雑学

意識高い系女子のあるあるや特徴を紹介!勘違い女との違いとは?

更新日:

意識高い系女子

意識高い系女子

学校でも、会社でも、どのコミュニティにも一人や二人は、

『意識高い系女子』

っていませんか?

『素敵な女性』になるべく、仕事もプライベートも充実させて、セミナーにオシャレにと常に忙しそうにしている『意識高い系女子』。

一見、そんな華やかな姿が、女性の間では

『意識が高い』と思われたいアピールがうざい!

と、面倒くさい存在のように映るようです。

でも『意識高い系女子』は、ただの『勘違い女』とは、どうやら紙一重で違うというのです。

ここでは、『意識高い系女子』のあるあるや特徴などと、『勘違い女』との違いについてまとめてみました。

スポンサードリンク

『意識高い系女子』の服装や見た目などの特徴あるある

まずは、『意識高い系女子』の服装や見た目などの特徴をまとめました。

『意識高い系女子』には、どうやら分かりやすい見た目の特徴があります。

雑誌の中のような華やかなファッションが当たり前

意識高い系女子のファッション

意識高い系女子のファッション

オシャレが好きな女性は、多いでしょう。

しかし、『意識高い系女子』は、そのオシャレに毎日命をかけています。

その特徴は、

雑誌から抜き出てきたような華やかなもの

が多いよう。

常に流行の最先端を取り入れ、自分自身の個性を演出するよりも

女性らしさの追求=意識高い

と、認識しているようです。

また、鞄の中のポーチや手帳、スマホカバーなどでも、『意識が高い』ことをアピールしています。

その、ファッションにおける隙のなさは、女性からも男性からも、「やりすぎ!」というように映っています。

しかし、憧れのモデルさんのようになるために、ファッションでも努力は惜しまないという点は、尊敬ものです。

メイク大好き!時には周りの女子にもアドバイス

意識高い系女子のメイク

意識高い系女子のメイク

『意識高い系女子』は、メイクやコスメも最先端です。

使用するコスメは、有名ブランドコスメや最新のコスメで固めています。

普段から、人一倍コスメやメイクを研究しているだけあって、ついつい周りの女子にもアドバイスをしがち。

そのため、

はなこ
余計なお世話!
れいか
ブランドコスメ自慢?

と、周りの女子から浮いた存在になってしまうことも、しばしば。

さらに、自分よりも良いコスメを使っている女子に対しては、少々上から目線で、敵対心を表してくるなんていう人もいます。

ネイル・エステ・スパなどの自分メンテナンス好き

意識高い系女子のネイル

意識高い系女子のネイル

『意識高い系女子』は、見えないパーツのケアや、ネイルなどパーツの『先端』のケアにも、抜かりがありません。

そのため、ネイル・エステ・スパなどの『自分メンテナンス』に、時間もお金もかけています。

SNSの投稿も、美容関係の内容が多いのも特徴です。

女性のオシャレの苦労を知らない男性からは、『女性らしい』と思われるかもしれません。

しかし、同性からすると、

ちょっとガチガチに固めすぎでは?

と思ってしまいますよね。

『意識高い系女子』は、完璧を求めすぎる傾向があるようです。

SNSで今日のファッション・メイクを毎日更新

意識高い系女子のSNS

意識高い系女子のSNS

『意識高い系女子』のSNSは、

「今日のコーデ!」

「今日のメイク!」

などの内容で、更新頻度が高めなのも特徴です。

時には、

かわいくお家まったりタイム

をアピールするのに重要な、『かわいいルームウェア』を公開したり。

適当な普段のルームウェアでも、『そもそも意識が高め』ということです。

 

『意識高い系女子』のプライベートあるある

『意識高い系女子』のプライベートはとっても忙しいのです。

ここでは、そのあるあるをまとめました。

スケジュール帳は『ネイル』『エステ』『スパ』『ヨガ』が日替わり

『意識高い系女子』のスケジュール帳は、趣味や美容の予定でいっぱい。

その内容は、

  • ネイル
  • エステ
  • スパ
  • ヨガ
  • 美容クリニック

などの、美容系のものが、日替わりで詰まっています。

『意識高い系女子』にとって、『自分を磨いている』という行動はなによりも重要なのです。

休日は『すっぴん』アピール

意識高い系女子のアピール

意識高い系女子のアピール

なぜか、意識高い系は、『すっぴん』であることをアピールしたがります。

休日のSNSでは、

はなこ
今日はすっぴんで恥ずかしい!

