仕事

リクルーターとはどんな人?意味や制度と面談で選ばれる人を紹介

更新日:

就職活動を進めていく中で、『リクルーター面談』という言葉を目にする機会も出てくるのではないでしょうか。

全ての就活生がリクルーター面談をするわけではないため、知らずに内定を勝ち取る学生も、もちろんいます。

しかし、最近は、このリクルーター面談を行う企業が増えているのです。

「リクルーターとはどんな人?」

「リクルーター面談とは、どんな内容なの?」

など、リクルーター面談について、就職活動を有利に進めていくためのコツなどを、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

リクルーターとは?その役割や意味は?

リクルーター面談

リクルーター面談

『リクルーター』とは、会社の人事部とは別に、採用活動の手助けをする社員のことをいいます。

その役割は、主に次のようなものです。

  • 就職活動を行う学生の、OB・OG訪問の対応
  • 出身大学やゼミ、サークルなどに出向いて、優秀な人材の発掘・選出
  • 会社と就活生との調整役
  • 本採用試験の前の一時面談

その会社により、リクルーターの業務内容や権限などは異なりますが、

優秀な人材を確保するための大切な役割と言えます。

優秀な人材は、複数の会社から内定をもらうこともあるでしょう。

最終的に自社を選んでもらうためには、個別にアプローチし、自社への興味や志望感を高めておくことはとても重要です。

そういったことからも、リクルーター制度は、優秀な人材を確保したい企業にとって、意味のある制度なのです。

 

リクルーター制度の効果は?

企業説明会

企業説明会

リクルーターによる、就活生への個別アプローチによって得られる効果は、とても大きく、リクルーター制度を採用する企業も増えているようです。

リクルーター制度による効果は、

  • 優秀な人材の早期確保
  • 就活生の、会社への理解度や志望感を高める
  • 人事部の、採用試験に対する負担軽減

多くの就活生を一度に対応する『企業説明会』などでは、会社の魅力を十分に理解してもらうのは難しいのでしょう。

ホームページや企業案内でも入手できるような、限られた情報だけでは、

「この会社で働きたい!」

という気持ちは、なかなかわいてこないでしょう。

しかし、リクルーターと個別に面談し、リアルな会社の情報を入手することができれば、

「こんな先輩たちと、この会社で働きたい!」

と、その会社で働く将来の自分のイメージが、わいてくるかもしれません。

そうなれば、その会社に対する志望感が高まり、他の会社からの内定が出ても、心変わりすることは減るのではないでしょうか。

また、リクルーターによる個別面談の内容を採用担当者へ伝えることで、より的確な採用活動が行えるという効果もあります。

会社と就活生の、お互いの理解度を高めることは、入社後の

「こんなはずじゃなかった…。」

などと、入社早々に退職してしまうという最悪のケースを避けることもできます。

結果、余計な時間と手間を省くこともできるという訳です。

 

リクルーター面談で成功を勝ち取るための秘訣

印象に残る自己アピール

印象に残る自己アピール

では、リクルーターとの面談をし、内定をもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

実際にリクルーター面談をし、内定を勝ち取った成功者の情報を元に、秘訣を紹介しましょう。

リクルーター面談をした学生を対象に、リクルーターからの連絡のタイミングやきっかけを調査したところ、

  1. エントリーシートを提出した後
  2. 会社のセミナーに参加した後
  3. プレエントリーをした後

このような回答が多かったようです。

つまり、実際の採用試験の前から、リクルーターは動き始めているのです

リクルーターの目に留まるための秘訣!

