座をおれに渡せ!!!」

とオロチに話しかけました。

しかしオロチは、『将軍代理』になったのは、スキヤキに化けた『黒炭ひぐらし』の虚言だと明かし、将軍を交代する義理はないと主張します。

そして、おでんの帰還を喜ぶ町人達には、毒矢が放たれました。

毒矢を逃れるために屋内に逃げた町人達は、空に大きな龍(カイドウ)の姿を目撃します。

おでんとオロチが再会してから数時間後……

人々の救世主となるはずだった光月おでんは、オロチ城の前で裸踊りを始めました。

おでんは、オロチに媚びへつらい、金をもらい去っていきます。

その奇行は、毎週行われ、ワノ国の人達を失望させました。

おでんが奇行を始めてから1年後、おでんは、海外の新聞で『ロジャーの処刑』と『大航海時代』の幕開けを知ります。

それからさらに1年後には、鈴後でゲッコー海賊団と百獣海賊団の戦争が勃発しました。

そんなときでも、おでんは裸踊りを続けます。

おでんが帰還してから5年目……

オロチが武器工場を建てようと、九里を視察にきました。

おでんはオロチの話を遮り

「船の方は……!?カイドウと……」

と話しかけます。

しかし、オロチはしらを切りました。

さらには、オロチがヒョウ五郎の処遇をカイドウに譲ったことで、ヒョウ五郎は捕らえられ、それに反発した子分とヒョウ五郎の妻が射殺されたというのです。

約束を破られたおでんは、カイドウを討つ決意を固めました。

おでんと、家臣である『赤鞘九人男』の、後世に語り継がれる『伝説の一時間』が始まろうとしています。

第970話『おでんvsカイドウ』のストーリーのネタバレ

カイドウに反旗を翻したおでん達

おでん達の作戦は、カイドウが鬼ヶ島で酒を飲んで寝ているところに攻め入る作戦でした。

しかし、その作戦は敵にバレており、カイドウが兎丼で待ち構えていたのです。

おでんは、

「全てウソだったんだな」

とカイドウを責めました。

おでんが城に攻め入った日、カイドウは自分達の分が悪いと察し、ウソの取引を持ち掛けたのです。

そしておでんは、誰も傷つかない方法を選び、裸踊りを続けたのでした。

おでんは、裸踊りを選んだ判断は間違いではないと言い、百獣海賊団との戦いを始めます。

圧倒的な強さで、戦場を駆け回るおでん。

そこに、くノ一のしのぶが助太刀に現れました。

それでも、おでん達11人に対し、百獣海賊団は千人。

圧倒的な兵力の差ですが、戦いは長期戦になりました。

おでんvsカイドウ

ついにカイドウと対峙したおでん。

おでんは『おでん二刀流 桃源十拳』で、カイドウの腹に傷を付けました。

おでんは、倒れ込んだカイドウにトドメを刺そうとします。

そこに、いるはずのないモモの助が、人質となって現われました。

モモの助に気を取られたおでんは、起き上がったカイドウに大打撃を食らわされ、倒れてしまいます。

人質だったモモの助は、黒炭ひぐらしが化けたものでした。

おでんが倒れたことで、赤鞘九人男も次々と倒されてしまいます。

その後、おでんと赤鞘九人男は、花の都に投獄されました。

しのぶだけは、おでんが

「家臣ではない」

とかばったため、釈放されています。

そして、

「3日後、大衆の面前にて『釜茹での刑』に処す」

という処罰が決定しました。

第971話『釜茹での刑』のストーリーのネタバレ

おでん達の処刑が始まる

おでん達の公開処刑当日。

花の都では、滅多に見られない『釜茹での刑』を見るために町人達が集まってきました。

刑の直前、おでんはオロチとカイドウに、

「チャンスが欲しい!!」

と条件を出します。

その条件は、10人全員で釜に入り、決められた時間を耐えきった者がいたら解放するというものでした。

カイドウは、時間を1時間と定め、条件を飲みます。

チャンスを得たおでんは、躊躇なく油が煮えたぎる釜の中へ入りました。

強靭な精神と肉体を持っているおでんも、さすがに悲鳴を上げるほどの熱さです。

錦えもん達も、おでんに引き続き、釜に飛び込もうとしますが、おでんに止められました。

そして、おでんは、

「そのまま橋板に乗ってろ!!!」

と言い、錦えもん達を橋板ごと担ぎ上げます。

しのぶにより、おでんがバカ殿を演じていた理由が明らかになる

おでんが釜に入ってから4分が経過したころ、野次馬の町人達がつまらないと言い始めました。

町人に混ざって処刑を見ていたしのぶは、町人達の態度に我慢できず、ヤジを飛ばしていた町人に襲い掛かります。

そして、どうしておでんがバカ殿を演じてきたのかを語りました。

