食べ物

蜂蜜の保存方法は冷蔵庫?それとも常温?容器や期限をチェック!

更新日:

蜂蜜は

『腐らない食品』

と言われていますよね。

そのため、賞味期限に関係なく料理に使っている人が多いのではないでしょうか?

しかし

「保存方法によって傷んでしまうんじゃないの?」

「容器にはちゃんと賞味期限が記載されているけど、本当に長期保存できるの?」

と不安に思う人もいるでしょう。

そこで今回は、蜂蜜の保存方法や賞味期限について紹介していきます。

また、蜂蜜が腐らない理由や保存に適している容器についてもお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでください!

スポンサードリンク

蜂蜜は常温保存と冷蔵保存のどちらがいいの?

結論からいうと、

蜂蜜は常温保存がベスト

となります。

冒頭でも書きましたが、蜂蜜は腐ることがありません。

そのため、夏場に常温保存していても問題はないのです。

ですが、保存の際は

直射日光を避け、湿気の少ない場所で保存すること

が推奨されています。

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

それでも中には

「常温保存は不安だから、念のため冷蔵庫に入れておこう。」

と冷蔵庫で蜂蜜を保存する人もいるでしょう。

ですが、冷蔵庫で保管してしまうと結晶ができ、白っぽく固まってしまいます。

この状態になると、結晶を溶かす手間がかかります。

なので、蜂蜜の冷蔵保存はオススメできません。

 

ただ、結晶化してしまった蜂蜜は簡単に元に戻すことも可能です。

『45度前後のお湯を用意し、その中で容器ごと湯煎する』

だけなのです。

ただし、

50度以上の熱いお湯で湯煎すると、蜂蜜の栄養や酵素が分解され、蜂蜜本来の効果を得られない

ことになるので、要注意ですよ。

結晶化してしまった際は、正しい方法で元に戻してくださいね。

 

蜂蜜の賞味期限はいつまで?長期保存できるって本当?

天然の蜂蜜には、賞味期限はありません。

唯一の

『腐らない食品』

と言われています。

それには4つ理由があります。

  1. 蜂蜜自体に強い殺菌作用があるため
  2. 蜂蜜に含まれる水分量が極端に少なく、細菌が繁殖できないため
  3. 糖度が80%前後もあるので、バクテリアが繁殖しにくいため
  4. 細菌が侵入しても糖分が細菌の水分を吸収して死滅させるため

この4つの条件のおかげで、天然の蜂蜜は腐らないのです。

それなのに蜂蜜の容器には、賞味期限が記載されていますよね。

これは、法律で賞味期限の記載が義務付けられているためです。

 

また、賞味期限というのは

『美味しく食べられる期間』

のことを指します。

よって、

賞味期限が過ぎても食べられるけど、長期間保存していると風味は落ちてしまう

ということを、きちんと理解しておきましょう。

そして、比較的安値で購入できる

加工された蜂蜜の場合は、天然のものと違って長期保存に向いていません。

そこは注意してくださいね。

 

長期保存したい場合は、

『天然蜂蜜』『純蜂蜜』

と記載されたものを選ぶようにしましょう。

また、蜂蜜を食べる際にも、長期保存するためのポイントがあります。

それは、容器から蜂蜜を掬う際は、

清潔なスプーン

を使用することです。

  • 一度舐めたスプーン
  • 他の食品を掬ったあとのスプーン
  • 濡れたスプーン、または濡れたハニーディッパー(蜂蜜を掬う棒状のもの)

このようなスプーンやハニーディッパーを使用すると、これが原因で

蜂蜜が傷んでしまう可能性

があります。

なるべく良い状態のまま蜂蜜を長期保存できるよう、蜂蜜を掬う際は清潔なスプーンやハニーディッパーを使うことを心掛けましょう。

 

蜂蜜の保存に適した容器とは?オススメの容器を教えて!

蜂蜜の保存容器の種類とは?

一般的に蜂蜜は、プラスチック容器で売られていることが多いです。

しかし、オシャレなお店などでは、ガラス製の容器に入った蜂蜜もありますよね。

また、海外ドラマや絵本の中では、陶器製のハニーポットで保存している場合もあります。

この3つが蜂蜜の主な保存容器ですが、この中で最も保存に適しているのは、一体どれなのでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを下記に挙げていきますね。

プラスチック製容器のメリット・デメリットは?

プラスチック製の容器に蜂蜜を入れるメリットは主に3つあります。

  • 落としたりぶつけたりしても割れない
  • 重くない
  • スプーン等を使う必要がなく、容器をへこますだけで蜂蜜が出てくるので使いやすい

この3つです。

しかし、

遮光性が低い

という難点があります。

そのため、保存の際に、うっかり光の当たる場所に置いてしまい、蜂蜜の成分に影響が出てしまうこともあるでしょう。

また、

プラスチックの臭いが蜂蜜に移ってしまう

というデメリットもありますので、注意してくださいね。

ガラス製容器のメリット・デメリットは?

ガラス製の容器のメリットには

  • プラスチック製のものと違って臭いが移らない
  • デザインがオシャレ

などが挙げられます。

しかし、ガラス製のものも遮光性に優れているわけではありません。

重い、割れるなどのデメリットがあります。

陶器製容器のメリット・デメリットは?

陶器製の容器のメリットは、ただ1つ。

遮光性に優れている

という点のみです。

しかし実は、

蜂蜜の保存に最も適しているのが陶器製容器

なのです。

蜂蜜を美味しく長期保存するには、

遮光性の有無が最大のポイント

なのです。

陶器製容器の蜂蜜を、お店で見かけることはほとんどないですよね。

そこで、ハニーポットを別途購入して、蜂蜜を移し替えて保存することが最もオススメです。

蜂蜜好きな人は、ぜひ陶器製のハニーポットを利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、蜂蜜の保存方法や賞味期限についてお話しました。

天然の蜂蜜は、優れた殺菌作用があることや、水分量が少ない事から賞味期限はありません。

常温でも長期保存が可能です。

しかし、保存の際は直射日光を避け、湿気の少ないところで保存することを覚えておいてくださいね。

また、美味しく長期保存したい場合は、陶器製の容器に蜂蜜を移し替え、なるべく光に当たらないように保存するようにしましょう。

ぜひ適切な保存方法を知り、美味しい蜂蜜を長く味わってくださいね!

赤ちゃんが蜂蜜をなめたらダメな理由を紹介!いつから大丈夫?

「赤ちゃんは蜂蜜をなめたらダメ」 そんな言葉を聞いた事はありませんか? 子供を産んだ事のあるお母さんなら知っていると思いますが、母子手帳にもそう書かれていますよね。 でも、大人にとって蜂蜜は身体に良い ...

関連記事

-食べ物

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.