歌手

DA PUMPの現在のメンバーと初期メンバーの脱退理由をチェック!

投稿日:

沖縄アクターズスクール出身のメンバーで結成されたダンスボーカルグループ『DA PUMP』。

初期メンバーは4人だったはずが、いつしか入れ替わり、ISSAさんを残し、脱退・卒業し、新たなメンバーが入っていますよね。

そのため、昔のDA PUMPのイメージを持っている人には、

『DA PUMPはもう全く別のグループ』

と感じる人もいるようです。

 

そんな新生DA PUMP。

2018年にリリースした『U.S.A』が爆発的ヒットをして、見事にブレイクしています。

それにしても、DA PUMPの初期メンバーたちは、なぜ脱退したのでしょうか。

その理由も気になりますよね。

そこで本記事で、現在のDA PUMPのメンバーを紹介しながら、初期メンバーが脱退・卒業した理由もあわせて、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

DA PUMPの現在のメンバーは?

DA PUMPはもともと、沖縄出身の4人組グループでした。

それが今では、

完全に様変わりしてしまっている

現在のDA PUMP。

 

当然、昔のDA PUMPしか知らない人は、現在誰がメンバーとして活動しているのか、全く知ることもないでしょう。

では改めて、現在のDA PUMPのメンバーを見ていきましょう。

ISSA 本名:邊土名一茶(へんとないっさ)

DA PUMPの初期メンバーであり、現在のDA PUMPでリーダーを務めているのがISSAさんです。

DA PUMPのメンバーとしては、実は4番目に合流し、

ボーカルとラップ

を担当しています。

 

DA PUMPの中でも、長年センターを務め、中心的存在として活躍していますが、過去には

『リハーサル中に大腿骨と骨盤を骨折する』

という大けがも経験してきました。

ダンスが絶望視されたほどの大けがだったのですが、ISSAさんの必死のリハビリによって、驚異的な回復を見せ、今ではダンスもできます。

ただ、今でもまだ、怪我をした右足の動きは、自由自在というわけではなく、ある程度の制限は残ってしまっているようです。

大腿骨と骨盤に、数本のボルトを入れるほどの手術だったそうなので、仕方がない部分もあるかもしれませんね。

DAICHI 本名:加藤大地

DAICHI

DAICHI

DAICHIさんは、1988年12月4日生まれ、栃木県出身の

最年少メンバー

です。

 

中学生の頃、ロサンゼルスへダンス留学をするほどダンスに長けていて、

学生時代に全米のダンス大会で金賞を毎年取り続けた

という実力者です。

 

高校1年生の時には、多くの俳優・モデルを輩出した『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で決勝まで進みました。

主にパフォーマーとしてDA PUMPのメンバーに加わり活躍しています。

ちなみに、初舞台で踊った曲、ジュノンボーイの最終審査で歌った曲のどちらもDA PUMPだったんですよ。

そんなDAICHIさんが、今ではDA PUMPの『ピンクのお兄さん』として活動しています。

KENZO 本名:中村朋揮

KENZO

KENZO

KENZOさんは、1985年1月21日生まれ、福岡県宮若市出身の世界的ダンサーです。

大学卒業後、社会人になる年に、DA PUMPに加入しました。

あの『U.S.A.』の振り付けを担当したのは、他でもないKENZOさんです。

 

KENZOさんは、DA PUMPのメンバーとしてだけでなく、

  • SECLET GEUST
  • SHUFFLE!!
  • ALL GOOD FUNK

のメンバー、ダンサーとして活動しています。

ダンスの実力はかなり高く、

2010年から2017年にかけて、8年連続世界大会優勝

という前人未到の記録を果たしました。

これまで獲得したタイトルは60以上あり、その実力から、世界大会などのストリートダンス大会で審査員に選ばれるほどでもあります。

 

また、KENZOさんは指導者としても活躍していて、

  • 安室奈美恵
  • TRF
  • SPEED
  • 観月ありさ
  • 田中れいな
  • back number
  • w-inds.
  • フェアリーズ
  • UVERworld
  • MISONO

