時事

第3のビールや発泡酒の税率を紹介!税金増税や値上げはいつから?

ビールよりも税率が低く、圧倒的低価格が魅力の、

第3のビール

発泡酒

 

夜のお楽しみに、これらを選択する人も多いですよね。

しかし、今後『2020年』『2023年』『2026年』の3回に分けて、

酒税法改正

により、

最終的にビール・第3のビール・発泡酒の税率が統一される予定

が発表されています。

現在の税率が、具体的にはどう変化していくのか?

当記事で、第3のビールや発泡酒の税率がどう増税されていくのかお伝えしていきます。

スポンサーリンク

酒税法改正の目的は『ビール系飲料の酒税を統一』すること

ビール系飲料には、

  • ビール
  • 発泡酒
  • 第3のビール

がありますよね。

酒税の金額は、種類によってそれぞれ異なっているのが現在です。

 

一般的な350mlの缶ビールの場合、

ビール:77円

発泡酒:47円

第3のビール:28円

上記の税金になっています。

この酒税の違いによって、現在は、

普通のビールの価格が最も高く、第3のビールなどが安く飲める価格設定

になっているので、発泡酒や第3のビールがよく売れていくわけです。

 

しかし、財務省は、これらのビール系飲料の税金を、種類によって別々に設定するのではなく、

2026年までに、すべて55円に統一する

という方針を明らかにしているのです。

 

では、なぜ55円という税金なのでしょう?

実はこの金額、ビール系飲料を一律設定しても、

現在と税収が変わらない試算

だからなのです。

 

そして、55円に酒税を統一した場合、

  • ビールは減税
  • 発泡酒と第3のビールは増税

ということになります。

そうなると、当然ビールは値下げが可能となり、発泡酒や第3のビールは値上げを強いられることになります。

つまり、今後は、ビールと発泡酒、第3のビールの店頭での価格差が縮まることになるのです。

『ビールの定義』も変化で増税となるケースも

さらに、2018年の酒税法改正では、

ビールと発泡酒の定義が変化

したのも、大きなポイントとなります。

そもそも、ビールの定義は、

ビールの定義

  • 麦芽比率…67%以上
  • 主原料…麦芽・ホップ・水
  • 副原料…麦・米・とうもろこし等

という基準がありました。

麦芽比率が67%以下のものや、副原料に果実等を使用したものは、ビールとは認められていなかったのです。

この基準が、改正後には、

酒税法改正後のビールの定義

  • 麦芽比率…50%以上
  • 副原料の追加…果実や香味料の副原料も可能

となりました。

すると、改正以前はビールではなく発泡酒としてしか販売できなかったものが、改正後にはビールとして販売できるようになったのです。

つまり、酒税についても、この定義の元で課税されます。

以前は発泡酒に分類されていたものが、ビールに分類されると、『増税』となるケースもでてきます。

しかし、原材料においては、ビールのほうが高価なため、店頭価格としては、ビールが高値となっているのが現状です。

 

発泡酒・第3のビールの税率の増税スケジュール

発泡酒や第3のビールは、どういうスケジュールで増税となるのでしょうか?

政府・与党の方針では、

2020年10月から2026年10月にかけて、ビール、発泡酒、第3のビールの税制を段階的に一本化する

としています。

酒税改革は3段階に分けて行われます。

その3段階のスケジュールがどうなっているのかもチェックしていきましょう。

2020年10月

まず、2020年10月に最初のお酒の増税・減税がおこなわれます。

第1段階目では、

ビール:77円→70円

発泡酒:47円

第3のビール(新ジャンル):28円→39円

となります。

発泡酒は、この段階では税率は据え置きです。

2023年10月

2023年の増税・減税は、以下の通りです。

ビール:70円→64円

発泡酒:47円

第3のビール:39円→47円

この段階では、

第3のビールは発泡酒と同じ税率になります。

なので、まだ発泡酒は据え置きで税率は変動しません。

2026年10月

いよいよ、酒税改革も最終段階です。

この段階では、ついに発泡酒にも手が加えられます。

ビール:64円→55円

発泡酒:47円→55円

第3のビール:47円→55円

ビール、発泡酒、第3のビールの酒税が一本化されることになります。

 

最終的には、

ビールは22円の減税

発泡酒は8円の増税

第3のビールは27円の増税

ということになります。

ビールの減税率と第3のビールの増税率が凄まじいことになっていますね。

単に安さだけで第3のビールを飲んでいた人にとって、この増税は痛いですから、発泡酒に乗り換える人が多くなることが予想されます。

 

発泡酒・第3のビールの値上げでどう買うか?

低価格が魅力の発泡酒や第3のビール。

選んでいた人にとっては、今後の値上げは非常につらいですよね。

酒税法改正による税率によっては、『ビール』『発泡酒』『第3のビール』のどれを買おうか迷いどころです。

 

2020年1月には、ビール大手4社が、2020年の事業方針を発表しています。

それによると、

  • 2019年の消費税増税によって節約志向が高まるとみて、低価格の『第3のビール』を強化する
  • 一方、今後6年かけて行われる酒税法の改正で、ビールが減税となることを受けて、ビールの販売比率を高める

という内容を発表しています。

酒税法改正により、

第三のビールは増税になりますが、原料価格がビールより安価なため、価格も抑えられます。

ですから、『今後も第3のビールの需要は高まる』という予想をしています。

 

しかし、発泡酒や第3のビールの増税で、ビールとの店頭価格が縮まると、

低価格が圧倒的魅力

であった発泡酒や第3のビールは、事実上そのメリットが薄れてしまいます。

そもそも、発泡酒や第3のビールを飲む人の多くは、

ビールが好きだけど、家計負担を考えて発泡酒や第3のビールを選んでいる

という背景もあります。

 

さらに、2018年の酒税法改正で『ビールの定義』が変化したこともあり、今後はビールの種類が増加していくことも予想されます。

そうなると、発泡酒や第3のビールは、ますますその存在が薄れていくでしょう。

キリンビールの布施孝之社長は、この酒税法改正の影響により、

酒税が一本化されたとき強いブランド以外は淘汰される。

今、ブランドを強くしていくことが競争優位の源泉だ。

と語っています。

 

今後、各社とも、

ブランド力を高めて、存在感を引き上げる

ことが、ファンを増やすポイントですね。

発泡酒や第3のビールは、例えば、

  • 糖質オフ
  • プリン体ゼロ
  • カロリーカット

など、ビールにはない価値のある特徴が、今後は注目されていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ビール系飲料の増税と値上げについて、価格が値上がりする時期について解説しました。

 

現在、一般的な350mlの缶ビールの場合、

ビール:77円

発泡酒:47円

第3のビール:28円

という税金になっています。

 

今後『2020年』『2023年』『2026年』と、3回に分けて酒税法が改正され、最終的には、

ビール:77円→55円(22円の減税)

発泡酒:47円→55円(8円の増税)

第3のビール:28円→55円(27円の増税)

という税率になります。

ビールと発泡酒、第3のビールの税率が統一化されるわけです。

価格の幅が縮まることになり、

ビールに手を出す人が増える

ことが簡単に予想できますね。

 

ビール好きにとっては嬉しい一方、第3のビールを好んで飲んでいた人にとっては大打撃。

この酒税改革が、最終的にビール業界にどんな影響を及ぼすのか…

ビールが再び売れるのか、さらなるビール離れが進むのか、これからも注目していきましょう。

関連記事

-時事

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.