生活

お歳暮のお礼状のはがきマナーを紹介!封書やイラスト絵葉書でも大丈夫?

更新日:

日頃お世話になった方に、感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、頂いたらお礼状を送るのが一般的なマナーとされています。

もしお返しの品を送る場合にも、先にお礼状を送ります。

 

お歳暮のお礼状は、はがきで出すことが多いものです。

では、はがきで出す場合、どんなはがきが良いのでしょうか?

 

あらかじめイラストが入った絵葉書も、多く販売されていますよね。

もちろん封書で出す場合もあります。

 

ここでは、

  • お歳暮のお礼状にどのようなものが適しているのか
  • はがきで出す場合はどんなことに注意したらいいのか

などを紹介していきます。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼状ははがき?封書?

ハガキ?封書?

ハガキ?封書?

お礼状というと、かしこまった印象がありますよね。

しかし、お礼状は必ず封書で書かなければいけない、というわけではありません。

 

封書は、

  • 目上の方に送る
  • 形式やしきたりを重んじる方に送る
  • とてもお世話になっており、書くことがたくさんある
  • 内容を知られたくない

などの場合によく使われます。

 

改まって書くお礼状は、縦書きの封書が正式なものとされています。

しかし、それ以外の一般的なお礼状は、はがきで送ることの方が多いものです。

 

親戚や知人、友人などの他、ビジネスシーンでもはがきでお礼状を出します。

はがきで送ることのメリットとして、

  • 手軽に出せる
  • 文章量が少ない
  • 相手の方に気を使わせなくて済む

という点が挙げられます。

 

はがきの場合、限られたスペースに簡潔に書いて送るので、

封書に比べて堅苦しい印象はありません。

また、そこまで高額ではない品を頂いた場合にも、はがきが適しています。

関連記事
お礼状
お歳暮のお礼状テンプレート!個人相手とビジネスの書き方を文例で紹介

お世話になった方に、感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、贈るばかりではなく、頂くことも多いのではないでしょうか? 個人的なお付き合いの方や、ビジネス関係の方など、様々な場面でつながりのある方から贈ら ...

お礼状をはがきで出すときのマナー

お歳暮のハガキお例文

お歳暮のハガキお例文

手軽にはがきで出すにしても、失礼のないようにしたいですよね。

お礼状は、お歳暮が無事に届いたことを知らせるためにも、なるべく早く出すのがマナーです。

では、どんなはがきで、どういう書き方をしたらいいのでしょうか。

 

お礼状に適したはがきの種類は?絵葉書でも大丈夫?

はがきのデザインに特に規定はありません。

どんなはがきにするか迷った場合は、無地のものを選ぶのが無難でしょう。

様々なシーンで使えるので、失礼になることはありません。

 

もちろん、あらかじめ絵柄の入ったものや、イラストをプリントアウトしたものでも構いません。

はなこ
お礼状にイラストが入っていると失礼になるかも

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ受け取った方は、嬉しく感じるものです。

 

特に季節感のある落ち着いた絵柄のはがきは、お礼状としても多く使われています。

白黒のような色合いではなく、寒い時期だからこそ、温かみのある配色のイラストの方がおすすめですよ。

 

お礼状にぴったりの切手も売られているみたいなので、そちらを貼って送るのもいいかもしれませんね。

相手の方との関係性や書く内容などによっ、封書にするのか、はがきにするのかを選ぶことが大事ですね。

 

縦書き横書き、どちらがいいのか?

はがきでお礼を書く際に、縦書き横書きかで迷うことがありますよね。

親しい間柄の方には横書きでも構いませんが、

基本的にお礼状は、縦書きとされています

 

ビジネスシーンなどの場合は、縦書きの方がきちんとした印象を与えることができます。

特に、目上の方やかしこまった相手の方にお礼をするときは、縦書きにした方が失礼になりません。

 

縦書きで宛先などを書く場合は、

  • 住所の数字は漢数字を使う
  • 番地などは略さずに書く
  • 自分の住所と名前は、相手のものより小さく書く

などのポイントに気を付けながら書きましょう。

 

当たり前のようなことですが、これらに注意しながら失礼のないように書いてくださいね。

 

お礼状の基本的な内容と順序

どんなシーンのお礼状でも、書く内容の基本的な流れは同じです。

 

①挨拶の言葉

頭語(拝啓、謹啓など)を入れた後、時候の挨拶や季節を表す言葉を書きます。

 

②お歳暮をいただいたお礼と感謝

お歳暮が届いたことの報告も兼ねて、お礼と感謝の気持ちを書きましょう。

 

③自分の他にも喜んでいることを伝える

いただくシチュエーションに応じて、自分の他にも家族、会社のみんなも喜んでいることを伝えましょう

 

④末長いお付き合いをお願いする言葉

来年からもよろしくお願いします、という継続的なお付き合いをお願いする言葉を書きます。

 

⑤相手の健康を気遣う言葉

寒い季節ということと、年末の忙しい時期に送るお礼状なので、身体に気を付けてくださいといった言葉を入れましょう。

 

⑥結語

最後に結語(敬具、敬白など)を入れ、その後に日付と名前を入れます。

尚、夫の代理で書く場合は、夫の姓目を書いた左脇に、小さく『内』と入れます。

スポンサーリンク

 

まとめ

お歳暮をいただいたら、お礼状を送るものですが、かしこまった印象から、なかなか行動に移せないこともあると思います。

そんな時も、はがきでお礼の気持ちを伝えられるなら、かしこまりすぎず手軽にできますよね。

 

最近では、メール電話などで済ませてしまうケースも多いようですが、お歳暮を贈っていただいた方には誠実に対応したいものです。

ぜひ相手の方に合わせて、はがきや封書などを使い分けて、感謝の気持ちを伝えてください。

 

お礼状を送ることで、円滑な人間関係を続けていってくださいね。

関連記事

-生活

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.