お笑い芸人

ねづっちの現在とは?Wコロン解散の理由や最高月収など収入を調査

元Wコロンのねづっちさんを覚えていますか?

即興でなぞかけをし、終わった後に

「ねづっちです」

と言って締める芸風が特徴ですよね。

 

そんなねづっちさんですが、いつの間にかWコロンを解散して、現在はピン芸人として活動しています。

ねづっちさんは、なぜWコロンを解散したのか?

また、現在の収入はいくらなのかなど、当記事ではねづっちさんの現在に迫っていきます。

スポンサーリンク

ねづっち

ねづっちさんは、本名を

根津俊弘

といい、現在はピン芸人として活動しています。

 

かつては諸藤潤さんという幼馴染と、ケルンファロットというコンビを結成。

ケルンに改名するなどしましたが、2003年に解散。

その後、2004年には、木曽さんちゅうさんとWコロンを結成しています。

 

ねづっちさんのネタとして最も有名なのが、

『即興なぞかけ』

ですよね。

即興なぞかけは、コンビ時代のネタでもよく利用していました。

お題を出されてから

「整いました!」

という掛け声で、なぞかけを披露。

最後に

「ねづっちです!」

と名乗るだけの、いたって普通のなぞかけなのですが…。

完成するまでの時間が凄まじく早い(一般的なコンディションでは3秒弱)ため、

即興なぞかけ

という独自のジャンルを切り開いていったのです。

しかも、2010年には、ねづっちさんの『整いました』が、2010年の新語・流行語大賞でトップ10に入るほどの人気となりました。

 

ただ、その後…

ねづっちさんはWコロンを2015年に解散

してしまいます。

一体なぜ解散してしまったのでしょうか。

 

Wコロンが解散した理由

お笑いコンビには不仲説がよく流れますが、

その不仲説が本当で、ついには解散してしまったコンビがWコロンです。

ねづっちさんが言うには、

有名になったことで、木曽さんちゅうさんが嫉妬し、徐々に不仲になっていった…

という理由でした。

 

しかし、その一方で、週刊誌などでは、

ねづっちさんがWコロン解散の原因

だと言われています。

Wコロンは、もともとはねづっちさんが、全く目立たない立場にありました。

しかし、即興なぞかけで、ねづっちさんが大ブレイクすると、一気に木曽さんちゅうさんが目立たない側に…。

ネタの中で、木曽さんちゅうさんは、

「その心は?」

という役があったのですが、しまいには

その役まで、ねづっちさんが奪ってしまい、もはやコンビをしている意味がない

と思い、解散へ一直線だったのだそうですよ。

 

ちなみに、不仲ネタをナイツの塙さんが広め、その結果、お互いの不満を言い合うような、不仲をダシにした出演が増えたのだとか…。

そして不平不満を言い合っているうちに、木曽さんちゅうさんは、

「嫌いというか、憎んでます。」

と憎むほどの関係になってしまったことから、ねづっちさんが解散を提案し、Wコロンは解散となったのです。

 

不仲の噂が出るものの、噂でしかないコンビは多いものです。

しかし、まさか不仲が発展して、そのまま解散してしまうコンビもあるとは…。

しかも、お互いを憎み合う関係になるなんて…。

お笑いコンビは友達の馴れ合いではなく、あくまでもビジネスパートナーでしかない…。

Wコロンの解散は、お笑いコンビのあり方を再認識させるケースですね。

 

ねづっちの現在は?

ピン芸人となったねづっちさんは、現在どんな仕事をしているのでしょうか?

