雑学

バイトや就活の面接で緊張しない方法・対策を紹介!リラックスするための心得とは?

投稿日:

「就活やバイトの面接で緊張して、本来の力を発揮できない」

と考えている人は多いと思います。

 

面接というのは、そもそも緊張を強いられるシチュエーションです。

ストレスや緊張を全く感じないという強者は、滅多にいません。

また多少の緊張感は、面接する側に好感を与える要因にもなります。

 

頭の中が真っ白になって言葉が出てこない

ような、極度の緊張を、

適度な、集中力を高める程度の緊張

にとどめる工夫が必要になってきますね。

 

そこで今日は、

バイトや就活の面接で緊張しない方法・対策とリラックスするための心得

を、紹介していきましょう!

スポンサードリンク

面接で緊張すると出てくる症状と原因

いったい緊張とは、身体のどういった状態を指すのでしょうか?

その緊張を解くための、有効な対策のために、緊張のメカニズムを知っておくといいですね。

緊張すると出てくる症状

緊張すると出てくる体の症状には次のようなものがあります。

  • 汗が止まらない
  • 心拍数が上がる
  • 足が震える
  • 表情が固まる
  • 思考が定まらない

緊張で表情が固まったり、笑顔が出なくなったりすると、相手にも不安が伝わってしまいます。

面接で緊張する原因

緊張には、

交感神経と副交感神経

が関係しています

交感神経は、活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときにはたらく。

副交感神経は、リラックスしているとき、眠っているとき、休んでいるときにはたらく。

こうしてみると、緊張を解いてリラックスするには、

副交感神経をはたらかせる

ことが、有効な対策と考えられます。

 

面接で緊張しない方法

緊張を解く

深呼吸する

深呼吸は、緊張を解く、簡単で効果的な方法です。

 

この場合の呼吸法は

『腹式呼吸』

です。

腹式呼吸の方法

まず、鼻からゆっくりと息を吸いお腹を膨らませ、さらにゆっくりと息を吐きだしお腹をへこませます。

息を吐き出す時は、鼻からでも口からでもかまいません。

これを何度か繰り返してください。

腹式呼吸には自律神経のバランスを整える作用があるので、緊張を解くのに効果があります。

足先を動かす

緊張した体をほぐすためには、伸びをしたり、屈伸をしたり、全身を使う動きが効果的です。

でも、面接ともなると、周囲の目もあり、大げさな動きはためらわれますね。

 

そこで、

足先だけを動かして緊張を取る方法

を、試してみましょう。

 

やり方は、

狭い飛行機内でエコノミー症候群を予防する方法

と同じです。

  • つま先を引き上げる。
  • 足の指をグー・パーの要領で開いたり縮めたりする。
  • つま先立ちして足を上下する。
  • 足首を回す。
  • ふくらはぎを軽くマッサージする。

こうして血液の循環を促して、緊張をほぐします。

手のツボを刺激する

手には、緊張を和らげるツボがあります。

神門(しんもん)

神門の位置

神門の位置

手のひら側の手首の、小指から真っすぐ降りた位置にあります。

ここをゆっくり親指で円を描くように指圧します。

合谷(ごうこく)

合谷の位置

合谷の位置

手の甲の、親指と人差し指の骨の合流するところにある窪みです。

ここを親指で数秒間押します。

この方法は、面接中でもできるので、緊張がひどいと感じたら試してみてください。

意識してゆっくり話す

緊張すると、人は知らず知らずのうちに早口になります。

また、予期しない質問をされた時など、頭が真っ白になり、まとまらない内に慌てて返答しようとします。

 

そんな時は、一呼吸おいて、自分で意識してゆっくり話すようにするといいですね。

言葉を吟味するように間合いをとる意識を持ちます。

ゆっくり話すことで、自分の気持ちも落ち着いてきます。

面接でリラックスできる対策

先に述べたように、呼吸や運動、ツボのように体を使って緊張をほぐす方法の他に、

準備や思考によって、リラックスした状態を作る対策

も実践しましょう。

充分な睡眠をとって臨む

明日が面接という夜は、充分な睡眠をとるように心がけてください。

睡眠不足は、思考力や集中力低下の原因になります。

思ったように行動できない不安で、緊張が増すのを防ぎましょう。

入浴は寝る2~3時間前に入る。

安眠効果のあるものを食べる。(トリプトファン、グリシン、ビタミンB1を含んでいるもの)

空腹や満腹の状態で寝ない。

寝る前にお酒は飲まない。

寝る前にスマホやパソコンをみない。

充分に寝て早めに起き、時間に余裕を持って行動すると、頭も精神も冴えてきますね!

よいイメージを思い描く

面接に臨む前は、

  • 好きな音楽を聴く
  • 海や山、家など、自分がリラックスできる場所を思い描く

など、自分の脳内にいいイメージを送り込むといいですね。

いいイメージは、人を前向きな気持ちにさせます。

緊張は普通のことと受け入れる

面接の前に緊張するのは誰にでもあること

と、緊張を受け入れてしまいます。

「受け答えが完璧でなくてもいい」

「失敗することもある」

と自分を許してみたら、肩の力が抜けてリラックスできますよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

バイトや就活の面接で緊張しない方法・対策とリラックスするための心得

を紹介しましたが、いかがでしたか?

面接で緊張しない方法

深呼吸をする。

足先を動かす。

手のツボを刺激する。

意識してゆっくり話す。

面接でリラックスできる対策

充分な睡眠をとって臨む。

よいイメージを思い描く。

緊張は普通のことと受け入れる。

面接は緊張するものですね。

「御社で働きたい」という心は熱く、面接においては、頭は冷静でいたい

たろう
Cool Head and Warm Heart

と唱えましょう!

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.