歌手

宮本浩次の身長は低い?出身高校や大学など経歴プロフィールを調査

実は、エレファントカシマシとして活動する以前に、

『NHKみんなのうた』で芸能界デビュー

を果たしていた宮本浩次さん。

作詞・作曲も手がけ、一方では、俳優としても活動。

まさに、マルチに動ける才能豊かなアーティストですよね。

 

ところで、宮本浩次さんを育んだ出身高校・大学が、どこになるのか気になりませんか?

それだけでなく、経歴からプロフィールや身長も気になります。

当記事では、宮本浩次さんの身長や、経歴・プロフィールから学歴までを、まとめてみました。

スポンサーリンク

宮本浩次の経歴・プロフィール

エレファントカシマシの宮本浩次さんは、見た目、独創的でユニークな人という印象を受けますが、経歴を探ってみると、これまた面白いです。

まずはプロフィールから紹介します。

宮本浩次のプロフィール

生年月日:1966年6月12日

出身:東京都北区赤羽

星座:ふたご座

血液型:O型

愛称:ミヤジ

身長:170cm

体重:51㎏

宮本浩次さんは、東京都北区赤羽出身です。

この地は、

バンド誕生の地

とも言われている場所です。

そんな場所で生まれた人が、バンドのボーカルになるなんて、ある意味で運命ですよね。

 

宮本浩次さんの身長は、

170cm

と、高くはなく、日本人の平均身長くらいですね。

 

そして、170cmで51kgというと、かなり痩せています。

170cmの人の平均体重は約70kgですから、

体力勝負のミュージシャンが、こんなにやせ形で大丈夫なのか?

と少々心配になるところです。

 

次に、宮本浩次さんの経歴を辿っていきます。

宮本浩次さんは、

NHK東京児童合唱団に小学校3年生から5年生まで入団

して指導を受けていました。

歌唱力の高さは、小さな頃からだったようで、

合唱団ではソロを任されるほど

に歌が上手かったそうですよ。

 

バンドデビューする前の、10歳の頃には『みんなのうた』の『はじめての僕デス』を歌うまでになり、これが宮本浩次さんの歌手デビューでした。

早くも歌唱力の才能が発現していた宮本浩次さん。

そんな彼が本格的な音楽活動としてバンドを組んだのは、1981年のことです。

  • 石森敏行(ギター)
  • 冨永義之(ドラムス)
  • ギター担当の同級生
  • オルガン担当の女子
  • マネージャーの女子

の5名と共に、ロックバンド『エレファントカシマシ』を結成しました。

当時は、まだ宮本浩次さんが中学3年生という若さであり、メンバーは同級生を中心として組んだ学生のバンドです。

そのため、ギター担当の同級生や、オルガンを担当していた女子やマネージャーの女子もメンバーにいました。

 

現在のエレファントカシマシの姿になったのは、人数が3人になってしまった後、ベース担当の高緑成治さんが加入した1986年のことです。

ソニーのオーディションに受かり、エピック・ソニーからデビューすると、

エピック・ソニー

ポニーキャニオン

東芝EMI

ユニバーサルミュージック

と何度もレーベルを変えながら活動していきます。

 

また、宮本浩次さんはボーカルとしてだけでなく、作詞作曲の面でも活躍し、多くの人気曲を生み出しました。

代表曲『今宵の月のように』は、80万セールスした大ヒット曲!

エレファントカシマシのブレイクの大きな要因とも言えるでしょう。

その他にも、

  • 悲しみの果て
  • 俺たちの明日
  • ズレてる方がいい

など、数々の名曲を生み出していきました。

 

そんな宮本浩次さんですが、実は、音楽番組『HEY!HEY!HEY!』で共演した

浜田雅功さんとの縁

もあってドラマにも出演。

そのドラマとは、2000年に放送されたTBSドラマ『Friends』。

ドラマでは、売れない放送作家の役を演じていたのですが、また独特のキャラを醸し出し、なんと、

第26回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞の新人俳優賞

まで受賞します。

しかし、あくまでも自分はミュージシャンであることなのか、それ以降のドラマ出演はしていません。

 

宮本浩次の学歴を調査!出身高校・大学は?

宮本浩次さんの学歴についても調べてみました。

宮本浩次の出身小学校

まず、宮本浩次さんの小学校からです。

出身小学校は、

北区立赤羽台東小学校

でした。

現在は存在していない学校

であり、赤羽台西小学校に結合されています。

宮本浩次の出身中学校

次に、エレファントカシマシ誕生となった、宮本浩次さんの中学校についてです。

出身中学は、

北区赤羽台中学校

で、こちらも小学校同様統合されています。

中学校の名前も、北区立桐ケ丘中学校となっているため、現在はもう存在しない学校です。

宮本浩次の出身高校

宮本浩次さんが通っていた高校は、

高輪高校

という東京都港区高輪二丁目にある学校です。

この高校の偏差値は

58

という偏差値で、宮本浩次さんの在籍していた頃は、もう少し低かったのではないかとも言われています。

高校時代の宮本浩次さんは、やはりと言うべきかバンド中心の生活だったそうです。

宮本浩次の出身大学

さて、宮本浩次さんの出身大学ですが、

東京国際大学

という埼玉県の大学でした。

東京と名がついているのに埼玉にあるという、ディズニーランドの仲間みたいな名前をしています。

東京国際大学の偏差値は、

38

と低く、言い方は悪いですが、いわゆるバカでも入れる大学です。

 

宮本浩次さんは、中学の頃からバンド中心の生活をしていたためか、学力が悪く、この大学にしかいけなかった可能性も…。

まぁ芸能人として活動していくなら、学力は必須ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、宮本浩次さんの経歴を中心に、出身小学校から大学まで、身長などのプロフィールを調査し、まとめました。

宮本浩次さんは、

  • 高輪高校
  • 東京国際大学

が出身となります。

高校は、割と良い高校に通っていましたね。

単純に『学力が高かった』というよりは、中学からバンド中心の生活をしていたので、

『芸術性が高かった』

と言えるでしょう。

 

経歴を見ていくと、エレファントカシマシが、いかに長い歴史を持つバンドかがよくわかりますよね。

中学校の頃に組んだバンドが、メンバーの若干の変動はありながらも、40年も続いている…

今後も、なかなか生まれることはないバンドでしょうね。

関連記事

-歌手

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.