時事

成人式を欠席するのはなぜ?行きたくない理由や原因を考察!

更新日:

成人式 欠席する理由

毎年、年の始めに行われている行事として、

『成人式』

というものがあります。

 

大人になる際の通過事例として、

『1度は参加する式典』

となっていますよね。

ですが、時代が変わり、

『成人式の役割』

が薄れてきているとされているのを知っているでしょうか。

というのも、今の若者は、

『成人式に参加しない』

ことが多くあるようなのです。

 

そこで、今回は、

『若者が成人式に参加しない理由』

について紹介します。

子供がいる人などは、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

成人式に行きたくない理由や欠席する原因とは?

そもそも、成人式は、

『社会人になる前の通過儀礼』

として行われてきたものです。

 

子供時代に別れを告げて、

『大人として、社会で生きていく』

ための行事と言えるのです。

 

ですが、中には、

「成人式なんて参加したくない」

と考えている人も多く、それが参加人数の減少にも繋がっているようです。

では、参加しない人々は、

『どんな考えを持っているのか』

を紹介します。

昔の知り合いに会いたくないから

学生時代、大なり小なり起こる問題として、

『人間関係の不和』

というものがあります。

 

人間関係が上手く行かなかった場合、かなりの確率で、

『その人とは疎遠になる』

でしょう。

 

中には、

『いじめられて、人間関係が悪くなっている』

こともあり、その人は、いじめた相手と会いたくないと考えるのは当然の話です。

ですが、成人式というのは、

『地元出身の人を集めて行われている行事』

となっています。

 

そして、その成人式には、

『同じ世代でいじめてられていた相手』

も参加することになり、どうしても顔を合わせることになるでしょう。

 

それが、過去のトラウマを呼び覚ますため、

「いじめていた相手となんて会いたくない」

と思い、成人式に参加しないというわけですね。

思い入れがないから

成人式に行けば、

『仲良くしていた友人』

と再会することもあります。

 

そして、大抵の場合、

『親密度の高い友人とのグループ』

が出来るのです。

 

ですが、この時、

『学生時代、積極的に人間関係を作らなかった人』

は、自分の居場所を見つけることが出来ません。

式が終わるまで、会場の隅で時間を潰し、

『なんで参加したのか分からない』

状態のまま、帰宅することになります。

 

ここで思うことが、冒頭でも紹介したような、

「成人式に参加する意味はない」

ということになるのです。

参加前に、この考えに至っている人は、

『最初から参加する意味がない』

と結論を出しているため、成人式には参加しないのでしょう。

仕事で成人式どころではない

成人する年齢になると、

『すでに社会で働いている人』

も少なくありません。

 

社会で働く人は、

『仕事優先』

の生活をしていることが、ほとんどです。

その為、

「成人式に参加している時間なんてない」

と考えることが多いようです。

 

会社によっては、

「1度きりの成人式なので、参加しなさい」

と言ってくることもあり、その場合は、参加することになるでしょう。

 

ですが、中には、

『敢えて成人式には触れず、仕事をさせている』

ところもあるので、働いている人は成人式に参加できないこともあるのです。

 

また、そもそも、

『仕事を放り出してまで、成人式に参加する意義を見出せない』

という人もおり、最初から不参加を決めていることもあるようです。

社会人としては立派な考えですが、

『1度きりの機会をどう捉えるか』

となれば、難しいところだと言えますね。

そもそも帰省できない

これは、よくある話ですが、

『遠隔地にいるため、帰省が出来ない』

という理由で、成人式に参加しない人もいます。

 

地元から遠く離れた場所で、

『進学や就職』

をしている人は、成人式の為だけに帰省しなければなりません。

終われば、またすぐに元の場所に帰るわけなので、

『交通費もバカにならない』

などの理由から、成人式には参加しないようですね。

 

確かに、学生なら、

『そこまでお金がない』

ので、交通費を渋るのもわかります。

就職している人は、そもそも、

「仕事に穴をあけてまで成人式に参加する意味はない」

と思っていることがあるようです。

距離の問題だけではないということですね。

準備が面倒くさい

成人式では、

『袴や振袖』

で着飾っている人も多くいます。

 

大人になるための門出舞台なので、

『普段あまり出来ない格好をしたい』

と考えることは、当然かもしれませんね。

ですが、中には、

『袴や振袖の準備を嫌う』

人もいると言われています。

 

袴や振袖は、

『準備するまでの費用』

が、それなりにかかるものです。

また、当日の準備に関しても、

『朝早くから準備しなければならない』

ため、かなり忙しい日程となります。

 

そこまでして参加しても、

『当日で使う時間はそこまで長くない』

ので、すぐに着替えることになるでしょう。

 

それなら、スーツなどで参加すれば良いと考えるかもしれませんが、

「周囲から浮きたくない」

と思っている人も多く、ほとんどの人が服装にこだわってしまうのです。

中には、見栄を張る人もおり、このような、

『面倒くさいやり取り』

が嫌いなため、成人式に参加しないということですね。

 

家族から、袴や振袖を着て欲しいと頼まれるときもありますが、その場合は、

『写真だけ撮って終わらせる』

ことも出来るので、成人式に参加する意義を感じないことも原因の1つとなっています。

 

時代によって、成人式の意義は失われつつある

成人式 意義 失われつつある

成人式を欠席する理由や原因について、紹介してきました。

様々な意見がありますが、ここで感じることとしては、

『成人式は、そこまで特別な意味を持つものではなくなっている』

ということです。

皆が参加するから、自分も参加しなければならないといった、

『集団心理が働く時代』

は、すでに過ぎ去っているという印象が拭いきれません。

 

言われるがままに、成人式に参加するのではなく、

『大人になるけじめとして参加したい』

と、本人たちが自主的に考えるのであれば、こういった式典は有意義なものとなるでしょう。

 

ですが、ただ言われるがままに参加して、

『特に何を思うわけでもなく、成人式を終える』

なら、参加する必要はないと言えます。

心構えの問題ですが、参加意義を見出せないのであれば、

『成人式の参加者』

は、これからさらに少なくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『成人式を欠席するのは、そこまで参加する価値がないと思っているから』

ということが言えるでしょう。

 

成人式に参加するということは、

『過去の自分』

を見ることにも繋がります。

上手く出来た人は良いですが、中には、

『2度と振り返りたくない出来事』

を思い出す人もおり、それぞれで意味合いは違ってきます。

 

参加するかどうかは、最終的に本人の意思次第ですが、

『参加する意義があるかどうか』

を考えてみる必要があるのかもしれませんね。

関連記事

-時事

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.