雑学

インフルエンザは犬や猫にうつる?症状や予防接種をチェック!

更新日:

インフルエンザ感染が心配なペット

インフルエンザ感染が心配なペット

インフルエンザの流行シーズンが近づいてきました。

出来ることならかかりたくないですよね。

インフルエンザは、感染力が高いので、流行シーズンには学級閉鎖のニュースが毎日のように流れてきます。

家族の中にも、インフルエンザに感染した人が一人いると、次から次へと順番に感染していくケースも多いですよね。

しかし、そんな時、

大切な犬や猫などのペットに、インフルエンザがうつってしまったらどうしよう?

なんて、考えたことはありませんか?

私たち人間よりもか弱いペットですから、その症状などが心配です。

そこで、当記事では、『犬や猫にインフルエンザはうつるのかどうか』を調査してみました。

スポンサードリンク

人間からインフルエンザは犬や猫にうつる?

犬や猫などのペットと暮らしている人にとって、自分のインフルエンザがうつってしまわないか、心配ですよね。

人間でさえ、その症状はとても辛いものです。

普段から同じお布団で寝ていたり、ペットたちはどんなときでも寄り添ってくれます。

飼い主がインフルエンザでも、お構いなしにスキンシップをとってきますから、心配になる飼い主も多くいます。

しかし、

インフルエンザウイルスは基本的には、犬や猫にはうつらない

と言われています。

つまり、通常の季節性インフルエンザは人間から人間にしか、感染しないのです。

ただし

新型ウイルスなどの変異したものは、うつらないとも言えない

という報告もあるので、安心はできません。

現在、日本で確認されている人間のインフルエンザウイルスが、犬や猫に感染した、という報告は未だありません。

しかし、米国や韓国、中国では、新型のインフルエンザウイルスが飼い主から犬・猫に感染したケースが報告されています。

また、飼い主がインフルエンザにかかった際に、飼い猫が咳やくしゃみ、食欲不振、発熱などの症状を発症したケースもあります。

日本国内では、まだ人間から犬・猫への感染は報告されていないものの、変異しやすいウイルスに対して、油断はできないのです。

ただし犬や猫のこんな症状には注意

元気がない犬

元気がない犬

私たち人間のかかったインフルエンザが、基本的には犬や猫には感染しない、と分かりました。

しかし、

  • 犬インフルエンザ
  • 猫インフルエンザ

と呼ばれるものは存在するというのです。

これは、犬同士や猫同士で感染するウイルスです。

正しくは、『犬インフルエンザウイルス』はすでに存在していますが、『猫インフルエンザウイルス』は存在していません。

インフルエンザに似た、

  • 猫ヘルペスウイルス感染症
  • 猫カリシウイルス感染症

などの呼吸器の症状を起こす猫がいることから、これらを『猫インフルエンザ』と呼ぶことがあるようです。

また、国外では、鳥インフルエンザが犬や猫に感染した可能性がある、という報告があります。

国内ではまだ感染のケースはありませんが、鳥インフルエンザに感染した、鳥の死骸や排泄物など体液が付着しないように、飼い主の注意が必要です。

犬インフルエンザ・猫インフルエンザの症状

『犬インフルエンザ』や『猫インフルエンザ』に感染した場合、次のような症状があらわれます。

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • せき
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 呼吸促迫

軽度の場合は、しばらくこれらの症状が続いた後、重症化せずに自然と治っていくことが多いようです。

しかし、重度の場合では、肺炎も引き起こす可能性があります。

予防接種やワクチンはあるの?

ワクチン接種する猫

ワクチン接種する猫

国内では、『犬インフルエンザ』や『猫インフルエンザ』の発症例が報告されていないものの、いつ国外からウイルスが持ち込まれて、流行してもおかしくはありません。

万が一に備えて、私たち人間と同じように『予防接種』をうけさせたい、と考えている飼い主さんも多くいるでしょう。

ところが、犬や猫のインフルエンザが国内で確認されていないことから、予防接種やワクチンは現在ないようです。

そのため、日頃から飼い主が食事や体調のチェックをし、体調管理をしっかりと行っておくことが大切です。

 

しかし、『猫インフルエンザ』と呼ばれる

  • 猫ヘルペスウイルス感染症
  • 猫カリシウイルス感染症

これらの感染症は、ワクチンで予防することができます。

予防接種やワクチン以外の予防方法

『犬インフルエンザ』や『猫インフルエンザ』の予防接種やワクチンは、現在国内ではありませんので、日頃から飼い主が体調管理を行うことが予防に繋がります。

以下の項目を、日頃からチェックしましょう。

ご飯を食べる量をチェックする

バランスのよい食事を与える

ご飯トレーや飲み水はいつも清潔にしておく

規則正しい生活を送る

適度に運動ができているか

ストレスがたまっていないか

トイレを清潔に保つ

犬同士の接触や、排泄物への接触に注意をする

もしも咳やくしゃみ、食欲不振などの症状がみられ、いつもより元気がないな、という場合には、脱水症状を起こさないように水分補給をしっかりと行いましょう。

ストレスを与えず、充分な休息をとらせてあげましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

『犬や猫にインフルエンザはうつるのかどうか』を調査しました。

私たち人間がかかった、季節性インフルエンザは、

基本的には犬や猫にはうつらない

と言われています。

しかし、国外では、新型のインフルエンザウイルスが飼い主から犬・猫に感染したケースが報告されています。

また、『犬インフルエンザ』や『猫インフルエンザ』にも、今後注意が必要です。

日本国内では、まだワクチンや予防接種がありません。

私たちは日頃から、大切な小さな家族の体調管理や、体調の変化を見逃さないように注意しましょう。

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.