害虫 生活

蚊取り線香立てやホルダーの代用品や手作り自作する方法を紹介!

アウトドアに、せっかく蚊取り線香を持ってきたのに、線香立てを忘れてしまった!

そんなとき、手近にあるもので蚊取り線香立てを代用できると、助かりますよね。

 

また、最近は、おしゃれな蚊取り線香立てがいろいろ売られていますが、

いまいち、気に入るものがないなぁ…

ということもあるでしょう。

 

そんな時は、蚊取り線香立てを自作してみるのもおすすめです。

案外簡単に、安く作れるんですよ!

 

今回は、

手近にあるものや安い材料で、蚊取り線香入れを手作りする方法

を紹介していきます。

工夫次第で、いくらでもバリエーションができるので、ぜひ楽しんでやってみてください。

スポンサーリンク

蚊取り線香立てを自作する時の注意

まず、蚊取り線香立てを作る時の注意事項をお伝えします。

蚊取り線香を安全に使うために、必ず守ってください。

燃えにくい材質で作る

蚊取り線香は、小さいとはいえ、『火を使う』ものであることには、変わりありません。

金属や陶器など、燃えにくい材質の材料で作ってください。

 

ワイヤーを使う時も、コーティングされたものは、注意が必要。

蚊取り線香の火が接触したり近づきすぎたりすると、コーティングの材質によっては溶けてしまう可能性があります。

 

また、灰も、落ちたばかりの時は

300℃近い高温

になります。

ですから、灰受けの部分も、陶器や金物などの燃えないものを使ってください。

 

屋外などで、灰受けを使わない場合は、

  • 周りに燃えやすいものが落ちていないかどうか
  • コンクリートなどの、灰が落ちても安全な場所かどうか

を確認して使いましょう。

安定して置ける形や置き方で使う

蚊取り線香立てを作る時には、転倒しにくく、安定して置けるように工夫してください。

たとえば、

  • 空き缶を利用するなら、中に水を入れて少し重くする
  • ワイヤークラフトなど、軽いものは重りになる物で抑えたりして安定させる

としましょう。

作る時はケガにも気を付けて

ワイヤーや空き缶などを加工して作る時には、

空き缶の切り口やワイヤー、道具などでケガをしないように気を付けてください。

 

アウトドアで使う!蚊取り線香ホルダーの代用品

アウトドアなどで利用するため、

身近にあるものを蚊取り線香立てにする方法

を紹介していきます。

 

限られた荷物の中に、火をつけた蚊取り線香を支えられるアイテムには、案外いろいろあるんですよ。

ビン・飲料缶・植木鉢を使って蚊取り線香を立てる

アウトドアで身近にあるものと言えば、ビンや缶ですよね。

ということで、飲み物や調味料のビン、ビールやジュースなどの缶を使う方法をお伝えしましょう。

作り方も、いたって簡単です。

瓶を使って蚊取り線香を立てる方法

瓶を使って蚊取り線香を立てるには

  1. 蚊取り線香の渦巻きの中心の方を少し折る
  2. 大きくなった中心の穴に、立てたビンの口を通す

実際にやってみると、こんな感じです。

瓶を蚊取り線香立てに

瓶が長かったりして不安定な場合は、瓶の下の方を土に埋めたりしても良いでしょう。

 

ただし、燃えている部分が瓶に接触しているところまで来ると、火が消える可能性があります。

また、蚊取り線香は火が付いている部分でも、ガラスが溶ける温度よりは温度が低いですが、

瓶によっては、溶け始めたり、焦げたような色になったりする可能性はあります。

できれば、瓶に触っている所に到達する前に、消したほうが良いですね。

 

瓶の口にプラスチックの部分があったりする場合は、プラスチック部分と接触しないようにしてください。

プラスチックは、熱に弱いです。

 

この方法の応用が、アルミなどの金属のボトルを使う方法です。

アルミのボトルは軽いので、中に水を入れたりすると安定しやすいですよ。

 

瓶を使うなら、こんな使い方もあります。

(中心から点火します)

瓶をこう使う手も

この場合は、瓶に触れているところが燃えると、蚊取り線香が落ちます。

  • コンクリートの上など、落ちても火事にならない場所に置く
  • 大きめの受け皿の上に瓶を置く
  • 蚊取り線香が落ちる前に消す時(短時間だけ使う時)に使う

使い方には、注意してください。

 

飲料の缶を蚊取り線香立てにする方法

缶ジュースや、缶のお酒などの空き缶を使う方法は

  1. 缶のプルタブを垂直になるよう引き上げる
  2. プルタブの穴に蚊取り線香の中心部分を通す

 

ただし、蚊取り線香の太さや、プルタブの穴の大きさによっては、プルタブの穴に入らなかったり、逆に穴の方が大きくて不安定かもしれません。

そんな時は、プルタブを切れる工具があれば

  1. 缶のプルタブを垂直になるよう引き上げる
  2. プルタブの輪になっている部分を1か所切る
  3. 切った部分を上に向けて曲げる
  4. 切って尖っている先を、蚊取り線香の中心の穴に差し込む

という方法もあります。

自作の蚊取り線香立て

この工作が、サッとできると、ちょっとかっこいいですよね。

ただし、プルタブを切って曲げる時は、指を怪我しないように気を付けてください。

 

なお、缶が軽くて転倒が心配な時は、中に水を入れると、安定しやすくなります。

『重さを持たせる』

というところでは、砂や土でも良いのですが、缶を捨てる時にちょっと面倒になるので、水のほうが手軽です。

 

