俳優

奥野壮の身長や高校大学など経歴プロフィールを調査【画像アリ】

投稿日:

『仮面ライダージオウ』で、

主人公の常磐ソウゴ役

を務めた奥野壮さん。

一年間、『仮面ライダージオウ』を観ていて感じたのは、

演技力の成長が凄まじかったこと

ですね。

とくに最終回のオーマジオウとして覚醒した時のドスの利いた声や表情は目を見張るものがありました。

 

今後、役者としてドラマなどに出演する機会が増えるであろう奥野壮さん。

当記事で、そんな俳優・奥野壮さんについて、彼の画像やプロフィール、経歴などを紹介していきます!

スポンサードリンク

奥野壮の経歴・プロフィール!

まずは、簡単に奥野壮さんのプロフィールについて紹介しますね。

奥野壮のプロフィール

生年月日:2000年8月21日

出身地:大阪府

血液型:A型

身長:168センチ

趣味:マンガを読む、ゲーム

特技:クラシックバレエ(11年間)

座右の銘:『負けは口にしない』

所属事務所:オスカープロモーション

この画像だと、やや可愛い系の顔に見えますが、キリッとした表情も魅力で、まさにイケメンと言うのがぴったりです。

 

奥野壮さんの出身地は、大阪府です。

普段は標準語を喋っていますが、時々関西弁を披露しています。

身長は、168センチと意外にも小柄なんですね。

そして生まれは2000年。

いわゆる『ミレニアム世代』と呼ばれる、今注目の若者たちの一員ということになります。

 

趣味は、漫画やゲームで、奥野壮さんが『50の質問』で答えた内容によると、

休みの日は一日中やってます。

けっこうインドアです。

とのこと。

 

性格はというと、非常に負けず嫌いみたいで、座右の銘の『負けは口にしない』にも、それが現れていますね。

奥野壮さんの負けず嫌いエピソードとして、小さい頃、バレエの先生に、

「その歳だと3回転はムリだよ」

と言われたのが悔しくなり、必死に練習してできるようになったそうです。

負けを認める時は認めますが、基本的には諦めず何度も挑戦し、簡単には負けを口にしない…。

それが奥野壮さんの生き方なんですね。

カッコいいです!

 

ちなみに、負けず嫌いエピソードに出てきたバレエは、今や特技となっています。

クラシックバレエを11年間習ってきたそうで、今までで一番頑張ったことも、バレエのレッスンでした。

そんな思い出の詰まったバレエシューズは、奥野壮さんの宝物になっているんですよ。

 

さて、次に奥野壮さんの経歴も紹介していきましょう。

まず、奥野壮さんは、

俳優になるために高校を中退した

という異例の経歴の持ち主です。

そのため、奥野壮さんの最終学歴は高校中退になるので、大学には行っていません。

このことは、

母親であり、スピリチュアルメイクアップアーティストの奥野聖子さん

が自身のブログで明かしています。

 

その後、ジュノンボーイコンテストに出場するのですが…

俳優志望だった奥野壮さんが、なぜジュノンボーイに応募したのかというと…

実は当時、

「何かのコンテストに出ようかな」

と奥野壮さんが考えていたところ、父親が

「だったらジュノンボーイだ!」

と言ったことが応募のきっかけだったそうです。

(両親は2009年に離婚していますが、離婚後も奥野壮さんは父親とたまに会っていたとのこと。)

 

そして、2017年11月におこなわれた『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で、

  • フォトジェニック賞
  • 明色美顔ボーイ賞W

のダブル受賞を果たしました。

とくに、読者投票1位であるフォトジェニック賞を受賞してしまうのですからすごいですよね。

ジュノンボーイを提案した奥野壮さんのお父さんは、先見の明があったのでしょう。

 

その後、2017年にオスカープロモーションへの所属が決まると、

オスカー初の男性エンターテインメント集団『男劇団 青山表参道X』のメンバー

となりました。

この『男劇団 青山表参道X』には、同じ平成ライダーで主人公を演じた先輩である西銘駿さん、飯島寛騎さんも所属しているんですよ。

オスカープロモーションとしても、奥野壮さんを売り出していく気満々であることが伝わります。

 

そしていよいよ、デビューの時がやってきます。

奥野壮さんが18歳の時に、『仮面ライダージオウ』で主演として俳優デビュー。

まだドラマ出演経験がない状態での主演だったので、演技力は『仮面ライダージオウ』初期は、声が細かったり不安な部分もありましたが…

ただ、デビュー作にしては棒読みでもなかったため、奥野壮さんの演技力はもとからあったと思われます。

さすが、俳優志望なだけありますね。

 

また、演技力は『仮面ライダージオウ』が進んでいくにつれ成長!

後述する経歴から、役者への強い熱意もあるからか、みるみるうちに成長していきました。

アフレコのうまさや、冒頭でも触れたドスの利いた声や風格のある顔つき、喜怒哀楽の表現ができるようになったのももちろんですが…

何より、垢ぬけた雰囲気があり、まだ19歳ですが大人になったような印象を受けました。

第1話と最終話を見比べると、その差は歴然!

平成ライダーは役者を大きく成長させると言いますが、奥野壮さんをはじめ、多くの主演キャストたちのその後を見ていると、確かに本当だなと感じさせられますね!

 

奥野壮の高校・大学は?

奥野壮さんの学歴についても調べてみました。

といっても、さきほどお話した通りです。

高校中退が最終学歴なので、大学には進学していません。

奥野壮さんが中退した高校は明かされていないものの、

西寝屋川高校

ではないかと言われていますね。

 

ちなみに、高校を中退して俳優を目指していると明かした母親・奥野聖子さんは当時、

我が次男(16才)、、、

高校をやめて、現在俳優志望♪邁進中!

と語っていました。

奥野聖子さんのプロフィールには、

『3人の息子を出産』

との記述があることから、奥野壮さんが3人兄弟の次男であるということもわかりました。

奥野壮さんのお兄さんは現在、

『美大に進学した』

との情報もありましたよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『仮面ライダージオウ』で、主人公の常磐ソウゴ役を演じた奥野壮さんについて紹介しました。

奥野壮さんは、まだデビューしたての新人ながら、それなりの演技力で『仮面ライダージオウ』がスタート。

そして、『仮面ライダージオウ』が終わるころには、ぐんぐんと演技力が伸びていき、

奥野壮さんの演技力も『仮面ライダージオウ』の魅力の1つ

になったほどでした。

顔もよく、演技もできるわけですから、今後、ドラマで多くの出演作が増えていきそうな予感がしています。

今後の奥野壮さんの活躍に期待ですね!

関連記事

-俳優

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.