雑学

関西と関東の電気周波数(ヘルツ)の違いとは?異なる理由をチェック

更新日:

『周波数』

って、よく聞く言葉ですが

はなこ
それって、あれでしょ?電気と関係あるやつ!

くらいの認識の人って、実はけっこういますよね!?

 

周波数のことをよく知らなくても、電気はつくし、電気製品は使えます。

 

でも、知らないことでトラブルになることもあるんですよ。

トラブルの原因は、

関西と関東では電気の周波数(ヘルツ)に違いがある

ということです。

 

これを知らないと、いざ関西から関東へ、または関東から関西への引っ越しで、

「電気製品が使えなくなって困った…」

という事態になりかねません。

 

そこで今日は、

関西と関東の電気周波数(ヘルツ)の違いと、異なる理由

について、解説していきましょう!

スポンサードリンク

関西と関東の周波数の違いとは?

電気生活

電気生活

  • 関西の電気の周波数は、60ヘルツ
  • 関東の電気の周波数は、50ヘルツ

となっています。

 

日本のように、コンセントから取る『交流』の電気に、

二種類の電気周波数が使われている国

はとても珍しいんですよ!

世界中のほとんどの国の周波数は、50ヘルツか60ヘルツに統一されているのです。

 

では、関西と関東の周波数が、なぜ違っているのか?

その疑問を解く前に、周波数について知っておきましょう!

 

電気の周波数とはなにか?

周波数と波長

周波数と波長

『周波数』とは、

交流の電気が、一秒間に繰り返す波の数

のことです。

 

電気には、

直流…懐中電灯や携帯ラジオなどで使われている電気

交流…電力会社から送られてくる電気

があります。

 

交流の電気は、規則正しく、大きくなったり小さくなったりしています。

この様子は、まるで波のようで、

『周波数』

と呼ばれています。

 

周波数の単位は、ヘルツ(Hz)です。

たとえば、60Hzは、

周波数の波(山と谷で一組)が、一秒間に60回繰り返される

ことをいいます。

直流と交流の違い

直流とは?

電池交換やバッテリー交換をするとき、+-や、充電器のの向きは決まっています。

このように、電気の流れる向きが常に一定しているものを直流といいます。

交流とは?

コンセントに電源プラグを入れる時は、プラグの向きは決まっていませんよね。

このように、常に+と-の向きが変わって、それと連動して電流の流れが変わるものを交流といいます。

 

関西と関東の電気周波数(ヘルツ)が異なる理由

送電線

送電線

関西と関東の電気周波数が異なった原因は、明治時代までさかのぼります。

当時は、

  • 関西地方は、関西電力の前身の『大阪電灯』
  • 関東地方は、東京電力の前身の『東京電灯』

が、管轄していました。

 

そして、大阪電灯と東京電灯は、それぞれに

発電機を外国から輸入したのです。

 

輸入した発電機が、

大阪電灯は、アメリカ製の周波数60ヘルツの発電機

東京電灯は、ドイツ製の周波数50ヘルツの発電機

であったことが、

関西と関東の電気周波数が異なった原因です。

 

発電機を輸入する時点では、周波数を統一するなんて意識がなかったんでしょうね。

その後、関西と関東で、周波数に合わせた電化製品がどんどん作られ、

統一ができない状態にまで広がっていきました。

「周波数を統一しよう!」

という話し合いが何度もありましたが、大きなコストと手間がかかるため、うまく進まなかったようですね。

 

なお、現在では、

50ヘルツと60ヘルツの両方に対応した、ヘルツフリーの電化製品が主流になっています。

ただ、中には一方しか対応しないものもあるので、引っ越しの際には気をつけてください。

 

電気製品の側面や背面の仕様表示や、取扱説明書に、

50Hz

60Hz

50/60Hz

と書かれているので、気になったら確認してみてくださいね。

 

周波数の違う電気を使っても大丈夫?

もし、あなたの持っている電気製品が

50ヘルツか60ヘルツの一方にしか対応していない場合、

引っ越しや出張の時には、新しいものに買い換えないといけないのでしょうか?

気になるところですね。

 

実は、周波数が違っても

全ての電気製品が使えないというわけではありません。

 

たくさんの電気製品の中には、違った周波数で、

  • 今まで通り使えるもの
  • 性能が変わるもの
  • そのままでは使えないもの

があります。

今まで通り使えるもの

  • テレビ
  • パソコン
  • 電気こたつ
  • 電気ポット
  • 電気毛布
  • 電気ストーブ
  • アイロン

性能が変わるもの

  • 扇風機
  • ヘアドライヤー
  • 掃除機
  • ジューサーミキサー

そのままでは使えないもの

  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • 電子レンジ
  • ステレオ
  • タイマー
  • 電気時計

ただし、機種によって異なることもあるので確認が必要です。

確かめずに使用すると、故障や発火の原因になることもあるので、周波数はきちんと確認してくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

関西と関東の電気周波数の違いと、異なる理由を紹介しましたが、いかがでしたか?

関西と関東の電気周波数の違い

関西・・・電気周波数60ヘルツ

関東・・・電気周波数50ヘルツ

関西と関東の周波数が異なる理由

明治時代に輸入した発電機が、

  • 関西は、アメリカ製の周波数60ヘルツの発電機
  • 関東は、ドイツ製の周波数50ヘルツの発電機

であったのが、周波数が異なった理由

関西と関東の電気周波数の違いを知って、引っ越しや出張の時に役立ててください。

こうして、電気について知ることで、身近な電気の存在を再確認しますね!

関連記事

-雑学

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.