お金

ハワイなど海外旅行で現金はいくら持っていく?上限をチェック!

更新日:

ハワイ現金限度額

ハワイ

ハワイなどの海外旅行に行くとき、あなたは現金を持っていきますか?

持っていくとしたら、いくら持っていきますか?

初めての海外旅行だと、現金をいくら持っていったら良いのか、上限額に悩んでしまう人も多いでしょう。

 

日本からの海外旅行者が一番多いハワイを例にして、現金を持っていくとしたら上限額はいくらなのか調べてみました。

あくまでも一般的な例ではありますが、初めての海外旅行という人には参考になるかと思います。

 

この記事では、現金が必要な場面と、持っていると便利な現金の種類まで紹介していきます!

スポンサードリンク

海外旅行に行くときに準備する現金はいくら?初めてのハワイ

ハワイ現金限度額

現金とパスポート

ハワイでの支払いは、基本的にはカードです。

治安も思った以上に悪いので、現金の持ち歩きは危険ですよ。

現金が盗まれた場合、決して戻ってこないと思ってください。

 

こうした点を考慮して、

ハワイに行く時に持っていく現金の上限額は、空港からホテルに着く間に必要と思われる分だけ

で良いでしょう。

 

空港からホテルに向かうバス代、タクシー料金やドライバーに渡すチップ代。

クレジットカードが使えないお店に寄る予定があれば、その分の現金を準備しておけば大丈夫です。

 

レストランで食事をした時のチップは、カードで支払うことができますから、現金は不要です。

もし心配なら、日本円で

1万円程度

を用意しておくと良いでしょう。

ハワイ現金限度額

ハワイ現金限度額

実は、ハワイは街中に外貨両替所があります。

両替手数料も空港で両替するのに比べて安かったり、レートも両替所同士の競い合いなどがあったりして、店によって若干違いがあります。

 

日本円は現地で、外貨両替所を探してドルに換えるほうがお得です。

 

空港で両替する場合、1ドルにつき1円の手数料が必要です。

それは、ドルを円に交換する場合も、同様の手数料が加算されます。

金額が多いほど、手数料が必要になっていくのです。

 

例えば、1ドル=100円だった場合、現金を10ドル用意する場合は、1010円必要です。

10ドルを円に両替するときは、990円になってしまいます。

これが1000ドルだと101000円が必要になり、1000ドルを日本円に両替すると99000円になってしまいます。

 

だから、

準備する現金は出来るだけ少なくする

のが、お得な海外旅行の基本です。

 

日本円の準備が足りなかった場合は、

『カードで現地通貨をキャッシングする』

という方法もあります。

マスターカードなどで発行してくれる現金チャージ型のカードもあります。

 

『ハワイだから』と油断しないよう、現金の持ち歩きは出来るだけ少なくするよう注意しましょう。

 

ハワイなどの海外旅行に用意すると便利な現金の種類

ハワイ現金限度額

ハワイ現金限度額

ハワイ旅行に持っていく現金の上限は、『空港からホテルにチェックインする間に必要な金額』とお伝えしました。

では現金は、どの種類のお金にしておくと便利なのでしょうか?

 

それは、

  • チップ用の1ドル札
  • コインランドリーなどで使う25セント硬貨

の2種類です。

 

滞在が短い弾丸ツアーなら、コインランドリーを使う必要はないかもしれません。

しかし滞在が長い場合は、思った以上にランドリーを使用する回数が多くなりますから、25セント硬貨が必要です。

 

両替所で、円をドルに交換してもらうときは、当日のレートで換算されるだけですから、高額紙幣が多くなるかもしれません。

それを1ドル札や25セント硬貨に崩してもらうのは、

ホテルのフロント

にお願いすれば、大概は大丈夫でしょう。

 

5ドル札を1ドル札5枚に交換して欲しいときは

「ファイブ ダラーズ プリーズ」

と言えば通じます。

同じように10ドル札の場合は、

「テン ダラーズ プリーズ」

ですね。

 

25セント硬貨は、現地では

「クォーター」

と呼ばれます。

ですから

「クォーター プリーズ」

とお願いして、現金を渡せば伝わりますよ。

 

ただ、ハワイ滞在期間が長い場合、ホテルに何度も両替をお願いするのは避けたいところです。

25セント硬貨は、40枚で1本に包装されています。

10ドル分になりますが、一気に交換してしまったほうが、あとあと面倒がありません。

 

交換しすぎて残った硬貨は、ホテルのフロントにいえば、再び札に替えてもらいましょう。

25セント4枚で1ドル札にしてくれますから、小銭の持ち過ぎを心配する必要はありません。

スポンサーリンク

 

まとめ

ハワイなどの海外旅行に行くときに持っていく現金の上限額は、

空港からホテルにチェックインするまでに必要な金額

という理由に納得してもらえましたか?

 

支払いをカードで行うことが、当たり前になっている海外の国々では、ほとんど同じような考え方で現金を用意すると良いでしょう。

 

とくにハワイは日本人が多いため、円とドルの両替所がたくさんあります。

しかし、そうではない国もたくさんあります。

目安として、日本企業が多く進出している国や都市、日本人旅行者が多い国では、ハワイ同様の両替所があることが多いです。

 

旅先になる国の事情によっても、現金の上限額は変わります。

 

海外旅行に出かける前に、旅行会社などに詳細を確認しておくことが大切です。

支払いはカードがメインの国か、現金が必要な国か。

滞在先近くに外貨両替所があるのかどうか。

 

海外に出かける際は、現地の事情をしっかりチェックしてください。

そのうえで、必要だと思われる最低の金額を、持っていく現金の上限額としましょう。

ワイキキビーチ小
ハワイの日焼け止めクリーム禁止はいつから?日焼け対策を考察!

『アメリカのハワイ州で、日焼け止めクリームの販売が禁止になる法案が成立した』 というニュースを知っていますか? 先日、ハワイ州政府は ハワイ州の全土で、特定の化学物質を含む日焼け止めの販売を禁止する ...

関連記事

-お金

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.