ゲーム

PS5の発売日はいつ?価格やスペック(性能)とPS4との互換性をチェック

投稿日:

ゲーム界隈は今、

次世代機の波

が押し寄せていますよね。

そしてついに、プレイステーション公式から、

プレイステーション5(PS5)が正式に発表されました!

今まで明かされてこなかった次世代機の名前、そしてさらに、具体的な発売時期も発表されています。

いよいよPS5が来るんだな、という実感がわいてきますね!

そこで当記事では、期待されるSIEの新型ハード・PS5についての最新情報を紹介していきましょう!

スポンサードリンク

PS5の発売日はいつ頃?

PS5

PS5

まず、一番気になるのは、PS5の発売日ですよね。

2019年10月8日の夜に、プレイステーション公式サイトにて、ついに正式な発売時期、そして、

新しいハード名が、『プレイステーション5』(PS5)であることが発表!

気になるPS5の発売時期ですが…

2020年の年末商戦期!

いわゆるホリデーシーズンと呼ばれる時期ですね。

さすがに年末商戦というくらいですから、

 

2020年12月であることは、ほぼ確実

と言ってもいいでしょう。

まだ1年以上先ですが、確実に、次世代機の足音は聞こえてきていますね!

 

PS5の価格はいくら?

では、PS5の価格はいくらになるのでしょうか?

残念ながら公式からは、まだ価格は発表されていません。

 

しかし、後述するスペックのことを考えると、かなり高価になりそうですよね。

一応、インタビュー記事などでは、

『ゲーマーに魅力的な価格』

になるとは言われていますが…

大方の予想では、

50,000円~60,000円前後

の価格になるだろうとされています。

メモ

海外のリーク情報とされている胡散臭い情報のいくつかでも、このあたりの価格帯に落ち着いています。

確かに、後述するスペックを考慮しても、さすがに4万円台になるとは考えづらいです。

安くても、5万円は超えてくるのではないでしょうか。

その価格が、果たして魅力的な価格かどうか、という話になりますが…

 

PS5のスペック(性能)は?

PS5のスペックは、どのくらいの性能なんでしょうか?

2019年5月21日の『Sony IR Day 2019』や、『WIRED』のインタビュー記事では、PS5のある程度のスペックも判明しています。

この画像の範囲内のことが、『Sony IR Day 2019』で発表された内容です。

CPU・GPU

CPUは、AMDのRyzenシリーズ新型

『Zen 2』

をベースにしているとのことです。

GPUは、AMDの

『Navi』をベースにしたPS5カスタムGPU

を使うとのこと。

これによって、

3D環境での複雑な光の相互作用を再現できるレイトレーシングの技法に対応できるようになりました。

レイトレーシングは、ハリウッド映画でよく使われている技法なんですよ。

サーニー氏はさらに、PS5正式発表後のWIREDの記事において、

レイトレーシングに必要なアクセラレーターが、GPUにハードウェアとして搭載されることになります。

と、いうことも語っていました。

 

また、

『3Dサウンド用のカスタムユニットもプロセッサに統合している』

とのことで、3Dオーディオにも対応。

これまでのPSシリーズは、あまり音響面での進化がなかったのですが…

3Dオーディオに対応することで、PS5では立体的な音響を楽しむことができそうですね!

ストレージ

ストレージは、SSDを採用。

HDDだったPS4でも、SSDに換装すること自体はできていましたが、

PS5ではSSDが標準

ということになります。

そのため、HDDを採用しているHDDモデルといった機体はありません。

 

では、HDDからSSDへ変わると、何が変化するのでしょうか?

