雑学

韓国旅行準備まとめ!持ち物の必需品と服装から注意点まで

投稿日:

「国内旅行よりも安く行ける!」

ということで、韓国旅行は気軽に行けるイメージがありますよね。

ですが、あくまでも海外旅行なので、きちんと情報を集めていくことが大切です。

国内旅行に行く気分で

「準備はぎりぎりでいいか~」

なんて思っていると、実は必需品であるものを用意する時間がなくなってしまいます。

特に注意すべきはパスポート。

「有効期限はまだ残っているから大丈夫」

と安心していると、そこに落とし穴がひそんでいます。

 

さて、今回の記事では

  • 韓国旅行の必需品
  • 服装の決め方
  • 知っておくべき注意点

を紹介していきます。

この記事を参考に韓国の情報をつかんで、現地で慌てることのないようにしましょう!

スポンサードリンク

要チェック!韓国旅行の持ち物・必需品まとめ

韓国に行くために必要な持ち物・必需品があります。

この必需品をもって、韓国旅行に万全の準備をしましょう。

パスポート

まずは、パスポートの有効期限を確認しましょう。

韓国に入国するためには、

有効期限までの日数が3ヶ月以上

残っていないと入国できません。

チケット予約サイトによっては、パスポート情報を書かなくてもチケットが取れるサイトもあります。

なので、有効期限まで3ヶ月残っていなくても、旅行のチケットは取れてしまうのです。

「韓国の空港で入国拒否された!」

なんて事態にならないように、まずはパスポートの有効期限を確認してください。

韓国ウォン

ウォンを手に入れる際には、

クレジットカードを使ってATMでキャッシングする

ことをオススメします。

現金から現金への両替よりもレートが良いですし、

キャッシング手数料はATM手数料とカード会社手数料を合わせても500円~600円ほど

で済みます。

ただし、少額のキャッシングをこまめにしていると、その回数分だけ手数料がかかります。

必要な分を1度に出金するようにしましょう。

 

ちなみに、現金から現金へ両替をする場合は、日本国内で両替するよりレートが良いので、韓国国内で両替をしましょう。

韓国ウォンと日本円の為替レートは、1ウォン=0.0915…円(2019.6 現在)です。

このままだと計算がややこしいので、

1ウォン=約0.1円とすると、4000ウォンのときは、だいたい400円

となりますよ。

『ウォンから0を1つとれば、円になる』

と頭に入れておくと、その場でぱっと計算しやすくなります。

物価自体は、日本と同じくらいです。

プラグ・変圧器

韓国で使われているプラグの形はCタイプです。

Cタイプコンセント

Cタイプコンセント

変換プラグは、貸し出しを行っているホテルもあります。

自分の泊まるホテルで変換プラグの貸し出しをしていないようであれば、忘れずに日本で用意して持っていきましょう。

また、韓国の電圧は220Vです。

日本は100Vなので、持っていきたい家電製品が220Vに対応できるか確認しておきましょう。

製品に貼られている表示を見ることでチェックできますよ。

もし、

「100Vにしか対応してないけど、どうしても韓国に持っていきたい!」

と思うものがあれば、変圧器を持参しましょう。

ウエットティッシュ

韓国旅行と言えば

明洞の屋台

を楽しみにしている人も多いですよね。

食べ歩きをする予定なら、ウェットティッシュがあると、かなり重宝します。

その他

各種チケットのコピー

WEB上にあるチケットの場合、韓国国内でWi-Fiが必要になります。

スマホを使って提示する予定であれば、スクリーンショットを撮っておき、オフラインでも確認できるようにしておきましょう。

また、念のためにチケットを紙に印刷しておくと、安心ですよ。

ポケットWi-Fi

韓国でルート検索で使ったり、現地でお店を探したりするときに便利です。

充電器(スマホやカメラ)

「スマホの充電器は持ってきたけど、カメラの充電器を忘れた!」

なんてことが起こるので、気をつけましょう。

モバイルバッテリー

USBケーブルを複数使用できるものなら、スマホと同時にポケットWi-Fiも充電できます。

海外旅行保険

急に体調が悪くなったり、犯罪にあったりと、不測の事態になったときのために保険に入っておくと安心です。

クレジットカードによっては、海外旅行保険を付帯しているものもあるので、手持ちのクレジットカードを確認してみてください。

パスポートのコピーと顔写真2枚

韓国でパスポートを紛失したときは、大使館へ届け出をします。

この届出には、

  • 国籍を証明できるもの(パスポートのコピー)
  • 顔写真2枚

が必要になるのです。

盗難や不注意で、パスポートを失くしてしまうこともあります。

万が一のときに、落ち着いて行動できるように、紛失時の対応を確認しておきましょう。

韓国の天候をチェックして服装を決めよう!

「韓国は日本の隣だから、天候も同じでしょ!」

と考えてしまう人も多いでしょう。

でも、時期や観光地によっては、韓国の天候は日本の天候と違うところもあります。

しっかりチェックしてから服装の準備を始めましょう。

ここではソウルの天候を見ていきます。

ソウルの年間気温

ソウル年間気温

韓国は、

温暖性気候

なので、日本と同じように四季があります。

年間を通しての気温は、東京と同じくらいです。

他の国に行くよりは、服装のイメージがしやすいですね。

韓国の冬の気温

しかし、韓国の冬は東京に比べると冷え込みます。

11月から気温がぐっと下がり始め、

12月~1月にかけて寒さのピーク

を迎えます。

ピーク時の最低気温は

-6℃~-7℃

にもなります。

冬場にソウルに行く場合は、しっかり防寒できる服装を準備しましょう。

ただし、外が寒い分、建物の中に入ると暖房が効いています。

脱いでも邪魔にならない服装がより良いですね。

韓国の夏の気温

近年、日本は猛暑日が続くことが多くなりましたね。

最高気温が35℃になることが当たり前になってきています。

日本と同じような天候の韓国でも、猛暑日になる日が増えてきているんです。

『韓国の冬は寒い』

という情報が目立っているので、夏の猛暑対策に目がいかないかもしれません。

韓国でも夏は暑いです!

熱中症になってしまったら、旅行が台無しになってしまいます。

日よけの帽子や水分補給などでしっかり対策をしてください。

韓国旅行で注意したいこと

国内旅行気分で韓国に行くつもりでいると、

「健康管理や安全対策はそれなりで大丈夫」

なんて思ってしまうところです。

しかし、韓国だからこそ注意したいことがあります。

しっかり確認して、安心して旅行できるようにしましょう。

黄砂・PM2.5

日本でも話題になる黄砂やPM2.5。

韓国は、中国と距離が近い分、視界が悪くなるだけでなく、健康にも影響があります。

春の時季に、偏西風にのってやってきますが、最近では

1月でも濃度が環境基準値を超える

ようになってしまいました。

『湿気の少ない乾燥した時季は、たくさん飛んで来やすい』

ということもあり、冬~春にかけて注意が必要です。

花粉症対策と同じように、口が鼻から入ってこないように、マスクでしっかりガードしましょう。

治安

韓国の治安は悪くはありません。

  • 夜道を一人で歩かない
  • 人通りの少ない裏道に行かない

といったことを意識すれば大丈夫です。

人込みのある場所に行くときは、荷物の持ち方に気を付けましょう。

ふたの閉まらないバッグを持っていたり、財布をポケットに入れておくと、簡単に持っていかれてしまいます。

自分の視界に入る位置で、バッグや財布を所持してください。

より安全性を高めるために、チャックなどで閉められるバッグを用意していくことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、韓国旅行の必需品、天候と服装、注意点を紹介しました。

まずはパスポートの有効期限を確認しましょう。

残存期間が3か月以上

あれば、出入国できます。

残り3か月未満であれば、すぐにパスポートを更新しましょう。

ウォンを入手するときは、

日本国内ではなく、レートの良い韓国国内で両替

をしましょう。

クレジットカードを使うことに抵抗がなければ、一番のオススメはATMでのキャッシングです。

韓国は、日本と同じような気候です。

日本と同様の夏・冬の対策を、準備していきましょう。

また、黄砂やPM2.5は、

健康被害が出るほどの影響

があります。

冬~春の時季に韓国旅行に行く際は、マスクを忘れないようにしてください。

ここまで準備ができたら、心に余裕を持って韓国旅行を満喫できますね。

それでは、どうぞよい旅を!

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.