などの振り付けも担当するほどの凄腕ダンサーです。

TOMO 本名:谷口知広

TOMO

TOMO

TOMOさんは、1981年2月2日生まれ、愛知県出身です。

DA PUMP加入前には、KIMIさんとともに、

FNS歌謡祭で『矢島美容室』のバックダンサー

としてテレビ出演したこともあります。

TOMOさんもKENZOさんと同じく、DA PUMPだけでなく、

  • WEIDER BOYZ
  • KAMIKAZE CLOWNZ

などのダンスユニットのメンバーとして、多彩な活動をしていますよ。

ほかに様々なアーティストの曲の振り付けも担当し、2018年は田中れいなさん、島谷ひとみさん、崎山つばささんを担当しました。

 

TOMOさんは芸術的思考の持ち主で、

DA PUMPのライブロゴや、衣装のデザインを担当すること

もあるそうです。

もちろん振り付けも担当することがあり、2019年に発売した『桜』はTOMOさんが中心となって作られました。

また、地元愛が非常に高く、たまに名古屋弁が出てしまう魅力的なメンバーですね。

KIMI 本名:近藤公貴

KIMI

KIMI

KIMIさんは、1983年4月14日生まれ、神奈川県横浜市出身です。

DA PUMPのダンサー兼ラップ担当で、TOMOさんと同じ『KAMIKAZE CLOWNZ』のメンバーでもあります。

その他では、同じ事務所の谷内伸也さんとライジングユニット『2FACE』を組んだりしています。

もともとDA PUMPに影響を受け、

ロサンゼルスにダンス留学した経験

を持つメンバーらしく、まさにDA PUMPのメンバーにふさわしい人物です。

ムードメーカーとしてメンバーをまとめたり、MCも担当したりとDA PUMPにおいて重要な存在であり、ISSAさん曰く、

「僕の右腕のような存在」

と絶大な信頼を置いているメンバーです。

ちなみに、KIMIさんは野球が大好きで、とくに横浜DeNAベイスターズの大ファンだったりします。

YORI 本名は非公開

YORI

YORI

YORIさんは、1980年2月9日生まれ、広島県出身のダンサー、俳優です。

メンバーの中で唯一本名を公表してませんが、TOMOさんがブログにて『よりひさばーすでー』と書いていたので、

名前が"よりひさ"

であることは、『ほぼ確定』とみてよいのではないでしょうか。

POPチーム、AFROISMのメンバーとして、しばらく活動し、DA PUMP加入前は、

GACKTさんのバックダンサー

を務めていました。

そして、GACKTさんのライブツアーが間近に迫ったある日のこと、YORIさんはDA PUMPへの加入を誘われます。

悩みに悩み、GACKTさんにも相談をしたところ、GACKTさんに応援してもらい、その結果、DA PUMPへの加入を決心。

こうして、YORIさんがDA PUMPに加入しました。

ダンス以外では、役者として舞台や映画にも出演しています。

現在、2019年8月末に胸椎類骨骨腫との診断を受け手術し、2019年10月までリハビリに専念するため、活動休止期間があります。

U-YEAH 本名:谷本裕也(旧姓)

U-YEAH

U-YEAH

U-YEAHさんは、1983年9月17日生まれ、東京都出身で、ダンス・ラップ・コーラス担当。

彼も、KIMIさん同様、DA PUMPの影響を受けて、ダンスを始めた1人。

高校卒業後には、

ロサンゼルスにダンス留学

をして、たくさんのダンスを身につけました。

帰国後は、他のアーティストのバックダンサーや振り付けも担当。

ダンスユニット『WEIDER BOYZ』や『SCREAM』、『7☆』のメンバーとしても幅広く活動していました。

そんなU-YEAHさんがDA PUMPに入るきっかけとなったのが、他でもない、

ISSAさん本人からの誘い

でした!

スカウトされた当初は、

ISSA君本人から一緒にやらないか?