一発屋芸人として消えたイメージがありますが…

  • テレビやラジオのレギュラー出演
  • 営業
  • ライブ

と、普通にお笑い芸人としての仕事をこなしているのです。

最近の活動を見ても、

  • 清野茂樹アナとのイベント
  • 資生堂『uno』のCM出演
  • 寄席や公演、単独ライブ

といった予定が入っていて、

営業は年間70~80本

もあるそうです。

仕事がないわけではなく、ピン芸人として、ねづっちさんは、かなり順調なんですよ。

2019年10月には、ねづっち、『長谷川玲奈の声優さん整いました!』というローカル番組もスタートしています。

一発屋とは言うものの、ねづっちさんの場合はスタイルがあるワンフレーズだけに頼るネタではなく、ねづっちさん本人のスキルによるネタです。

そのため、ネタの中身はバリエーションが豊富であることも、ねづっちさんが根強い人気を得ていて、舞い込む仕事も多い理由なのでしょう。

 

また、Youtubeへの動画投稿もしています。

『ねづっちチャンネル』というチャンネルを開設しているのですが、どの動画もあまり見られていないのか、再生数は大半が3桁…。

「クラスの人気者の方がまだ再生回数が多いのではないか」

と自虐していました。

 

ただ、ねづっちさんがYoutube(ユーチューバー)になったかというと、そういうわけではないようです。

あくまでもYoutubeへのネタ投稿は、

公開ネタ帳

のようなものであり、ノートに書いていたものを動画にしただけでした。

ねづっちさん曰く、

(動画の収入は)半年に1回くらい、忘れたころに2万円前後入ってきます。

ノートに書いてたら一生0円だと考えると、優秀ですよね。

と、逆にお小遣い程度にはなっているので、取り組み自体は成功した認識だそうですよ。

誤解されやすいみたいですが、現在のねづっちさんは、別に仕事がないからYoutubeへ逃げたわけではありません。

 

ねづっちの現在の収入と最高月収をチェック

ねづっちさんの現在の収入や、過去最高の収入についても調べてみました。

ねづっちさんが世の中で見いだされたのは、2006年頃のこと。

コージー冨田さんと意気投合し、そこからなぞかけの腕を磨いていくと、2010年の『アメトーーク!』で一気に大ブレイク!

 

ねづっちさんによれば、

絶頂期は朝から晩まで仕事が詰まっている状態で、休みは9月におこなわれた結婚式の1日のみ!

他は全て仕事という、超売れっ子スケジュールだったのです。

その頃の最高月収は、なんと…

500万円

ただ、この500万円は、テレビ出演など、すべてで稼いだわけではなく、『S1-バトル』の優勝賞金1000万円を手にした時とのこと。

相方や事務所の取り分などで、最終的に手にした330万円ほどが、500万円の大半を構成しています。

そのため実質的な、売れっ子だった当時のねづっちさんのギャラは、残りの170万円と言ってよく、いわゆる一発屋芸人ほどは稼いでいませんでした。

 

では、現在のねづっちさんの収入はいくらぐらいでしょうか?

残念ながら、Youtubeは全く振るわず、

1年4万円ほど

でしかありません。

ただ、本業のお笑い芸人としては仕事が充実しています。

かつての一発屋芸人が特集された回の『ビビット』にて、ねづっちさんが言うには、現在の収入は

「一般企業の部長くらい」

とのこと。

ビビットでは、番組調査の結果、

一般企業の部長の平均月収は66万円

とのテロップも出ていたので、ねづっちさんは少なくとも、月収で66万円前後は稼いでいることになります。

年収に換算すると792万円です。

およそ800万円になるので、生活にはまったく困らない稼ぎがあるみたいですね。

一発屋芸人は、一度でもブレイクしたことで、営業やローカル番組で安定した収入が得られることも多いので、一度でもブレイクすることは、それだけ意味が大きいのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ねづっちさんの現在は、

テレビやラジオのレギュラーもあれば、営業やイベントを年に数十回こなしていて、ピン芸人として順調な日々

を送っています。

かつて月収は、最高月収500万円だったものの、落ち着いた現在は月収66万円ほど。

だとしても、

一般企業の部長レベル

ですから、収入としては、生活をする分には十分すぎるほどあります。

 

一方で、Youtubeへの動画投稿をしていますが、

再生回数は3桁ばかりで、こちらは全く稼ぎになっていません。

しかし、ねづっちさんは仕事がなくてYoutubeへ逃げたわけではなく、あくまでもYoutubeは公開ネタ帳として使っているだけ…。

ねづっちさん本人が言っているように、きっと最期までお笑いを続けていくのでしょうね。

今後のねづっちさんの活躍も、非常に楽しみです!

関連記事

-お笑い芸人

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.