グルメ

マックのグランドサイズ(フライ&コーク)のカロリー調査!期間はいつまで?

更新日:

ポテト好きのマックファンの人には、待望の登場といったところでしょうか。

なんと、

ポテトLサイズを超える『グランドフライ』

が、ひさしぶりに登場!

『グランドフライ』は、

『マックフライポテト』Mサイズの1.7倍の多さ

というポテトです。

また、ドリンクも、『グランドコーク』が登場!

凄まじい量のポテトとドリンクを楽しむことができます。

そんな『グランドフライ』、そして『グランドコーク』ですが、気になるのはカロリーや量ですよね。

当記事で、マクドナルドが期間限定で販売する『グランドフライ』、そして『グランドコーク』について、販売期間や価格などを調査しました。

スポンサードリンク

マックの『グランドフライ』と『グランドコーク』

マクドナルドの『グランドフライ』、『グランドコーク』を覚えていますか?

2016年4月頃に『グランドビッグマック』が登場した際、グランドセットの仲間として登場したポテトとコカ・コーラの超ビッグサイズです。

実は、それ以降も、不定期に期間限定で復刻されていますよ。

 

『グランドフライ』は、外はカリッとしたゴールデンブラウンの見た目。

中は、ホクホクとしたベイクドポテトのような食感が売りの『マックフライポテト』の特大サイズです。

この『グランドフライ』の量は、冒頭でもお話したように、

『マックフライポテト』Mサイズの1.7倍

となっています。

『マックフライポテト』Lサイズと比較すると、

『マックフライポテト』Lサイズ:170g/個

『グランドフライ』:239g/個

Lサイズと比較しても、これほどの違いがあるのです。

画像で見れば、一目瞭然!

ポテト

さすがに、Lサイズ2つ分の多人数用ポテト『シェアポテト』と比べると少ないですが、1人で食べるには、『グランドフライ』は十分に大容量だといえるでしょう。

セットではなく、もはや『グランドフライ』1つだけで、1食分としては十分です。

 

そして、一方の『グランドコーク』。

この『グランドコーク』は、特大サイズのコーラになるのですが、その量というのが…

『コカ・コーラ』Mサイズの2倍の量

となっています。

Lサイズと比較すると、

『コカ・コーラ』Lサイズ:420g/個

『グランドコーク』:650g/個

と、Lサイズの約1.5倍になります。

グランドサイズ

さらに、

"氷なし"で頼んだ場合は、約2倍の量になる

という裏技があるんです。

なので、持ち帰りの場合は氷抜きにして、自宅に帰ってから氷を入れると、量としてはさらにお得にグランドサイズを楽しめますよ。

 

マックの『グランドフライ』『グランドコーク』のカロリー

これだけの特大サイズだと、価格やカロリーが気になりますよね。

まず、『グランドフライ』の価格とカロリーについて紹介しましょう。

『グランドフライ』のカロリーは、

724kcal

という膨大なカロリー量となります。

でも実は、最初に登場した時に比べると、『グランドフライ』のカロリーは、

800→747→724

となって、下がっているんですよね。

ただ、下がっているとはいえ、724Kcalというのはすさまじいカロリーです。

牛丼や魚の塩焼き定食と、ほぼ同じカロリー量

なんですよ。

そして、『グランドフライ』は、あくまでもサイドメニューです。

『グランドフライ』だけでも、1食の目安とされるカロリーに近い数字になってしまうのに、これにプラスしてバーガーなどを食べると…

どうなるか、もうわかりますよね。

『グランドフライ』を食べる場合、その日のカロリー調整はお忘れなく!

 

そして、この『グランドフライ』の価格はというと…

単品370円

となっています。

また、セットのポテトにプラス60円をすると、『マックフライポテト』を『グランドフライ』にすることが可能となっています。

 

ただ、普段から『マックフライポテト』を食べまくっている筆者の意見としては、

『グランドフライ』は、あまりおすすめできません。

なぜかというと、"あること"が、マックのアプリを使えばわかるんです。

それは、

ポテトLサイズ190円のクーポンが、高頻度で提供されている

ということ。

正直、Lサイズ190円の方が、コスパが圧倒的に良いのです。

マックのアプリを使っていない人が、情報弱者として高額商品を買ってしまう…

というような、

「実は罠でした」

というメニューが、マックの『グランドフライ』なのです。

 

続いては、『グランドコーク』について。

『グランドコーク』のカロリーは、

280kcal

となります。

カロリーだけなら、

ハンバーガー1個分より高い!

という驚きのドリンクです。

まぁ、コーラなのでカロリーが高いのも当然ですが…。

『グランドコーク』だけでも、相当なカロリーはあるので、カロリーオーバーには注意が必要と言えるでしょう。

この『グランドコーク』の価格は、

単品税込み290円

と、またもや高め。

『グランドコーク』の場合は、セットに40円をプラスすることで、コカ・コーラを『グランドコーク』にしてもらえますよ。

ポテトと違って、コーラのクーポンはないので、『グランドコーク』は、コスパを気にする必要はないでしょう。

 

マックの『グランドフライ』『グランドコーク』の販売期間は?

『グランドフライ』『グランドコーク』の発売期間は、いつまでなのでしょうか?

不定期に登場している期間限定メニュー

なので、現在(2019年3月末)時点では、残念ながら発売されていません。

過去のペースを見ると、

1年1回のペース

で復刻されていますね。

前回の販売は、2019年1月~2月の間でした。

これまでの傾向からすると、2019年に『グランドフライ』『グランドコーク』が販売される可能性は薄いでしょう。

可能性としては、

2019年12月頃~2020年1月頃

で、年をまたぐ形で復活するかもしれませんね。

筆者はポテトに関する情報は見逃さないので、また販売されるという情報を耳にしたら、更新していきます!

スポンサーリンク

 

まとめ

マクドナルドの『グランドフライ』『グランドコーク』は、膨大なカロリー量を誇る期間限定メニューです。

『グランドコーク』の280Kcalはともかくとして、『グランドフライ』は724Kcalと、牛丼などとほぼ同じカロリー量!

カロリー管理には注意が必要です。

期間限定メニューなので、常時は販売されていません。

再び販売されることがわかり次第、更新していきますので、チェックしておいてください。

関連記事

-グルメ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.