食べ物

肉まんと豚まんの味の違いとは?具材の内容をチェック!

更新日:

肉まん・豚まん 違い

コンビニなどでは、お馴染みの商品として、

『肉まん』

が販売されていますよね?

弁当を買ったついでなどに、合わせて買う人も多いと思います。

 

そして、肉まんとよく似ている食べ物として、

『豚まん』

というものが存在しています。

一見すると、具材が違うのかとも思いますが、

『地方によって意味合いが違う』

ともされています。

 

そこで、今回は、

『肉まんと豚まんの違い』

について、紹介していきます。

スポンサードリンク

肉まんと豚まんの違いは具材?

『肉まん』と『豚まん』という名前から来るとおり、

『それぞれの違いは、具材から来ているのか』

と考える人も多いと思います。

確かに、具材の違いが肉まんと豚まんを分けているといっても過言ではありません。

 

一般的に、肉まんの具材は、

『牛肉』

が使われており、肉まんの基礎となっています。

 

もう1つの豚まんは、

『豚肉』

が使われているので、そのまま豚まんと呼ばれることが多いですね。

豚肉に関しては、

『肉まんと区別するために、具材を大きめに切る』

などして、差別化が図られていることもあります。

肉まんでも豚肉を使っていることがある

肉まんには、牛肉を使っていると紹介しましたが、

必ずしも牛肉を使っているというわけではない

ということも覚えておかなければなりません。

 

中には、豚肉を使いながらも、

『牛エキス』

などを使って、牛肉の味を出している豚まんもあり、完全な豚肉味というわけでもないようです。

豚まんは、主に関西の呼び方

豚まんという名前からして、豚肉を使っていると思うでしょうが、

『関西では、牛肉・豚肉どちらを使っても豚まんと呼んでいる』

ようです。

 

関西では、肉と言えば、

『牛肉』

という発想が根付いているので、牛も豚も同じ呼び方になるということですね。

 

関東では、牛肉を使っていれば、

『肉まん』

と呼んで、豚まんとは差別化がされているようです。

 

肉まんや豚まんの具材・味・内容・呼び方は、地方で様々

肉まん・豚まん 地方 呼び方

肉まん・豚まんと別々の名前で呼ばれていますが、結局のところ、

『どちらの名前で呼んでも間違いではない』

ということが言えます。

 

関西では豚まんでも、関東では肉まんであったり、

『肉まんと豚まんが並んでいると、中身の肉に違いをつけていただけ』

だったりと、かなり定義が曖昧な食べ物だと言えます。

 

そのため、呼び方が同じものでも、

『具材・味・内容が異なる』

ので、違いが明白にできないと言えるでしょう。

肉まん・豚まんに関しては、呼び方や味を気にするだけ無意味だと言えますね。

 

もう1つ、中華まんというものもありますが、これに関しても、

『肉まん・豚まんと同義』

とされており、他にあるあんまん・カレーまん・ピザまんなども中華まんとなります。

 

自分の食べているものが、どれになるか分からなくなったら、

『中華まん』

と呼べば、結局のところ正解と言えるのではないでしょうか?

 

あとは、先程紹介したように、

『地方によって呼び方を変える』

ようにすれば、呼び方に迷うことも無くなるでしょう。

 

肉まんや豚まんなどはどこから?

中身は同じでも、地方によって呼び方が違う肉まんや豚まんですが、

元々、どこから来たものなのか

ということを知っているでしょうか?

 

多くの人は、中国を想像するかもしれませんが、厳密に言うと、

『中国の三国時代』

が始まりとされています。

 

魏・呉・蜀が大陸の覇権を争った時代になりますが、その中でも有名な将である、

『諸葛孔明』

が、肉まんや豚まんの基礎を作ったとされているのです。

 

三国志に詳しい人なら、諸葛孔明が指揮を執っていた蜀が、

『南蛮征伐』

に出かけていたことは知っていると思います。

その帰り道で、嵐で川が氾濫した時の話です。

 

当時、嵐を鎮めるためには、

『人の頭を捧げなければならない』

とされていました。

ですが、戦で死んでいく兵をこれ以上犠牲にしたくないと考えた孔明は、

『小麦粉と水で作った皮の中に、牛や羊の肉を詰めて人の頭に似たものを作った』

とされています。

 

そして、それを捧げた結果、

『嵐が静まり、川を渡ることが出来た』

と伝えられているのです。

このときに作ったものが、後の肉まんの原型になり、現代まで続いていると言われています。

 

この話が、本当かどうかはわかりませんが、

『この頃から、本格的に肉まんや豚まんが食べられていた』

というのは、間違いないようです。

日本に伝わったのは、昭和の初めころ

諸葛孔明が肉まんの起源を作ったのは分かりますが、

日本にはどうやって伝わったのか

も気になるところですよね?

 

日本で肉まんや豚まんが食べられ始めたのは、

昭和初期

とされています。

 

当時の呼び名は、

『天下一品 志那饅頭』

と呼ばれ、中国を旅行をしていた相馬夫妻が、現地で肉饅頭を食べた後、開発したと言われています。

中国の肉まんや豚まんは、日本人には合わなかったそうなので、

『日本人向けに味付けを変えた』

ことで人気が出たため、今でも食べ続けられているのです。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『肉まんと豚まんは、地方で多少の違いはあれど、結局は同じ食べ物』

ということが言えるでしょう。

 

たまに、

『これは肉まんか豚まんか分からない』

という人がいますが、元を正せば同じ食べ物なので、どちらで解釈しても問題ありません。

 

ただ、地方によっては違いを明確にすることもあるので、

『その土地に合った呼び方をすれば良い』

と言えるでしょう。

 

大切なことは、呼び方よりも、

『美味しいかどうか』

なので、あまり気にせず、肉まんや豚まんを楽しんで食べてみてくださいね。

関連記事

-食べ物

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.