おでんが帰還し、オロチ城へ乗り込んだ日。

オロチが将軍の座についた理由が、ワノ国を滅ぼし『復讐』するためだと明らかになります。

黒炭家は、祖父の罪により『黒炭家』だからというだけで迫害を受けてきたのです。

だから、ワノ国は復讐されて然るべきと話し出し、奥の部屋からカイドウへの貢ぎ物である大量の武器と、誘拐した数百人の国民を出してきました。

カイドウに引き渡された国民は、人間の生活を送ることはできないと知ったおでんは、カイドウに怒りをぶつけます。

そこに、オロチがおでんに

毎週定時刻に『黒炭家』への謝罪の『裸踊り』をすれば、1回踊るたび100人の命を救える

造ってる船が完成したら、5年後にこの国を出航する

と提案を持ちかけました。

提案を飲んだおでんは、毎週各郷に変わりがないかを確認しながら、ワノ国を守るために踊り続けていたのです。

第972話『煮えてなんぼのおでんに候』のストーリーのネタバレ

釜茹での刑を耐えるおでん

しのぶから、おでんが『バカ殿』を演じていた真相を聞いた町人達は、オロチに処刑を中止にするよう願い出ます。

しかし、オロチ陣営からは返答の代わりに、町人達へ矢が放たれました。

町人達は、復讐者のオロチの恐ろしさを感じ取り、おでんが唯一の希望だと気付きます。

おでんの5年間におよぶ奇行の理由は、ワノ国に伝達されていきました。

釜の油は700度を超えて、さらに上がり続けていますが、それでもおでんは耐えています。

おでんは、釜茹でをしのいだら『開国』したいと赤鞘九人男に話し始めました。

開国したい理由

「世界はある人物を待っている……」

「その者が800年の時を超え現れた時」

「迎え入れ協力できる国でなきゃならない」

おでんは、今回の処刑で自分は助からないことを悟り、『開国』を赤鞘九人男に託します。

煮えてなんぼのおでんに候

1時間の釜茹でを耐えたおでんに、オロチは刑を『銃殺の刑』に変更しました。

おでんは、橋板を釜の外へぶん投げ、赤鞘九人男を解放します。

錦えもん達は、おでんの意思を尊重し、モモの助達を守るために九里へ走り出しました。

一人で釜に残ったおでんは、最期に

「一献の酒のお伽になればよし」

「煮えてなんぼのぉ~」

と言ったところで、カイドウに撃たれてしまいます。

見ていた町人達は、おでんに代わり

「『おでんに候』!!!」

と叫びながら泣きました。

おでんの手紙

九里のおでん城にも、おでんの訃報が届きます。

トキは、おでんから受け取っていた手紙を読んで、破り捨てました。

おでんの手紙の内容

自分が討ち取れなかったら、カイドウを倒せる者は当座現れない

20年以上先、世界では『巨大な戦』が起きる

新世界に押し寄せる『巨大な戦』の主役達が、カイドウを討てる

トキの能力を使ってほしい

トキは、覚悟を決めながら

「見てて20年後の未来!!」

と言いました。

第973話『光月の一族』のストーリーのネタバレ

20年後の未来に向けて

ロジャー海賊団での日々、そしてワノ国に帰ってからの九里での日々など、おでんと子供達との回想が流れます。

そして、場面はおでんの処刑が執行された後に戻りました。

錦えもん達は、九里を目指して走りますが、百獣海賊団が『光月家』の血筋を絶やそうと、一足早く九里に押し寄せていました。

イヌアラシとネコマムシは、言い争いをしているうちに百獣海賊団に追いつかれてしまいます。

さらには、追っ手を引き付けるために傳ジローとアシュラ童子が途中で残り、次々と赤鞘九人男は分断されていきました。

錦えもん達は、仲間を犠牲にしながら九里城へ急ぎますが、すでにモモの助はカイドウに捕まっています。

カイドウは、モモの助を亡き者にしようと考えていましたが、受け答えが『言わされた』夢だと気付き、トドメを刺さずに放置し、飛び立っていきました。

トキは、到着した錦えもん達と一緒にモモの助を20年後に飛ばしたあと、馬に乗り城を飛び出します。

トキは、

「お前も探しに来たんじゃないのか?800年の昔から世界がひっくり返る日を……」

「ならば20年先へ飛べ…!!お前の望む…ム」

と、おでんに言われたときの事を思い出していました。

そして、なんとか博羅町まで辿りついたトキは、

「月は夜明けを知らぬ君」

「叶わばその一念は」

「二十年を編む月夜に九つの影を落とし」

「まばゆき夜明けを知る君と成る」

と町人達の前で言い残し、命を落としました。

残された者達のその後

赤鞘九人男の遺体が見つからず、オロチは熱湯に浸かっても寒気を抑えられない程に怯えていました。

