雑学

犬を飼う費用をチェック!ワクチン・予防接種や去勢手術はいくら?

あなたは

『犬』

を飼っていますか?

もし、飼っていたら

どれくらいのお金

が、かかっていますか?

多くの人は愛犬を飼うための費用に対して、意外と無頓着だったりします。

そこで今一度実態を知ってもらうため、実際にどれくらいの費用がかかるのか、詳しくジャンル分けをして調べてみました。

スポンサーリンク

犬を飼うのにかかる4つの費用

犬を飼う際にかかる費用を大きく分けますと、以下の4つになります。

どれをとっても、愛犬が生活していくのにかかる費用です。

  • 医療費
  • 食べ物
  • 日用品グッズ(おもちゃ)
  • サービス費

 

犬を飼う初期費用

どんなに節約を頑張ったとしても、どうしてもかかってしまう費用があります。

それが

『初期費用』

です。

愛犬が快適な生活を送るために、用意しておかなければならないことがたくさんあります。

役所への登録費用

3000円程

法律により犬を飼うことになった場合は、市区町村の役所に登録する義務があります。

もし怠った場合は

20万円以下の『罰金』

が科せられることもありますので注意が必要ですね。

医療関係にかかる費用

犬を飼うためには、様々な医療系の出費がかかります。

去勢手術

オス20000円程

メス30000円程

飼い主が愛犬の繁殖を望まない場合、また、繁殖が許されない状況であるときは

『去勢手術』

を行う必要があります。

でも手術である以上、費用はかなり掛かります。

また、オスよりもメスの方が、

生殖構造的に複雑で手術に時間がかかること

から、メスの手術費用の方が高額です。

狂犬病予防注射

年間4000円程

近年、日本での発症は報告されていません。

しかし、万が一かかると落命に至る恐ろしい病気ですので、必要な予防です。

混合ワクチン予防接種

年間10000円程

犬は様々な病気やウイルスの脅威に、日々晒されています。

  • ジステンパー
  • アデノウイルス
  • レプトスピラ
  • パルボウイルス
  • パラインフルエンザ

それらの脅威から愛犬を守ってあげるために、ワクチンの予防接種は必要です。

健康診断

年間10000~20000円程

受ける検査の数や種類によって値段は様々です。

フィラリア予防薬

年間15000円程

蚊を通して媒介される

『寄生虫』

が原因の病気です。

病状を放っておくと心臓に負担がかかり、最悪の場合、命に関わります。

ノミ・ダニ予防薬

年間10000円程

犬の体毛はノミやダニにとって格好の住処です。

そのため常に湧きやすく予防薬は必須です。

グッズにかかる費用

犬を飼うにあたって、下記のグッズを用意してあげなければなりません。

日用品

ケージ 5000~20000円程

犬用ベッド 3000~20000円程

犬用トイレ 3000~5000円程

ペットシーツ 500円程

ブラシ 3000円程

首輪      3000円程

リード 5000円程

食器  3000円程

キャリーバッグ 5000円程

爪切り 1000円程

爪ヤスリ 1000円程

おもちゃ

月間500~2000円程

おもちゃは噛んだり、くわえたりすることによって、あごが鍛えられるなど、犬の健康に必要なものです。

しかし、噛んだりしているうちに、すぐ使えなくなってしまうのです。

だから、定期的に新しいものを買ってあげる必要があります。

  • ボール
  • フリスビー
  • ぬいぐるみ
  • 骨型
  • ゴム製
  • 木製

 

犬の食べ物にかかる費用

犬

やはり、

大型犬ほど食べる量は多い

ので、出費が多くなります。

でも最近では、多種多様なドックフードや犬用おやつが売られていて、値段も様々です。

「犬の食費にいくらかかるのか?」

という問いには、はっきりと答えにくいのが現状でしょう。

ドックフード

月間1000円程

袋に大容量で売られているドライタイプから、缶詰などの容器に入っているウェットの生タイプまであります。

食欲がないときは、ちょっと値段の高いウェットタイプを、ドライと混ぜてあげると食べてくれたりしますよ。

おやつ

月間1000円程

主に、しつけの時などに、ご褒美におやつを使ったりします。

歯磨きガム

月間300円程

与えるとよく噛んでくれます。

歯の汚れが取れて歯の健康を保つのに役立ちます。

 

犬の不慮の事故や病気

長い期間、愛犬を世話をしていると、よほどの幸運でない限り、

病気や事故に一度も遭わないことはありません。

愛犬の状態により、かかる費用は様々です。

しかし、動物病院にかかった時は、それなりの費用がかかるという事を覚悟しておいた方がいいでしょう。

もし事故にあったり、病気になった場合は、入院費、手術費などで

数十万円

は軽くかかります。

また、入院までいかない場合でも、診察代、治療費、薬代で

数万円

はかかるでしょう。

ペット保険

月間3000円程

ペット保険に加入して、多額の医療費用に備えるという手もあります

しかし、充実した内容の保険をかけるとすれば、かなりの高額になりますね。

 

犬にかかるサービス費用

今の時代、ペットが快適に生活するため、様々なサービスが存在しています。

一見、人間が受けられるサービスではないかと思ってしまうほどの充実ぶりです。

ペットシッター、ホテル代

月間10000円程

飼い主が出張や旅行に行く際には、愛犬をどこかに預けることになります。

その時にお世話になるのが、ペットシッターやペットホテルです。

ホテルはそのまま預ける形になりますが、ペットシッターの場合は愛犬を自宅に置いたまま、その自宅まで出向いてくれます。

そして、一日に一度ほどエサの提供や掃除、そして愛犬の遊び相手などをしてくれます。

ただ、これは飼い主のライフスタイルによりますので、ほとんど必要ないという人もいるでしょう。

トリミング費用

月間10000円程

ヨークシャーテリアやマルチーズなど、犬種によっては体毛を切りそろえてあげるなどのケアが必要な場合もあります。

飼い主がやる人もいますが、失敗する人も多く、可能ならプロに任せた方が良いですね。

しつけ教室費用

小型犬で40000円程 大型犬で80000円程

飼い主の中には、

『自分の愛犬にどうやってしつけをしたらいいのかわからない』

という人もいます。

そういう場合はしつけ教室に行って、しつけの上手な先生の力を借りる事もあります。

 

犬を飼う年間費用と生涯費用

年間費用は10万円~50万円程

生涯費用は150万円~750万円程

犬を飼うのにかかる費用というのは、かけ方によって様々であり、かなり開きがあります。

ただ、お金がかかるという部分は変わりません。

スポンサーリンク

 

まとめ

以上ことから、話をまとめてみると、

  • 犬を飼う場合は法律により登録義務があり、登録費用がかかる。
  • 初期費用はどうしてもかかる。
  • 不慮の事故や病気にあった場合は、高額な出費になる。
  • サービス費の部分は、飼い主のライフスタイルや犬種により大きく変わる。
  • 生涯にかかる費用は、かけ方によってかなり開きがある。

ということがわかりました。

いつも私たちに、安らぎと活力を与えてくれる愛犬たち。

たとえ出費が多くても、それ以上のものを私達に返してくれますよ。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.