アルバイト

大学生アルバイトの履歴書での志望動機/自己PR/学歴の書き方紹介

更新日:

大学生になると、アルバイトをする人が多いと思います。

アルバイトに応募するときは、履歴書を提出することが多いでしょう。

高校生のときにアルバイトをしていなければ、大学生で初めて履歴書を書く場合もあります。

履歴書の書き方がよくわからず、とまどう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、大学生がアルバイトに応募するときの、履歴書での志望動機、自己PR、学歴の書き方を紹介します!

スポンサードリンク

大学生の履歴書・志望動機の書き方

 

まずは、履歴書の志望動機の書き方です。

アルバイトの志望動機とは、かんたんに言うと、

『なぜそのアルバイトを志望したのか』

ということですね。

『就活でもないのに、志望動機なんて聞かれても困る』

という人もいるかもしれません。

でも、履歴書に志望動機の記入欄があるのに、『書かないで提出する』というのはやめましょう。

ていねいに書くこと自体が、相手に意欲を伝えることになるのです。

むずかしく考える必要はありません。

採用担当者も、それほど深い内容を求めているわけではないでしょう。

 

しかし、単に『お金を稼ぎたいから』とか『社会勉強になるから』などと書くだけでは、短すぎてやる気を疑われます。

『書くの面倒だ』

という気持ちが履歴書に表れていれば、採用担当者に与える印象が悪くなるでしょう。

さまざまなアルバイトがある中で、そのアルバイトを選んだからには、それだけの理由があるはずです。

その理由を、ていねいに説明することが望ましいです。

 

ただし、

『楽そうな仕事だから』

などというようなことは、思っていても書かないほうがよいです。

読む人に与える印象も考えて、

悪い印象を与えないような内容

にしましょう。

面接で志望動機を聞かれたら、どう答えるかということを考えて、その内容を文章にすることも一つの手です。

 

たとえば、『お金を稼ぎたいから』とか『家に近いから』というような動機でも、ダメというわけではありません。

しかし、短くなりすぎないように、目的や状況を具体的に説明しましょう。

たとえば、

『長期の旅行を計画していて、その費用を稼ぎたい』

『家に近いので通いやすく、学業とアルバイトを無理なく両立できる』

というような内容を、ある程度の長さになるように書くのがよいです。

あまり無理をして、思ってもいないことを書く必要はありません。

それよりも、一生懸命アルバイトに取り組もうとしている姿勢を示すことが大切です。

志望動機の例

たとえば、飲食店の店員などのアルバイトであれば、志望動機は次のような内容が考えられます。

以前から接客の仕事をしてみたいと思っていました。

こちらのカフェはよく利用しており、いつも店員さんが気持ちのよい対応をしてくださるので、私もぜひここで働きたいと思い、志望しました。

 

大学生の履歴書・自己PRの書き方

履歴書

履歴書

履歴書の自己PRについても、何を書いたらよいのかわからない人が多いのではないでしょうか。

でも、どんな人にも

なんらかの長所

はあるものです。

それを

アルバイトの仕事内容と関連づけて、

アピールすればよいでしょう。

サークル活動や過去のアルバイト経験などで、アピールできる材料があれば、それを書いてもよいです。

具体的な経験などがなければ、自分の性格などについて書く書き方もあります。

応募しようとしているアルバイトを選んだのは、それが自分に合っていると思ったからでしょう。

それを自分の長所と結びつけて、前向きな言葉で書くようにしましょう。

たとえば、

『自分はコミュニケーションが苦手だから、こういうアルバイトしかできない』

などと後ろ向きに考えるのではなく、

『自分はまじめに努力する性格だから、このアルバイトに向いている』

などのようにプラスに考えることが必要です。

自己PRの内容は、アルバイトの仕事内容と結びつくようなものにしましょう。

エピソードなどがあれば説得力が増します。

エピソードがない場合でも、あまりそっけない感じにならないように、なるべく具体的な言葉で書くとよいでしょう。

自己PRの例

自己PRの例としては、次のような内容が考えられます。

私は細かい作業を素早く、正確に行うのが得意です。

何事も地道に努力することができます。

学で所属しているサークルでは会計を担当しており、Excelを使って入出金をしっかりと管理しています。

 

大学生の履歴書・学歴の書き方

次は履歴書の学歴の書き方を見てみましょう。

学歴をどこから書きはじめるかについては、中学校卒業から書くという人もいれば、小学校卒業から書くという人もいます。

年についても、西暦で書くという人もいれば、和暦で書くという人もいます。

どちらでないといけないというわけではありません。

ここでは、中学校卒業から書き、年は西暦で書くものとして、例を示します。

20○○年 3月 ○○県○○市立○○中学校卒業
20○○年 4月 ○○県立○○高等学校入学
20○○年 3月 ○○県立○○高等学校卒業
20○○年 4月 ○○大学○○学部○○学科入学
現在、○○大学○○学部○○学科第2学年在学中

中学校は入学は書かず、卒業だけでかまいません。

高等学校は入学、卒業とも書きましょう。

『中学』ではなく『中学校』、『高校』ではなく『高等学校』と書きます。

公立の学校の場合は、『○○市立』『○○県立』なども省略せずに書きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

大学生がアルバイトに応募する場合の履歴書の書き方についてみてきました。

志望動機は、なぜそのアルバイトをしようと思ったのかを、

ある程度の長さで具体的に

説明しましょう。

自己PRは、自分の経験や性格の長所などから、

応募するアルバイトに生かせそうな内容

を書いてアピールすることが大切です。

学歴は、一般的な書き方に従って書き、

学校名は正式名称

を書きましょう。

大学生のアルバイトの履歴書では、正社員ほど詳しい内容は必要とされない場合も考えられます。

しかし、手を抜いたような書き方では、採用されない可能性もあります。

また、それでは相手に対して失礼です。

まじめに履歴書を書こうという気持ちがあれば、内容がどうであれ、その気持ちは相手に伝わるはずです。

誠意をもって、ていねいに書くように努力しましょう!

アルバイトの面接に行く時の服装を紹介!夏の男子高校生編

アルバイト可能な高校に入学した人は、学校という狭い世界だけでなく、社会という広い世界にも手を伸ばす事ができます。 そのため、入学してすぐにアルバイトの面接を受ける人も少なくないでしょう。 しかし、初め ...

関連記事

-アルバイト

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.