生活

神社のお賽銭でお金を入れる意味と1円や5円など金額の違いを紹介

投稿日:

初詣や観光などで訪れた神社で、お参りをする際にかかせないのがお賽銭ですよね。

あなたも、お賽銭箱に向かって小銭を投げ入れた経験があるのではないでしょうか。

ところで、このお賽銭にどんな意味があるのか知っていますか?

お願いをする代金?それとも神社に対しての寄付?

今回は、そんなお賽銭にまつわる知識を紹介していきます。

スポンサードリンク

お賽銭としてお金を入れる意味とは?

お賽銭箱

神社のお賽銭は、現代では

お願いごとをする前に入れるお金

のような認識ですよね。

でも、具体的にお賽銭としてお金を入れることには、どんな意味があるのでしょうか?

 

調べてみると、何しろ中世以前から、おこなわれていたことなので、正確なルーツはわからず、意味は諸説あるようです。

そこで、今回は大きく2つの意味を紹介していきます。

これを知ると、何気なく納めていたお賽銭が、少し違ったものに見えるかもしれませんね。

お賽銭の意味1 お供え

その昔、人々は神社に対して、前年の豊作に感謝し山や海の幸、米を白紙で巻いた『おひねり』などをお供えしていました。

お供え物は、

神様への感謝の印

だったのですね。

それが、中世以降になると、貨幣経済の発展に加え、一般の身分でも社寺への参詣をするようになってきたことが由来し、

お供え物が米などの作物から今のお賽銭に変わっていった

という歴史があるのです。

お賽銭は、お願いごとを叶えてもらうための代金ではなく、神様への感謝の印だったんですね。

お賽銭の意味2 お祓い

NHKの『チコちゃんに叱られる』にて、

『お賽銭はどうしていれるの?』

という問題が出題された時、國學院大學の新谷尚紀教授による説明では、

病気や災いといった穢れを払うための儀式

と紹介されたこともあります。

お金は古代中国では、ルーツが貝であり、使われていた貝には穴が開いていました。

穴の開いている貝は、命が産まれてくる女性を象徴するため、

この世とあの世の出入り口

と考えられていました。

その貝が、災いや穢れ(けがれ)を、磁石のようにくっつけてくれる役割があったのだそうです。

この考え方の名残として、

お賽銭として投げ入れることによって、自分の身を清めている

という意味をもつとのこと。

お賽銭が、身代わりになってくれているんですね。

 

似たような解釈として、日本では、日本書紀に記されている岩戸隠れの出来事に、このような流れがありました。

罪を素戔嗚尊に負わせ、贖罪の品々を科して差し出させた。

このことから、

自身の罪を金銭に託し、お祓いしてもらう

とする説もあるようですね。

 

いずれにしても、お賽銭のルーツはかなり古い時期に成立したものです。

『これが正解だ!』という確証のある説がないのが現状です。

なので、たくさんの説があるんですね。

もしかすると、新たに文献が見つかって、今後また違った説が生まれることもあるかもしれません!

 

お賽銭の金額による違いはある?

縁起の良い硬貨

お賽銭を入れる際、

「5円を入れるといい」

とか、

「10円はダメ」

とか、いろいろな話を聞いたことがあるでしょう。

実際のところ、お賽銭に金額の違いはあるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、

お賽銭に、金額による違いは一切ありません。

縁結びの神・福の神が祀られていることで有名な出雲大社のHPに、

『お賽銭の金額は決まっていますか?』

という問いがFAQページにあります。

そのコーナーにて、出雲大社の回答には、こう書かれていました。

お賽銭を5円にすると「ご縁がある」とか、「二重にご縁があるように」と25円、「始終ご縁があるように」と45円、「これ以上の硬貨(こうか=効果)はない」と500円などと、ガイドの方がおもしろおかしく話を作って案内されるのを聞くことがあります。

これは、まったく根拠のないおもしろおかしくしようとの“ためにする”語呂合わせにすぎません。

大切なのは神様に対して真摯な気持ちでお祈りをし、その気持ちをもって日々の生活を送ることです。

祈りの心はお賽銭の金額によって、まして変な語呂合わせで左右されるものではありません。

『変な語呂合わせ』

と一刀両断しているところは、さすがですね。

お賽銭の意味の解説でも紹介したように、あくまでもお賽銭と言うのは、

神様への感謝の印としての、祈る気持ちが一番大切なこと

なので、それが1万円であろうが1円であろうが、5円だろうが10円だろうが、優劣はないのです。

むしろ、語呂合わせでお賽銭を入れるのは、神社側が

"為にする"こと、つまり"下心のある行動"

だと言っているのですから、語呂合わせでお賽銭を入れること自体が間違っているとも言えます。

 

実際、語呂合わせ自体に何の意味もありません。

そもそも先ほど紹介したように、

お賽銭自体が願い事を叶えてもらうものではない

のですからね。

感謝の気持ちに担ぐ験などないでしょう。

なので、

お賽銭は、金額で意味が変わってくるなどの違いはない

ということになります。

結局のところ、

自分が納得する金額を入れる

ということが大事で、「入れ過ぎた」「少なすぎた」など、自分にとって後悔をしない金額がベストです。

自分がこれだ!と思えば、1円だろうと5円だろうと、どんな金額を入れても問題ないので安心してください。

 

ただ、いくらでもいいと言われると、それはそれで迷ってしまいますよね。

なので、ここで縁起がいいと言われる金額も紹介しておきます。

ただし、何度も言いますが、あくまでも一番大事なのは、

語呂合わせではなく自分の気持ち

であることはお忘れなく。

縁起のいいお賽銭1 割り切れない金額

一般に、

割り切れない数は、縁が切れないのでいい

と言われます。

1の位が1円になく金額はその典型例ですね。

語呂合わせでは

イイ(11)縁(円)にかけて11円

福(29)にかけて29円

始終(40)良い(1)縁(円)にかけて41円

縁起のいいお賽銭2 5円に関する語呂合わせ

「ご縁(5円)がありますように」

という願いを込めて、5円玉や、5に関する金額を入れる人も多くいます。

また5円玉は、穴が開いていることから、

先を見通せる→先行きの見通しが良い

ということに繋がり、縁起が良いとされることもあるそうです。

そんな5に関係する語呂合わせは以下の通りです。

十分(10)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 15円

再三(3)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 35円

終始(4)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 45円

5重(50)のご(5)縁(円)がありますように ⇒ 50円

いつ(5)※でもご(5)縁(円)がありますように ⇒ 55円 ※いつつ⇒5つ⇒いつの意

充(10)分にご(5)縁(円)がありますように ⇒ 105円

※注:当(10)分ご縁がないと言われることもあり。

良い(11)ご(5)縁(円)がありますように ⇒ 115円

十二(12)分にご(5)縁(円)がありますように ⇒ 125円

四(4)方八(8)方からご(5)縁(円)がありますように ⇒ 485円

以上が、5円玉に関する語呂合わせでです。

スポンサーリンク

さいごに

今回はお賽銭について紹介しました。

お賽銭は本来、

  • 神々への感謝を込めたお供え物
  • 穢れを払い身を清める

といった意味があることがわかりましたね。

その一方、

お賽銭として入れる金額による違いは一切ありません。

感謝や祈りの気持ちが大切

なので、変な語呂合わせはやめておきましょう。

何しろ、あの出雲大社が語呂合わせを

下心を持ったお賽銭

と言っているくらいですからね!

関連記事

-生活

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.