とお話をもらった時、いったいこの人は何を言っているんだろうと

よく理解が出来ずに戸惑いました。

やりたい!って気持と同じくらい、

自分で本当にいいのか?って不安がありました。

このように気持ちが半々だったようですが、

『SCREAM』を脱退、そしてダンススタジオを閉鎖

してまで、DA PUMPのメンバーとして前に進むことを決断。

こうしてDA PUMPのU-YEAHさんが誕生したのです。

U-YEAHさんはデザインセンスがあり、DA PUMPの中では

グッズのロゴを自らデザインすること

もあるのだとか。

 

ちなみに、U-YEAHさんの本名・谷本裕也についてですが、U-YEAHさんは2013年頃に結婚をしていて、実は、

婿養子に入っている

ということが判明。

そのため、本名はもう既に、谷本ではないでしょう。

結婚相手が誰かは公表されていませんので、現在の本名は、不明なままということになります。

 

以上が、現在のDA PUMPのメンバーです。

また、初期メンバーではなく、新生DA PUMPになってから脱退したメンバーもいます。

それが、

KAZUMAさん

です。

KAZUMA(本名:山根和馬)さんは、19歳の頃から俳優としても活動していた元メンバー。

DA PUMPに加入したのは、2008年のことでした。

小さい頃からダンスが大好きで、ダンサーを志していたKAZUMAさん。

ある日、ダンススタジオで踊っていたところを映画監督に魅入られ俳優デビュー。

その後にDA PUMPにも加入した経歴を持っています。

 

DA PUMPとして5年間活動したKAZUMAさんでしたが、2014年にDA PUMPを脱退。

KAZUMAさんがDA PUMPを脱退した理由は、RISINGPRODUCTIONのHPにて、

この決断は僕個人の考えから決意させて頂いたものです。

理由は、加入から5年という月日が経過し、自分自身の年齢と向き合い、可能性を見つめた時、山根和馬、個人として挑戦をしなければならない時が来たのではないかという想いからです。

と、ソロ活動で自身の活躍の幅を広げたいからということでした。

スポンサーリンク

DA PUMPの初期メンバーが脱退した理由・原因

DA PUMP

DA PUMP(左からSHINOBU・YUKINARI・ISSA・KEN)

さて、DA PUMPの初期メンバーというと、さきほど紹介した中にはISSAさんしかいません。

もともと初期メンバーは、4人いました。

他の初期メンバーといえば、

  • SHINOBU
  • YUKINARI
  • KEN

の3名。

そのいずれも既に脱退して、それぞれの道を歩んでいます。

では彼らは、なぜDA PUMPを脱退したのでしょうか?

そこで、彼らの脱退理由を振り返ってみましょう。

DA PUMPの初期メンバー1 SHINOBU(宮良忍)

SHINOBUさんは、DA PUMPの前身となる『KEN&YUKINARI』に最初に合流したメンバー。

DA PUMPとしては、3人目のメンバーになります。

そんなSHINOBUさんが、DA PUMPを脱退したのは2006年の話。

脱退理由は、

  • 自分のダンス表現の限界
  • 「沖縄の音楽を表現したい」という方向性の違い

だったそうで、当時のDA PUMPとの温度差が原因です。

 

しかし、この脱退理由に大きくかかわったのではないかと言われる不祥事を、SHINOBUさんは起こしてしまっています。

当時、SHINOBUさんはDA PUMPのメンバーとして活動していたのですが、ある事件が起こってしまいます。

なんと、

SHINOBUさんが飲酒運転で事故を起こして逮捕

されてしまうのです。

当時(2005年)、悪いと分かっていながらも、泡盛を5~6杯、他にテキーラも飲んで泥酔状態で、運転してしまいました。

その結果、衝突事故を引き起こして、同乗者に怪我を負わせてしまい逮捕となったのです。

 

ただの衝突事故で、同乗者が軽症で済んだことは、不幸中の幸いでしたよね。

もし、スクランブル交差点のような場所で、事故を起こしてしまったとしたら、本当に最悪です。

とはいえ、そもそも飲酒運転をすること自体が悪いわけで、SHINOBUさんの罪は、許されるべきものではありません。

当然、事故による逮捕が発覚後、SHINOBUさんをはじめ、DA PUMPの面々は、しばらく謹慎処分になってしまいます。

しかも、

当時収録まで済ませていた新曲のリリースも白紙

になってしまったのです。

『本当に馬鹿なことをした』と後悔をにじませていたSHINOBUさん。

謹慎明けも、気持ちを乗せることができず、そのまま翌年にDA PUMPを脱退してしまったのです。

 

