お笑い芸人

【最新】好きな芸人・嫌いな芸人ランキング2019一覧紹介!1位は誰?

更新日:

2019年も、『日経エンタテインメント』で、好きな芸人・嫌いな芸人ランキングが発表されました。

毎年好感度の高い芸人が世間を賑わす一方、世間から嫌われてしまっている嫌いな芸人たちも世間を賑わすのは、現代の風潮です。

ただ、好き嫌いは別として、ランキング上位に入ってくることは、

それだけ関心を集めていること

の表れでもあります。

そこで本記事では、好きな芸人・嫌いな芸人ランキング2019の1位から5位をピックアップし、カウントダウン形式で紹介していきます。

また、ランクインした理由を、世間の声も参考にしながら、筆者なりに分析していきます。

スポンサードリンク

好きな芸人ランキング2019トップ5

どんな芸人でも、いくばくかは好感度を気にすると思います。

やはり、好きな芸人ランキング上位に食い込めたら、それはそれで嬉しいものではないでしょうか。

 

2019年に『好きな芸人・嫌いな芸人ランキング』を

日経エンタテインメント

が発表しています。

毎年『週刊文春』からも、同じランキングが発表されていますが、

『週刊文春』からは、まだ2019年版が発表されていません。

そこで、日経エンタテインメントのランキングで、2019年は誰が好きな芸人にランクインしたのでしょうか?

まずは、好きな芸人ランキング2019の19位~6位までにランクインした芸人を、一気に一覧でチェックしていきましょう。

好きな芸人ランキング2019の19位~6位を一覧チェック

19位(同率)ビートたけし

19位(同率)所ジョージ

19位(同率)小島よしお

19位(同率)オードリー

17位(同率)博多華丸

17位(同率)脳みそ夫

14位(同率)爆笑問題

14位(同率)博多大吉

14位(同率)さまぁ~ず

11位(同率)バナナマン

11位(同率)千鳥

11位(同率)ダウンタウン

10位 ナイツ

8位(同率)バカリズム

8位(同率)千鳥・ノブ

8位(同率)和牛

6位 ウッチャンナンチャン・内村光良

このようになっています。

 

それでは、ここからはトップ5に選ばれた芸人をチェックしていきますね!

好きな芸人5位:博多華丸・大吉

好きな芸人ランキング2019の5位に選ばれたのは、博多華丸・大吉の二人です。

博多華丸・大吉の二人は『日経エンタテインメント』の2018年のランキングでも、好きな芸人第5位に選ばれていました。

2018年に彼らがランクインした理由は、

朝の情報番組『あさイチ』の新MCとして起用されたこと

が、大きく影響しているのではないかと。

基本的に大吉さんがMCとして進行しながら、華丸さんが、ちょいちょいボケを挟んでくるというスタイル…。

そこに、NHKの近江友里恵アナがMCに加わっているのですが、天然な女子アナなので、結局、大吉さんが二人をサポートすることに…。

それでも嫌な顔ひとつせず、優しくフォローしてくれている様子は、博多華丸の好感度が上がる大きな要因となるでしょう。

 

そんな博多華丸・大吉さんが2019年も好きな芸人ランキングのトップ5にランクインしたのは、

  • 正統派しゃべくり漫才で飽きが来ない
  • 華丸さんのモノマネが嫌味がなくそっくりで面白い
  • 大吉さんがクールでたまに毒舌だが巧みトークを繰り広げる

といった

”お笑い芸人スキルの高さ”

でしょうね。

 

次に第4位を見ていきましょう。

好きな芸人4位:有吉弘行

好きな芸人ランキング2019の4位に選ばれたのは、有吉弘行さん。

好きな芸人ランキング2018では7位だったので、3ランクもアップして、ついにはトップ5入りを果たしました!