あとは、直火オーケーの地面や、金属か陶器の皿の上など、灰が落ちても火が出たり焦げ付いたりしない場所に置きましょう。

土に挿す

シンプルに、

火に強い容器に土を詰め、そこに挿す

という方法もあります。

容器がない場合には、地面に直接挿すのもアリです。

蚊取り線香を地面にたてる

ただし、キャンプ場などで地面に挿す場合は

念のため、管理者に蚊取り線香を地面に挿して使ってよいか、確認してから

にしてください。

場所の使い方のルールなどもありますからね。

 

燃え残った部分は、地面の中の部分を含め、忘れずに必ず回収しましょう。

忘れてしまいそうな場合は、地面に挿さない方が良いですよ。

 

もちろん、この方法では、渦巻き型の蚊取り線香をそのまま使うのは難しいです。

でも、折れたりして渦を巻いていない状態なら大丈夫です。

短時間蚊取り線香を使いたい時には、便利ですよ。

ペグを蚊取り線香ホルダーに

キャンプの時などで、予備のペグがあるなら、ペグを蚊取り線香立てにすることもできます。

たとえば、こんな風にペグに蚊取り線香を挟む方法です。

ペグに蚊取り線香をたてる

蚊取り線香は折れやすいため、ペグに挟む時には、折れないように気を付けてください。

 

ペグで、蚊取り線香を使う時に火を長持ちさせるコツは、金属部分に当たる場所を少なくすることです。

線香の火は、金属に触れていると消えてしまう

ことがあるからです。

植木鉢を蚊取り線香立てに

アウトドアというほどではありませんが、庭仕事などの時には、植木鉢を使う手もあります。

植木鉢の縁に、蚊取り線香の渦巻きの外側をひっかけるのです。

植木鉢に蚊取り線香をたてる

中心から点火します。

なお、植木鉢の内側に接触している辺りで、火が消える可能性もあります。

 

燃え方やバランスによっては、植木鉢の外側に蚊取り線香が落ちることも考えられます。

周囲に燃える物がない場所においてください。

 

蚊取り線香立てを簡単に手作りする方法

次は、蚊取り線香ホルダーを手作りするときに使えるアイデアを見ていきましょう。

線香に付属している線香スタンドを活用する

蚊取り線香を箱で買うと、よく蚊取り線香立てがついてきますよね。

これに、

  • 灰皿
  • お菓子の空きカン
  • 小ぶりなバケツ
  • 陶器のお皿

などを組み合わせると、付録の蚊取り線香立てを使っても、ちょっとおしゃれな雰囲気にできます。

デザインがかわいくて、捨てられなかったお菓子の空きカンなど、活用できそうですね。

空き缶のフタに穴を開けて被せて使えば、安全性も高められそうです。

身近なものを使って

たとえば、

目玉クリップやダブルクリップ

といったものをうまく使うと、お皿の上に置くだけで、蚊取り線香立てになります。

 

こんな感じで。

目玉クリップを蚊取り線香立てに

陶器のお皿を使いましたが、メタリック系のインテリアが好きなら、金属のお皿を灰受けにしても良いですね。

 

ただ、気を付けたいのが、

強い風が吹くと倒れるかもしれない

ということ。

そこで、

  • 倒れても、蚊取り線香がはみ出ない大きさの受け皿を使う
  • 目玉クリップやダブルクリップは、できるだけ大きいものを使う(安定させやすい)
  • クリップに重りを付ける

といった、倒れにくくする工夫をしてみてください。

針金で蚊取り線香立てを作る

針金を使って、線香を引っ掛ける部分を作る方法です。

これには、

陶器や金属の受け皿が別に必要

になります。

受け皿のタイプによって、針金の使い方も変わってきます。

たとえば、

  • 平らな皿を受け皿にして、針金をスタンドの形にする
  • 深い容器を受け皿にして、容器の端から端に渡した針金に線香を引っ掛ける
  • 線香より大きい容器の内側に、釣り針状の針金で線香を吊るす

などです。

 

針金は自由度が高いので、スタンドを作るときにキャラクターや動物の形にすることもできます。

こんな作品もあるんですよ!

(https://roomclip.jp/photo/t1jMより)

こんなに可愛い蚊取り線香スタンドがあったら、蚊の季節が過ぎても蚊取り線香を使ていたくなりますね。

 

なお、ワイヤークラフトは軽いので、倒れやすいかもしれません。

この画像では、ビー玉を入れたお皿を重りにしていますが、ペーパーウェイトなどで重さを持たせると良いでしょう。

蚊取り線香の入れ物をデコレーションする

蚊取り線香を缶で買うと、缶の上に付けられる蚊取り線香入れがついていたりしますよね。

火をつけた蚊取り線香を入れる部分はそのまま使うのですが、

缶をペイントしたり、デコレーションシートを貼ったりするだけで、かなり雰囲気が変わります。

 

たとえば、こんな風に。

(https://www.chintai.net/news/2019/08/23/68732/より)

これは100円ショップで売っているデコレーションシートを貼っただけとのこと。

ぐっとオシャレになりますね。

 

ペンキで自分の好きな絵を描いたりするのも、楽しいですよ!

スポンサーリンク

まとめ

蚊取り線香立てを簡単に作る材料は、100円ショップで手に入るものが多いです。

工夫次第で安く簡単に、おしゃれな蚊取り線香立てを作れるんですよ。

 

ただ、安全性に関しては注意が必要です。

とくに、アウトドアなどで足元に設置する場合、

むき出しの蚊取り線香ままで置いておくと思わぬケガ

につながることがあります。

 

室内でも、火がついた線香や、灰が燃えやすい物の上に落ちれば、危険です。

『安全に使えるように作る・使う』

ということを、常に頭に置いてください。

関連記事
蚊取り線香の成分を調査!人間用と犬など動物用の効果の違いは?

続きを見る

関連記事

-害虫, 生活

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved