有名人の整形の噂 著名人

小保方晴子の2019現在の顔画像を調査!文春のグラビアがかわいいと評判

更新日:

みなさんは、2014年に世間を騒がせた、小保方晴子さんを覚えているでしょうか?

「STAP細胞は…ありまぁす!」

という言葉が印象に残っていて、STAP細胞問題は、

  • 1人の素晴らしい学会の権威の命を奪った
  • 他国が利益を得るためにつぶされた

とまで言われるなど、いまだに謎が残る事件の1つです。

その中心人物だったのが、小保方晴子さんでした。

その小保方晴子さん、現在はなんと、かなり姿がかわり、かわいくなっていると評判なのだとか…。

では、2019年現在の小保方晴子さんはどう変わったのか?

画像とともに、現在のかわいいといわれる小保方晴子さんについて紹介していきましょう。

スポンサードリンク

STAP細胞!小保方晴子の現在は?

まずは、小保方晴子さんについて振り返ります。

小保方晴子さんは、1983年9月25日生まれ。

2019年の誕生日を迎えると36歳となり、もうアラフォー世代になるんですね。

 

そんな小保方晴子さんが注目されたのは、2014年頃のこと。

細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとして、STAP細胞の研究に取り組み、ネイチャーに掲載された論文が注目を浴びました。

その当時は、ノーベル賞級の発見だと言われ、

"リケジョの星"

などと、もてはやされ、その可愛らしいルックスや性格も相まって、かなりの人気を得たのですが…。

 

その後、彼女のSTAP細胞の論文や研究実態に問題があり、不正ではないかとの議論が過熱。

STAP細胞問題は、世界的な研究不正事件となってしまい、小保方晴子さんは、それまでの世間からのもてはやされぶりはどこへやら。

一気に過剰とも言える批判報道によって、どん底へ叩き落とされてしまったのです。

 

この問題では、当時の副センター長である笹井氏が自ら命を絶つ事態にも発展しています。

人の命までも失われた大きな問題となりました。

しかし、何も全て小保方晴子さんが悪いわけではないですから、あれはちょっと彼女のことを叩きすぎだったのではないかなと思うのですが…。

 

そして、小保方晴子さんの2018年はというと、あの事件によって精神的に追い詰められ、うつ病になってしまい、

うつ病の治療をしていた

とのこと。

表舞台には全く顔を出さず、たまに『婦人公論』の対談企画に登場するくらいでしょうか。

ただ、実は研究員としては、海外から誘いが来ることが多いらしく、小保方晴子さん本人も対談の中で、

「アメリカやドイツなど、不思議と海外の研究機関からはお誘いが来るのです」

と語っていました。

アメリカでは、今もSTAP細胞の研究がおこなわれているらしいです。

本人は、まだとても研究に没頭できる精神状態ではないため、しばらくは療養をするのだと思われます。

 

さて、そんな小保方晴子さんですが、実は、今現在の小保方晴子さんについて、大きな話題になっていることがあります。

それが…

「小保方晴子、すごくかわいいじゃん!」

と、お顔がとてもかわいいと評判になっているのです。

 

小保方晴子の現在がかわいいと評判に?

小保方晴子さんの現在の顔がかわいい…。

そんな評判が、ネット上でちらほらと見られるようになりました。

現在の顔がかわいいというと、今まで不細工だったように聞こえてしまうので、ちょっと語弊があるかもしれません。

 

では、そのかわいいと言われている小保方晴子さんの顔画像を見てみましょう。

まずは、まだテレビで引っ張りだこだった頃の小保方晴子さんの画像です。

こちらの画像は2014年当時31歳のときの小保方晴子さんの画像。

かつては、誰もがよく見た小保方晴子さんの顔ですね。

ふっくらした顔の丸みが印象的です。

 

では、2018年の当時34歳の小保方晴子さんはどうなのかというと…

2018年4月10日号の『婦人公論』に掲載されている小保方晴子さんの写真が、こちらです。

…え?

これが小保方晴子さんですか?

もはや別人だと言われても頷けるレベルで顔が違います。

2014年の時の小保方晴子さんと比べると、輪郭がすっきりしているため、同じ人物とは思えません。

それに、確かにかわいいというか、美人な印象を受けます。

ちなみにこのときに着ていたワンピースは

ハイブランド・グッチの新作

で、お値段は21万3840円もの高級品でした!

そして、新しく小保方晴子さんは、2018年3月25日に『小保方晴子日記』という本を出版しています。

それで本屋さんなどで、この本の紹介ポップに載っているのが…。

こちらです。

え、本当に誰ですかこれ…?