有吉弘行さんは最近ではテレビで観ない日はないほどの超売れっ子芸人となっています。

彼のすごいところは、

  • MCで場を回せる
  • ひな壇でも活躍できる

という対応能力の高さです。

また、以前は

仏頂面で人の悪口ばかり言っていた

ので、失礼な話ですが、なんだか”すさんだ人”というイメージでした。

しかし、最近は

  • ニコニコ笑顔で楽しそうにしている
  • たまに毒舌も吐くが笑いながら言うので嫌な気がしない

という変化が見られます。

”あだ名をつける”

ということで再ブレイクを果たした有吉弘行さんですが、現在は”あだ名”をつけなくてもテレビ番組に引っ張りだこです。

”あだ名”をつける芸人として、一発芸のように、やり続けなかったことが功を奏したのでしょうね!

好きな芸人3位:タモリ

好きな芸人第3位に選ばれたのは、お笑いビッグ3のタモリさん。

好きな芸人ランキング2018では4位だったので、ワンランクアップしています。

タモリさんは、長年お昼の顔として大活躍してきましたね。

しかし、そのお昼の番組『笑っていいとも!』が終了して4年とちょっと...。

Mステなどの番組は現在も続いていますが、最近では毎日テレビで見かけることはなくなりました。

にも関わらず、トップ3にランクインするのはすごいですよね!

番組が終わっても、タモリさんはやはり”お昼の顔”というイメージがずっとあるのでしょう。

また、タモリさんは

誰かをけなしたり・悪く言ったりしない

ので、人を傷つけない部分も多くの人に愛されている理由と言えます。

好きな芸人2位:明石家さんま

好きな芸人ランキング2019の2位に選ばれたのは、お笑い怪獣・明石家さんまさん。

好きな芸人ランキング2018でも2位でした。

やはり、お笑いモンスターとして、何でも笑いに変えていくその腕に、好感を持つファンが多いのでしょう。

また、さんまさんはプライベートでファンに会った際の

神対応

が有名です。

ファンに会っても嫌な顔ひとつせず、

  • 写真を撮ってくれる
  • その人の人生を変えてしまうほど影響力のある言葉をかけてくれる・勇気づけてくれる

というのです。

テレビでは多くの人を笑わせ、テレビが回っていないところでも、多くの人に幸せを分けてくれるすごい人です。

何十年と多くのファンを笑わせ続けてくれたその実績を見たら、好きな芸人ランキング2019で2位にランクインするのは納得ですね。

好きな芸人1位:サンドウィッチマン

好きな芸人ランキング2019の1位に選ばれたのはサンドウィッチマン。

好きな芸人ランキング2018でも1位になっていましたから、好きな芸人ランキングで連覇ということです。

サンドウィッチマンが好きな芸人1位になった主な理由は、

  • 伊達みきおさん、富澤たけしさんの的確なボケ・ツッコミの良さ
  • 強面な反面、人柄が良いというギャップ感

が挙げられます。

二人を観ていると、お互いに全幅の信頼を持って、ボケ・ツッコミをしているような印象を受けますよね。

野球で例えるなら、

どんな悪球も、きちんと受け止めるキャッチャーと、そのことを信頼して全力で投げきるピッチャー

と言えるでしょう。

伊達みきおのツッコミは的確

以前ある番組で、声優・野沢雅子さんのものまねでブレイクした、お笑いコンビ・アイデンティティ・田島直弥さんと伊達みきおさんが漫才をしていました。

なんでも、ドラゴンボールの孫悟空の声でありながら、番組にゲスト出演した神田愛花アナへのインタビュー内容を元に漫才するというのです。

しかもネタ合わせに許された時間はたったの10分…。

終始、困惑気味な伊達さんでしたが、難しいと言いながらも淡々とツッコミを入れる様には感動的…。

その漫才を見て思いましたが、常にクールにツッコミを入れる伊達さんがいてくれれば、富澤さんも安心してボケられますね。

的確なツッコミがあるからこそ映える、富澤たけしの想定外なボケ

サンドウィッチマンの魅力は、伊達みきおさんのクールなツッコミと、富澤たけしさんの想定外からのボケで初めて成立する…。

そのことと合わせて、さらに二人の風貌と言動のギャップに魅力を感じさせられた次第です。

お笑い芸人には珍しい、コンビ仲の良さ

お笑い芸人でコンビを組んでいる人の中には、学生時代の同級生・友達という人も多いです。

しかし、ビジネスパートナーになってからは相手の連絡先も知らないというコンビも少なくありません。

ですが、サンドウィッチマンの二人は

お互いのことが大好きすぎる

という珍しいコンビ。

プライベートで相手が好きなテレビ番組がやっていると

  • 連絡して教えてあげる
  • 録画してあげる

など、本当に親しい友人の関係を今でもずっと続けています。

そんな二人だからこそ、好きな芸人ランキング1位に輝いたのでしょうね!

