サッカー選手 女子サッカー

田中陽子(女子サッカー)の現在とは?なでしこジャパン復帰の可能性は?

2012年に開催されたU-20女子ワールドカップで、『ヤングなでしこ』のメンバーとして脚光を浴びた、田中陽子選手。

『澤穂希さんの後継者』

と、期待されながら、肝心の日本代表(なでしこジャパン)では力を発揮しきれず、現在は、日本代表から外れています。

しかも、日本代表から外れているだけにも関わらず、

『女子サッカーから田中陽子の名前すら聞かなくなった』

という声も…

では現在、田中陽子選手は、どのチームでプレーしているのでしょうか。

また、今後なでしこジャパンへの復帰はあるのでしょうか。

本記事では、田中陽子選手の現在と、なでしこジャパンへの復帰時期・可能性を探りまとめていきます。

スポンサーリンク

田中陽子の現在は?

かつては、ヤングなでしこの中心選手として活躍し、U-20 ワールドカップ2012にも出場した田中陽子選手。

1993年7月30日、山口県山口市小郡出身。

身長157cm、体重47kgと小柄ながらも、技術力は非常に高く、センスがあります。

実際に、左右どちらの足からもフリーキックを決めたこともあり、左右サイドハーフ・ボランチとこなせるポリバレント性は希少。

さらに、U-20ワールドカップ2012では、金恩花選手(北朝鮮)に次ぐ6ゴールを決め、シルバーシューズ賞を獲得。

澤穂希の後継者

とまで言われ、なでしこジャパンでの活躍も期待されていましたよね。

 

しかし、当時のなでしこジャパンの組織的サッカーに馴染めず、日本代表からは外されています。

佐々木則夫監督時代では、後半から投入されたものの、チームの約束事が守れず、わずか10分程度で、屈辱の途中交代も受けています。

さらに、高倉麻子監督になってからは、なでしこジャパンに招集されずじまい…

下位リーグ『ノジマステラ神奈川相模原』への移籍

なでしこリーグでは、INAC神戸に在籍するも、なかなかスタメン定着できず、2015年の心機一転

ノジマステラ神奈川相模原

へ移籍しています。

 

いまでこそ、なでしこリーグ1部に所属していますが、田中陽子選手が移籍を決断した当時、ノジマステラ神奈川相模原は、まだ2部リーグ所属。

しかも、2012年に誕生した歴史の浅いクラブで、2015年は、2部リーグに昇格したばかりでした。

仮にも、田中陽子選手が所属していたINAC神戸は、澤穂希さんや川澄奈穂美選手が所属していた超名門クラブです。

Jリーグで例えるなら、川崎フロンターレや鹿島アントラーズのような、代表クラスを多く輩出した常勝軍団とも言うべきトップチーム。

 

なのに、まるで立ち位置の違う下位のリーグのクラブに移籍するのは、不可解に思えてなりません。

もちろん、田中陽子選手が戦力外とみなされ、移籍するチームが他になく、やむなく下位のリーグへ移籍するなら話は別…

ただ、彼女の移籍は、決して戦力外といった理由ではありませんでした。

INAC神戸では出場機会に恵まれていなかったものの、チャンスが無かったわけではありません。

それに、まだ当時は彼女も21歳でしたし、世代交代によってチャンスだって十分得られたはずです。

ノジマステラ神奈川相模原への移籍理由

田中陽子選手は、当時スター選手を多く要しているINAC神戸では、スタメン定着することが出来ず、控えに甘んじていました。

そのため、なでしこジャパンへのアピールが殆どできず、なかなか復帰へのチャンスに恵まれていなかったのです。

そして、2019年開催のフランスワールドカップや、2020年開催の東京オリンピックを意識して、

「このままでは、なでしこジャパンへアピールできない…」

と考えました。

そうして、ノジマステラ神奈川相模原への移籍を決断し、下位リーグであっても出場機会を求めたのです。

ノジマステラ神奈川相模原へ移籍後の田中陽子

ノジマステラ神奈川相模原へ移籍後の田中陽子選手は、時折ゲームキャプテンとして活躍し、チームをなでしこ1部に押し上げる貢献をもたらします。

そして、2018年2月に行われた、なでしこチャレンジトレーニングキャンプに参加するなど、少しずつ復帰の青写真を掲げ、動き始めました。

残念ながら、なでしこジャパン(日本代表)への復帰は叶っていません。

しかし、その素養は感じさせる選手なので、可能性はまだまだあると言えるでしょう。

ただし、フィジカル・戦術眼を鍛え、組織にうまく溶け込む術を身に着けなければ、復帰の可能性は永遠にありません。

田中陽子がなでしこジャパンに復帰できない理由

田中陽子選手が、なでしこジャパン(日本代表)に選ばれていない理由は、

  • 組織の中の一員として機能できていないこと(チームの約束事が頭に入っていないことも…)
  • 中途半端に技術力があるため、前を向こうと無理してボールロストすることが多い。(しかも致命的なロストが多い…)

という2点。

この2つの欠点が改善されない限り、どれだけ技術力や得点力があったとしても、なでしこジャパン(日本代表)に招集されることはありません。

2019年に田中陽子がスペイン女子1部リーグに移籍!