困惑するくらい、2018年の小保方晴子さんの顔は2014年ごろの面影が感じられません。

「これは小保方晴子さんです」

と言われても、

「はいそうですか」

と納得はできないくらいに、顔が変わっています。

 

ネット上では、現在の小保方晴子さんに対し、

「めっちゃ美人じゃん!」

「小保方晴子というより、これもはや竹内結子だ」

「別人レベルで違う」

など、かなり驚きの声と、かわいいとの評判の声が聞かれます。

言われてみると、確かに少し竹内結子さんっぽいところもあるような…。

2018年の小保方晴子さんとして紹介した、1枚目の顔画像などは竹内結子似ですよね。

とはいえ、竹内結子さんに見えるのは、この時のメイクの影響が大きいでしょう。

 

少し前の2016年の頃の小保方晴子さんの写真もあるのですが、その時の顔画像は、また違った見え方をしているからです。

その2016年の当時33歳の小保方晴子さんの顔画像がこちら。

瀬戸内寂聴さんとの対談企画のため、11万円もするワンピースを着て登場した時の小保方晴子さんです。

この時も、かなり顔が変わって、かわいくなっていますよね。

アイメイクばっちりで眉毛もしっかりとかいて、チークを頬全体にのせ、2014年ごろよりもかなり濃いメイクになっています。

この画像であれば、2018年現在の画像よりは、まだ2014年頃に見ていた小保方晴子さんの面影が残っています。

 

もっとわかりやすく比べるために、2014年以前当時30歳ごろ、2016年の当時33歳、そして2018年の当時34歳の小保方晴子さんの顔画像を並べてみましょう!

最初は整形ではないかと思ったんですが、こうして並べて見てみると、やはり整形ではないと断言できますね。

目や鼻といった顔のパーツは基本的に同じに見えます。

 

さらにアップの画像で検証してみましょう。

2019年現在の画像を探しましたが、

一番最新な画像が2018年の画像

でした。

次に紹介するのは2018年5月9日発売の

週刊文春のグラビア『原色美女図鑑』

の画像です。

小保方晴子さんは

かなり変わった

と噂になっています。

小保方晴子

小保方晴子

左は2014年の当時31歳の小保方晴子さんの画像。

右は2018年の当時34歳の小保方晴子さんが『週刊文春のグラビア』に登場したときの画像。

アップの画像で目元に注目してみると、

2014年の画像は二重まぶたではない

ことに対して

2018年の画像は二重まぶたになっている

のです!

これはもしかして...

二重まぶたの整形をしている?

という感じがしますね。

また、2014年の画像では

まつげにうっすらマスカラをしている程度

のアイメイクですが、2018年の画像では

つけまつげまたはまつげエクステをしている

ようです。

 

週刊文春にグラビアで登場した小保方晴子さんについては、

「かわいい」

という評判もあれば

「メンタル強すぎて笑った」

「この人は何処へ向かっているんだろう?」

「なんで今更出てくるのでしょうか!」

などなど、

悪い評判もたくさん

あるようですね...。

 

評判はあまりよくないようですが、彼女がキレイになったことは間違いないですね。

彼女の目元の雰囲気の変化は整形なのでしょうか...。

この疑問を検証すべく、2014年の別の画像を見てみましょう。

小保方晴子

小保方晴子

こちらは2014年の当時31歳の小保方晴子さんの画像。

目元に注目すると

まぶたに二重の線がある

のです。

2014年当時、

まつげのメイクをあまりしていない

ということから目元が少し寂しい印象だったのかも。

実は、

つけまつげやまつげエクステをしていると二重まぶたになる

ということは珍しくありません!

 

なので、整形によって顔が変わったというよりは、

メイクの違い

で、ここまで小保方晴子さんの顔が変わっていると見るべきでしょう。

 

小保方晴子の顔が変わった理由を考察

2018年当時34歳の小保方晴子さんの顔がかなりかわいい、そして美人になったと評判ですが、彼女がかわいくなったのは単にメイクを変えただけなのでしょうか。

なぜここまで別人になってしまったのか考察していきます。

 

2016年の瀬戸内寂聴さんとの対談で、その理由がつかめた気がしました。

実は、小保方晴子さんは

先生にお会いするために、食べなくちゃと思うようになって、体重も4キロ戻りました」

と、瀬戸内寂聴さんとの対談のために、

4キロ体重を増やしたこと

を告白したのです。

つまり、それまでは、もっと痩せていたことになります。

おそらくですが、うつ病になってしまい、精神的にダメージを受けた小保方晴子さんは、食欲がなくなってしまったのではないでしょうか?

そして激やせしてしまい、頬のあたりもやせ細ってしまった結果、別人のように見えたと思われます。

皮肉にも、やつれてやせ細ってしまった後の輪郭の方が、美人に見える要素として働いたわけですね。

これが、小保方晴子さんが美人に見えるようになった理由だと推測しています。

2014年・2016年・2018年の顔のパーツが変わっていることは感じられませんでしたし…。

激やせしてしまった影響が、小保方晴子さんがより美人に見えるようになった理由だと考えていいかと思いますよ。

スポンサーリンク

まとめ

2018年の当時34歳の小保方晴子さんは、かなりかわいいと評判だったので、顔画像を見たところ

確かに、かわいい、かなり美人

になっていましたね。

ふっくらした頬が精神的に病んでしまって激やせしたことで、ここまで変わってしまうとは…。

アイメイクをしっかりとすることで、女優の竹内結子さんに似ているようにもなっていましたし、魅力的な女性になっていましたね。

これだけの美貌の持ち主ですから、心の傷を癒してくれるような、支えとなってくれる男性が現れ、幸せな暮らしを送る日が訪れるのも、遠くはないのかもしれませんね。

関連記事

-有名人の整形の噂, 著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.