サッカー

本田圭佑の顔が黒い理由と目が怖いのは病気?昔と現在を画像で比較

更新日:

本田圭佑選手は、2018年8月12日に、

現役選手として活動しながら実質的なカンボジア代表監督兼GMに就任すること

を発表。

二足のわらじを履きながら

2020年の東京オリンピックの『オーバーエイジ』として出場することを目標

としていると明かしています。

本田圭佑選手がオリンピックで活躍する姿、ぜひ観たいですよね!

しかし、そんな本田圭佑選手には、少し気になることが...。

それは”顔が変わったこと”です。

どうやら顔の変化は

病気では?

という噂もあるみたい...。

 

今回は、本田圭佑選手の顔が黒い理由と目が怖いのは病気なのか、昔と現在を画像で比較していきます。

スポンサードリンク

本田圭佑の顔を昔と現在の画像で比較!

本田圭佑選手の顔の変化については、多くの人が気づいているでしょう。

昔と現在の画像を比較して、顔の変化をチェックしていきます。

 

まずはこちらの画像。

本田圭佑

本田圭佑

左の画像は、高校卒業後に名古屋グランパスに所属していたころの19歳ごろの本田圭佑選手です。

本田圭佑選手は、2005年~2007年まで名古屋グランパスに所属していました。

今よりも長めの黒髪で、とても爽やかなイケメンですね!

右の画像は、2018年の当時32歳の本田圭佑選手の画像。

 

19歳ごろの画像と32歳の画像を比べると、顔の印象は、かなり違います。

とくに違いを感じるのは、

ですね。

2018年の32歳の画像の目は、

  • まぶたがぽってりと腫れている
  • 眼球が突出している

という変化がありますね。

 

次の画像をチェックしていきます。

本田圭佑

本田圭佑

左の画像は、名古屋グランパスからオランダのVVVフェンロに移籍した時代の本田圭佑選手で、おそらく22歳ごろの画像。

このオランダのVVVフェンロには、2008年から2010年までに所属していました。

このころは、名古屋グランパスに所属していたころと、あまり顔は変わっていない印象です。

黒髪も似合っていて、とってもかっこいいですね。

右の画像は2018年の当時32歳の画像。

こちらも、やはり目元が気になります。

 

次の画像がこちら。

本田圭佑

本田圭佑

この左の画像も、オランダのVVVフェンロに所属しているときで、23~24歳ごろの画像。

ここで、ついに金髪になりましたね!

本田圭佑選手と言えば、眩しいほどの金髪がトレードマークですよね。

髪色は変わりましたが、顔そのもの変化はないようですね。

右の画像は、2018年の当時32歳の本田圭佑選手の画像。

23~24歳ごろの画像と比較すると、32歳の画像の方が

顔の筋肉が引き締まっている

と感じますね。

 

次の画像がこちら。

本田圭佑

本田圭佑

この左の画像は、CSKAモスクワに所属していたころの本田圭佑選手で、25歳ごろの画像。

2010年から2013年までCSKAモスクワに所属していました。

このころもまだ目に大きな変化はありません。

ただ、少しまぶたが腫れぼったくなっているかな…という感じはあります。

右の画像は2018年の当時32歳の本田圭佑選手の画像。

25歳ごろと比べると

穏やかな顔立ちから勇ましい顔立ちに変わった

ように見えます。

 

次の画像がこちら。

本田圭佑

本田圭佑

この左の画像は、2013年6月ごろの画像で、当時27歳。

ワールドカップ最終予選の日本対オーストラリア戦後のインタビュー時です。

このころから

本田圭佑選手の目が変わった

と話題になっていました。

明らかに、まぶたが腫れぼったくなっていますね。

右は、2018年の当時32歳の本田圭佑選手の画像。

27歳の画像と比較すると、32歳の画像のほうが、まぶたがかなり腫れぼったいですね。

 

目の変化については、

  • まぶたが腫れぼったくなっている
  • 眼球が突出している

ということですね。

次は、これらの目の変化の原因や、顔が黒い理由について調べていきます。

 

本田圭佑の顔が黒い理由と目が怖い理由は病気?