と、すっぴん公開。

『すっぴんがキレイなアピール』ということですね。

セミナーや勉強会で忙しい

『意識高い系女子』の仕事以外の時間は、

  • 『自己啓発セミナー』
  • 『勉強会』
  • 『交流会』

などで、埋め尽くされています。

セミナーや勉強会は、行けば行くほど自分が高まるわけでも、自分磨きをしている証になるわけでもありません。

セミナー行っているから『出来る女』になれるわけではないのに、『知的』と思われるものに参加して、自分を高めていると思い込んでいるのかも。

参加することで、人脈を広げたり、その人脈をSNSなどでアピールするのも忘れないあたりが『意識高い系女子』の特徴のよう。

SNS活用で『意識高い』自分アピール

SNSを活用する女性

SNSを活用する女性

『意識高い系女子』の、SNS活用は、まるで芸能人のよう。

1日に何度も更新したり、

  • 〇〇のセミナーに行った
  • 今日はトリートメントとエステ!
  • ○○さんと有名店で会食
  • ○○のパーティーに来ています
  • 今日の読書は○○(自己啓発本)!

などの内容が多いですね。

こんな内容の投稿が、こちらのSNSのタイムラインで埋め尽くされるとうんざりします。

忙しくても料理上手アピール/自然派・オーガニック意識

意識高い系女子のアピール1

意識高い系女子のアピール1

れいか
忙しくても料理はしてます!

というアピールをするのが、『意識高い系女子』の特徴でもあります。

美容も健康も気を付けて、まさに『完璧な女子』だと思われたいことが分かりますね。

健康意識が高いと思われたいので、

  • お弁当は必ず手作り・SNSにアップ
  • 朝スムージーをSNSで紹介
  • オーガニック食材や話題のスーパーフードにはいち早く反応

という行動が、目立ちます。

健康に気を使うことは、もちろん悪い事ではありません。

ただ、健康意識が高いと思われたくてアピールをするから鬱陶しいと思われてしまうのです。

 

『意識高い系女子』と『勘違い女』は紙一重で違う?

違いを考える女性

違いを考える女性

さて、ここまでは『意識高い系女子』のあるあるをまとめました。

『意識高い系女子』って、実はただの『勘違い女』なんじゃないの?

と思った人も多いでしょう。

しかし、『意識高い系女子』は実は『勘違い女』と紙一重で違うのです。

 

ずばり、

勘違い女子は、ただの『自意識過剰』な女子

のこと。

 

『意識高い系女子』は、理想の女性になるべく、努力は惜しまず、さらにそのアピールが鬱陶しいくらいです。

しかし、『勘違い女』は、

自分はそういった努力をしなくても『出来る女』だと思い込んでいる、自称『優秀な人材』なのです。

『勘違い女』は、そもそも自分に欠けているものを補う、もっとこうなりたいという意識がありません。

そのため、『勘違い女』には、

  • 根拠のない自信
  • 自慢話
  • 他人の批判

などの言動が、多くなります。

 

既に自分は出来る女・イイ女だと思い込んでいるので、仕事でもプライベートでも勘違いが多く、その存在はかなり鬱陶しいものでしょう。

だから、『勘違い女』は、一生懸命に見える『意識高い系女子』を上から目線で見下したり、時には批判やおせっかいな自論アドバイスなんかもしてくることがあります。

 

また、恋愛シーンにおいても『意識高い系女子』は、人によってはウケが良い事もあるようですが、『勘違い女』は、ただただ『イタイ人』になってしまうでしょう。

自分はモテていると思い込んでいたり、本当はただの下心なのに『口説かれている』と思い込むこともあるので、同性からも異性からも浮いてしまったり。

一見すると、どちらも鬱陶しい存在の『意識高い系女子』と『勘違い女』です。

しかし、

  • 努力をする『意識高い系女子』
  • 努力をしない『勘違い女』

では、実際の行動は全く違うものでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

『意識高い系女子』のあるあるや特徴を紹介しました。

『意識高い系女子』は、ファッションやメイク、美容、健康へ、人一倍時間とお金をかけているようです。

そんな『意識が高い女子』『完璧な女子』と思われるために、わざわざアピールする姿が、周りの同性・異性から鬱陶しいと思われることになってしまいます。

そこが、本当の『意識が高い人』との違いでしょう。

 

しかし、ただの『勘違い女』なのかというと、そうでもないのです。

  • 理想の女性になるために努力をする『意識高い系女子』
  • 何もしなくてもすでに『イイ女』『出来る女』だと思い込む『勘違い女』

『意識高い系女子』と『勘違い女』とでは、実際の行動も違ってくるでしょう。

『意識高い系女子』の言動の中には、見習うべきものもあります。

付き合うと面倒な面もありますが、こっそりと、良い面だけを盗んでおくのも良さそうです。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.