女性アイドル

平松可奈子の現在が凄すぎ!年収2000万円のドリンクボトルとは?

元アイドルが引退後に、

『アイドル現役時代よりも稼ぐ!』

という話をよく聞きます。

元SKE48の1期生だった平松可奈子さんも、SKE48を卒業後、違うジャンルで大成功!

なんと現在、

ドリンクボトルのプロデュースで年収2000万円

というのですから驚きですよね。

そこで本記事では、現在プロデュース業で年収2000万円を稼ぎ、大成功を収めた平松可奈子さんの成功への軌跡を探ってみました。

スポンサーリンク

元SKE48メンバー平松可奈子の華麗なる転身

元SKE48メンバーの平松可奈子さんを覚えていますか?

彼女は、2008年に発足された、SKE48の1期生(ただし選抜メンバーではなく研究生枠)として加入したメンバーの一人。

そして、2013年まで活動し卒業…。

現在は、オスカープロモーションに所属し、タレント活動をしています。

 

ただ、多数のテレビ番組に出ていたわけでもないみたい。

舞台やモデルとしては、SKE48メンバーたちと肩を並べるくらいの活動はしているらしく、決して埋もれていたわけではなかったようです。

 

過去の選抜総選挙では一度も圏内にランクインできていません。

神セブンどころか、選抜入りしていたメンバーとも差をつけられていた平松可奈子さん。

まさに雑草魂で頑張り、評価されてきたメンバーと言えそうですね。

選抜総選挙圏外から商品プロデュースで10代のカリスマへ…

さて、そんな平松可奈子さんが、モデル・女優・タレントでありながらも、違う分野でも華麗なる転身を見せているとか…。

転身というと、タレント業を辞めているようにも聞こえてしまいますが、違う分野で成功を果たしたのです。

では、彼女はどんな分野で成功を収めたのでしょうか。

平松可奈子がプロデュースした商品が次々大ヒット

実は、平松可奈子さんは

ドリンクボトルのプロデュース

を皮切りに、プロデュース業で大成功!

なんと、

年収2000万円

というのですから、本当にビックリですよね。

もともと、ただのアイドル(しかも当時はステージの先陣を歩くことができなかった…)が、まさか、プロデュース業で大成功とは…。

若槻千夏もプロデュース業で成功しているが…

まぁ、タレントの若槻千夏さんなんて、クリエイター・起業家(ブランドオーナー)として年商25億稼いでいますし、前例がないわけではありません。

ただ、彼女の場合、クリエイターとしてデザインの能力を持っていたらしく、例外としてみたほうが良いかもしれません。

 

一方で平松可奈子さんは、何か特別なスキルを持っている話は聞こえてきません。

なので、タレント活動の片手間でのビジネスだとしたら、かなり難しいことです。

ところが、その大変なプロデュースを見事にやってのけ、年収2000万円を稼ぐことに成功。

ある種、アイドルとして成功できなかった彼女の、華麗なる転身と言えるわけです。

商品プロデュースで成功とTV番組でも取り上げられ…

なお、この話は、2018年6月27日放送のTBSバラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で放送された話です。

この日の放送は、『元AKB48の天国と地獄SP』として企画されたものでしたが、彼女は完全に成功組の一人と考えていいでしょうね。

ドリンクボトルの以外にも手がけたアイテムが大ヒット

なお、平松可奈子さんは、他にもTシャツ、カラコンやスマホのケースなど、多岐に渡り商品プロュースをしているそうです。

あくまでドリンクボトルはその一つ。

 

平松可奈子の今後はプロデュースメインで活動していく話も…

何やら、プロデュースメインでやっていく話や、年収2000万円はSKE48時代より収入が多い話も聞かれます。

それだけに、今後、平松可奈子さんがどんな商品プロデュースで世界を震撼させてくれるのか、非常に楽しみですね。

 

平松可奈子がプロデュース業を手がけた経緯

平松可奈子さんが、ドリンクボトルのプロデュースで、一気に年収2000万円を稼いだニュースは、一瞬にして世間に広がっていきました。

アイドルが、商品プロデュース業で成功をおさめること自体、すごい話です。

それにしても、なぜ彼女がドリンクボトルをプロデュースすることとなったのか、その経緯が気になりますよね。

平松可奈子が本格的に商品プロデュースに参入したきっかけ

そもそも、事の発端は

アパレルブランドから依頼された、Tシャツのプロデュース

だったようです。

これが大ヒット!

結果、スマホケースやカラコンケースのプロデュースも手がけることになり、さらにはアパレルブランド『ハニーシナモン』のプロデュースまでも行うように…。

 

既にハニーシナモンのプロデュースからは卒業しているそうですが、今でも、

かわいいグッズが多いから大好き

と、評判の声も高いみたい。

平松可奈子さんがハニーシナモンの商品プロデュースを手がけ始めたのが、2015年ごろの話。

100均メーカー・ダイソーとのコラボ

そこから実業家としての手腕が認められ、遂には大手100均メーカー・ダイソーとコラボ商品として、ドリンクボトルのプロデュースを手がけることに…。

そのデザインもシンプルで可愛らしいデザインと好評ですよ。

平松可奈子のドリンクボトル

平松可奈子のドリンクボトル

大手100均メーカーが手がける

7万点の商品の中で、一番売れている

らしく、既に15万個が出荷されたらしい…。

そこまで結果を出せているなら、商品プロデュース業で年収2000万円も納得ですよね。

 

平松可奈子の現在はカリスマ商品プロデューサー?

平松可奈子さんの現在の本業は、あくまでタレント・女優・モデル業という芸能人としての活動です。

商品プロデュース業はあくまで副業…。

今後、そちらをメインとする話もあるそうですが、やはり芸能人としての今があるからこそ、商品プロデュースでも成功できているのでしょう。

カリスマ商品プロデューサーとしての成功を掴んだ平松可奈子

とはいえ、とくに10代の女性ファンたちからは、カリスマ商品プロデューサーとしての平松可奈子さんの存在が大きいみたい…。

しかも、中には、彼女がアイドルだったことを知らずに、後でそのことを知り、驚くファンもいるようですよ。

元アイドルとして、現在トップクラスとして成功している人は、何人かいます。

しかし、商品プロデューサーとして成功しているのは、ほんの一握り…。

 

かつて、篠田麻里子さんも商品プロデュースに挑戦し、オリジナルブランドを立ち上げたものの、あえなく撃沈…。

それだけ難しい世界で、平松可奈子さんは大成功を収めています。

アイドル時代は圏外という不遇を突きつけられ続けてきた平松可奈子さんですが、今後、新たな世界で光り輝く成功を手にしていくことでしょう。

2019年3月にはプロデュースしたブランドの商品が販売開始

2019年3月27日に、

平松可奈子さんがプロデュースしたブランド『Pompette(ポンペット)』

が始動。

ネットでは

「かなかなのブランドポンペット本当可愛い」

「ポンペット応援していくよー!」

「ポンペットの新作全部欲しくなる」

と大好評!

彼女のプロデュース業はとどまることを知りません。

今後さらにプロデュースしたいアイテムがたくさんあるようで、彼女はプロデュースをどんどん広げていくことでしょう。

舞台初ユニット『虹色の飛行少女』としてアイドル活動中!

SKE48を卒業後、アイドルとしての活動をしていないと思いきや平松可奈子さんは、

舞台初ユニット『 虹色の飛行少女』で赤色センター・赤城希望役

で活動しています。

このユニットは2018年10月の舞台、劇団ToyLateLie第7回本公演『7×1(読み方:ナナカケイチ)』の期間限定アイドルユニット。

舞台公演に先立ち、2018年7月に結成されました。

当初は、期間限定アイドルだったのですが、2019年4月22日に

『虹色の飛行少女』は舞台発アイドルとして復活

しています。

2018年とは違い、"解散"を決めずに活動を再開するということで、ファンは大喜び!

その中で、平松可奈子さんは、

赤色センターの赤城希望

として活動しています。

2019年7月13日には、ライブを開催し、

新曲『虹太郎』

も発表!

平松可奈子さんは、女優業をメインに活動し、副業では様々な商品をプロデュース!

現在は新しいアイドルユニットとしても活躍していますよ。

スポンサーリンク

まとめ

アイドルだった過去を知らない10代のファンから、カリスマ商品プロデューサーとしての高い支持を受けている元SKE48の平松可奈子さん。

彼女は、2014年頃から商品プロデュースの世界に参入。

その翌年2015年には、アパレルブランド『ハニーシナモン』の商品プロデュースも務めます。

そして今度は、大手100均メーカーとのコラボで、シンプルだけど可愛らしいドリンクボトルをプロデュースして大成功!

年収2000万円を稼ぐほど、彼女が手がける商品が次々大ヒット。

現在は女優業をメインで、副業としてプロデュース業を行い、さらには『虹色の飛行少女』という舞台初ユニットのセンターを務め、活動しています。

平松可奈子さんからは、プロデュースする商品や、アイドルとしての活動も目が離せませんね!

関連記事

-女性アイドル

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.