2019年6月26日に、ノジマステラ神奈川の公式サイトで

田中陽子選手が海外へ移籍する

と、突然発表がありました。

そして、2019年7月に移籍先が

スペイン女子1部リーグ『スポルティング・ウエルバ』

だと明かされたのです。

 

田中陽子選手は、もともと海外志向のある選手です。

実は、2018年末くらいに、スポルティング・ウエルバからオファーをもらっていたそうなのです!

オファーをもらったときは『すぐに行きたい』と思ったそうですが、

「ノジマステラでみんなと、もっと一緒にサッカーをしたい」

という気持ちから、そのときは辞退しました。

そして、その半年後に、再びスポルティング・ウエルバからオファーが届き、チームの熱意に心を動かされた彼女は、スペインでプレーすることに決めたのです。

 

田中陽子選手は、小学生のころから、ブラジル代表のカカ選手に憧れ、海外サッカーに興味を持っていました。

そして、特に好きだったのが、スペインサッカーだったのです。

自身のプレースタイルから、スペインのサッカーが合っているのではないかと考え、いつかプレーしたいと考えていたみたいですよ。

2019年スポルティング・ウエルバでの活躍

移籍した2019年は、リーグ戦13試合中11試合に出場しました。

しかし、ゴールを決めることはできていません。

2019年のラストゲームの後に、自身のSNSに投稿し、

「来年(2020年)こそは、初ゴールを取れるように頑張る」

と意気込みを語っていました。

https://www.instagram.com/p/B6l5I5ZoFkr/?utm_source=ig_web_copy_link

2020年スポルティング・ウエルバでの活躍は初ゲームで初ゴール!

2020年1月4日に行われた2020年初ゲーム、テネリフェ戦で、そのときが訪れました。

田中陽子選手は、

ダイビングヘッドで初ゴール

を決めたのです!

見事、スペインで自らのサッカーをアピールすることができたわけですね。

チームに貢献しただけでなく、田中陽子選手自身の自信にも繋がったでしょう。

 

田中陽子のなでしこジャパン復帰時期は?

女子サッカーで活躍する田中陽子選手は、U-20年代では、ヤングなでしこジャパンの中心選手でした。

しかし、それは過去の話。

現在は、なでしこジャパン(日本代表)から離れています。

ただ、まだ26歳で才能も持っている彼女だけに、復帰の可能性も十分ありえます。

では、田中陽子選手が、なでしこジャパンに復帰する時期はいつごろになるのでしょうか。

なでしこジャパン・高倉麻子監督の方針

基本的に、高倉監督の起用方針は、

  • チームのために戦う(約束事を守り勝手なプレーはしない)
  • グラウンドの中でパフォーマンスを100%発揮できる選手
  • 約束事の中で個性を光り輝かせることのできる選手

この3つの条件に当てはまる選手を基準として起用しています。

つまり、名前ではなく、

チームへの貢献力+実力

がなければ、たとえ、過去の影響がどれだけあろうが一切起用はされません。

残念ながら、田中陽子選手は、まだ、なでしこジャパンで活躍できるだけの実力がありません。

なので、まずは結果を残すことが重要なのです。

アピールが復帰への鍵!

スペインのスポルティング・ウエルバに移籍して、海外でプレーすることは、田中陽子選手のサッカーの技術を高める絶好の場です。

海外の選手と共に練習をし、海外の選手と試合をする中で、自然とフィジカルも強くなるでしょう。

そのような選手は、なでしこジャパンにとって”強み”になってくるはずです。

2020年の初試合では、ダイビングヘッドで初ゴールを決める、最高のアピールができました。

今後、もっとチームに貢献するようなプレーを積み重ねることで、再びなでしこジャパンに召集されることを期待したいですね。

目指すはFIFA 女子ワールドカップ2023!

2020年の東京オリンピックで、田中陽子選手の復活が見たかったところですが、おそらく今回は招集されないでしょう。

なので、次に目指すは、FIFA 女子ワールドカップ2023です。

3年間の間にしっかりとアピールできれば、再びなでしこジャパンに召集される可能性は大いにありますね!

スポンサーリンク

まとめ

田中陽子選手は、U-20ワールドカップで、大会2位のゴール数を決め、

『澤穂希さんの後継者』

とまで言われた期待の選手でした。

しかし、気がつけば、なでしこジャパンで結果を出せずに、選考からも外れる日々が続いています。

現在、スペイン1部・スポルティング・ウエルバに所属。

2020年初試合で、見事初ゴールを決めて存在感を見せつけました!

海外でサッカーをすることで、フィジカル強化も期待でき、なでしこジャパンに欠かせないメンバーになる可能性は絶大です。

それだけに、まずはしっかり個を磨きアピールした上で、次のワールドカップに間に合うように、なでしこジャパンに復帰してほしいものですね。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-サッカー選手, 女子サッカー

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved