ガジェット

ドコモのスマホお返しプログラムの条件や内容を紹介!普通の分割との違いとは?

更新日:

2019年6月から、ドコモ新料金プランとして『ギガホ』『ギガライト』の2プランに、今までの料金プランがまとめられていく…

このニュースは、ニュース番組でも大きく取り上げられた話ですが、それに伴い、

「端末代金の値引きが無くなる」

と危惧する声も上がっていました。

そこで、新たに発表されたのが、

『ドコモ・スマホお返しプログラム』

という新たなプログラム。

もちろん、このプログラムを利用するには条件があります。

「分割での端末購入が大きく関係している」

という話も耳にします。

では、具体的に『ドコモ・スマホお返しプログラム』とは、どんなプログラムなのか。

条件を満たすための分割購入とは何か、詳しく本記事でお伝えしていきましょう。

スポンサードリンク

『ドコモ・スマホお返しプログラム』とは?

ドコモが、またもや新たなプログラムを発表し、世間を驚かせていましたよね。

それは、2019年6月に登場する新料金プラン『ギガホ』『ギガライト』によって、端末料金割引が効かなくなるための代替プラン。

『ドコモ・スマホお返しプログラム』

という新たなプログラムになります。

簡単に、その内容をお話すると、

  • 3年36回払いでドコモのスマホ端末を購入すること
  • 2年使用したタイミングで、スマホを返却すること(ただし、故障・改造の跡がみられないこと)

以上を条件に、返却されたタイミングで、

残金の支払いを免除(最大12ヶ月)

してくれるといったものです。

通常の分割購入と比較すると、

月々の割引は受けられない代わりに、2年で返却さえすれば、残りの代金を免除する

という違いがあります。

ただ、あくまで、代金支払いを一部免除するだけの話です。

割引とは異なるので、捉え方に注意が必要とも言えますね。

『ドコモ・スマホお返しプログラム』に、落とし穴(注意点)も…

確かに、2年の使用や36回払いを条件に、12ヶ月分の端末代金を免除してもらえるのは嬉しい話です。

しかし、結局のところ、12ヶ月分の端末代を免除してもらうためには、2年後には契約解除するか、次の端末に機種変更が必要となります。

もちろん、契約を切ってしまっても、違約金がかかるわけではありません。

12ヶ月分の端末代が割り引かれるというので、大きな損をすることはありません。

ただ、

スマホを2年より長く使いたい人には、利用価値の無いプログラム

と言わざるを得ません。

『スマホお返しプログラム』に申し込んでも、必ず利用する必要はなし!

そこで、『ドコモ・スマホお返しプログラム』では、申込みをしたからといって、

『必ず利用しなければいけない』という縛りを課せないこと

としました。

つまり、割引の優遇を受けないことを前提に、そのまま端末を返さずに、

『分割購入終了後(36ヶ月後)に中古ショップに買い取ってもらう』

という手段も可能ということですね。

そのため、

  • ドコモに返却して12ヶ月分端末料金の支払いを免除してもらう
  • 中古買取店に、12ヶ月分の端末料金以上の価格で買い取ってもらう

いずれかの選択肢を選べるオプションプランであるというのが、『ドコモ・スマホお返しプログラム』の大きな内容と言えるでしょう。

選択肢の幅が増えたことが最大のメリット

一見、端末代金が割り引かれるプログラムとイメージされがちですが、『ドコモ・スマホお返しプログラム』は選択肢が増えただけのオプションプラン。

そのように考えたほうが無難です。

何よりも、大きな損をすること無くお得に活用できますよ。

もちろん、『ドコモ・スマホお返しプログラム』自体、一つのオプションプランに過ぎず、あまり過信していると、後で痛い目に遭うことも…

それだけに、重く捉えずに、

『選択肢の幅を増やすための、一つのオプションプランである』

としてだけ考えることをおすすめします。

 

ドコモの『スマホお返しプログラム』の狙い

冒頭からお話している通り、『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、実質的にスマホ端末を、12ヶ月分割り引くためのプログラムに過ぎません。

しかも、ただ割り引くのではなく、ドコモのスマホを36回払いで購入した上で、24ヶ月使用し返却することが大前提…

要は、下取り(またはレンタル)のためのオプションプログラムというわけです。

割引とは全く意味合いが異なる、ある意味で面倒なプログラムなのかもしれません。

ドコモユーザーにはおすすめのプログラムだが…

『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、

  • ドコモユーザーになって、とりあえず、iPhoneやドコモ対象機種(Xperia、Galaxyなど)を試してみたい人
  • 現在ドコモと契約し、2年毎に機種変更を考えている人

には、おすすめです。

2年後にスマホを返却して契約を打ち切るか、次の機種を購入するのであれば、大きな支障が出ることは殆どありません。

そもそも、残りの12ヶ月分の端末料金を払わなくて済むのは、ありがたい話です。

同じ機種を長く使い人には不向き…

ただ、同じドコモユーザーでも、一つの機種を長く使いたいという人には、不向きなプログラムです。

『ドコモ・スマホお返しプログラム』に申し込んで、利用しないのも一つの手ですが、結局、端末代金の割引は何一つ受けられません。

3年以上の利用を前提に考えるのであれば、分割して購入した分、手数料が割高となり、逆に損をする結果となりかねないのです。

プログラム打ち出し理由は、ドコモのスマホ購入促進が理由

客観的に見れば、一部のドコモユーザーや、お試しでドコモを2年使ってみたいユーザー以外、決してお得とは言えません。

なのに、何故こんな面倒くさいプログラムをドコモが打ち出したのか?