 

以上、好きな芸人ランキングトップ5と選ばれた理由を、独自見解も踏まえて紹介していきました。

好きな芸人ランキング2019の結果に納得

いずれも魅力的な芸人ばかりで、このランキング結果も、十分納得できます。

それにしても、お笑いビッグ3を差し置いて、サンドウィッチマンの二人が1位に入るとはさすがですね。

今後も、その独特の魅力を全面に押し出し、多くのファンたちを笑わせ続けてほしいものです。

 

嫌いな芸人ランキング2019トップ5

続いて、ある種、不名誉とも言える嫌いな芸人ランキングトップ5も紹介していきます。

果たして、多くの人から嫌われてしまった芸人は一体誰なのか。

では、トップ5の前に嫌いな芸人ランキング2019の19位~6位を見ていきましょう。

嫌いな芸人ランキング2019の19位~6位を一気見!

19位(同率)オリエンタルラジオ・中田敦彦

19位(同率)爆笑問題・太田光

19位(同率)あばれる君

18位 にゃんこスター

16位(同率)有吉弘行

16位(同率)ロバート・秋山竜次

13位(同率)アキナ

13位(同率)相席スタート

12位 コロコロチキチキペッパーズ・ナダル

11位 アンジャッシュ・渡部健

10位 とろサーモン・久保田かずのぶ

9位 狩野英孝

8位 野性爆弾・くっきー

6位(同率)ウーマンラッシュアワー・村本大輔

6位(同率)青木さやか

このような結果になっています。

 

次に嫌いな芸人ランキングトップ5を見ていきましょう。

まずは第5位です。

嫌いな芸人5位:江頭2:50

嫌いな芸人ランキング2019で第5位にランクインしたのは、江頭2:50さん。

嫌いな芸人ランキング2018では第4位だったので、ワンランクダウンしています。

彼は『めちゃ²イケてるッ!』の放送終了後、あまりテレビで見かけなくなった印象。

しかし、なぜこのタイミングで5位になってしまったのでしょうか。

それは

コンプライアンスの問題が厳しくなっているから

だと考えられます。

ひと昔前のテレビでは

  • 過激なこと
  • 下品なこと

も平気で行われていました。

しかし、現在はそういったものに対して、嫌悪感を示す視聴者が増え、クレームの原因になります。

そうした風潮の中で、嫌いな芸人ランキング2019で第5位にランクインしてしまったのでしょう。

 

続いて、嫌いな芸人ランキング2019の第4位ですが、4位はいません。

というのも、

同率3位が2名

います。

それでは1名ずつ発表していきます。

嫌いな芸人3位:安田大サーカス・クロちゃん(同率3位)

嫌いな芸人ランキング2019の第3位は安田大サーカスのクロちゃん。

彼が3位にランクインするのは、多くの人が納得でしょう。

クロちゃんは

『水曜日のダウンタウン』

の中で数々のどっきりをかけられています。

その中で露呈されたのは、人としてどうかと思うほどの

クズっぷり。

彼が嫌われる理由は、

  • Twitterにウソばかりツイートする
  • 極度の女好き

という点が大きいかと。

さらに彼は語尾に

〇〇だしん

という独特な話し方をしていることも、

「気持ち悪い」

と不評で嫌われている一因のようです。

 

次に同率3位の芸人をチェックしていきます。

嫌いな芸人3位:アキラ100%(同率3位)

