有名人の整形の噂 芸能人

GENKINGの昔と現在を画像比較!整形と性転換手術で男から女に変身

中性的なルックスで芸能活動をしていたGENKINGさん。

2017年1月に、

性同一性障害

と診断されていたことをGENKINGさんは公表します。

その後、2017年5月28日には性別適合手術を受けて、戸籍も女性となりました。

しかし、上記の経緯からか、誹謗中傷に悩まされるようになりました。

今回は、GENKINGさんの過去から現在を画像で比較し、実際にどうGENKINGさんが変わったのか?

また、整形と性転換手術で男性から女性へなったことについて調査していきます。

スポンサーリンク

GENKINGの整形を過去から現在の画像で比較!

GENKING

名前:GENKING(ゲンキング)

旧名:田中 元輝(たなか げんき)

本名:田中 沙奈(たなか さな)

生年月日:1985年11月18日

生まれ:大分県別府市

出身地:愛知県豊橋市

GENKINGさんは、

物心がついたころから性別に違和感

を感じていました。

女性の服を着ていたことから、いじめに遭う経験もしてきました。

 

2015年3月1日放送の『行列のできる法律相談所』では

同性愛者

であることをカミングアウトします。

 

2017年1月22日には、インスタグラムで

2016年10月28日に性同一性障害

と診断された診断書を提示。

2018年1月29日に、自著『僕は私を生みました。』の中で

性別適合手術

を受けて戸籍も女性になったことを公表したのです。

さらにGENKINGさんは、本名を

『沙奈さん』

としました。

 

では、GENKINGさんの過去の画像から、現在までの画像を比較して、整形について調査していきます。

GENKING

GENKINGさんの男性感が強い画像ですね。

2004~2005年ごろ、当時19~20歳の画像と思われます。

眉毛が細く、イケイケなギャル男!

現在のGENKINGさんとは、印象が違います。

 

次に、テレビで見かけるようになったころのGENKINGさんです。

GENKING

この画像は、2015年の当時30歳のGENKINGさんの画像。

『GENKING』といえば、多くの人が、この頃のイメージがとても強いでしょう。

まだ身体は、完全に男性でした。

もともと華奢でスレンダーなスタイルだったこともあり、一見すると女性にも見えそうです。

GENKING

こちらも、当時30歳のGENKINGさんの画像。

メイクをしつつ、清潔感があって綺麗です。

指も長くて、ネイルやアクセサリーも似合いますね。

 

デビュー前の顔画像と比べると、

  • 鼻筋が細くスーッとしている
  • 唇がぽってりしている

ような気がしますが、昔の画像は画質が荒いので、はっきりとは分かりません。

目は、メイクでばっちり囲っているので、昔の画像よりは大きく見えます。

 

そして、現在のGENKINGさんがこちら。

GENKING

2019年9月、当時33歳のGENKINGさんの画像です。

一気に印象が変わりました。

まるで海外セレブのような雰囲気がありますね。

 

過去のGENKINGさんの画像と比較して変わっていることは、

  • 目が大きな二重になっている
  • 鼻筋が細く、鼻が高くなっている?
  • 唇の形が変わっている
  • 顎がすっきりよりシャープになっている

というところ。

整形によって、顔が変わっていることが明らかです。

完全に別人

で、昔のGENKINGさんの面影すらありません。

完全に、美しい女性となっていますね!

 

GENKINGの性転換手術後の画像を調査!

GENKINGさんの姿が変わった理由には整形がありますが、なによりも

性別適合手術・性転換手術

をしたことに尽きるでしょう。

 

この手術は、ホルモン摂取が身体へ負担となり

大幅に寿命が縮まることもある

というリスクがあります。

それにも関わらず、GENKINGさんは

「余命がたとえ1年になったとしても、本来の姿に戻りたい」

と決意しました。

 

手術は、2017年5月28日に、場所はタイで行われました。

術後は、患部と下腹部が痛み、身体は痙攣しっぱなしで涙を流しながら、痛みと闘いました。

そして、GENKINGさんは、入院中の17日間の激痛に耐えて、

女の体=本来の体

になることができたのです。

 

手術後、本来の自分の姿を手にした現在(2020年3月)のGENKINGさんの姿が、こちらの画像です。

GENKING

とても美しいですね!

もともとスレンダーでスタイルのよかったGENKINGさんです。

女性らしい身体のラインになって、ますます綺麗になりました。

 

GENKINGさんのスレンダーさは、2020年4月にインスタグラムに投稿された画像を見れば、さらによくわかります。

GENKING

特にくびれの細さが、すごいですよね!

ファンからは、

「ウエストどーなってるの!?」

「何ですかその細いウエスト!すばらしい!」

「ウエスト細すぎて感動しました」

などのコメントが寄せられています。

 

手術前後を比べてみましょう。

GENKING

左の画像が、2017年の当時32歳のGENKINGさんの画像。

右の画像が、2019年5月、当時33歳のGENKINGさんの画像。

 

性別適合手術前後の画像を比較すると、

2017年の画像は、少し男性らしさも残っていますが、2019年の画像は、完全に美しい女性

になりました。

女性らしさが、にじみ出るようです。

 

ただ、やっと女性になれたGENKINGさんには、批判もあり、GENKINGさんも困っているみたいです。

2020年6月10日に、GENKINGさんがYoutubeに投稿した動画によると、

「かなりしつこいアンチがいる」

「私が言われたら一番嫌な言葉、『オ』から始まる3文字を連発で書かれて。『気持ち悪いから出てくんな』『消えろ』とか…」

など、心ないコメントが投稿されていることを告白しています。

 

GENKINGさんは、オ○マと言われることが最も嫌だそうで、

「『オ』から始まる3文字言われると…。自分で望んでなったわけじゃないから、そこを直したくても直せない。好きでこういう風に生まれたわけじゃない」

「理解してください、ってことではないけど、傷つくこと、ちゃんと伝わってほしいな」

「きっとこういうチャラチャラした見た目が嫌なんだろうけど、あと、性のことも…でも自分で選んでこうなったわけじゃないから…」

と動画内で語っていました。

 

オカ○というのは同性愛者に対する蔑称であり、使うべき言葉ではありません。

GENKINGさんのように、

性同一性障害によって悩まされている人は、普通の人の想像を超える苦しみ・悩みを抱えているのです。

それを簡単に"オ○マ"などと言って誹謗中傷をするのは、本当にひどい行為です。

スポンサーリンク

まとめ

GENKINGさんは、整形によって

  • 目が大きな二重になっている
  • 鼻筋が細く、鼻が高くなっている
  • 唇の形が変わっている
  • 顎がすっきりシャープになっている

という点で変わっていました。

メイクや髪色などの雰囲気が落ち着いた印象になっていましたね。

そして、性適合手術・性転換手術によって、

本来の体(女性の身体)

を手に入れたのです。

画像を見る限りでは、くびれは細く、お腹を見せるコーデも綺麗に着こなし、とても綺麗でしたね。

GENKINGさんには、より人生を楽しんでもらいたいものです。

関連記事

-有名人の整形の噂, 芸能人

© 2020 スピカ紀行