悪く言ってしまえば、

『端末代が安くなるという表面上のお得情報を盾に、ドコモのスマホを購入してもらおう』

という狙いがあって打ち出しているのです。

お試しであろうが無かろうが、スマホ端末を購入してもらえば、ドコモにとって利益になりますよね。

そして、24ヶ月経過した時に、スマホを返却してもらって(要は下取り)中古で販売すれば、ドコモに大きな損は生まれず、大きな利益が見込めます。

ドコモに生じるリスク

もちろん、24ヶ月後に、端末代金の3分の1の価値が残る保証はありません。

大切に扱っていても、需要がなくなれば、価値はどんどん下がってしまいます。

なので、ドコモ側にも多少のリスクがあるとは言えます。

それでも、より多くの人に端末を購入してもらい、ドコモと契約を結んでもらえたら、利益として還元されるのです。

だから、表面上だけお得なプログララムと言われようが、ドコモは、『ドコモ・スマホお返しプログラム』を、大きく打ち出していくのです。

 

『ドコモ・スマホお返しプログラム』の落とし穴

『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、ドコモユーザーで機種変更の予定がある人や、ドコモのスマホ端末を試してみたい人にはおすすめ…

しかし、活用の仕方や捉え方を間違えると、大損してしまうこともあるので注意が必要です。

では、どんなポイントに注意したら良いのか、主な3つの落とし穴・注意点をご紹介していきます。

『ドコモ・スマホお返しプログラム』を前提に契約するのは止めよう!

第1に、考えておきたいことは、『ドコモ・スマホお返しプログラム』を前提として契約してはいけないということ…

そもそも、『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、最終的に、

36回払いの内の12回分の料金でスマホを下取りしてもらうだけ

のプログラムです。

12ヶ月分免除と言われると、大きくお得しているように聞こえますが、あくまで下取り(またはレンタル)しているに過ぎません。

なので、元から安くて使いやすい別会社(格安スマホなど…)で契約を考えている人が、うかつにこのプログラムに手を出すのは危険です。

『ドコモ・スマホお返しプログラム』に縛られるのは危険行為!

わざわざ、このプログラムのためだけにドコモに契約して、月額料金が膨れ上がってしまえば、なんのために契約したのか分からなくなってしまいます。

あくまで『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、ドコモユーザー(または、ドコモ契約を検討中のユーザー)のためのプログラム。

しかも、新規機種契約(機種変更)を前提としない人には、正直、あまり意味は無いことを覚えておきましょう。

そして、くれぐれもプログラムに縛られて、変に契約しないでくださいね。

プログラムを必ず利用しなければならないと思い込まないこと

冒頭からお話している通り、『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、必ず利用しなければいけないプログラムではありません。

たとえ申し込んだとしても、実際に利用するかどうかは、その時に改めて考えて構わないので、焦って利用するのは絶対に止めましょう。

状況次第では、買い取りに出したほうがオトクな場合も…

というのも、12ヶ月分の端末料金と比較し、

中古買取店で売ったほうが高い場合

もあります。

その時は、わざわざ『ドコモ・スマホお返しプログラム』を利用せず、中古買取店に下取りに出し、新たに機種変更すべきです。

あくまで、『ドコモ・スマホお返しプログラム』は一つのオプションに過ぎませんので、その点は間違えないようにしましょう。

dポイントで大幅割引後、端末購入したユーザーは損する可能性も…

何度もお話している通り、『ドコモ・スマホお返しプログラム』は、36回の分割購入の内、残りの12ヶ月分の端末料金を免除するプログラムです。

つまり、既にdポイントを利用し、端末代を割り引いた上で分割購入している場合、1ヶ月分の代金も安くなり、お得感が減ってしまいます。

そういった場合、むしろ中古買取したほうが、高く買い取ってもらえるケースもありますので注意が必要です。

とくに、dポイントを利用し割引した人の中で、1ヶ月のスマホ端末料金が安いユーザーは、『ドコモ・スマホお返しプログラム』の利用は控えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ドコモ・スマホお返しプログラムは、

『36回払いかつ2年の使用で故障など無く返却すること』

を条件に打ち出されたレンタル(または下取り)プラン。

そのため、ドコモでの契約を考えないユーザーには、とくに何もありません。

最悪、中古買取店に売ったほうが高い場合もあるので、注意が必要です!

ただ、『ドコモ・スマホお返しプログラム』に申し込んでも、利用するかどうかは、その時の状況で決められるので、

選択肢が広がったと考える

とお得といえるでしょう。

ぜひ、ドコモユーザーや今後ドコモと契約する人は、一つのオプションプランとして検討し、うまく活用してください。

関連記事

-ガジェット

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.