アーカイブ

伊東勤の経歴や監督実績をチェック!現役時代の成績や年俸はいくら?

伊東勤

2018年、プロ野球レギュラーシーズンで、

セ・リーグは広島東洋カープの優勝

パ・リーグは埼玉西武ライオンズの優勝

で幕を閉じました。

しかし、まだ日本シリーズがありますし、オフシーズンは選手争奪のストーブリーグが過熱していきます。

 

そして、指導者側でも

伊東勤氏の中日ドラゴンズヘッドコーチ就任

というのがニュースになりました。

監督経験のある人物が、ヘッドコーチ就任というのは珍しいことです。

 

では、この伊東勤氏というのは、どのような人物なのでしょうか。

伊東勤氏の今までの監督実績や、現役時代の成績を参照しながら解説していきます。

スポンサーリンク

伊東勤の経歴

1982年

ドラフト1位で西武ライオンズに入団

1984年

正捕手となり、以降、西武の黄金時代を支える

2002年

西武の選手兼監督の要請を断りコーチ兼任選手となる

2004年

西武の監督となり、リーグでは2位だったがクライマックスシリーズで日本一にまで勝ち上がる

2007年

Bクラス転落の責任を取り監督を辞任

2008年

NHK解説者を務め、WBCの日本代表コーチに就任・週刊ベースボールでコラムを連載

2011年

韓国プロ野球チームLGツインズの臨時コーチに就く

2012年

同じく韓国プロ野球チームの斗山ベアーズのヘッドコーチに就任

千葉ロッテマリーンズの監督に就任

2017年

千葉ロッテマリーンズの監督を辞任、侍ジャパン強化本部長に就任

2018年

NHK野球解説者に復帰

経歴を見てみますと、選手や監督としてだけではなく、様々な面で野球に携わり、球界の発展に大きく貢献してきたという事が、はっきりとわかります。

野球に携わっていない年がほとんどなく、

根っからの野球人

と言っても差し支えないでしょう。

 

伊東勤の現役時代の成績

年度試合数打率本塁打打点盗塁
1982年33.242010
1983年56.194063
1984年113.284104420
1985年124.258126213
1986年129.234114018
1987年124.24710517
1988年129.25211562
1989年117.2359353
1990年119.28111434
1991年124.2128443
1992年124.26344910
1993年128.2247396
1994年113.25485317
1995年125.2466439
1996年92.2586262
1997年129.28013565
1998年114.2438384
1999年95.2873241
2000年94.2125193
2001年106.2032201
2002年118.2558503
2003年73.1683120
通算22年2379.247156811134

プロ野球の世界では

捕手=強打者

というイメージが強いでしょう。

 

しかし伊東勤氏は生涯打率2割4分7厘、通算本塁打も156本という、お世辞にも

『強打者とは言えない』

数字です。

 

しかし、捕手としては足が速い方で、

通算134盗塁

を記録しています。

伊東勤氏の一番特筆すべき数字は、やはり通算試合出場数でしょう。

通算2379試合出場

歴代14位で、投手の次に疲労が大きい捕手というポジションを考慮すれば、大変すばらしい数字です。

 

伊東勤が獲得したタイトルや記録

伊東勤氏は数々の賞を受賞し、記録を打ち立てています。

どれをとっても、輝かしい賞や記録ばかりが、並んでいます。

  • 通算犠打305、パ・リーグ歴代1位
  • 通算134盗塁、捕手としての日本記録
  • 現役22年間のうち14度のリーグ優勝、8度の日本一を経験
  • 捕手として、プロ野球記録となる1263守備機会連続無失策
  • ベストナイン賞10回
  • ゴールデングラブ賞11回
  • 最優秀バッテリー賞6回
  • 監督1年目でリーグ優勝(西武ライオンズ)は史上初
  • 2017年に日本プロ野球殿堂入り
  • 日本シリーズでセ・リーグ全球団と対戦した唯一の人物

 

伊東勤の監督実績

年度球団順位
(リーグ戦順位)
2004年西武1位(2位)
2005年3位(3位)
2006年2位(2位)
2007年5位
2013年ロッテ3位
2014年4位
2015年3位
2016年3位
2017年6位
通算:9年

 

伊東勤氏の年俸はいくら?

伊東勤氏は2003年に現役を引退して監督になってからも、球界の発展に貢献してきました。

特に西武監督時代は、

涌井秀章

中島裕之

中村剛也

などをパ・リーグで代表する選手にまで育て、リーグ優勝も果たしました。

 

ロッテの監督時代は、リーグ優勝こそありませんが、5シーズンのうち3回Aクラスに残った実績は、とても高く評価されています。

そんな球界にとって大変貢献度の高い伊東勤氏ですが、ロッテ監督時代の年俸の方は

8000万円

程と言われています。

 

プロ野球の監督ともなれば1億円越えも珍しくない業界において、8000万円は、ほぼ真ん中あたりの金額と言えるでしょう。

 

伊東勤氏の現役時代の年俸は?

一方、伊東勤氏の現役時代の年俸を見てみましょう。

1981年(19歳)

ドラフト1位で西武ライオンズに契約金5000万円で入団し

年俸300万からスタート

1992年(30歳、入団11年目)

年俸1億円

1995年(33歳、入団14年目)

年俸2億円

2003年(41歳、入団22年目、現役最後の年)

年俸1億1千万円

このように、伊東勤氏は入団14年目の(33歳)2003年の時には、ピークの

年俸2億円

に達しています。

入団11年目には、1億円に達していますので、やはり現役時代の方が監督時代よりも多く貰っていることがわかりますね。

スポンサーリンク

まとめ

伊東勤氏は中日、ドラゴンズのヘッドコーチにしておくのがもったいない程の、

『充分すぎる実績と球界への貢献度』

を持っている人物でした。

 

その実績というのも現役時代・監督時代、両方に渡って、とても素晴らしいものでした。

また、伊東氏が獲得した数々の賞や記録は、その実績に花を添える輝かしいものばかりです。

それほどの人物であるからこそ、かえってヘッドコーチ就任でニュースになってしまうのでしょう。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved