お笑い芸人

くっきーとロッシーの年収はいくら?野性爆弾のコンビ格差が酷い!

更新日:

ある意味、『悪さがすぎる』とも思えるような、白塗りものまねでブレイク中のお笑いコンビ・野性爆弾のくっきーさん。

最近では、ピンの仕事も増えているので、ピン芸人のような印象です。

ただ、あくまで彼は、お笑いコンビ・野性爆弾のメンバー…。

なのに、気がつけば相方であるロッシーさんが消えてしまった印象もあって、話によるとコンビ感に格差ができてしまった話もちらほら…。

では、くっきーさんとロッシーさんの年収格差は、どれくらいついているのでしょうか。

また、野性爆弾としての仕事はしているのでしょうか。

本記事では、くっきーさんとロッシーさんの年収格差や、野性爆弾としての現在に迫ってみます!

スポンサードリンク

くっきーだけが目立ち始めた野性爆弾

野性爆弾

野性爆弾

『野性爆弾』というお笑いコンビを覚えていますか?

一時期は、コンビでテレビでの仕事をしていたので、その当時を知る人なら覚えているかもしれません。

ただ、近年は、

白塗りしながらものまねする

という、かなり強引で、少し悪意すら感じるものまね芸によって、くっきーさんだけがブレイク…。

そして、なぜかロッシーさんの姿が見られなくなり、『野性爆弾』としての露出が激減している状況が続いています。

そのため、くっきーさんは知っていても、『野性爆弾』というお笑いコンビとしては、知らない人も多いかもしれませんね。

試しにやってみた白塗り顔ものまねが大ヒット

もともとは、下ネタやシュールな芸風で活動していた野性爆弾…。

ところが、時代が追いついてこないのか、芸人仲間の中ではウケているのに、一般人には全くウケません。

そんな中、米米CLUB・石井竜也さんの白塗り顔ものまねを、バラエティ番組『ガキの使いやあらへんで』(日テレ系)で試したところ大好評…。

それ以来、くっきーさんは、

  • ベッキー
  • 宮迫博之
  • ウッチャンナンチャン
  • 小池百合子東京都知事
  • 有田哲平
  • コブクロ

などなど、多種多様な芸能人・著名人の白塗り顔ものまねをするようになり、一気にブレイクしていきます。

中でも、筆者が一番ツボにハマった白塗り顔ものまねは、柴田理恵さんの顔ものまねですね。

くっきーの白塗り顔ものまねは悪意すら感じるほどの超デフォルメ

柴田理恵

柴田理恵のくっきー

はっきり言って、顔ものまねそのものは、白塗りにしている時点で、真剣に似ているのとは全く意味合いが異なります。

ただ似ているという要素を期待されているわけではなく、

どんなデフォルメをしてくるのか?

という点が期待されている…

それで、柴田理恵さんのものまねの場合、

髪もぐちゃぐちゃに乱し、まるで落ち武者でも見せている

かのような、悪意ある顔ものまねです。

悪意あるデフォルメでも許容してもらえるケース

一つ間違えば激怒され、場合によっては芸能界を干されてしまうこともあります。

しかし、今のところ、くっきーさんが白塗り顔ものまねで芸能界を干された話は耳にしていません。

 

かつては、北島三郎さんが、ものまねタレント・コロッケさんのものまねを、寛大な心で容認してくれている話もありました。

あるモノマネ番組で、ゲスト出演した北島さんに、他の出演者が、

「コロッケんさんのものまねは、失礼じゃないですか?」

と尋ねていましたが、

北島さんは、

「こうやってものまねタレントさんたちが、自分のものまねをして宣伝してくれていることは、逆に嬉しいしありがたい。」

と歓迎していたそうです。

また、コロッケさんが北島さんのもとを訪れ、デフォルメのきついものまねをしていることについて謝罪すると、

「コロッケちゃんはそれで飯食ってるんだろ、だったらそれで良いんだよ。」

と、寛大な心で、彼のものまねを容認してくれています。

リスペクトさえ忘れなければ柴田理恵からも容認されるかも

まぁ、くっきーさんの白塗り顔ものまねは、悪意に満ち溢れていますし、柴田さんが許してくれるかどうかは分かりません。

ただ、柴田さんもお笑いタレントとして、その世界のことは理解しています。

なので、寛大な心で許してくれているのではないでしょうか。

もちろん、彼女に対するリスペクトを持つことが大前提ですが…。

ロッシーと完全に差がついたくっきー

いずれにしても、現状、くっきーさんの白塗り顔ものまねが独り歩きし、いつの間にかロッシーさんが置き去りにされてしまっているわけです。

そして、時折くっきーさんのバーターのような扱いを受けることも…。

そのコンビ間の格差は歴然となってしまっているのが現状なのです。

くっきーとロッシーの年収は?

コンビとしての活動は続けながらも、実質的にはくっきーさんがピンで活動している印象のお笑いコンビ『野性爆弾』。

もう明らかにコンビ格差がついた状態と言っても良いかもしれませんよね。

そこで、密かに気になっていたのですが、大きくメディア露出に差が出ている状況なら、彼らの年収も大きく違っているのではないかと思うんです。

では、実際にくっきーさんとロッシーさんの年収がいくらか調べてみました。

年収でも明らかな差がついた野性爆弾のくっきーとロッシー

いろいろ調べてみると、

くっきーさん:推定月収320万円

ロッシーさん:推定月収35万円

と分かりました。

これはあるインタビューで、彼ら自身が明かしていたことなので、間違いないでしょう。

そして、『野性爆弾』の年収は、こんな感じになっていると思われます。

くっきー:年収・約3800万円

ロッシー:年収・約420万円

注:いずれも推定年収

まぁ、ざっくり見ると『約9倍の格差がある』と見て良さそうですね。

正直なところ野性爆弾としては、ほとんど売れていません。

ただ、くっきーさんの破壊的なキャラクターは、人気を得ています。

ここまでの年収の格差があることは、喜ばしいことではないのかもしれませんね。

年収格差がついても不満はなく解散危機はなし

ただ、少なくともくっきーさんとロッシーさんは、どんなに格差がついても野性爆弾を解散していません。

そこには、幼馴染として、これまで連れ添ってきた友情などもあるのでしょう。

ロッシーさんに不満があったり、彼自身が芸能界引退を考えているのであれば話は別ですが、そういったところは今のところなさそう…。

将来『野性爆弾』としても再ブレイクしていくことを願うばかりですね。

 

解散危機もあった野性爆弾

今でこそ、くっきーさんが再ブレイクし、歴然としたコンビ格差が生まれている『野性爆弾』。

しかし、かつては、先にくっきーさんが芸能界を諦め、解散危機もあったようです。

そもそも、くっきーさんの芸風は『下ネタ+暴走系』のボケが中心です。

本当にやることなすこと、めちゃくちゃ。

そこに面白さがあるわけなんですが、時代が追いついてこないのか、一部の人にしかウケない…。

ならば、結婚して奥さんがいる手前、

「お笑いではない別の道を模索した方が良いのでは?」

と芸人を辞めようと考えていたみたい…。

くっきーさんを引き止めた先輩芸人たち

ただ、それを止めたのが、くっきーさんを慕ってくれていた先輩芸人たちでした。

先程もお話していたように、とにかく先輩芸人の間では、野性爆弾はウケていたわけで、くっきーさんに、

「お前芸人辞めんなよ!」

と言っていたそうです。

それで、

「身内とはいえ、心から笑ってくれる人がいるのであれば続けよう」

と、くっきーさんは、芸人を続け、あの白塗り顔ものまねを編み出したんだそうです。

マイペースで超天然なロッシー

一方、ロッシーさんはいたってマイペース…。

彼自身の役割はツッコミなんですが、天然系で噛み倒してしまう傾向があります。

ただ、ロッシーさんのすごさは、先輩芸人からも愛される超天然キャラ。

今田耕司さんは

ロッシーが変なことを言っても怒る気になれない。

親戚の子供みたく可愛くて仕方ない。

と特別視しているようです。

現在では、くっきーさんとの格差がささやかれていますが、くっきーさんより先に注目を集めたのは

天然キャラのロッシーさん

なんです。

 

さらに最近では、『ロッシーいい人すぎる』として話題にもなりました。

というのも、2019年5月15日、TBS系『水曜日のダウンタウン』に、ロッシーさんが出演した時の話です。

このとき検証されたテーマは、

『ロッシーは何でも受け入れちゃいすぎて、おっかない説』

でした。

普段から、ロッシーさんが天然で優しすぎるため、

「どんなことも受け入れてしまうのか?」

を検証したのです。

結果、ロッシーさんは全てのテーマを受け入れて、その天然ないい人っぷりが話題になりました。

 

ツイッターには

「ロッシーいい人すぎ」

「予想を超えた受け入れ!やっぱ優しい」

「噂通り超天然でピュア。優しい人ですよね」

と、称賛のコメントが寄せられていましたよ。

 

ファンには、ロッシーさんの天然を知っている人も多く、お笑いライブにロッシーさんが登場するだけで

笑いを誘う

こともあるそうです。

くっきーさんのように、彼もまたそのうち時代が追いつき、ブレイクするかもしれませんね。

今はまだ格差ができていますが、将来、二人で再ブレイクし、多くのファンを魅了するお笑いコンビとなってくれることを期待しています。

スポンサーリンク

まとめ

くっきーさんの白塗り顔ものまねが、あまりにもばかウケし、その結果としてロッシーさんとの格差が酷くなる一方の、お笑いコンビ『野性爆弾』。

彼らの年収だけをざっくり見ても、

約9倍も格差

がついてしまう現状は、あまりにも酷い…

とはいえ、もともと二人がウケない日々を過ごしていた中で、いまになって格差が生まれているに過ぎません。

くっきーさんが先輩芸人に、

「辞めるな!」

と言われ、腐らずに芸を磨き続けた末に今があるのなら、超天然なロッシーさんにも、時代がくる可能性はあるでしょう。

ぜひ、『野性爆弾』として再ブレイクし、多くのファンを楽しませてほしいものですね。

関連記事

-お笑い芸人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.