多くの就活生が集まる中で、

「この学生はいいんじゃないかな。」

「うちの会社との相性はどうだろう?」

と、リクルーターに思ってもらうためには、

この会社で働きたい!という熱意を見せる事が重要です。

熱意は、次のような行動で伝えることができます。

  • 積極的に発言するなどして、顔と名前を印象付ける
  • 事業内容を把握し、この会社だからこそ!という、自分なりの意見を伝える
  • 第一志望だと伝える

多くの学生が集まるセミナーなどでは、まずは目に留まることが必要です。

質疑応答やディスカッションなどでは、積極的にアピールしましょう。

また、他の会社でも使いまわしできそうな、ありきたりな内容では、印象に残りません。

事業内容を意識した、その会社ならではの意見だと、好印象を与えることができるでしょう。

「あの学生と、もう少し話をしてみたいな。」

そう思わせることができれば、リクルーターからの連絡がくるかもしれませんね。

リクルーター面談での秘訣!

リクルーター面談は、カジュアルなスタイルで行われることが多いようです。

ですが、本採用の面談とは違うからと、油断は禁物です!

リクルーターは、雑談をしながら、自社に必要な人材か適性をみているかもしれません。

リクルーター面談は、採用するかどうかの判断基準にもなる

ということを忘れてはいけません。

リクルーターへの質問を用意しておこう

「何か聞きたいこと、ありかすか?」

こう聞かれて、HPやパンフレットなどで分かるような内容しか質問できなければ、

「この学生は、うちの会社にあまり興味がないのかな?」

と思われてしまい、次のステップに進むことができなくなってしまいます。

事前に会社概要などはチェックし、聞いておきたい質問は用意しておきましょう。

身だしなみや挨拶はしっかりと!

短い時間でのリクルーター面談では、第一印象がとても大切です。

最初に悪い印象を与えてしまっては、どんなに素晴らしい素質があっても、見抜いてもらうことは難しくなります。

遅刻などは問題外です!

身だしなみや挨拶はしっかりとしましょう。

また、メモを取りながら熱心に聞くなど、面談中の態度にも気をつけましょう。

学生時代に頑張ったことを聞かれたら?

学業やサークル、趣味、アルバイト、運動など、取り組んでいたことを聞かれることはよくあります。

これは、取り組んでいた内容や業績を知りたいからではありません。

この質問は、人柄や入社後の可能性をみるための質問だと考えて答えましょう。

  • なぜそれをがんばったのか
  • 具体的に何をしたのか
  • どんな努力や工夫があったのか
  • そこから何を学んだのか

このような内容を意識して、答えるといいでしょう。

自己PRは具体的に

自己PRでよく『協調性がある』『行動力がある』『ねばり強い』『がまん強い』などという言葉をよく使いますが、これだけでは抽象的すぎて、アピールになっていません。

「~だから〇〇なんです!」

と、具体的な例、エピソードを添えてアピールします。

また、入社後に、それをどう活かせるかも忘れずに入れて伝えましょう。

面談後はお礼を忘れずに

リクルーターは、仕事の合間に面談をしています。

また、一人のリクルーターが、多くの学生と面談をしているかもしれません。

忙しい中、貴重な時間を自分に使っていただいたという感謝の気持ちを伝えましょう。

その他大勢の学生と差をつけ、好印象な記憶を残してもらいましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

リクルーター面談をした人の多くは

  • 社内の様子や社風なども知れて、より志望感が高まった
  • 採用試験のアドバイスをしてもらえた
  • 面接の練習になった

などと、リクルーター制度を上手に活用している学生が多いようです。

採用担当の人事の人とは違い、詳しい内容を質問しやすい&相談しやすいというところが良いのでしょう。

企業側も、自社の魅力をアピールできる制度として、リクルーター制度に力を入れている会社も増えているようです。

リクルーター制度を上手に活用するコツは、『リクルーターに好印象を持ってもらうこと』です。

リクルーターに、

「一緒に働きたいな。」

そう思ってもらえれば、採用試験に向けて、アドバイスをもらえるかもしれません。

また、採用担当者への報告も、好印象なものになるかもしれません。

しっかりと準備をし、リクルーター制度を活用して、希望企業の内定を勝ち取りましょう。

関連記事

-仕事

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.