雑学

ネパールのビザをオンラインで申請して取得する方法を徹底解説!

更新日:

ネパールのビザについて調べていると、

「オンライン申請ができるらしい…」

という情報を見つけます。

しかし、何の情報もなしにWEBにアクセスして取りかかろうとすると、記入のしづらさに混乱するでしょう。

そこで、この記事では、ネパールのビザ取得のオンライン申請を徹底解説します。

「渡航前に時間がないから、日本でビザの取得はできない…」

「だけど現地で申請に時間をかけるのもいやだ…」

というときに、オンライン申請はオススメです。

この記事を読めば、気楽にオンライン申請に取りかかれます。

ストレスなしで、スムーズにビザの取得をこなしましょう。

スポンサードリンク

ネパールビザのオンライン申請とは?

ネパール到着時にビザを取得する方法

が2つあります。

  • 現地に着いてから、入国審査の直前に申請書を作成する方法
  • 事前にオンライン申請

この2つです。

どちらも、空港でビザの申請料を支払い、空港でビザを取得することは同じです。

しかし、渡航前にオンライン申請をしておけば、現地での手間が1つ省けます。

現地で申請する人が多ければ、申請待ちの列ができてしまいますから、入国審査までの時間を短縮するのにも役立ちます。

 

オンライン申請は一見すると難しそうですが、やり方や心構えを理解してから取り組めば、5分もあれば終わります。

渡航前にやっておいて損はないですね。

ただし、

申請の最後に申請用紙をプリントアウトする必要がある

ので、注意してください。

 

それでは、オンライン申請のやり方を見ていきましょう。

ネパールビザをオンライン申請を作成する前に用意しよう

はじめに、次に紹介する情報や写真を用意しておくと、スムーズに申請ができます。

最低限必要な情報

オンライン申請のページは英語です。

なので、ここでは英語表記も一緒に載せておきます。

Surname 姓

First Name 名

Nationality 国籍

Date of Birth 生年月日

Passport Number パスポートナンバー

Passport Varidity パスポートの有効期限

Adress in Nepal ネパールの住所(滞在先)

(Street Name) 地区

(Ward No) 地区ナンバー

(VDC/Municipality) 都市

(District) 郡

Contacto Telephone Number 電話番号

Cell Phone Number 携帯電話の番号

Email Adress メールアドレス

Visa Requested ネパールへの入国日とネパールからの出国日

まずは、パスポートの有効期限を確認してください。

ネパールに出入国するためには、

有効期限まで6ヶ月以上残っているパスポート

でなければいけません。

6ヶ月残っていないようであれば、すぐにパスポートを発行しに行きましょう。

 

ネパールの住所は、滞在先が決まっていなければ、だいたいの旅行者が泊まる

タメル地区

を書いておけば、大丈夫です。

タメル地区の住所は、

地区:Tamel

地区ナンバー:29

都市:Kathmandu

郡:Kathmandu

と入力します。

タメル地区以外の場所に泊まる場合、地区ナンバーがわからない可能性があります。

滞在先の住所の中に数字があれば、それを入力しましょう。

数字がなければ、1~35の中で好きな数字を書きます。

 

「こんなに適当でいいのか?」

と思ってしまいそうですが、

地区ナンバーはネパールに住む人たちもほとんど認識していない

ので、大丈夫です。

やっかいな項目ですが、この数字を入力しないと申請ができないので、形式的にやるしかありません。

 

電話番号は、『電話番号』と『携帯電話』の2つ項目があります。

どちらも携帯電話の番号を入力しても問題ありません。

また、日本で使っているものを書けばよいので、

「現地で使える番号じゃないんだけど…」

と心配しなくても大丈夫です。

データの証明写真

申請時、写真をアップロードする必要があります。

正方形の写真データを用意しましょう。

『証明写真』と書きましたが、正式な証明写真でなくても大丈夫です。

自宅で壁をバックに撮影したものでも問題ありません。

正方形でなくてもアップロードできてしまいますが、WEB上で無理やり正方形に縮められるので顔がゆがんでしまいます。

入国審査で本人確認できない恐れ

も出てきてしまうので、なるべく正方形の写真を用意しましょう。

画像のサイズは、特に決まりはありません。

どんなサイズのものもアップロードできます。

しかし、サイズが小さすぎて粗い画像になってしまうと、こちらも本人確認できなくなってしまう可能性があります。

顔が鮮明に見えるように、できるだけ高画質の写真を使いましょう。

 

ネパールビザをオンライン申請をするときの心構え

ここまで読んで、なんとなくわかったかと思います。

オンライン申請をするときは、

「だいたいでいい」

「とにかく必要事項をうめればいい」

という気持ちで取り組んでください。

緊張感を持ってしっかりやろうとすると、記入欄が足りないことや、エラーになることにストレスを感じてしまいます。

もちろん、『だいたいでいい』と言っても、名前やパスポートナンバーなど身分証明にかかわるところは間違いのないように書いてくださいね。

 

