食べ物

食パンの保存方法は冷凍がベスト?美味しい食べ方をチェック!

食パンは、朝ごはんの定番ともいえる食材ですよね。

しかし、

「食パンは切った瞬間から劣化していく」

「賞味期限が切れそうになってから冷凍しても意味がない」

というような話もあります。

食パンを保存する場合、どう保存するのがベストなのでしょう?

また、食パンの美味しい食べ方も気になるところ。

当記事で、食パンについて、保存方法や美味しい食べ方といった豆知識を紹介していきます。

スポンサーリンク

食パンのベストな保存方法は?

食パンというと、だいたい1斤サイズで売っていて、それを購入する人が多いと思います。

ただ、1人暮らしだったり2人暮らしくらいの家庭だと、毎日食パンを食べるわけでもないでしょう。

そうなると、食パン1斤なんて、すぐに使いきれないこともありますよね。

 

しかし、食パンは

「切った瞬間から劣化していく」

「常温保存していて、期限が切れそうになったら冷凍保存するとすぐダメになる」

と言われています。

では、食パンの保存方法は、どうするのがベストなのでしょう?

 

実は、期限が近づいてから冷凍保存をするのは、実はあまりいい保存方法とは言えません。

なぜなら、食パンは冷凍保存すると、

パンに含まれるデンプンの老化を早く進めてしまう

のです。

また、食パンの水分の蒸発も早くなります。

乾燥したり硬くなったりと、パンの劣化速度が一気に早まってしまうのです。

 

そして、食パンは切った瞬間からどんどん風味が失われていきます。

食感も、乾燥して硬くなってしまうので、焼いたら、さらに硬い。

そんなパンを食べるのはちょっと嫌ですよね。

そのため、風味を失うことも防げる保存方法をとらなければいけません。

 

そこで、おすすめしたい食パンの保存方法は…

最初に切り分けて、ラップで包んでフリーザ―パックにしまって空気を抜き、冷凍保存をする

というやり方です。

ようするに、

新鮮なうちに冷凍保存をしてしまおう

というわけですね。

パンは切った瞬間から風味がなくなっていくため、最初から全て切っておいて、後は風味が逃げないようラップやアルミホイルで包み込み密封。

さらにフリーザーパックなどの密封袋に入れ、しっかりと空気を抜いてください。

空気を抜いて密封して冷凍保存することで、冷凍焼けを防ぐことができるのです。

 

ただ、この保存方法でも、やはり風味は少しずつ失われていきます。

食パンの冷凍保存の期間は

約2週間

が限度といったところ。

2週間以内に食べるようにしてください。

パンが糸を引いていたり、異臭がしたり、カビが生えている状態になったら、それは食べると危険です。

とくに、糸を引いて臭い場合は、ロープ現象が発生している可能性が高いです。

納豆菌の仲間のロープ菌が発生し、こうなると2~3日でパンが腐ってしまう予兆。

そんなパンを食べると、健康上の問題が発生する恐れがあるので、気をつけてください。

 

冷凍保存した食パンの美味しい食べ方を紹介!

次に、冷凍保存した食パンは、どうやって食べると、美味しくいただけるのでしょうか。

 

実は、冷凍した食パンの美味しい食べ方には、焼き方から大事になってきます。

その美味しい焼き方なのですが、薄切りか厚切りか、そのどちらかで対応も変わるので気をつけてください。

薄切りの冷凍保存した食パンの場合

薄切りの冷凍保存した食パンを美味しく焼いて食べる場合は、

解凍せず、凍ったままトースターで焼く

これが美味しく食べる秘訣です。

冷凍保存した食パンを解凍すると、解凍時に水分が逃げてしまい、食パンもべちゃっとしてしまいます。

凍ったままの焼くほうが、パンの水分が逃げずに美味しいパンを味わえるのです。

ちなみに、食パンは四隅が乾燥しやすいため、少し手間ではありますが、

霧吹きを四隅に吹きかけて、水分を足して焼く

と美味しくなりますよ。

 

アルミホイルで冷凍保存していた場合は、アルミホイルに包んだまま焼くと、熱が伝わりやすいのでおすすめです。

厚切りの冷凍保存した食パンの場合

厚切りの場合は、

30分ほど室内において、半解凍の状態でトースト

しましょう。

また、厚切りの場合のみ、食パンに切り込みを入れることで、切り込み部分が香ばしくなり風味が楽しめます。

切り方によって食感が変わり、

十字切り

切り込みが少ない分ふんわり感が強い。

3×3分割

サクサクした食感になり、バターが染み込みやすくなる。

斜め切り

ふんわり感は十字切りと同じくらい。

ちぎりやすく食べやすいメリットがある。

となっています。

サクサク、ふわふわの食感が楽しめるので、厚切り食パンの美味しい裏技として、試してみてはいかがでしょうか?

高温で短時間で焼く、と水分が抜けにくいので、そういう意味では、グリルを利用して焼くのもいいと思いますよ。

 

さらに、焼き方以外の、食パンを美味しく食べる方法についても触れていきます。

食パンを焼いて美味しく食べるうえで、欠かせないものが1つあるのを知っていますか?

それが、バターです。

 

このバターをうまく使うと、食パンがより美味しい味に仕上がるんですよ。

ただトーストにバターを塗るだけですが、そのバターにも、2種類の活用法があるので紹介しますね。

 

まず1つ目の方法です。

1つ目の方法は、

焼く前にバターを塗り、薄い焦げ目がつくまで焼く

という作り方。

そして焼き上がったら、その食パンに角切りバターを乗せてください。

こうすると、バターの風味がいつもより強くなり、食パンのしっとり食感がさらに美味しくしてくれますよ。

 

続いて、もう1つ。

この方法は、

パンをトーストした後に、冷やしたバターをスプーンなどで薄くたくさん乗せる

という作り方です。

冷やしたバターを塗っておくことで、食べている間に、パンに乗っているバターが熱で溶けていき、溶けたバターがまるでアイスのようになります。

バターが解けていくことで、だんだんと食感が変わっていって、1つのパンなのに複数の食感を楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、食パンのおすすめの保存方法や、美味しい食べ方を紹介しました。

食パンは1枚ずつラップなどに包み、そのうえで密封して冷凍保存

そうすると、風味が逃げにくくなるんです。

また、

冷凍保存した食パンは、焼く前に霧吹きで角に水分を含ませる

そうすると、おいしく焼きあがります。

みなさんも、朝食などでトーストを食べる際は、ひと手間かかってしまいますが、この方法をぜひ実践してみてくださいね!

関連記事

-食べ物

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.