ゲーム スポーツ

eスポーツの意味とは?種目や賞金と日本の競技人口をチェック!

更新日:

eスポーツ

普段、スポーツ観戦をしている人は多いと思います。

  • 野球
  • サッカー
  • 卓球
  • バドミントン

など、日本でも有名になっているスポーツは数多く存在します。

 

その中でも、現在、新しいスポーツが世界規模で流行りだしています。

そのスポーツは、

『eスポーツ』

というものです。

『エレクトロニック・スポーツ』

の略で、簡単に言えば、

『PCゲームやスマートフォンゲーム、テレビゲームなどの腕を競うスポーツ』

ということになります。

 

時代も変わり、今ではゲームがスポーツとして認知されるようになったのです。

そこで、今回は、

『eスポーツとは、どんなものなのか』

これについて、紹介していきます。

ゲームに興味がある人は、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

eスポーツとは?

それでは改めて、eスポーツについて紹介していきます。

先程、

『ゲームの腕を競うスポーツ』

というふうに紹介しましたが、その種目は様々です。

eスポーツの主な種目

eスポーツの種目は、以下のものがあります。

  • FPS(ファーストパーソンシューティング)
  • TPS(サードパーソンシューティング)
  • RTS(リアルタイムストラテジー)
  • MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)
  • 格闘ゲーム
  • スポーツゲーム
  • レーシングゲーム
  • パズルゲーム
  • 音楽ゲーム
  • MMORPG
  • オンラインストラテジーゲーム

などがあります。

主に対戦ゲームが主流であり、

  • 1対1
  • 多対多

で、勝ち負けや順位を競い合っています。

eスポーツの競技人口は?

eスポーツと言う名前で、世界中で親しまれているスポーツですが、

『競技人口はどれくらいなのか?』

については、気になるところです。

 

電子ゲームという性質上、誰でも参加できるため、その人口は、

『1億2000万人以上』

とも言われているのです。

 

これは、

『野球人口の約3倍』

にもなります。

日本のeスポーツの競技人口は?

世界中で親しまれているeスポーツですが、日本での競技人口はどうなのでしょうか?

 

これだけ競技人口が多いのであれば、さぞかし日本でも流行っているかと思いきや、

『日本の競技人口は、約390万人』

であり、世界の競技人口に比べると、かなり少ないのです。

 

その原因として、日本では、

『eスポーツは、スポーツとして受け入れられにくい』

ということが言えます。

 

日本でのスポーツは、

『身体を動かして、肉体のみで競うもの』

と認識されています。

 

また、ゲームとは、

『みんなで楽しめる娯楽』

がものであり、プロスポーツ選手たちのように、

『職業としては認知されていない』

ということも、日本でeスポーツが流行らない原因の1つと言えるでしょう。

 

eスポーツの賞金はいくら?年収をチェック!

eスポーツ 収入

eスポーツは、今やオリンピック競技になるくらいの勢いを見せるスポーツとなっています。

世界中に、プロとして活躍しているプレイヤーがたくさんおり、中には、

『年収1億円』

を越えるプレイヤーも存在しています。

 

その主な収入源は、

  • 大会の賞金
  • スポンサー契約

であり、これは、

『他のプロスポーツと、何も変わらない仕組み』

となっています。

全てのプレイヤーがeスポーツで安定して稼げるわけではない

賞金やスポンサー契約などで、かなりの収入を得ることもできるeスポーツですが、

『全てのプレイヤーが安定して稼げているわけではない』

ということは、覚えておいてください。

 

それなりの収入を得るためには、

『大会で優勝すること』

これが重要になってきます。

 

もし、優勝できなかったり、すぐに負けてしまえば、

『賞金だけでなく、スポンサーも離れていく』

ことになってしまうのです。

ゲームが好きだからと言って、簡単に稼げるわけではないということですね。

プロの世界は、どこも厳しい

少し現実的な話をしましたが、これは、

『eスポーツ以外でも、同じことが言える』

ということも、知っておかなければなりません。

 

1番身近なスポーツで例えれば、野球があります。

野球を職業にするためには、

『各球団と契約して、契約金を貰う』

ことが必要ですよね?

そのためには、スカウトや入団テストで認められなければなりません。

 

そして、実際にプロ野球選手として活躍できるのは、

『全体のほんの一握り』

しかいないのです。

 

それを考えれば、野球でもeスポーツでも、

『基本的なことは何も変わらない』

ということです。

 

eスポーツは、これから広がっていく可能性が高い

日本では、まだあまり普及していないeスポーツですが、

『これから先、普及していく可能性は高い』

と言えるでしょう。

 

実際に、2018年にはIOC(国際オリンピック委員会)公認で、

『アジア競技大会』

が開催されています。

 

アジア限定とはいえ、

『オリンピック委員会にも認められるほど』

eスポーツは普及しているのです。

このことから、さらに普及していく可能性は大いにあると言えるでしょう。

eスポーツは良い事ばかりではない

アジア競技大会で、実際にeスポーツ競技が開催されたのは良いですが、

『良い事ばかりではない』

というのも、確かです。

 

その理由の1つに、

『ゲーム制作会社との利権争い』

があります。

 

スポーツ競技といっても、実際に使っているのは、各ゲーム制作会社のソフトなので、当然

『権利』

というものが存在します。

 

この権利を、

『オリンピック委員会と、ゲーム制作会社がどう折り合いをつけるのか』

これが、これからの重要な課題になってくるでしょう。

 

オリンピックとはいえ、あくまで、ビジネスということを忘れてはいけません。

オリンピック委員会とゲーム制作会社が、

『ビジネスとして、どう歩み寄っていくのか』

によって、eスポーツが世界的に認められるかどうかが決まる、1つの節目となるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

『eスポーツの意味とは?種目や賞金と日本の競技人口をチェック!』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『eスポーツ・他スポーツともに、プロとして稼ぐことは難しい』

ということが言えるでしょう。

 

eスポーツは、これからさらに発展を遂げていく可能性があるスポーツです。

日本の競技人口も、徐々に増加していくでしょう。

 

それでも、

『プロとして生きていくなら、それなりの覚悟が必要』

だということは、覚えておきましょう。

 

他のスポーツでもそうですが、スポーツのプロになれるのは、

『本気で取り組んで選ばれた人だけ』

なのです。

 

生半可な気持ちでプロになりたいと言うのは、止めておいた方がよいでしょう。

それでもプロになりたいと言う人は、今回の記事を参考にして頑張ってみてくださいね。

アイキャッチ eスポーツ スポーツじゃない?
eスポーツはスポーツじゃない?2019年の国体開催とオリンピックを考察

eスポーツと呼ばれる競技は、 『ゲームで対人戦を行い、腕を競う』 というものです。   実際に、走ったりするものではなく、 『あくまでゲームの腕前を競うもの』 と認識されています。 &nbs ...

アイキャッチ eスポーツ なり方
eスポーツの選手になる方法とは?専門学校やプロライセンスをチェック

eスポーツ、通称 『エレクトロニック・スポーツ』 と呼ばれる、最近日本でも有名になってきたスポーツがあります。 様々なゲームソフトで、自分の腕を試しながら優勝を目指していく競技です。   そ ...

関連記事

-ゲーム, スポーツ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.