著名人

ヒカキンの飼っている猫の種類(猫種)とは?価格や寿命をチェック

超人気Youtuberのヒカキンさんは、

ペットとして2匹の猫

を飼っています。

ここで気になるのは、

ヒカキンさんが買っている猫は、どんな種類なのか?

というところですね。

ヒカキンさんと同じ猫ともなると、ファンなら飼ってみたい!と興味を持つこともあるでしょう。

ただ調べてみると、ヒカキンさんの飼っている猫は、結構デリケートというか、

扱いに気をつけなければいけない種類の猫

ということがわかりました。

当記事では、ヒカキンさんが飼っている猫について、その種類や価格、寿命についてお話していきます。

スポンサーリンク

ヒカキンの飼っている猫の種類は?

大人気Youtuberのヒカキンさん。

そんなヒカキンさんは、猫を飼っています。

2018年7月に1匹目の猫・まるおを飼うと、同年9月には2匹目のもふこを飼い始めました。

 

しかも2匹目のもふこ、実は、

まるおの兄妹にあたるメスの猫

で、ヒカキンさんはまるおを飼おうとしていた時から、

2匹一緒に迎え入れた方が寂しくないのでは?

と考えていたそうです。

 

しかし、

初めての一人暮らしで猫を迎え入れて、まずしっかり1匹育てられるのか?

という心配もあったことから、まずはまるおを飼い、知識がついてきたところで、もふこを飼うことにしたのだとか。

 

さて、そんなヒカキンさんのペットの猫2匹の種類は、どんな種類なのでしょうか?

兄妹というだけあって、2匹の猫種は同じ。

どちらも、

スコティッシュフォールド

という猫の種類で、Youtubeの人気猫・まるもこと同じ猫種ですね。

あまり聞いたことがない名前かもしれませんが、スコティッシュフォールドとは、一体どんな猫種なのでしょうか?

 

ヒカキンの猫・スコティッシュフォールドとはどんな猫?

ヒカキンさんが飼っているスコティッシュフォールドとは、どんな猫なのでしょうか?

 

スコティッシュフォールドは、名前からわかる通り、

折れ曲がった耳

が特徴的な猫です。

性格は、のんびりと穏やかな性格。

とても人懐っこいことから、ペットの猫としては、かなり人気のある猫種なんですよ。

まるで犬みたいな猫で、かなり愛嬌があるんです。

 

ただ、人気猫種であるスコティッシュフォールドには、1つ問題もあります。

実はスコティッシュフォールドというのは、

奇形種

なんです。

スコティッシュフォールドは奇形種であるため、その耳が折れ曲がっている特徴に最大のリスクがあります。

ずばり、

  1. 遺伝的に疾患を抱えている確率が高い
  2. 成長後にも骨や関節の問題を抱えたり、内臓疾患のリスクが高い

という身体の弱さです。

 

また、

親が両方折れ耳だった場合、関節の異常が起きやすく、奇形や骨格障害の遺伝が残ること

もあって、イギリスでは猫種として認められませんでした。

 

その後、アメリカでアメリカンショートヘアーなどとの交配を重ねながら品種改良が行われ、1978年なってようやく、CFAで描種と認められるようになったという歴史があります。

そして、スコティッシュフォールドは、その需要に追いついていないほどの人気ぶりなので、

悪質なブリーダーが、あえて折れ耳同士を交配させたリスクのある猫を売りつける

という行為も横行しています。

スコティッシュフォールドを購入する際は、どのような親同士で生まれたのかや、飼育環境を確認することが大切ですよ。

なので、仮にスコティッシュフォールドを飼おうと思ったら、普通の猫よりもデリケートな扱いをしてあげないとダメなんですね。

 

スコティッシュフォールドの寿命は?

猫の平均寿命は、日本ペットフード協会が発表した2017年の結果だと、

15.81歳

となっていて、約15年です。

 

では、スコティッシュフォールドの場合はどうでしょうか?

やはり、奇形種を品質改良させた猫であるため、通常の猫より寿命は短く、

10年~13年

という短い寿命になっています。

 

後述する価格にも影響しますが、哺乳類の動物は人間と同じくメスが長生きなので、オスよりメスの方が長生きしやすいです。

また、あくまで平均寿命なので、丈夫な子だった場合や、飼い主のケアがしっかりできている場合、15年~20年と生きることもあります。

 

スコティッシュフォールドは寿命が通常の猫より短めなのに加え、

体が弱いため、病気にかかりやすい

というリスクがあるのも、注意点の1つです。

かかる病気によっては、亡くなってしまう場合もあります。

スコティッシュフォールドがかかりやすい病気が、以下の通りです。

  1. 心筋症
  2. 腎不全
  3. 遺伝性骨形成異常症
  4. 外耳炎

とくに、3番目の

遺伝性骨形成異常症

は、スコティッシュフォールドに現れやすい病気です。

生後2~3年ほどで発症しやすく、骨が変形してしまいます。

軟骨がコブになったり、骨の変形で足に痛みが生じ、最終的に歩けなくなったりする危険がある病気なのです。

治療をするにしても、多くはコブが大きくなるのを防ぐ程度にとどまり、根本的な治療自体は難しいとされています。

 

また、心筋症や腎不全は、最悪、命を落とすことまである病気です。

しかも、内臓の病気なのでなかなか気づきにくく、発見した時には既に大変なことになっているおそれもあります。

長生きしてもらうには、早期発見のために定期診断を受けるようにしておきたいですね。

これは猫に限った話ではないですが、ペットを飼うというのは、簡単なことではないのです。

 

スコティッシュフォールドの価格相場はいくら?

スコティッシュフォールドの価格の相場は、いくらぐらいなのでしょうか?

 

調べてみると、スコティッシュフォールドの相場は、

平均相場が10万円~20万円

と、結構幅があるみたいです。

ただ、ペットショップの場合だと、手数料がプラスされるのでさらに高くなります。

基本的には、ブリーダーから直接購入した方が安くなります。

とは言っても、10万円近い価格になるので、やや高めなことには変わりありません。

 

さらに、高価格となる条件がいくつかあり、

  • 耳が折れている
  • 折れ耳の中でも完全な折れ耳
  • 猫の若さ
  • メスである
  • 血統書付

これらの条件をすべて満たしていると、

価格が40万円を超えることもある

かなり高価な猫なんですね。

 

そのため、スコティッシュフォールドは基本的に、

安くても10万円に近い価格

であることを覚えておきましょう。

 

価格の知識がないと、あまりにも安いスコティッシュフォールドが売られているのを知った時、

「お得だな」

と思って買ってしまうかもしれません。

相場からあまりにも安いスコティッシュフォールドだった場合、先ほど紹介した悪徳ブリーダーの可能性が非常に高いです。

購入するときは、悪徳ブリーダーに騙されないようにしたいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

日本一のYoutuber・ヒカキンさんが飼っている2匹の猫の種類は、

スコティッシュフォールド

という猫種で、折れた耳が特徴的な猫です。

しかし、折れた耳というのはいわゆる奇形であり、それが身体の弱さ、遺伝的な病気を発症させやすいなど、通常の猫より短い寿命につながっています。

健康に長生きしてもらおうとすると、育てるのが難しくなるのが、スコティッシュフォールドなんですね。

また、価格は安くても10万円、よい条件が揃っていると40万円という高価な猫です。

スコティッシュフォールドを育てようとする場合は、費用はかさみますが、定期診断などを欠かさないようにしてあげてください。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.