サッカー選手 女子サッカー

田中陽子(女子サッカー)の現在とは?なでしこジャパン復帰の可能性は?

更新日:

2012年に開催されたU-20女子ワールドカップで、『ヤングなでしこ』のメンバーとして脚光を浴びた、田中陽子選手。

『澤穂希さんの後継者』

と、期待されながら、肝心の日本代表(なでしこジャパン)では力を発揮しきれず、現在は、日本代表から外れています。

しかも、日本代表から外れているだけにも関わらず、女子サッカーから彼女の名前すら聞かなくなったという声も…

では、現在、田中陽子選手は、どのチームでプレーしているのでしょうか。

また、今後なでしこジャパンへの復帰はあるのでしょうか。

本記事では、田中陽子選手の現在と、なでしこジャパンへの復帰時期・可能性を探りまとめていきます。

スポンサードリンク

田中陽子の現在は?

田中陽子

かつては、ヤングなでしこの中心選手として活躍し、U-20 ワールドカップ2012にも出場した田中陽子選手。

1993年7月30日、山口県山口市小郡出身の彼女。

身長157cm・体重47kgと小柄ながらも、技術力は非常に高く、センスを感じさせてくれます。

実際に、左右どちらの足からもフリーキックを決めたこともあり、左右サイドハーフ・ボランチとこなせるポリバレント性は希少。

さらに、U-20ワールドカップ2012では、なんと、金恩花選手(北朝鮮)に次ぐ6ゴールを決め、シルバーシューズ賞を獲得。

澤穂希さんの後継者

とまで言われ、なでしこジャパンでの活躍も期待されていましたよね。

しかし、当時のなでしこジャパンの組織的サッカーに馴染めず、日本代表から外され約6年。

佐々木則夫監督時代では、後半から投入されたものの、チームの約束事が守れず、わずか10分程度で、屈辱の途中交代も受けています。

さらに、高倉麻子監督になってからは、なでしこジャパンに招集されずじまい…

下位リーグ『ノジマステラ神奈川相模原』への移籍

なでしこリーグでは、INAC神戸に在籍するも、なかなかスタメン定着できず、2015年の心機一転

ノジマステラ神奈川相模原

へ移籍しています。

いまでこそ、なでしこリーグ1部に所属していますが、彼女が移籍を決断した当時、ノジマステラ神奈川相模原は、まだ2部リーグ所属。

しかも、2012年に誕生した歴史の浅いクラブで、2015年は、2部リーグに昇格したばかり。

仮にも、田中陽子選手が所属していたINAC神戸は、澤穂希さんや川澄奈穂美選手が所属していた超名門クラブです。

Jリーグで例えるなら、川崎フロンターレや鹿島アントラーズのような、代表クラスを多く輩出した常勝軍団とも言うべきトップチーム。

なのに、まるで立ち位置の違う下位のリーグのクラブに移籍するのは、非常に不可解に思えてなりません。

もちろん、田中陽子選手が戦力外とみなされ、移籍するチームが他になく、やむなく下位のリーグへ移籍するなら話は別…

ただ、彼女の移籍は、決して戦力外での話ではありませんでした。

INAC神戸では出場機会に恵まれていなかったものの、チャンスが無かったわけではありません。

それに、まだ当時は彼女も21歳でしたし、世代交代によってチャンスだって十分得られたはずです。

それなのに、なぜ彼女は、まだ下位のリーグにいたノジマステラ神奈川相模原へ移籍したのでしょうか。

それには明確な理由がありました。

ノジマステラ神奈川相模原への移籍理由

田中陽子選手は、当時スター選手を多く要しているINAC神戸では、スタメン定着することが出来ず、控えに甘んじていました。

そのため、なでしこジャパンへのアピールが殆どできず、なかなか復帰へのチャンスに恵まれていなかったのです。

そして、2019年開催のフランスワールドカップや、2020年開催の東京オリンピックを意識して、

「このままでは、なでしこジャパンへアピールできない…」

と考えた田中陽子選手。

ノジマステラ神奈川相模原への移籍を決断し、下位リーグであっても出場機会を求めたのです。

ノジマステラ神奈川相模原へ移籍後の田中陽子

ノジマステラ神奈川相模原へ移籍後の田中陽子選手は、時折ゲームキャプテンとして活躍し、チームをなでしこ1部に押し上げる貢献をもたらします。

そして、2018年2月に行われた、なでしこチャレンジトレーニングキャンプに参加するなど、少しずつ復帰の青写真を掲げ、動き始めています。

残念ながら、なでしこジャパン(日本代表)への復帰は叶っていません。

しかし、その素養は感じさせる選手なので、可能性はまだまだあると思います。

ただし、フィジカル・戦術眼を鍛え、組織にうまく溶け込む術を身に着けなければ、復帰の可能性は永遠にありません。

田中陽子がなでしこジャパンに復帰できない理由

彼女が、日本代表に選ばれていない理由は、

  • 組織の中の一員として機能できていないこと(チームの約束事が頭に入っていないことも…)
  • 中途半端に技術力があるため、前を向こうと無理してボールロストすることが多い。(しかも致命的なロストが多い…)

の2点。

この2つの欠点が改善されない限り、どれだけ技術力や得点力があったとしても、彼女が、日本代表に招集されることはありません。

果たして、田中陽子選手は、なでしこJAPAN(日本代表)に選ばれない2つの要因を改善し、復帰することができるでしょうか。

今後の田中陽子選手の活躍と、なでしこジャパン(日本代表)への復帰を期待しています。

 

ノジマステラ神奈川相模原での活躍ぶりは?