ネパールビザをオンライン申請をしよう

それでは実際に書いていきましょう。

1 WEBにアクセスする

日本語版がないので、英語のページでオンライン申請を行います。

アルファベットで記入していきましょう。

ここにアクセスすると、すぐに申請画面になります。

最初に表示されるのは、作成上のアドバイスや注意書きです。

写真の大きさや、有効なパスポートを用意してほしい旨が書かれています。

1つだけ重要なポイントがあるので、確認しましょう。

『申請後から15日経過すると、登録が削除されます』

というところです。

これは、

『オンライン申請してから、15日以内にネパールに着いていなくてはならない』

ということです。

なので、ネパールに到着する日を確認し、その15日前以降に申請をしましょう。

いつから15日前とカウントするのか具体的なことはわかりません。

ネパール到着の13日前とか1週間前とか、

確実に15日前を切っているタイミング

で取りかかりましょう。

2 必要事項を入力する

さて、×を押して表示されている注意書きを消しましょう。

画面上部のタブを見て、『Tourist Visa』になっているか確認してください。

それでは、

  • 情報を入力
  • 写真をアップロード

をすすめていきます。

はじめに用意した情報以外の項目もあります。

しかし、

入力する必要はない

ので、どんどん省きましょう。

とにかく、*印のついた項目のみ埋めていけば大丈夫です。

ただし、『Surname(姓)』に*印がついていませんが、身分証明に関わることなので、必ず書きましょう。

写真も忘れずアップロードしましょう。

『Visa Requested(ネパールへの入国日とネパールからの出国日)』の項目の下に、ビザの種類を選ぶところがあります。

(下図の赤い線の部分です)

この2つの項目が、『Tourist Visa』『New Visa』と選択されているか確認しましょう。

また、申請画面の一番下の選択肢は(水色の下線部)、ビザを申請する部署と入国する空港です、

『Immigration Office』と『TIA』が選択されているか確認してください。

ちなみにTIAとは『Tribhuvan International airport』のことです。

ここまでできたら、Submit(緑のボタン)を押して入力を完了させます。

Submitを押したときに次の画面に移らない場合は、記入漏れがあるので確認しましょう。

3 内容を確認する→印刷する

次のページに移ると、打ち込んだ情報が出てきます。

正しく入力されているか確認しましょう。

内容が正しければ、Confirm(緑のボタン)を押します。

次の画面でバーコードが出てくるので、この画面を印刷しましょう。

このバーコードを使ってビザ発行時に登録情報を照らし合わせるので、とても重要なものです。

念ためにスクリーンショットを取っておくと安心です。

 

ネパールに着いたらビザを取得しよう

現地でのビザ取得の流れを確認しておきましょう。

ネパール空港に降り立ったら、入国審査会場へ向かいます。

入国審査会場では、入国審査に並ぶ前に、ビザ申請料の支払いをします。

滞在日数によって値段が違います。

15日ビザ・・・ 25USD

30日ビザ・・・ 40USD

90日ビザ・・・ 100USD

支払いは、米ドル建てですが、米ドルでも日本円でもクレジットカードでも支払いができます。

ただし、日本円だとレートが悪くなってしまうので、日本円で支払うのは緊急事態の場合だけにしましょう。

支払いが終わったら、入国審査の列に並びます。

ただし、この時点で入国カードを持っていない場合は、同じ会場に記入スペースがあるので、入国カードを完成させましょう。

それでは、以下の4点を持って、入国審査に並びましょう。

  • パスポート
  • オンライン申請書(印刷したもの)
  • 入国カード
  • ビザ申請料のレシート

これで、入国審査時にビザを受け取ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

ネパールビザ取得のオンライン申請について解説しました。

まずは、パスポートの有効期限を確認しましょう。

残存期間が6ヶ月以上ないとパールに出入国できない

ので注意してください。

オンライン申請では、まじめに書こうとすると、項目が足りなかったり、字数制限に引っかかったりとエラーが起きます。

「だいたいでいい」

という心構えで、*印の項目のみ、埋めるようにしましょう。

滞在先の地区ナンバーは、タメル地区なら29を、その他の地区なら1~35の中で数字を書いてください。

旅行の荷物には、印刷した申請書を忘れずに入れてくださいね。

せっかくの旅行前にイライラしてしまっては楽しみが半減してしまいます。

この記事を読んで、気楽にオンライン申請に取りかかりましょう。

関連記事
ネパールのビザの申請から取得まで解説!申請書の書き方もチェック

ネパール旅行の準備で、意外にネックになってくるのが、ビザの申請ですよね。 ネパール大使館や移民局のホームページに、申請方法が書いてありますが、とてもわかりにくいです。 そして、日本でもネパールに行って ...

続きを見る

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.