SSDは、HDDよりも処理速度が、かなり速くなります。

サーニー氏は、その処理速度の実演を、『Marvel’s Spider-Man』でしてくれました。

ゲーム内でスパイダーマンがファストトラベル(ある地点からある地点まで瞬時に移動するシステム)をした際…

PS4Proでは15秒かかったところを、PS5では0.8秒で済んだ

という結果を見せ、その処理速度の速さを見せつけたのです。

この発表は、マーク・サーニー氏のインタビュー内だけでなく、経営方針発表会でもアピールされているので、PS5の中でも相当重要なアピールポイントなのでしょう。

 

また、SSDへ変更することで、処理速度が上昇するだけではありません。

データ処理の効率も上がるため、

空き容量の増加

にもつながるのです。

これによって、デベロッパーはより広大なゲームが作れる、もしくはゲームのスリム化を実現することができるようになります。

 

SSDは、どのメーカーの製品を採用するのかは明らかにしませんでしたが、

『超高速帯域の専用SSD』

を採用しているとのこと。

この説明から察するに、SSDは、PS5のために用意された特別製SSDになる、ということでしょうね

8Kディスプレイ対応

PS5は、

4Kのさらに上をいくスーパーハイビジョンである、8Kディスプレイに対応!

8Kグラフィックのゲームは、かなり没入感がありそうですよね。

せっかく8Kに対応するのですから、できれば大きめのディスプレイを買って、鮮明でリアルなゲームを楽しみたいものです!

120fpsをサポート

なんと、PS5のフレームレートは、120fpsまでサポートするとのこと。

正直、ここまでサポートする必要はあるのか微妙にも思えてしまいます。

というのも、コンシューマーゲームは多くの人はテレビでプレイするでしょう。

先述の8Kも含めると、

「8K対応かつ120fpsに対応しているテレビがどれだけあるのか?」

という話でもあります。

あるにはありますが、それほど多くはないですし、かなり価格も高価になります。

最高の環境でプレイしたい人は、2020年頃にディスプレイの新調も迫られることになるでしょうね。

ディスク対応

PS5は、ダウンロード専用のハードではなく、

物理メディアを採用

しています。

PS5は、噂では、

「完全クラウド化するのではないか?」

などと囁かれたこともありましたが…

そうはならず、ディスクに対応するので、通常のパッケージ版ソフトも登場するということになります。

個人的には安心しました。

筆者の持論ですが、やはりゲームはパッケージ版がないとゲーム!という感じがしませんからね。

 

PS5はPS4との下位互換あり!

PS5には、もう1つ重要な情報があります。

PS4には、PS3との互換性がありませんでしたが、PS5ではなんと、

PS4との強力な互換性があります!

下位互換自体は『WIRED』のマーク・サーニー氏も語っていましたが、SIEが公式情報として、下位互換機能を公表し、正式にPS4との下位互換機能があると判明した瞬間でもあります。

 

それにしても、SIEが強調した、”強力な”下位互換性とはどういうことなのか?

実は、PS5の下位互換性は…

PS4との世代間マルチプレイが可能!

つまり、同じゲームをPS4のユーザーと一緒にマルチプレイで遊ぶことができるのです。

発売日のところでも触れた、PS5発売後もPS4向けのゲームは発売され続ける点や、この下位互換機能から、

  • PS4/PS5両方で同じゲームを発売するなど、PS4のゲーム資産をPS5に活かしてPS5ユーザーを増やしていく
  • クリエイターにもゲームを作りやすい環境を提供し、ソフトの充実化を図る

という狙いがあると考えられます。

世代間のマルチプレイ…

いわゆる縦マルチが可能ならば、PS5初期のオンラインも過疎ることなく、賑わいそうですよね。

PS5は、PS4時代に慢心せず、新世代ハード戦争を勝ち抜きに来ているという意思がひしひしと伝わる機能です。

これで、PS5をいつ買っても損がないですから、ユーザーとしてもありがたいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

ついに、PSシリーズの新世代機『プレイステーション5』が正式に発表され、発売日も、

2020年の年末商戦期

2020年12月頃になる

ということが判明しましたね!

 

また、以前のSIEの発表では、

  • CPU・GPUについてとそれを利用した映像・音響技術
  • SSDの採用
  • 8Kディスプレイ対応
  • 120fpsをサポート
  • 物理メディアの採用
  • PS4との強力な下位互換

といったPS5の機能も明かされています。

 

まだしばらく先ではありますが、確実に近づいている次世代機の足音。

プレイステーション5がどんな革新をゲーム界にもたらすのか、とても楽しみです!

ただ、これだけの機能があると、まだ発表されていない価格が、とても恐ろしくも感じます…。

関連記事

-ゲーム

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.