田中陽子2

田中陽子選手は、先程お話したとおり、2015年から、ノジマステラ神奈川相模原へ移籍しています。

ノジマステラ神奈川相模原は、現在なでしこリーグ1部に所属。

2018年は、なでしこリーグで3位に入り、一方で、2017年の皇后杯では準優勝!

INAC神戸とも肩を並べるほどの力を付けてきました。

田中陽子選手の主戦場は、主に左サイド。

リーグ戦18戦全てに出場し、3得点をマークしています。

なでしこジャパン復帰には結果不足?

彼女は、左サイドハーフやボランチを主軸としているMFで、ストライカーではありません。

なので、ゴール数だけで判断すべきではないでしょう。

そもそも彼女は、まだ無名のチームへ移籍し、なでしこ1部リーグで上位に食い込むほどの貢献をもたらしています。

ただ、田中陽子選手個人としての結果は、なでしこ復帰を考えたら少々物足りません。

本来、彼女は、守備というよりも、技術的なプレーを得意とする選手。

むしろ、技術があるために、前を向こうとする意識が強く、致命的なボールロストもあったほど…

そのことを考えると、やはり、18試合3点では物足りませんよね。

今後、田中陽子選手が、なでしこジャパンへ復帰するためには、

  • なでしこジャパンの一員として戦えるだけの戦術理解力(戦術眼)・組織力
  • 致命的なボールロストをしてしまわないためのフィジカル
  • 多少のミスを補うだけのテクニック・得点力

これらを高め、なでしこリーグでコンスタントに結果を出さなければなりません。

その上で、うまく高倉監督にアピールできて、初めて復帰の可能性が広がるのです。

 

田中陽子のなでしこジャパン復帰時期は?

女子サッカーで活躍する田中陽子選手は、U-20年代では、ヤングなでしこジャパンの中心選手でした。

しかし、それは過去の話で、約6年もの間、なでしこジャパン(日本代表)から離れています。

ただ、まだ25歳で才能も持っている彼女だけに、復帰の可能性も十分ありえます。

では、田中陽子選手が、なでしこジャパンに復帰する時期はいつごろになるのでしょうか。

なでしこジャパン・高倉麻子監督の方針

基本的に、高倉監督の起用方針は、

  • チームのために戦う(約束事を守り勝手なプレーはしない)
  • グラウンドの中でパフォーマンスを100%発揮できる選手
  • 約束事の中で個性を光り輝かせることのできる選手

この3つの条件に当てはまる選手を基準として起用しています。

つまり、名前ではなく、

チームへの貢献力+実力

がなければ、たとえ、過去の影響がどれだけあろうが一切起用はされません。

残念ながら、田中陽子選手は、まだ、なでしこジャパンで活躍できるだけの実力がありません。

なので、まずは結果を残すことが重要です。

なでしこリーグでのアピールが復帰への鍵!

2019年3月から開幕するなでしこリーグで、結果をしっかりアピールできれば、2019年開催の女子ワールドカップへの招集もありうるでしょう。

ある種、実力主義であるために、いつ復帰できると確約できるものではありません。

目指すはフランスワールドカップでの復帰

しかも、女子サッカーフランスワールドカップ2019は、6月開催と、もうすぐそこまで迫ってきています。

おそらく代表メンバーの選考機会は、あと、1~2回しかないと思いますし、なかなか厳しいです。

ただ可能性がある以上、なんとか奇跡的に復活してくれることを期待を込めて予想しておきます。

また、少なくとも東京オリンピックまでは、チャンスは有るはずなので、ぜひとも田中陽子選手の、なでしこジャパン復帰を期待したいですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

田中陽子選手は、U-20ワールドカップで、大会2位のゴール数を決め、

『澤穂希さんの後継者』

とまで言われた期待の選手でした。

しかし、気がつけば、なでしこジャパンで結果を出せずに、選考からも外れる日々が続いています。

現在、なでしこ1部・ノジマステラ神奈川相模原に所属。

そこで、なでしこジャパンへの復帰を模索していますが、果たしていつ復帰できるのか…

技術力やポリバレント性が高くても、組織としての約束事が守れず、致命的なボールロストしていては、いつまでも復帰は不可能。

それだけに、まずはしっかり個を磨きアピールした上で、次のワールドカップに間に合うように、なでしこジャパンに復帰してほしいものですね。

関連記事

-サッカー選手, 女子サッカー

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.