「本田圭佑の顔が黒い」

と言われている画像がこちらです。

本田圭佑

本田圭佑

左の画像は、まぶたの腫れもなく、眼球も突出していません。

顔色も健康的なころの本田圭佑選手で、当時25歳くらいの画像。

右の画像が、2018FIFAワールドカップの日本対コロンビア戦後のインタビュー時の本田圭佑選手の画像で当時32歳です。

 

画像を比較すると、その顔色の違いは、一目瞭然ですね。

32歳の画像は、

顔が黒い

ような青いような、健康的な色とは、とても思えません。

どこか具合が悪いのではないか?

と思うような顔色をしているんですよね。

唇の色も悪く、頬もやつれています。

 

とくに目に注目すると、

左右の目の大きさが違う

ことも気になりますね。

 

この顔色や目の変化については、病気が理由ではないかと言われています。

その病気というのが

バセドウ病

です。

 

2014年6月1日に、本田圭佑選手が頸部の手術を受けていたことが明らかになりました。

首の付け根付近を横に約10センチ、メスを入れていて、服を着ていても傷痕が確認できます。

2013年12月にCSKAモスクワを退団してから、2014年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に、国内で手術に踏み切ったものとみられています。

 

本田圭佑選手は、自身の手術について

「何もないよ。何でもない。」

と多くは語っていません。

 

ただ、バセドウ病ではないかと考えられるのは、彼の症状からです。

バセドウ病とは、甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気。

このバセドウ病では、

眼球が突出する

という症状が現れるのです。

さらに本田圭佑選手がメスを入れた部分からも、

『バセドウ病ということで間違いない』

と考えられますね。

 

そして、バセドウ病になると、

とても疲れやすくなる

という症状も現れます。

サッカーは、走り続けなければならないスタミナが必要なスポーツですよね。

きっと少し走るだけでも、とてもきついはずです。

サッカーを続けるには、致命的な病気ともいえます。

しかし本田圭佑選手が病気を公表せずに、そんな状態であることすら感じさせない、常に強気で前だけを向いている姿は、本当に勇気を与えるのではないでしょうか。

顔色が悪かったのは、バセドウ病が直接関係しているかはわかりませんが、体力を失ってきつかったのかもしれません。

 

さて2018年は、顔色が悪かった本田圭佑選手ですが、2019年はどのようになっているのでしょうか。

本田圭佑

本田圭佑

左は2018年の当時32歳の本田圭佑選手の画像。

右は2019年の33歳の本田圭佑選手の画像。

33歳の本田圭佑選手の画像を見ると

すっかり顔色がよくなっている

とわかりますね!

とても健康そうで、安心しました。

 

また「怖い」と言われていた目ですが、

以前よりも腫れぼったさがなくなっている

ようです。

表情も柔らかくて、とってもイケメンですね!

サッカーの試合で忙しいときは、体が疲れて顔色などに『バセドウ病』の症状がでているのかもしれません。

ストイックすぎる本田圭佑選手なので、やりすぎには注意してほしいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

本田圭佑選手の昔と現在の画像を比較すると、

目が変わっている

ことが判明。

  • まぶたが腫れぼったくなっている
  • 眼球が突出している

という変化がありました。

 

本田圭佑選手の目が怖い原因は

バセドウ病

によるもの。

顔が黒い原因は直接バセドウ病が関係しているかはわかりませんが、バセドウ病によって、とても疲れやすい体になっていることから、顔色が悪くなったことも考えられます。

 

ただ、2019年現在は顔色もよく、目の腫れも引いているようで一安心しました。

本田圭佑選手はバセドウ病であることを公表せず、病気であることすら感じさせないプレーを続けています。

サッカーなど、走り続けるスタミナが必要なスポーツをするには、とても大変な状況なのです。

にも関わらず、常に前を向いて走り続ける姿は感動します。

本田圭佑選手のプレーは、多くの人に希望を届けているので、活躍を今後も応援していきたいものです。

関連記事
本田圭佑
本田圭佑のスーツとサングラスのブランドと価格を調査!その評判は?

本田圭佑選手といえば、サッカーのプレーもさることながら、その奇抜でユニークなファッションでも話題になっていますよね。 腕時計を両腕にはめている 麦わら帽子にサンダル姿で移動 真っ赤な服を着ている 話題 ...

関連記事

-サッカー

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.