嫌いな芸人ランキング第3位に選ばれたのは、アキラ100%さん。

嫌いな芸人ランキング2018では1位だったので、2ランクダウンしていますが、まだまだトップ5に入ってしまっています。

彼が嫌いな芸人トップ3に選ばれた理由は

芸風

でしょう。

裸で見えるか見えないかの”おぼん芸”は、宴会などでは盛り上がりそうですが、テレビ用とは言いづらいですね。

江頭2:50さん同様、コンプライアンスの問題や、視聴者から嫌われる芸風と言えます。

ずっと裸芸ではやっていけないでしょうから、新しい芸風を早めに見出した方がよさそうですね。

2018年からランクダウンしたのは、

彼への関心が減ったから

ということが挙げられます。

あまり『喜ばしい理由でのランクダウンではない』と考えられます。

 

次は嫌いな芸人第2位です。

嫌いな芸人2位:とんねるず・石橋貴明

嫌いな芸人2位にランクインしたのは、とんねるずの石橋貴明さん。

嫌いな芸人ランキング2018でも、2位になっていました。

石橋貴明さんは、これまで『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、企画とはいえ、後輩芸人に高級品を無理やり買わせたりするなど、横暴な一面があまりにも露出していますよね。

とんねるずの2人が、というよりも石橋貴明さんがそういったことをさせているイメージがあるようです。

そのための嫌いな芸人2位に挙げられたのでしょう。

『石橋貴明のたいむとんねる』も打ち切りの噂が

バラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』もかなり不評…。

経費削減で、若いアイドル系の女性アシスタントを排除し、完全に昔を懐かしむだけの番組に成り下がってしまいました。

打ち切り説も囁かれていることを見ると、もう、とんねるずのネームバリューに力はないと見たほうが妥当かも。

 

ただ、2019年になってからは、『たいむとんねる』の番組の雰囲気が変わりました。

まさに、

『とんねるずのみなさんのおかげでした』

を彷彿させるメンバーをゲストに招いています。

ただ、

暴力的なシーン

が多くなると視聴者は離れていく可能性は高いですが、はたして、盛り返すことはできるのでしょうか。

石橋貴明
石橋貴明のたいむとんねるの視聴率が悪い理由と評判・感想を紹介!

とんねるずの石橋貴明さんが、単独でレギュラーを務める深夜トークバラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』。 相方の木梨憲武さんに変わり、ミッツ・マングローブさんと共演。 ゲストを迎えて、少し昔の懐かし ...

 

さて次は嫌いな芸人ランキング、不名誉な第1位を見ていきましょう。

嫌いな芸人1位:明石家さんま

嫌いな芸人1位に選ばれてしまったのは、なんと明石家さんまさん!

なんと好きな芸人ランキングで2位となった彼は、嫌いな芸人ランキングで1位になってしまうという驚きの結果になりました。

明石家さんまさんは、

  • SMAP解散後に度重なるSMAPへの発言をする
  • 明石家さんまの番組は、さんまを接待するような番組ばかり

ということが嫌われている大きな原因のようです。

なんでも笑いに変える、常に笑いの中心にいたがるという”彼の特性”がよくない方向に向かっているのかも...。

 

以上が嫌いな芸人ランキング2019のトップ5の結果でした。

明石家さんまさんが嫌いな芸人ランキング2019で1位となってしまいましたが、彼は好きな芸人ランキング2019で2位になっていることから

関心度が非常に高い

ということがわかります。

多くの若手芸人がいる中で、嫌われているとはいえ、TOPを譲らない明石家さんまさんはさすがですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日経エンタテインメントの好きな芸人・嫌いな芸人ランキング2019のトップ5をランクインした理由を含めて、紹介していきました。

好きな芸人ランキング1位にランクインした、サンドウィッチマンの理由は明白。

嫌いな芸人ランキング1位の明石家さんまさんは、好きな芸人ランキングでは2位になっていることから、関心度の高さがうかがえます。

『人を陥れるような”笑い”や下品な”笑い”は嫌われ、誰も傷つけない”笑い”は純粋に面白い』

と楽しめるようですね。

このランキングから自分の”笑い”が、世間からどう映っているのかを把握し、来年は好きな芸人ランキングの上位に入れるように頑張ってほしいものですね。

関連記事

-お笑い芸人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.