お笑い芸人

バナナマン日村勇紀の若い頃(昔)のイケメン画像と現在の体重を調査

投稿日:

バナナマンの日村勇紀さんは、ぽっちゃりとした体型で変顔をしたり、変な動きをすることから

”ちょっと気持ち悪いキャラ”

として、世の中的には扱われています。

 

ただ、『とんねるずのみなさんのおかげでした』では、豪快に高額時計を買う姿で、男らしさを感じさせてくれる一面も…。

さらに、『ゴッドタン』でヒム子という歌手になると、気持ち悪いというより、

なんだかかわいらしいな

という印象に変化していきました。

 

「まさか結婚はできないだろう…」

と思われていた日村勇紀さんですが、現在は元NHKアナウンサーの神田愛花さんと結婚しています。

 

そんな、ぽっちゃり体型が定着している日村勇紀さんですが、実は

「昔(若い頃)は、イケメンだった」

という噂もあるんです。

 

そこで今回は、バナナマン日村勇紀さんの昔と現在の身長体重を画像で比較し、若い頃はイケメンだったのか調査していきます。

スポンサードリンク

バナナマン日村勇紀は若い頃イケメンだった?

バナナマン日村勇紀さんは、ぽっちゃり体型で顔立ちも整っているとは、とても言い難いですよね。

相方の設楽統一さんは、『イケメン』や『かっこいい』と言われていますが、日村勇紀さんのことをイケメンという人はなかなかいません。

 

そんな日村勇紀さんの若い頃は、イケメンだったそうなんです!

さっそく若い頃の彼の画像をチェックしてみましょう。

バナナマン日村勇紀

バナナマン日村勇紀

この爽やかそうな青年は、一体誰でしょうか。

この人こそが、若い頃のバナナマン日村勇紀さんなんです!

こちらはデビュー当時19歳のころの画像で、

体重は62㎏

で、とても痩せていたんですよ。

現在の姿からは想像ができないほど、男前な雰囲気が漂っていますよね。

今流行りの『塩顔男子』にメンバー入りできそうなくらい、イケメンです。

若い頃にこれほど、かっこよかったのであれば、現在も痩せれば、イケメンになるのでは?

若い頃のバナナマン日村勇紀さんを知らない人は多いと思いますが、この姿を見たらファンになる人もでてきそうです。

 

バナナマン日村勇紀の昔と現在の身長体重を画像で比較

バナナマン日村勇紀

バナナマン日村勇紀

若い頃の日村勇紀さんが塩顔イケメンだったことがわかりましたね。

昔は、現在のようにぽっちゃりした体型ではありませんでした。

 

そこで次に、日村勇紀さんの昔と現在の画像を比較して、身長や体重をチェックしていきます!

まずはこちらの画像から。

バナナマン日村

左はバナナマン日村勇紀さんが20歳のときのもの、右は2018年の当時46歳の画像です。

全身スタイルで比較すると、その差は一目瞭然!

全くの別人と思えるほど、大きさが全然違いますよね。

 

日村勇紀さんの身長は、

身長172センチ

と比較的長身。

20歳と46歳の画像を比べると、20歳のスレンダーな日村勇紀さんの方が背が高く見えるくらい。

身体が細い分、さらにシュッとして見えるんです。

お腹周りや、腕や足も、もちろんですが、顔と首回りの様子が全然違いますよね!

本来は、こんなにシュッとした輪郭の人だったわけです。

 

次の画像をチェックしていきましょう。

バナナマン日村勇紀

バナナマン日村勇紀

左が1993年ごろのもので当時21歳、右が2018年の当時46歳の日村勇紀さんです。

芸能界入りは、1990年で当時62キロで体重とスタイルをキープしたまま、バナナマンを結成。

なので21歳の画像の体重は、

62キロ

だったんです。

身長が172センチあるので、それで62キロであれば痩せています。

 

そして46歳の画像は、体重が

90㎏くらい

あるのです。

体重が30㎏も違うとなると、子供1人分くらい増えていることに…

おそろしい話です。

 

顔もよく見てみると、62㎏の痩せているときは、鼻がシュッとしているように見えますが、90㎏くらいに太っている画像では、鼻筋が太くだんごっ鼻のようになっています。

痩せた・太っただけで

整形級に顔も変わる

というわけですね!

 

次の画像がこちら。

バナナマン日村勇紀

バナナマン日村勇紀

左の画像は2012年ごろで当時40歳、右が2018年の当時46歳の日村勇紀さんの画像です。

2012年ごろには、

90㎏

まで太ってしまい、医師からも

「しにますよ」

と言われてしまったほど。

 

ここから一度はダイエットを試みますが、

2017年には95㎏

になったことを明かしていました。

 

現在は、最も太っていた時期よりは、痩せているようですが、まだまだ肥満体型であることに違いありません。

あご周りを見ると、46歳の画像では垂れ下がった二重あごで、首が見えないほどになっています。

「息もしづらいんじゃないかな。」

「体は大丈夫なのかな…。」

と心配になるほどの太り方ですよね。

46歳の画像でも、90㎏ほどはあるでしょう。

 

次の画像はこちら。

バナナマン日村勇紀

バナナマン日村勇紀

左は2017年のもので当時45歳、右は2018年の当時46歳の日村勇紀さんです。

45歳には、すでに46歳の画像と変わらないほどの大きさになっているんですね。

46歳の画像は『ゴッドタン』のヒム子の画像ですが、やはりあご?首?の部分がすごく気になりますね。

 

最後に2019年現在の日村勇紀さんをチェックしていきます。

日村勇紀・Matt・設楽統

日村勇紀・Matt・設楽統

こちらの画像は、Mattさんのインスタグラムに登場したバナナマンの2人の画像。

日村勇紀さんはMattさんの画像加工によって

とっても可愛らしく変身

していますね。

ただ加工されていても、

とても太っている

ことがわかります。

隣に写っているMattさんが小顔すぎるので、余計に日村勇紀さんが大きく見えます。

 

日村勇紀さんは、2019年現在も

あごと首の境目が全くわからない

ほど激太りしています。

顔周りの様子から、2018年ごろから体重は、ほとんど変わっていないのではないでしょうか。

 

このように、バナナマン日村勇紀さんは、デビュー当時から比べると、

30㎏以上太った

ことで、まるで別人になっていることがわかりました。

スポンサーリンク

まとめ

日村勇紀さんの身長は

172センチ

の比較的長身です。

 

そして、肝心の体重はデビュー当時、

62キロ

で、スレンダーな体型をしていました。

塩顔イケメン

だったんです。

 

しかし現在は、デビューしたころから

30㎏以上太って体重は90㎏を超えてしまいました。

 

太ったことで、シュッとしていた鼻も、だんごっ鼻のように変わり、顔も別人のようになっています。

太った日村勇紀さんのスタイルは「可愛い」とも言われていますが、これ以上太ってしまうと、本当に命に関わりそうです。

身体の管理には、気をつけてもらいたいものですね。

関連記事

-お笑い芸人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.