お金

海外旅行のクレジットカード保険の利用付帯とは?条件や使い方紹介

更新日:

クレジットカード利用付帯

クレジットカード利用付帯

クレジットカードの付帯保険が利用付帯だった場合、保険を有効にする条件や使い方を知っていますか?

ただカードを持っているだけで、保険が適用される自動付帯が使いやすいことは明白ですが、保険としての金額が低かったり、そもそもカードの種類が少なかったりします。

そこで、より保険が充実しているクレジットカードの利用付帯を海外で使う時にあわてないために、保険を有効にする条件や使い方を紹介しておきましょう。

実は、日本を出国する前から、付帯条件を満たすための行動が必要です。

カードを利用する時期も重要ですので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

海外旅行のクレジットカード保険の利用付帯条件とは?

覚えて欲しい重要なポイントは、一つだけです!

公共交通機関の支払いを海外旅行に持っていく利用付帯のクレジットカードで行う

ということです。

それでは、利用付帯のカードで共通する条件を紹介しましょう。

  • 日本を出国する前に交通機関を利用しカードで支払う
  • 旅行中のバスや電車の料金をカードで支払う
  • 旅行会社のツアー代金をカードで支払う

上記のいずれかを満たした場合、日本を出発後、3ヶ月後の午前0時までと、帰国後72時間以内は有効

海外でカードを利用した場合は、利用した時から3か月後の午前0時までと、帰国後72時間以内は有効

ただし、海外旅行1回ごとにリセット

旅行中に、その旅行とは関係ない交通費を支払っても条件は満たされません。

 

長期旅行の場合、最初にカードを利用した時点がスタートとなるため、一度帰国しないとリセットされません。

旅行中にクレジットカードを使うたびに延長されることはないので、注意してください。

 

パッケージツアーの支払いの中には、飛行機代が含まれているため、もちろん有効です。

 

交通機関の料金を全てクレジットカードで支払う必要はありません。

  • 一度でも使う
  • ◯◯◯◯円以上使う

といったクリアするための制約があるクレジットカードがあります。

利用付帯のクレジットカード保険を使う場合は、細かな条件をあらかじめ確かめておく必要があります。

 

また、海外旅行中に初めてクレジットカードを利用して、付帯保険を有効化するには決済が完了していることが条件です。

たとえば、支払いが完了する前に病院に行くような事態が起きた場合、クレジットカードの付帯保険は使えません。

また、病院で付帯保険を利用するときは、クレジットカードの利用明細が必要になります。

 

いずれにしても出発前に国内でクレジットカードを利用しておくのが、一番安心な方法です。

出発前の利用で有効とされる時期については、クレジットカード会社の判断に委ねるところが大きいです。

あくまでも、海外旅行に関係する移動手段の支払いというのがポイントです。

空港が遠くて、前泊するために1日前の移動は認められることが多いですね。

しかし、2日前以上になると、海外旅行のための移動に利用したと判断できる証明が必要になってきます。

 

クレジットカードの利用付帯保険が有効にならないケース

『交通機関なら何でも大丈夫』

なんて解釈してしまうと危険です。

適用外のものが、いくつかあるので紹介しましょう。

  • レンタカー
  • マイカーでのガソリン代や高速料金
  • パスモやスイカのチャージ

あくまでも公共交通機関というシバリがあるため、レンタカーも無効になってしまいます。

パスモやスイカのチャージも、その旅行にだけ利用するわけではないので、無効と判断される場合が多いですね。

 

海外旅行でクレジットカードの利用付帯保険の使い方

クレジットカードの付帯保険が利用付帯という条件付きでも、出国前に交通機関でカードを利用してしまえば、

自動付帯と何ら変わりはありません。

 

急を要する怪我や病気の場合は、カード会社の緊急サポートセンターに連絡をしましょう。

病院の手配や、キャッシュレス診療のための細かな手続きまでしてくれます。

手配が終わると、折り返し連絡がきますので、指示に従い病院に向かいましょう。

 

病院に行くときに利用したタクシー代なども保険適用になります。

慌てずに領収書をもらえると、なお良いですね。

 

緊急ではない場合や、帰国後でも大丈夫な内容であれば、それに合わせた対処をしましょう。

 

利用付帯なら使えるクレジットカードの保険

クレジットカード利用付帯

クレジットカード利用付帯

ほとんどの場合、利用付帯でないと保険が使えないクレジットカード付帯保険があります。

ショッピング保険とオンライン不正利用保険です。

それぞれの保険の内容を紹介しましょう。

ショッピング保険とは

買い物をしたものが壊れた時に、補償してくれる保険です。

高級な磁器などを集めることが趣味の人なら、無くてはならない補償ですね。

 

海外旅行限定で、自動付帯のショッピング保険がついたクレジットカードも少しですがあります。

しかし、ほとんどのクレジットカードで国内・海外を問わず利用付帯での補償となっています。

オンライン不正利用保険

パソコンやスマホに登録したクレジットカード情報が盗まれて、不正に利用された場合に補償してくれる保険です。

とくに海外旅行に特化したものではありませんが、今の時代には無くてはならない保険ともいえます。

手持ちのカードが利用付帯の保険がついたクレジットカードなら、ぜひオンライン不正保険が適用されているか確認してください。

  • 買った覚えのない商品代金が請求された
  • いつの間にかカードの限度額を越えていた

こんな時は心強い保険になってくれるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

利用付帯の保険でも、一度条件を満たし適用になってしまえば問題はおこりません。

使い方も、自動付帯と全て同じです。

クレジットカードの利用付帯保険は、補償金額が多くなったり補償項目が多かったりするメリットがあります。

 

ただ自動付帯にしろ利用付帯にしろ、海外旅行で一番必要な補償

  • 怪我や病気に対する傷病補償
  • 持っていった物を紛失、盗難時に補償してくれる携行品損害補償

でしょう。

上記2点の補償で、できるだけ大きな金額のクレジットカードを選ぶのが重要です。

利用付帯であるとか、自動付帯であるとかという条件は、二次的なものだと覚えておきましょう。

クレジットカード
クレジットカード解約前に必ず確認するべき6点とデメリットを紹介

ポケットに入ったクレジットカード あなたは何枚クレジットカードを持っていますか? クレジットカードは大型スーパーやデパートなどで勧められたり、独自のポイントサービスが魅力的で、つい新しく作ってしまうも ...

関連記事

-お金

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.