そして、現在のSHINOBUさんは、

実家の民宿『宮良』の後継ぎ

として働いています。

SHINOBUさんの料理は、『とてもおいしい』と評判みたいですよ。

 

DA PUMPの初期メンバー2 YUKINARI(玉城幸也)

YUKINARI

 

次に脱退したのは、YUKINARIさんです。

もともと、DA PUMPの前身とも言える『KEN&YUKINARI』を結成した2人のうちの1人。

メンバーとしては、一番の古株ということになります。

その後『KEN&YKINARI』は、『KOOZ』→『Billy The Kids』を経て、DA PUMPとなりました。

 

YUKINARIさんの脱退理由は、

方向性、音楽性の違い

ということでしたが…

彼がDA PUMPを脱退したのは2008年。

実は、YUKINARIさん脱退には、SHINOBUさん同様、不祥事が関わっていたのではないかと言われています。

その不祥事というのが、脱退の1年前、元タレントの西田夏さんと離婚調停中だったらしく、その事がスキャンダルとして取り上げられました。

 

ただの離婚調停では済まず、なんと、

YUKINARIさんが西田夏さんに対して、家庭内で手をあげていたことが発覚

とはいえ、これは彼女が告白した話です。

実際にYUKINARIさんが、どこまでを認めているかは、はっきりしていません。

しかも、手をあげたことによる離婚であるにも関わらず、子供の親権をYUKINARIさんが持っている状況を見ると、いささか疑問が残るところです。

結果的に離婚が成立したことや、慰謝料200万円を渡したこともあわせて、YUKINARIさんのイメージが悪くなった…。

そんな経緯もあって、その後脱退となりました。

 

現在のYUKINARIさんは、自身の経営するクラブ『CLOUD NINE OKINAWA』で働いているみたいですね。

また、ライザップのCMにも出演したことで、久しぶりに話題になったこともありました。

 

DA PUMPの初期メンバー3 KEN(奥本健)

YUKINARIとKEN

YUKINARIとKEN

『KEN&YUKINARI』として、最古参メンバーだったKENさん。

2009年12月5日付で、DA PUMPを脱退しました。

KENさんが脱退した理由は、

ISSAさんと方向性の違い

とのこと。

ISSAさんとは、何度も話し合いの場があったのですが、それでも二人の音楽に対する方向性は開く一方…。

これではどうしようもないと考え、それぞれ別々の道をたどることにしたようです。

時期的には、DA PUMPが9人グループとしてライブもおこない、再スタートを切ったばかりの時期でした。

もともと4人グループだったのが、初期メンバーが2人脱退、そしていきなり7人加えての新生DA PUMPが誕生したのですから、9人でやっていくうちに

「これは違う…」

と、グループの方向性に違和感を覚えたのかもしれないですね。

 

そんなKENさんは、現在何をしているのでしょうか?

KENさんは脱退後、YUKINARIさんと共に、『琉-UNIT』を組んで活動していましたが、同グループは現在活動休止の状態。

また、沖縄の子供たちに、ダンスを教える教室を開き

ダンススクールの講師

をしたり、

振付師

としても活動しています。

もともとは沖縄アクターズスクール出身ですし、ダンスの実力は折り紙付き…。

そんなKENさんにダンスを教えてもらった子供たちから、将来一流アーティストが誕生するかもしれませんし、いろんな意味で楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

基本的に現在のDA PUMPは、

『ISSAさんがメインボーカルを担当し、他のメンバーがダンスパフォーマンスしていくコンセプト』

で活動しています。

当然、初期のDA PUMPと比較すると、かなり様変わりしている印象ですが、ダンスパフォーマンスにおいては変わっていません。

 

当初のDA PUMPファンとしては、ISSAさん以外、誰も初期メンバーが残っていないのは、寂しく感じるかもしれませんね。

初期メンバーの脱退理由を見ていくと、不祥事やスキャンダルも多く、その点でも悲しいものを感じさせられます…。

ただ現在は、理由あって脱退メンバーも、それぞれの道を歩まれているみたいで、ホッとした次第です。

関連記事

-歌手

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.