残されたアシュラ童子は、頭山へ逃れています。

河松は、日和を一生懸命あやしていました。

傳ジローは、怒りのあまりに容姿が変わってしまいます。

その後、傳ジローは『狂死郎』と名乗り、ヒョウ五郎親分に代わる侠客になりました。

いつも眠そうで『居眠り狂死郎』と呼ばれていましたが、それは狂死郎が丑三つ小僧として暗躍していたからでした。

ある日、狂死郎の遊郭に、日和が迷い込んできます。

日和に気付いた狂死郎は、

自分のことは『決戦』まで他言無用にすること

日和はこれから『小紫』と名乗ること

を約束させたのです。

第974話『いざ、鬼が島!!』のストーリーのネタバレ

オロチから内通者の情報が明かされる

今から数か月前、オロチとカイドウが酒を飲みながら会談をしていました。

オロチは、内通者からの手紙で、5人が20年前から飛んで来たことを知り、狼狽えています。

カイドウは、光月の生き残りに聞きたい事ができたから、生け捕りにするよう命じました。

オロチは、内通者について話をします。

内通者の情報

大衆演劇の一座に生まれ、『ワノ国』から大名殺しの一族だと迫害を受け、舞台上で両親を失う

完全に心を失い、何者かに成りきる事で生き延びており、それだけが快楽だった

オロチがおでんに金を借りに行く度に、倍の金を金庫から出してきた

処刑で本当におでん達と共に死ぬつもりだった

オロチは、内通者に『完璧な光月家の家臣』を演じるよう指示していたのです。

鬼ヶ島を目指して、小舟で荒れ狂う海へ

錦えもん達は、しのぶとモモの助を陸に残し、小舟で出航します。

船の上で、お菊は泣きながら『また』作戦が漏れている事を話し出しました。

錦えもんは、

「『この中に』おそらく敵の『内通者』がいる…!!!」

と言いながらも、内通者を特定しようとはしません。

錦えもんの煮え切らない態度に、お菊は胸ぐらを掴み、内通者を見つけるべきだと叫びます。

そこにカン十郎が、

「菊の言う通りだ、錦!!」

「はっきりさせようぞ!!!」

「おれがそうだって事を!!!」

と、自分が内通者であることを暴露しました。

カン十郎は、自分がしてきた事を明かしていきます。

そして、裏切った理由を聞くお菊に、

「おれの名は」

「黒炭カン十郎!!!」

「理由はこれでいいか?」

と答えました。

すると、待ち構えていた百獣海賊団の海賊船が、錦えもん達に迫ってきます。

錦えもんは、カン十郎を一刀両断しますが、それはカン十郎が描いた自画像でした。

本物のカン十郎は、陸に残り、モモの助を捕まえています。

ワンピース974話_モモの助を捕まえるカン十郎

その時、百獣海賊団の海賊船が、砲撃を受けました。

予想外の出来事に、カン十郎も驚いています。

「海は海賊が相手だ!!!」

と言って現れたのは、ルフィ、ロー、キッドの『最悪の世代』の3人でした。

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース最新刊(96巻)の発売日は、

2020年4月3日

となります。

最新刊の内容は

おでんとロジャーの冒険

おでんが帰還してからのワノ国

討ち入りのため小舟で出航する錦えもん達

です。

ロジャーと一緒に世界一周を果たしたおでん。

『開国』するという目標を持ち、帰還したおでんが目にしたのは、オロチに悪政を敷かれたワノ国の姿でした。

おでんは、自分を犠牲にしてワノ国を守ろうとしますが、結局はオロチとカイドウに裏切られてしまいます。

おでんと赤鞘九人男は、討ち入りに失敗し、釜茹での刑に……

おでんは釜茹での刑を耐えきり、赤鞘九人男を解放しますが、オロチの裏切りにより銃殺の刑に処せられ、命を落としました。

九里城は、百獣海賊団に襲われ、トキは自分の能力を使いモモの助達を20年後の未来へ飛ばし、詩を残して命を落とします。

そして、残されたアシュラ童子、河松、傳ジローのその後の姿が描かれ、傳ジローが狂死郎であることが判明しました。

20年の月日が経ち、討ち入りの当日へ。

荒れ狂う海の上で、赤鞘九人男の中にいた内通者が判明します。

絶体絶命の錦えもん達の前に現れたのは、ルフィ、ロー、キッドの最悪の世代達でした。

 

光月おでんの壮絶な過去が明らかになり、ついに現在の討ち入りが再開します。

ワンピース最新刊(96巻)の発売を楽しみにしましょう!

関連記事

-ワンピース

Copyright © スピカ紀行 , All Rights Reserved.